キーワードで検索

IGAS2022、テーマは「Venture into the innovation!〜新たなイノベーションへの挑戦〜」

2021年6月9日より出展募集開始

2021年6月11日ニュース

 (一社)日本印刷産業機械工業会(日印機工、森澤彰彦会長)とプリプレス&デジタルプリンティング機材協議会(プリデジ協、辻重紀会長)は6月9日、東京・芝公園の機械振興会館において記者会見を開き、2022年11月24日から11月28日までの5日間、東京ビッグサイト東展示棟を使用して開催する「IGAS2022(国際総合印刷テクノロジー&ソリューション展)」の出展募集を開始したことを発表した。4年ぶりの開催となるIGAS2022では、「Venture into the innovation!〜新たなイノベーションへの挑戦〜」を統一テーマとしている。
公式ポスター
 記者会見には、日印機工・森澤会長とプリデジ協の辻会長、そしてIGAS2022実行委員会から印出明浩委員長と中森真司副委員長らが出席。

 冒頭、挨拶した森澤会長は、今回の統一テーマである「Venture into the innovation!〜新たなイノベーションへの挑戦〜」についてふれ、「日本経済および印刷産業は、新型コロナウイルス感染拡大により大変厳しい経営環境にある。このような状況の中、今回のテーマには、危機こそ変革の最大のチャンスであり、失敗を恐れず、未来へとつながるイノベーションに果敢に挑戦するという意味を込めている」と説明。その上で森澤会長は「IGAS2022では、あくまでもリアルな展示会にこだわっていく。展示会場には、様々な製品やサービスのプレゼンが行われ、活発な商談で熱気にあふれる展示会を目指していく」との方針を明らかにした。
プリデジ協・辻会長(左)と日印機工・森澤会長
 続いて挨拶した辻会長は「IGAS2022では、リアル展示会をベースとしつつも、バーチャルイベントなどの新たなスタイルを取り入れ、ディスカッション、セミナー、見学ツアー、テーマゾーンなどの企画を通じて、プリプレスからポストプレスまで、あらゆる工程を網羅した情報発信を行っていく」とリアルとバーチャルを融合したハイブリッド展示会として開催していくことを説明した上で「コロナ禍で注目されているリモート技術、DX、AIなどの切り口からも印刷産業の皆さんに役立つ提案も行っていく」と、ウィズコロナ、アフターコロナを見据えた情報発信も行っていくことを強調した。

 4年ぶりの開催となるIGAS2022では、「Venture into the innovation!〜新たなイノベーションへの挑戦〜」を統一テーマとして、プリプレス、プリメディア、印刷、製本、紙工、ラベル、パッケージング、クロスメディア関連における最新の技術、サービス、ソリューションと、それによる新しいビジネスの創出を提案し、活発なビジネス交流の場を提供していく。

 とくに今回のIGAS2022では、リアル展示会を基本にして様々なバーチャルイベントを実施するハイブリッド展示会を目指していく。また、これまで行ってきたパネルディスカッション・セミナー・見学ツアー・テーマゾーンなどの内容をさらに充実させるとともに海外への情報発信にも注力していく。

 パネルディスカッションとセミナーでは、印刷産業におけるデジタルトランスフォーメーション、印刷工場のスマートファクトリー化、ポストコロナの経営戦略、SDGsなどの様々なテーマのもと、ビジネスに直結する内容で実施していく。

 見学ツアーでは、展示会場内を実際に見学するツアーを数千人規模で実施していく。様々なカテゴリーやテーマ毎など多岐にわたるコースを用意していく。

 テーマゾーンでは、最先端のテーマや従来とは異なるカテゴリーの出展者を集めたテーマゾーンと1つのテーマで複数の出展者が共同でプレゼンテーションを行うコラボレーションゾーンを設置していく。

 そして今回、新たな試みとして、プレオープンイベントおよびアフターイベントを開催する。プレオープンイベントは、IGAS2022の会期前にパネルディスカッションなどをWeb上で開催し、リアル展示会の来場を促していく。また、アフターイベントは、IGAS2022終了後に、総括的な情報をWebで配信していく。

