キーワードで検索

  • トップ>
  • ニュース>
  • 富士ゼロックス、2020年度「イノベーション・プリント・アワード」...

富士ゼロックス、2020年度「イノベーション・プリント・アワード」表彰式をオンラインで開催

2021年3月30日ニュース

 富士ゼロックス(株)(玉井光一社長)は3月26日、東京・中野坂上のショウルーム「グラフィック コミュニケーション サービス東京」において、2020年度「Innovation Print Awards(イノベーション・プリント・アワード、以下『IPアワード』)」の表彰式をオンライン形式で開催した。

 IPアワードは、富士ゼロックスのプロダクションプリンターならびに富士フイルムのインクジェットプリンターによるデジタル印刷作品を評価するコンテストで、前身のPIXIアワードから数えて今回で13回目を迎える。
木田事業本部長よりリモートで表彰状とトロフィが授与された
 表彰式に先立ち、挨拶した富士ゼロックス・グラフィックコミュニケーションサービス事業本部の木田裕士事業本部長は、「コロナ禍ということもあり、残念ではあるが本日は、リモートでの開催とさせて頂いた」と新型コロナウイルス感染拡大防止の観点からオンラインでの開催となった経緯について説明。その上で、木田事業本部長は、「今回のアワードは前回よりも応募が倍増しており、非常にレベルの高い作品が多く寄せられた。その中で今回、日本から7作品が入賞したことは、我々にとっても大きな成果といえる」と述べ、改めて入賞各社へ敬意を示すとともに、今後もデジタル印刷の価値向上に努めていくことを明らかにした。

 名称を新たに開催された今回は、アジア・パシフィックの12の国と地域から242の応募があり、厳正な審査の結果、27作品が入賞。このうち最優秀賞を含む18作品で、CMYKトナーに加えて最大2色の特殊トナーを使用することができる1パス6色エンジンを搭載したIridesse Production Pressが使用されている。
入賞作品は富士ゼロックスのショウルーム(東京都中野区)に展示されている
 今回、日本からは16社25作品がエントリーし、厳正な審査を経て6社7作品が入賞を果たした。また、同一国からの入賞数としては、過去最多となった。

 表彰式では、日本から入賞したatelier gray/(株)加藤文明社、(有)アートビートパブリッシャーズ、(株)クロスメディア、(株)谷口松雄堂、昌栄印刷(株)、(株)パン・アキモトの各社に対し、木田事業本部長よりリモートで表彰状とトロフィが授与された。

 なお、富士ゼロックスは、2021年4月1日から社名を「富士フイルムビジネスイノベーション株式会社」に変更する。

最新ニュース

tmdh_2022_dp_tn.jpg

東京ミッドタウン・デザインハブ、「日本のグラフィックデザイン2022」6月30日から開催

2022年5月27日

 東京ミッドタウン・デザインハブ(構成機関:公益財団法人日本デザイン振興会、公益社団法人日本グラフィックデザイン協会、多摩美術大学TUB)は、第97回企画展「日本のグラフィックデザイン...全文を読む

dp_tpl350uv_200_tn.jpg

SCREEN GA、「Truepress Jet L350UVシリーズ」が出荷台数200台を達成

2022年5月25日

 (株)SCREENグラフィックソリューションズ(SCREEN GA)が開発・製造・販売するUVインクジェットラベルプリンティングシステム「Truepress Jet L350UVシリ...全文を読む

エプソン、大判プリンターなど一部商品の出荷価格を改定

2022年5月24日

 エプソン販売(株)は、一部商品においての出荷価格を7月1日納品分より改定する。  同社では、これまで原材料費の高騰などで製造コストが上昇する中、効率化やコスト削減により出荷価格への転...全文を読む

dp_06_23_tn.jpg

日本HP、オンラインセミナー「HP Indigo新製品で実現するアナログ to デジタル」6月23日開催

2022年5月23日

 (株)日本HPのオウンドメディア「Tech & Device TV Powered by HP」が展開する印刷業界DXチャネルは6月23日、オンラインセミナー「値上げラッシュの今だか...全文を読む

