キーワードで検索

  • トップ>
  • ニュース>
  • エプソン、トンガ王国の子供たちへ贈るSDGsオリジナル絵本の印刷・...

エプソン、トンガ王国の子供たちへ贈るSDGsオリジナル絵本の印刷・製本に無償協力

マイクロピエゾ技術でJICAの社会貢献活動を支援

2020年10月13日ニュース

 セイコーエプソン(株)は、独立行政法人国際協力機構(JICA)の青年海外協力隊員が企画したSDGs(持続可能な開発目標)を紹介するオリジナル絵本をトンガ王国の子供たちに贈る活動に共感し、同社のマイクロピエゾ技術を生かした印刷、製本の無償協力を実施する。
絵本の原画サンプル
 このオリジナル絵本は、新型コロナウイルス感染拡大の影響で派遣先のトンガ王国から一時帰国中の原口風花さんを中心とした青年海外協力隊員と隊員経験者5名が企画し、制作するもの。内容は、トンガに住む少年の生活を通じて、未来に残して欲しいトンガの文化や習慣をSDGsの目標と紐づけて紹介している。これには、トンガの子供達に自らが築く未来を考える題材にして欲しいという隊員の想いが詰まっている。また、日本語版にも翻訳され、日本の学校で行われるJICA国際協力出前講座で、トンガの文化やSDGsを紹介するために使用される予定。
バナナペーパーのサンプル印刷を手にする 青年海外協力隊員
 エプソンは、独自のマイクロピエゾ技術によって、絵本の柔らかなタッチや質感を印刷で表現する。また、英語版は廃棄されるバナナの茎を使用したバナナペーパー、日本語版はエプソンの乾式オフィス製紙機「PaperLab(ペーパーラボ)」で作られた再生紙を使用し、併せて900部を印刷する。

 絵本は、12月頃にエプソングループの特例子会社エプソンミズベ(株)で製本を行い、青年海外協力隊の派遣が再開した後に、隊員たちを通じて現地に送られる予定。

最新ニュース

tmdh_2022_dp_tn.jpg

東京ミッドタウン・デザインハブ、「日本のグラフィックデザイン2022」6月30日から開催

2022年5月27日

 東京ミッドタウン・デザインハブ(構成機関:公益財団法人日本デザイン振興会、公益社団法人日本グラフィックデザイン協会、多摩美術大学TUB)は、第97回企画展「日本のグラフィックデザイン...全文を読む

dp_tpl350uv_200_tn.jpg

SCREEN GA、「Truepress Jet L350UVシリーズ」が出荷台数200台を達成

2022年5月25日

 (株)SCREENグラフィックソリューションズ(SCREEN GA)が開発・製造・販売するUVインクジェットラベルプリンティングシステム「Truepress Jet L350UVシリ...全文を読む

エプソン、大判プリンターなど一部商品の出荷価格を改定

2022年5月24日

 エプソン販売(株)は、一部商品においての出荷価格を7月1日納品分より改定する。  同社では、これまで原材料費の高騰などで製造コストが上昇する中、効率化やコスト削減により出荷価格への転...全文を読む

dp_06_23_tn.jpg

日本HP、オンラインセミナー「HP Indigo新製品で実現するアナログ to デジタル」6月23日開催

2022年5月23日

 (株)日本HPのオウンドメディア「Tech & Device TV Powered by HP」が展開する印刷業界DXチャネルは6月23日、オンラインセミナー「値上げラッシュの今だか...全文を読む

JP2022、出展企業4社が「DX」テーマにセミナー開催

2022年5月17日

 「JP2022・印刷DX展」では、「DXの本来の意味や目指していること」「企業はどのようにDXを推進すべきか」などについて出展企業4社が解説するセミナーを両日開催する。定員は各回20...全文を読む

新着トピックス

dp_risapress_20_tn.jpg

モリサワ、RISAPRESSが発売20周年〜今後も高精細印字で社会に貢献

2022年5月16日企業・経営

 (株)モリサワ(森澤彰彦社長)が販売するオンデマンド印刷システム「RISAPRESS(リサプレス)」シリーズが、このほど発売20周年を迎えた。2002年4月、モノクロオンデマンド印刷...全文を読む

higuchip_2022_dp_tn.jpg

樋口印刷所(大阪)、発注者の「妥協」を払拭[Jet Press導入事例]

2022年4月11日企業・経営

 (有)樋口印刷所(大阪市東住吉区桑津、樋口裕規社長)は昨年12月、「SDGsへの貢献」を旗印に、富士フイルムの商業印刷向け枚葉インクジェットデジタルプレス「Jet Press 750...全文を読む

ダックエンジニアリング、ホリゾン製品に全面フルカラーバリアブル印刷検査装置を搭載

2022年4月11日スペシャリスト

「スマートファクトリー」の実現に向けて協業  日本人の品質へのこだわりは、時に海外から「品質クレイジー」と揶揄されることもあると聞いたことがある。印刷物に何らかの「後加工」を加えること...全文を読む

エプソン、トンガ王国の子供たちへ贈るSDGsオリジナル絵本の印刷・製本に無償協力

マイクロピエゾ技術でJICAの社会貢献活動を支援

2020年10月13日ニュース

  • twitter
  • facebook
  • line

 セイコーエプソン(株)は、独立行政法人国際協力機構(JICA)の青年海外協力隊員が企画したSDGs(持続可能な開発目標)を紹介するオリジナル絵本をトンガ王国の子供たちに贈る活動に共感し、同社のマイクロピエゾ技術を生かした印刷、製本の無償協力を実施する。
絵本の原画サンプル
 このオリジナル絵本は、新型コロナウイルス感染拡大の影響で派遣先のトンガ王国から一時帰国中の原口風花さんを中心とした青年海外協力隊員と隊員経験者5名が企画し、制作するもの。内容は、トンガに住む少年の生活を通じて、未来に残して欲しいトンガの文化や習慣をSDGsの目標と紐づけて紹介している。これには、トンガの子供達に自らが築く未来を考える題材にして欲しいという隊員の想いが詰まっている。また、日本語版にも翻訳され、日本の学校で行われるJICA国際協力出前講座で、トンガの文化やSDGsを紹介するために使用される予定。
バナナペーパーのサンプル印刷を手にする 青年海外協力隊員
 エプソンは、独自のマイクロピエゾ技術によって、絵本の柔らかなタッチや質感を印刷で表現する。また、英語版は廃棄されるバナナの茎を使用したバナナペーパー、日本語版はエプソンの乾式オフィス製紙機「PaperLab(ペーパーラボ)」で作られた再生紙を使用し、併せて900部を印刷する。

 絵本は、12月頃にエプソングループの特例子会社エプソンミズベ(株)で製本を行い、青年海外協力隊の派遣が再開した後に、隊員たちを通じて現地に送られる予定。

新着ニュース

新着トピックス

PAGE TOP