キーワードで検索

  • トップ>
  • ニュース>
  • コニカミノルタ、共創プラットフォーム「AccurioDX」の運用開...

コニカミノルタ、共創プラットフォーム「AccurioDX」の運用開始

2022年7月15日ニュース

 コニカミノルタ(株)(本社/東京都千代田区、大幸利充社長)は7月7日、デジタル印刷で人と企業のコミュニケーションを革新する共創プラットフォーム「AccurioDX(アキュリオディーエックス)」を立ち上げた。
「AccurioDX」は、多様なプレイヤーが参加できる共創プラットフォーム
 AccurioDXは、印刷を発注したいと考える全ての人や企業、印刷会社、物流会社、ソリューションプロバイダーといった多様なプレイヤーが参加できるプラットフォーム。参加する人々の専門性やアイデアでデジタル印刷ならではの価値を共創し、新たな市場拡大を目指していくもの。デジタル印刷の特長の一つに、印刷物の内容や受け取るタイミングを、受け手一人一人に合わせることができるパーソナライズがあり、この方法をダイレクトメールやチラシに導入することで、より効果的な販促活動が期待できる。しかし、その導入には企画、データマネジメント、物流などで生じる手間やコスト、効果測定のノウハウの不足が課題となっていた。

 コニカミノルタは、AccurioDXによる共創で、パーソナライズされた印刷物の発注工程の簡易化と効果測定を実現。この効果測定では、マーケティング活動における顧客満足度向上への効果を可視化することができる。また、パーソナライズされた印刷物は必要な情報を必要な人だけに届けることができ、限られた資源の有効活用やCO2削減にも貢献する。

 AccurioDXでは、新たな共創を始めるための「価値共創プログラム」を運用している。このプログラムでは印刷発注者を起点として、コニカミノルタがともにマーケティング活動のコミュニケーション手段をデザインし、プログラムに参加している様々なパートナーとともに、共創の連鎖を生みだすことを目指している。すでに20社以上の企業が「価値共創プログラム」に参加しており、共創活動を実践している。ここから創りだされる大小のソリューションの組み合わせがAccurioDXを構成し、応用によって広く展開されていく。
デジタル印刷で人と企業のコミュニケーションを革新
 コニカミノルタは、eコマース事業者と物流倉庫の双方をつないで共創の場を構築し、パーソナライズチラシの同梱でWebアクセス率を短期間で1.67倍に向上させるという販促施策を実現している。

 冷凍おかずの定期便サービス「三ツ星ファーム」を展開するイングリウッド社は、顧客の好みやライフスタイルに合わせてメニューをカスタマイズして商品を配送しているが、安定的に注文を確保するためには、より顧客に魅力的な提案が必要と考えていた。パーソナライズされた印刷物を商品に同梱する案はあったが、過去の注文履歴に連動した印刷データ生成の手間や印刷物を同梱する物流倉庫での作業が煩雑になることが予想され、実施に踏み切れずにいた。

 一方、物流企業のアイズ社は、同梱物の種類を増やしたいというクライアントからの要望に対して、作業負荷を増やさず、かつ作業スピードを損なわずにミスのない同梱、検品を実現するための具体的な方策を探していた。

 そこでコニカミノルタは両社に共創活動を提案し、販促企画、梱包物流双方の印刷利用に関わる課題に向き合い、ともに効率的な作業手順の検討や、販促施策効果を検証。その結果、自動化システムと人的オペレーション双方の活用で、冷凍おかず発送時のパーソナライズ印刷物同梱を構想から3ヵ月という短期間で実現した。さらに、印刷されたQRコードからのWebサイトアクセス率が従来の1.67倍に向上したという効果を立証することで、eコマース事業者と利用者との新たなコミュニケーション手段を確立することができた。

最新ニュース

dp_is29s_in_tn.jpg

KOMORI、29インチ枚葉UVインクジェット「インプレミアIS29s」のデモ動画を公開

2022年8月9日

(株)小森コーポレーションが運営するYouTubeチャンネル「Komori Japan」では、新たな動画コンテンツとして「2022 KOMORI特別内覧会 インプレミアIS29s」の配...全文を読む

mimaki_digipark_202207_dp_tn.jpg

ミマキ、長野・佐久市「デジファブパーク」に3Dプリンタで展示協力

2022年7月26日

 (株)ミマキエンジニアリング(本社/長野県東御市、池田和明社長)は、7月23日から9月4日にかけて、佐久市子ども未来館(長野県)で開催される「デジファブパーク」に展示協力し、フルカラ...全文を読む

dp_hp10000cpo_cri_tn.jpg

日本HP、クリエイトに「HP Indigo 10000 CPOデジタル印刷機」を納入

2022年7月21日

 (株)日本HP(本社/東京都港区、岡戸伸樹社長)は、紙袋の製造、販売を行う(株)クリエイト(本社/大阪府大阪市、谷元進社長、以下「クリエイト」)が、B2対応デジタル印刷機「HP In...全文を読む

dj_atomi_indigo_7900_tn.jpg

アトミ、クリエイティブ力の強化を目的に「HP Indigo 7900デジタル印刷機」導入

2022年7月6日

 (株)アトミ(本社/東京都小平市、髙橋学社長)は、(株)日本HP(本社/東京都港区、岡戸伸樹社長)のデジタル印刷機「HP Indigo 7900デジタル印刷機」を今年4月に新規導入し...全文を読む

dp_artbook_kaimaku_tn.jpg

富士フイルムグループ、デジタル印刷技術で制作されたアートブックの展示会が開幕

2022年7月6日

 富士フイルムグループ(富士フイルム/富士フイルムビジネスイノベーション/富士フイルムデジタルプレス)主催によるアートブック展「ARTBOOK INNOVATIPON-デジタルプレスが...全文を読む

