キーワードで検索

  • トップ>
  • ニュース>
  • 富士ゼロックス、2020年度「イノベーション・プリント・アワード」...

富士ゼロックス、2020年度「イノベーション・プリント・アワード」表彰式をオンラインで開催

2021年3月30日ニュース

 富士ゼロックス(株)(玉井光一社長)は3月26日、東京・中野坂上のショウルーム「グラフィック コミュニケーション サービス東京」において、2020年度「Innovation Print Awards(イノベーション・プリント・アワード、以下『IPアワード』)」の表彰式をオンライン形式で開催した。

 IPアワードは、富士ゼロックスのプロダクションプリンターならびに富士フイルムのインクジェットプリンターによるデジタル印刷作品を評価するコンテストで、前身のPIXIアワードから数えて今回で13回目を迎える。
木田事業本部長よりリモートで表彰状とトロフィが授与された
 表彰式に先立ち、挨拶した富士ゼロックス・グラフィックコミュニケーションサービス事業本部の木田裕士事業本部長は、「コロナ禍ということもあり、残念ではあるが本日は、リモートでの開催とさせて頂いた」と新型コロナウイルス感染拡大防止の観点からオンラインでの開催となった経緯について説明。その上で、木田事業本部長は、「今回のアワードは前回よりも応募が倍増しており、非常にレベルの高い作品が多く寄せられた。その中で今回、日本から7作品が入賞したことは、我々にとっても大きな成果といえる」と述べ、改めて入賞各社へ敬意を示すとともに、今後もデジタル印刷の価値向上に努めていくことを明らかにした。

 名称を新たに開催された今回は、アジア・パシフィックの12の国と地域から242の応募があり、厳正な審査の結果、27作品が入賞。このうち最優秀賞を含む18作品で、CMYKトナーに加えて最大2色の特殊トナーを使用することができる1パス6色エンジンを搭載したIridesse Production Pressが使用されている。
入賞作品は富士ゼロックスのショウルーム(東京都中野区)に展示されている
 今回、日本からは16社25作品がエントリーし、厳正な審査を経て6社7作品が入賞を果たした。また、同一国からの入賞数としては、過去最多となった。

 表彰式では、日本から入賞したatelier gray/(株)加藤文明社、(有)アートビートパブリッシャーズ、(株)クロスメディア、(株)谷口松雄堂、昌栄印刷(株)、(株)パン・アキモトの各社に対し、木田事業本部長よりリモートで表彰状とトロフィが授与された。

 なお、富士ゼロックスは、2021年4月1日から社名を「富士フイルムビジネスイノベーション株式会社」に変更する。

最新ニュース

dp_insatubito_tn.jpg

中本本店、新たな印刷サービス「インサツビト」開始

2021年5月26日

 (株)中本本店(広島県広島市、中本俊之社長)は、5月25日より新しいタイプの印刷サービス「インサツビト」を開始した。  「インサツビト」は、印刷の国家技能検定一級を持つ印刷技能士やデ...全文を読む

dp_ricoh pro z75_tn.jpg

リコー、国内商印市場向けに四六半裁サイズ対応の高速枚葉インクジェットプリンター発売

2021年5月24日

 (株)リコー(山下良則社長)は、国内商用印刷市場向けに枚葉タイプ(カットシート)の高速インクジェット・プリンティング・システム「RICOH Pro Z75」を2022年秋に発売する。...全文を読む

dp_compas_tn.jpg

リコージャパン、情報発信サイト「Print Compass」でユポ×PODの活用事例を公開中

2021年5月21日

 リコージャパン(株)は、顧客である印刷業と共に創る未来に向けて、「Compass=方向を示す羅針盤」になる情報発信を行うサイト「Print Compass」で展開している「売上アップ...全文を読む

dp_dinos_lab_tn.jpg

DINOS CORPORATION、社内回収古紙を再生したR100自社再生紙で社内報を発行

2021年5月20日

 (株)DINOS CORPORATION(本社/東京都中野区、石川順一社長)は、インターナルコミュニケーションの一環で、社内業務で排出されるコピー用紙など古紙を回収し、セイコーエプソ...全文を読む

dp_cimpress_100k_tn.jpg

HP、シンプレスとHP Indigoデジタル印刷機の複数年契約を締結

2021年5月19日

 HPは、このほどマスカスタマイゼーションにおける世界的リーダーであるシンプレスと、オンライン印刷によるパーソナライズ商品市場を拡大するために次世代「HP Indigoデジタル印刷機」...全文を読む