 出展申し込みの受付期間は、2021年6月9日から2022年3月18日まで。また、今回は、2022年1月21日までに申し込むと早期申込割引が適用される。出展申し込みなどの詳細は、IGAS2022公式サイトまで。

最新ニュース

dp_sc_t7750d_tn.jpg

エプソン、レッドインクやグレーインクを搭載したSureColorシリーズの6色モデル発売

2021年7月5日

 エプソンは、商業・産業向け大判インクジェットプリンター SureColorシリーズ新商品として、本体とスタンドが一体となったスタイリッシュなデザインで、鮮やかな赤を含むPOPポスター...全文を読む

dp_sc_f10050h_tn.jpg

エプソン、6色インク搭載で高画質と高速プリントを両立した昇華転写プリンター発売

2021年7月5日

 エプソンは、商業・産業向け大判インクジェットプリンター SureColorシリーズ新商品として、6色インクを搭載し、粒状感の少ない美しい高画質と高速プリントを両立した76インチ対応の...全文を読む

dp_cf168_tn.jpg

富士フイルムビジネスイノベーション、新ブランドの基幹業務用モノクロ高速連帳プリンター発売

2021年7月1日

 富士フイルムビジネスイノベーション(株)(本社/東京都港区、真茅久則社長・CEO)は、プロダクション関連商品の新たなブランド「Revoria(レヴォリア)」より、コンピュータープリン...全文を読む

dp_ccl_35k_tn.jpg

HP、ラベル・パッケージソリューションを提供するCCLが100台目のHP Indigoを導入

2021年7月1日

 HP(米国)は、CCL Industries Inc.(以下、「CCL」)が100台目となるHP Indigoデジタル印刷機を導入したことを発表した。  CCLは、グローバル企業、政...全文を読む

dp_healthya_tn.jpg

リコー、可変情報印字を可能とするインライン高速印刷ソリューションを発売

2021年6月29日

 (株)リコーは、高速生産ラインの速度に追従しながら可変情報印字を可能とするインライン(生産工程)プリンティングソリューション「RICOH FC-LDA Printer 500」の発売...全文を読む

新着トピックス

dx_komori_dp_tn.jpg

KOMORIが提案するDX、4つの視点でアプローチ

2021年7月7日製品・テクノロジーマーケティング

 DX(デジタルトランスフォーメーション)とは、「デジタル化(D)」によって、「会社を変革(X)」すること。デジタル技術を駆使し、従来の業態や生産体制を見直し改善することによって、新し...全文を読む

dx_horizon_top_202106_dp_tn.jpg

ポストプレス側から印刷産業のDXを支援[ホリゾン・ジャパン 宮﨑進社長に聞く]

2021年7月6日製品・テクノロジースペシャリスト

 印刷関連メーカーと協力し、「IGAS2018」や「Think SmartFactory2019in Kyoto」などのイベントを通じて、印刷業界に「Smart Factory」構想を...全文を読む

dx_fukuda_202106_dp_tn.jpg

DXで生産性向上と付加価値創出[DX推進PT 福田浩志委員長に聞く]

2021年7月5日企業・経営スペシャリスト

 全日本印刷工業組合連合会(全印工連、滝澤光正会長)では、ブランドスローガン「Happy Industry〜人々の暮らしを彩り幸せを創る印刷産業〜」を目指し、令和版構造改善事業に着手し...全文を読む