JP2022、出展企業4社が「DX」テーマにセミナー開催

2022年5月17日

 「JP2022・印刷DX展」では、「DXの本来の意味や目指していること」「企業はどのようにDXを推進すべきか」などについて出展企業4社が解説するセミナーを両日開催する。定員は各回20...全文を読む

新着トピックス

dp_risapress_20_tn.jpg

モリサワ、RISAPRESSが発売20周年〜今後も高精細印字で社会に貢献

2022年5月16日企業・経営

 (株)モリサワ(森澤彰彦社長)が販売するオンデマンド印刷システム「RISAPRESS(リサプレス)」シリーズが、このほど発売20周年を迎えた。2002年4月、モノクロオンデマンド印刷...全文を読む

higuchip_2022_dp_tn.jpg

樋口印刷所(大阪)、発注者の「妥協」を払拭[Jet Press導入事例]

2022年4月11日企業・経営

 (有)樋口印刷所(大阪市東住吉区桑津、樋口裕規社長)は昨年12月、「SDGsへの貢献」を旗印に、富士フイルムの商業印刷向け枚葉インクジェットデジタルプレス「Jet Press 750...全文を読む

ダックエンジニアリング、ホリゾン製品に全面フルカラーバリアブル印刷検査装置を搭載

2022年4月11日スペシャリスト

「スマートファクトリー」の実現に向けて協業  日本人の品質へのこだわりは、時に海外から「品質クレイジー」と揶揄されることもあると聞いたことがある。印刷物に何らかの「後加工」を加えること...全文を読む

富士ゼロックス、2020年度「イノベーション・プリント・アワード」表彰式をオンラインで開催

2021年3月30日ニュース

  • twitter
  • facebook
  • line

 富士ゼロックス(株)(玉井光一社長)は3月26日、東京・中野坂上のショウルーム「グラフィック コミュニケーション サービス東京」において、2020年度「Innovation Print Awards(イノベーション・プリント・アワード、以下『IPアワード』)」の表彰式をオンライン形式で開催した。

 IPアワードは、富士ゼロックスのプロダクションプリンターならびに富士フイルムのインクジェットプリンターによるデジタル印刷作品を評価するコンテストで、前身のPIXIアワードから数えて今回で13回目を迎える。
木田事業本部長よりリモートで表彰状とトロフィが授与された
 表彰式に先立ち、挨拶した富士ゼロックス・グラフィックコミュニケーションサービス事業本部の木田裕士事業本部長は、「コロナ禍ということもあり、残念ではあるが本日は、リモートでの開催とさせて頂いた」と新型コロナウイルス感染拡大防止の観点からオンラインでの開催となった経緯について説明。その上で、木田事業本部長は、「今回のアワードは前回よりも応募が倍増しており、非常にレベルの高い作品が多く寄せられた。その中で今回、日本から7作品が入賞したことは、我々にとっても大きな成果といえる」と述べ、改めて入賞各社へ敬意を示すとともに、今後もデジタル印刷の価値向上に努めていくことを明らかにした。

 名称を新たに開催された今回は、アジア・パシフィックの12の国と地域から242の応募があり、厳正な審査の結果、27作品が入賞。このうち最優秀賞を含む18作品で、CMYKトナーに加えて最大2色の特殊トナーを使用することができる1パス6色エンジンを搭載したIridesse Production Pressが使用されている。
入賞作品は富士ゼロックスのショウルーム(東京都中野区)に展示されている
 今回、日本からは16社25作品がエントリーし、厳正な審査を経て6社7作品が入賞を果たした。また、同一国からの入賞数としては、過去最多となった。

 表彰式では、日本から入賞したatelier gray/(株)加藤文明社、(有)アートビートパブリッシャーズ、(株)クロスメディア、(株)谷口松雄堂、昌栄印刷(株)、(株)パン・アキモトの各社に対し、木田事業本部長よりリモートで表彰状とトロフィが授与された。

 なお、富士ゼロックスは、2021年4月1日から社名を「富士フイルムビジネスイノベーション株式会社」に変更する。

新着ニュース

新着トピックス

PAGE TOP