キーワードで検索

  • トップ>
  • ニュース>
  • 凸版印刷、デジタル印刷でレトルト殺菌やボイル殺菌可能な接着剤開発

凸版印刷、デジタル印刷でレトルト殺菌やボイル殺菌可能な接着剤開発

デジタル印刷パッケージの活用範囲拡大へ

2021年2月16日ニュース

 凸版印刷(株)(麿秀晴社長)は、軟包装分野で小ロット多品種生産に最適なパッケージを提供する「トッパンFP(Flexible Package)デジタルソリューション」展開のひとつとして、汎用のラミネーション機械で加工でき、レトルト対応製品に使用可能な強密着接着剤「TOPMER(トップマー)」を開発した。

「TOPMER」によりレトルト・ボイル・電子レンジ対応が可能に

 同社は、「価値あるパッケージ」でよりよい社会と心豊かで快適な生活に貢献する「TOPPAN S-VALUE Packaging」を掲げ、「しゃかい」に価値ある「ソーシャルバリューパッケージ」を提供。そのラインアップのひとつとして、2016年から軟包装分野で小ロット多品種生産に最適なパッケージを提供する「トッパンFPデジタルソリューション」を展開している。

 今回開発した強密着接着剤「TOPMER」は、これまでのレトルト用途に加え、ボイル殺菌や電子レンジ加熱にも対応でき、デジタル印刷パッケージの活用範囲を拡大。生活者の多様化するニーズに対応した高付加価値商品の提供が可能となる。

 なお、同製品は2月24日から開催される「TOKYO PACK 2021(東京国際包装展)」(東京ビッグサイト)の凸版印刷ブース(南1ホール・小間番号S1-12)に出品される。

【小ロットでレトルト、ボイル、電子レンジパッケージにオリジナル印刷展開が可能】
 これまで小ロットのため既成の無地袋にラベル貼りで対応していた商品でも、デジタル印刷によって小ロットでオリジナル印刷展開が可能になった。デジタル印刷を使うことでラベル貼りの手間を軽減し、人手不足の課題解決に貢献する。

【デジタル印刷で長時間レトルト殺菌とボイル殺菌に対応、耐熱性・耐水性が向上】
 130度×30分のレトルト殺菌に対応。耐熱性・耐水性が向上したことで、レトルト殺菌用途以外にもボイル殺菌や電子レンジ加熱にもデジタル印刷の使用が可能となった。

【製版不要のため、複数デザインのパッケージ製造が可能】
 従来の軟包装印刷は製版が必要な大量生産向けの印刷が一般的だったが、デジタル印刷は製版が不要のため、複数デザインのパッケージを展開できる。

【情報加工技術を応用し、グラビア印刷と同等の印刷品質を実現】
 デジタル印刷でありながら、従来培ってきた情報加工技術を応用することで、店頭効果の高い印刷再現を可能にし、グラビア印刷と同等の品質を実現した。

【小ロット多品種生産により幅広い用途に活用可能】
 商品の小ロット展開はもちろん、テストマーケティングや数量限定パッケージなど、幅広い用途に活用できる。

【環境に配慮したパッケージを展開】
 小ロットから対応が可能なことから、必要なものを必要なときに必要な分だけ生産でき、余分な在庫を作らず、廃棄ロス削減にもつながる環境に配慮したソリューションとして展開が可能。

最新ニュース

agfa_oberon-rtr3300_dp_tn.jpg

アグフア、ロール専用ハイエンドUVインクジェット「OBERON」販売開始

2021年2月17日

 日本アグフア・ゲバルト(株)(岡本勝弘社長)は、ハイエンドUV・RTRインクジェットプリンタ「OBERON(オベロン)RTR3300」の販売を開始する。  同プリンタは、3.3m幅に...全文を読む

dp_ai_unit_tn.jpg

キヤノン、検品工程と画像調整を自動化するimagePRESS 向け新ユニット発売

2021年2月12日

 キヤノンは、プロダクションプリンター「imagePRESS(イメージプレス)」シリーズの旗艦モデル「imagePRESS C10010VP/C9010VP」の新ユニットとして、検品工...全文を読む

dp_uk_312_tn.jpg

コニカミノルタ、⾃動品質最適化ユニット「IQ-501」に1to1印刷の自動検品機能追加

2021年2月9日

 コニカミノルタ(株)(本社/東京都千代⽥区、⼭名昌衛社長)は、⾃動品質最適化ユニット「インテリジェントクオリティオプティマイザー IQ-501」に、DM(ダイレクトメール)などの1t...全文を読む

dp_hp_latex_tn.jpg

日本HP、ホワイトインク搭載モデルなど「HP Latexプリンター」の新製品4機種発表

2021年2月9日

 (株)日本HPは、屋外および屋内アプリケーション向けの大判プリンター「HP Latexプリンター」の新製品を発表した。  新製品は、「HP Latex 700プリンター」および「HP...全文を読む

dp_page2021_online_tn.jpg

page2021オンライン、「リセット・ザ・フューチャー」テーマに2月8日開幕

2021年2月5日

 (公社)日本印刷技術協会(JAGAT、塚田司郎会長)主催による、初のオンライン展示会「page2021オンライン」が2月8日に開幕する。テーマは「リセット・ザ・フューチャー」。会期は...全文を読む