新着トピックス

hp_indigo_7k_eiko_dp_tn.jpg

同人誌印刷の栄光、「HP Indigo 7K デジタル印刷機」導入

2021年6月3日ケーススタディ

 (株)日本HPは、同人誌印刷の国内大手企業である(株)栄光(本社/広島県福山市、岡田一社長)が、「HP Indigo 7K デジタル印刷機」を導入したと発表した。  栄光は、1975...全文を読む

bigbook_tn.jpg

「オフセットと遜色なし」- 三島由紀夫 超大型写真集[Jet Press 750S採用事例]

2021年4月16日ケーススタディ

 日本近代文学、戦後政治思想において大きな足跡を残した三島由紀夫氏。その死から50年となった2020年11月25日、三島氏の超大型写真集「OTOKO NO SHI」がCCCアートラボ(...全文を読む

a300c29dc17841d4722f515a43fe02f916df8aa3.jpg

丸善印刷、勝田断裁機を初導入 - POD用紙も正確に断裁

2021年4月14日ケーススタディ

 「小ロットというよりも、バリアブル印刷が主流になってきた」。昨今の傾向についてこのように語るのは、全3台のPODを活用し、宛名印字までを含めたチラシやDM、名刺やショップカードなどを...全文を読む

富士ゼロックス、2020年度「イノベーション・プリント・アワード」表彰式をオンラインで開催

2021年3月30日ニュース

  • twitter
  • facebook
  • line

 富士ゼロックス(株)(玉井光一社長)は3月26日、東京・中野坂上のショウルーム「グラフィック コミュニケーション サービス東京」において、2020年度「Innovation Print Awards(イノベーション・プリント・アワード、以下『IPアワード』)」の表彰式をオンライン形式で開催した。

 IPアワードは、富士ゼロックスのプロダクションプリンターならびに富士フイルムのインクジェットプリンターによるデジタル印刷作品を評価するコンテストで、前身のPIXIアワードから数えて今回で13回目を迎える。
木田事業本部長よりリモートで表彰状とトロフィが授与された
 表彰式に先立ち、挨拶した富士ゼロックス・グラフィックコミュニケーションサービス事業本部の木田裕士事業本部長は、「コロナ禍ということもあり、残念ではあるが本日は、リモートでの開催とさせて頂いた」と新型コロナウイルス感染拡大防止の観点からオンラインでの開催となった経緯について説明。その上で、木田事業本部長は、「今回のアワードは前回よりも応募が倍増しており、非常にレベルの高い作品が多く寄せられた。その中で今回、日本から7作品が入賞したことは、我々にとっても大きな成果といえる」と述べ、改めて入賞各社へ敬意を示すとともに、今後もデジタル印刷の価値向上に努めていくことを明らかにした。

 名称を新たに開催された今回は、アジア・パシフィックの12の国と地域から242の応募があり、厳正な審査の結果、27作品が入賞。このうち最優秀賞を含む18作品で、CMYKトナーに加えて最大2色の特殊トナーを使用することができる1パス6色エンジンを搭載したIridesse Production Pressが使用されている。
入賞作品は富士ゼロックスのショウルーム(東京都中野区)に展示されている
 今回、日本からは16社25作品がエントリーし、厳正な審査を経て6社7作品が入賞を果たした。また、同一国からの入賞数としては、過去最多となった。

 表彰式では、日本から入賞したatelier gray/(株)加藤文明社、(有)アートビートパブリッシャーズ、(株)クロスメディア、(株)谷口松雄堂、昌栄印刷(株)、(株)パン・アキモトの各社に対し、木田事業本部長よりリモートで表彰状とトロフィが授与された。

 なお、富士ゼロックスは、2021年4月1日から社名を「富士フイルムビジネスイノベーション株式会社」に変更する。

新着ニュース

新着トピックス

PAGE TOP