新着トピックス

ffgs_sdgs22_maeda_tn.jpg

FFGS、持続可能な印刷産業を目指すために - 最優先課題は「人材育成」

2022年8月9日企業・経営

 富士フイルムグローバルグラフィックシステムズ(株)(山田周一郎社長、以下「FFGS」)では、印刷会社およそ60社に対して「持続可能な印刷産業を目指すために何が必要か」をテーマとしたヒ...全文を読む

create_hp_indigocpo_tn.jpg

クリエイト、紙袋分野でIndigo 10000 CPOモデル導入[HP認定中古機販売プログラム活用]

2022年8月8日ケーススタディ

 Web上でオリジナル紙袋を受注販売する(株)クリエイト(大阪市城東区鴫野東3-28-12、谷元進社長)は今年7月初旬、HP認定中古機販売プログラム(CPOプログラム)を通じてB2サイ...全文を読む

koenigandbauer_interview2022_tn.jpg

インタビュー|Koenig&Bauer、大きなポテンシャル秘めるデジタル印刷市場

2022年8月3日スペシャリスト

 印刷機メーカーとして世界でもっとも長い歴史を持つドイツ・Koenig&Bauer社。200年以上にわたって革新的な技術やオーダーメイドのプロセス、そして多彩なサービスプログラムによっ...全文を読む

コニカミノルタ、共創プラットフォーム「AccurioDX」の運用開始

2022年7月15日ニュース

  • twitter
  • facebook
  • line

 コニカミノルタ(株)(本社/東京都千代田区、大幸利充社長)は7月7日、デジタル印刷で人と企業のコミュニケーションを革新する共創プラットフォーム「AccurioDX(アキュリオディーエックス)」を立ち上げた。
「AccurioDX」は、多様なプレイヤーが参加できる共創プラットフォーム
 AccurioDXは、印刷を発注したいと考える全ての人や企業、印刷会社、物流会社、ソリューションプロバイダーといった多様なプレイヤーが参加できるプラットフォーム。参加する人々の専門性やアイデアでデジタル印刷ならではの価値を共創し、新たな市場拡大を目指していくもの。デジタル印刷の特長の一つに、印刷物の内容や受け取るタイミングを、受け手一人一人に合わせることができるパーソナライズがあり、この方法をダイレクトメールやチラシに導入することで、より効果的な販促活動が期待できる。しかし、その導入には企画、データマネジメント、物流などで生じる手間やコスト、効果測定のノウハウの不足が課題となっていた。

 コニカミノルタは、AccurioDXによる共創で、パーソナライズされた印刷物の発注工程の簡易化と効果測定を実現。この効果測定では、マーケティング活動における顧客満足度向上への効果を可視化することができる。また、パーソナライズされた印刷物は必要な情報を必要な人だけに届けることができ、限られた資源の有効活用やCO2削減にも貢献する。

 AccurioDXでは、新たな共創を始めるための「価値共創プログラム」を運用している。このプログラムでは印刷発注者を起点として、コニカミノルタがともにマーケティング活動のコミュニケーション手段をデザインし、プログラムに参加している様々なパートナーとともに、共創の連鎖を生みだすことを目指している。すでに20社以上の企業が「価値共創プログラム」に参加しており、共創活動を実践している。ここから創りだされる大小のソリューションの組み合わせがAccurioDXを構成し、応用によって広く展開されていく。
デジタル印刷で人と企業のコミュニケーションを革新
 コニカミノルタは、eコマース事業者と物流倉庫の双方をつないで共創の場を構築し、パーソナライズチラシの同梱でWebアクセス率を短期間で1.67倍に向上させるという販促施策を実現している。

 冷凍おかずの定期便サービス「三ツ星ファーム」を展開するイングリウッド社は、顧客の好みやライフスタイルに合わせてメニューをカスタマイズして商品を配送しているが、安定的に注文を確保するためには、より顧客に魅力的な提案が必要と考えていた。パーソナライズされた印刷物を商品に同梱する案はあったが、過去の注文履歴に連動した印刷データ生成の手間や印刷物を同梱する物流倉庫での作業が煩雑になることが予想され、実施に踏み切れずにいた。

 一方、物流企業のアイズ社は、同梱物の種類を増やしたいというクライアントからの要望に対して、作業負荷を増やさず、かつ作業スピードを損なわずにミスのない同梱、検品を実現するための具体的な方策を探していた。

 そこでコニカミノルタは両社に共創活動を提案し、販促企画、梱包物流双方の印刷利用に関わる課題に向き合い、ともに効率的な作業手順の検討や、販促施策効果を検証。その結果、自動化システムと人的オペレーション双方の活用で、冷凍おかず発送時のパーソナライズ印刷物同梱を構想から3ヵ月という短期間で実現した。さらに、印刷されたQRコードからのWebサイトアクセス率が従来の1.67倍に向上したという効果を立証することで、eコマース事業者と利用者との新たなコミュニケーション手段を確立することができた。

新着ニュース

新着トピックス

PAGE TOP