新着トピックス

2020paper_yano_dp_tn.jpg

2020年紙・板紙市場、コロナ禍で8.4%減 - 紙・板紙の構成比逆転か

2021年2月16日企業・経営

 (株)矢野経済研究所は、国内外の紙・板紙市場を調査し、製品セグメント別の動向、参入企業動向、将来展望を明らかにした。  日本製紙連合会資料によると、2019年(2019年1月〜12月...全文を読む

dp_page2021_c14000_tn.jpg

コニカミノルタジャパン、印刷業界のDXを支援〜page2021オンラインに出展

2021年2月5日製品・テクノロジー

 コニカミノルタジャパン(株)(本社/東京都港区、大須賀健社長)は、2月8日から28日にわたり開催されるオンライン展示会「page2021オンライン」(主催=(一社)日本印刷技術協会)...全文を読む

paper_ebook20_dp-tn.jpg

2020年出版市場、紙+電子で4.8%増の1兆6,168億円

2021年1月28日マーケティング企業・経営

 出版業界の調査・研究機関である(公社)全国出版協会・出版科学研究所(浅野純次理事長)は、2020年(1〜12月期累計)の出版市場規模を発表した。紙と電子を合算した出版市場(推定販売金...全文を読む

凸版印刷、デジタル印刷でレトルト殺菌やボイル殺菌可能な接着剤開発

デジタル印刷パッケージの活用範囲拡大へ

2021年2月16日ニュース

  • twitter
  • facebook
  • line

 凸版印刷(株)(麿秀晴社長)は、軟包装分野で小ロット多品種生産に最適なパッケージを提供する「トッパンFP(Flexible Package)デジタルソリューション」展開のひとつとして、汎用のラミネーション機械で加工でき、レトルト対応製品に使用可能な強密着接着剤「TOPMER(トップマー)」を開発した。

「TOPMER」によりレトルト・ボイル・電子レンジ対応が可能に

 同社は、「価値あるパッケージ」でよりよい社会と心豊かで快適な生活に貢献する「TOPPAN S-VALUE Packaging」を掲げ、「しゃかい」に価値ある「ソーシャルバリューパッケージ」を提供。そのラインアップのひとつとして、2016年から軟包装分野で小ロット多品種生産に最適なパッケージを提供する「トッパンFPデジタルソリューション」を展開している。

 今回開発した強密着接着剤「TOPMER」は、これまでのレトルト用途に加え、ボイル殺菌や電子レンジ加熱にも対応でき、デジタル印刷パッケージの活用範囲を拡大。生活者の多様化するニーズに対応した高付加価値商品の提供が可能となる。

 なお、同製品は2月24日から開催される「TOKYO PACK 2021(東京国際包装展)」(東京ビッグサイト)の凸版印刷ブース(南1ホール・小間番号S1-12)に出品される。

【小ロットでレトルト、ボイル、電子レンジパッケージにオリジナル印刷展開が可能】
 これまで小ロットのため既成の無地袋にラベル貼りで対応していた商品でも、デジタル印刷によって小ロットでオリジナル印刷展開が可能になった。デジタル印刷を使うことでラベル貼りの手間を軽減し、人手不足の課題解決に貢献する。

【デジタル印刷で長時間レトルト殺菌とボイル殺菌に対応、耐熱性・耐水性が向上】
 130度×30分のレトルト殺菌に対応。耐熱性・耐水性が向上したことで、レトルト殺菌用途以外にもボイル殺菌や電子レンジ加熱にもデジタル印刷の使用が可能となった。

【製版不要のため、複数デザインのパッケージ製造が可能】
 従来の軟包装印刷は製版が必要な大量生産向けの印刷が一般的だったが、デジタル印刷は製版が不要のため、複数デザインのパッケージを展開できる。

【情報加工技術を応用し、グラビア印刷と同等の印刷品質を実現】
 デジタル印刷でありながら、従来培ってきた情報加工技術を応用することで、店頭効果の高い印刷再現を可能にし、グラビア印刷と同等の品質を実現した。

【小ロット多品種生産により幅広い用途に活用可能】
 商品の小ロット展開はもちろん、テストマーケティングや数量限定パッケージなど、幅広い用途に活用できる。

【環境に配慮したパッケージを展開】
 小ロットから対応が可能なことから、必要なものを必要なときに必要な分だけ生産でき、余分な在庫を作らず、廃棄ロス削減にもつながる環境に配慮したソリューションとして展開が可能。

新着ニュース

新着トピックス

PAGE TOP