IGAS2022、テーマは「Venture into the innovation!〜新たなイノベーションへの挑戦〜」

2021年6月9日より出展募集開始

2021年6月11日ニュース

  • twitter
  • facebook
  • line

 (一社)日本印刷産業機械工業会(日印機工、森澤彰彦会長)とプリプレス&デジタルプリンティング機材協議会(プリデジ協、辻重紀会長)は6月9日、東京・芝公園の機械振興会館において記者会見を開き、2022年11月24日から11月28日までの5日間、東京ビッグサイト東展示棟を使用して開催する「IGAS2022(国際総合印刷テクノロジー&ソリューション展)」の出展募集を開始したことを発表した。4年ぶりの開催となるIGAS2022では、「Venture into the innovation!〜新たなイノベーションへの挑戦〜」を統一テーマとしている。
公式ポスター
 記者会見には、日印機工・森澤会長とプリデジ協の辻会長、そしてIGAS2022実行委員会から印出明浩委員長と中森真司副委員長らが出席。

 冒頭、挨拶した森澤会長は、今回の統一テーマである「Venture into the innovation!〜新たなイノベーションへの挑戦〜」についてふれ、「日本経済および印刷産業は、新型コロナウイルス感染拡大により大変厳しい経営環境にある。このような状況の中、今回のテーマには、危機こそ変革の最大のチャンスであり、失敗を恐れず、未来へとつながるイノベーションに果敢に挑戦するという意味を込めている」と説明。その上で森澤会長は「IGAS2022では、あくまでもリアルな展示会にこだわっていく。展示会場には、様々な製品やサービスのプレゼンが行われ、活発な商談で熱気にあふれる展示会を目指していく」との方針を明らかにした。
プリデジ協・辻会長(左)と日印機工・森澤会長
 続いて挨拶した辻会長は「IGAS2022では、リアル展示会をベースとしつつも、バーチャルイベントなどの新たなスタイルを取り入れ、ディスカッション、セミナー、見学ツアー、テーマゾーンなどの企画を通じて、プリプレスからポストプレスまで、あらゆる工程を網羅した情報発信を行っていく」とリアルとバーチャルを融合したハイブリッド展示会として開催していくことを説明した上で「コロナ禍で注目されているリモート技術、DX、AIなどの切り口からも印刷産業の皆さんに役立つ提案も行っていく」と、ウィズコロナ、アフターコロナを見据えた情報発信も行っていくことを強調した。

 4年ぶりの開催となるIGAS2022では、「Venture into the innovation!〜新たなイノベーションへの挑戦〜」を統一テーマとして、プリプレス、プリメディア、印刷、製本、紙工、ラベル、パッケージング、クロスメディア関連における最新の技術、サービス、ソリューションと、それによる新しいビジネスの創出を提案し、活発なビジネス交流の場を提供していく。

 とくに今回のIGAS2022では、リアル展示会を基本にして様々なバーチャルイベントを実施するハイブリッド展示会を目指していく。また、これまで行ってきたパネルディスカッション・セミナー・見学ツアー・テーマゾーンなどの内容をさらに充実させるとともに海外への情報発信にも注力していく。

 パネルディスカッションとセミナーでは、印刷産業におけるデジタルトランスフォーメーション、印刷工場のスマートファクトリー化、ポストコロナの経営戦略、SDGsなどの様々なテーマのもと、ビジネスに直結する内容で実施していく。

 見学ツアーでは、展示会場内を実際に見学するツアーを数千人規模で実施していく。様々なカテゴリーやテーマ毎など多岐にわたるコースを用意していく。

 テーマゾーンでは、最先端のテーマや従来とは異なるカテゴリーの出展者を集めたテーマゾーンと1つのテーマで複数の出展者が共同でプレゼンテーションを行うコラボレーションゾーンを設置していく。

 そして今回、新たな試みとして、プレオープンイベントおよびアフターイベントを開催する。プレオープンイベントは、IGAS2022の会期前にパネルディスカッションなどをWeb上で開催し、リアル展示会の来場を促していく。また、アフターイベントは、IGAS2022終了後に、総括的な情報をWebで配信していく。

 出展申し込みの受付期間は、2021年6月9日から2022年3月18日まで。また、今回は、2022年1月21日までに申し込むと早期申込割引が適用される。出展申し込みなどの詳細は、IGAS2022公式サイトまで。

新着ニュース

新着トピックス

PAGE TOP