キーワードで検索

カラー表現力を高めるAdobe PDF Print Engine 5

2018年8月23日製品・テクノロジー

 アドビ社(本社/米国カリフォルニア州)は、印刷業界におけるプリプレスワークフローで中心的役割を果たすレンダリングテクノロジーの主要製品「Adobe PDF Print Engine」の最新版となるバージョン5(APPE5)を7月に発表している。

 APPE5は、デジタルと従来型の両方の印刷技術の可能性を引き出す機能を新たに搭載し、PDF Print Engineが持つ信頼性の高いカラーの再現度を向上させている。次世代のテキスタイルプリント、産業用印刷ステーション、ラベルやパッケージのデジタルプレスにおけるカラーの表現力を最大限に高める。

 印刷物が複雑化する中、APPE5は、紙、プラスチック、布、金属、セラミック、ガラス、食品などのフラットまたは起伏のある表面に印刷する際に、正確にレンダリングできるように最適化されている。また、シアン、マゼンタ、イエロー、ブラックの基本4色を超える色数のインクセットを使用するExpanded Color Gamut(ECG)デジタルプレスのサポートを強化ししている。

新機能

・高速エッジ拡張
 グラフィックオブジェクト上でアンチエイリアスすることでエッジの見た目をスムーズにし、低解像度のグラフィックも含め、代替メソッドやポストレンダリングメソッドに比べて処理時間を短縮する。

・強化されたUnicodeサポート
 制御パラメータ、ファイルパス、パスワードに非ローマン言語の文字セットのマルチバイト文字が使えるようになり、中国語、日本語、韓国語などの言語でさらに使いやすくなった。

・PDF2.0印刷機能サポート
 画像をカラー変換した際のシャドー領域のディテールを保存するための黒点補正(BPC)、スペクトルベースのカラー管理を有効にするCxF定義されたスポットカラー(Color eXchange Format)、出力デバイスのハーフトーンスクリーンとRIP内で面付けされたオブジェクトの位相を合わせるHTO(Half-Tone Origin)機能をサポートした。

・ページレベルの出力インテント
 複数ページのPDF2・0ジョブのカラー変換をページごとに管理でき、プリプレスワークフローでの柔軟性と自動化を高める。

 アドビ社のバイスプレジデント兼プリントアンドパブリッシング事業部門担当ゼネラルマネージャであるアディル・ムンシ氏は、「ブランドマネージャーは、顧客と繋がるために生き生きとしたデザインが正確に再現できることを期待している。Adobe Creative Cloudで作成し、Adobe Acrobat DCでレビューを行い、APPE5で検証して出力した印刷ジョブは、最速のレンダリング、ベストな組み合わせのカラー画像処理を実現し、すべての工程において予想どおりの結果を得ることができるようになった」とコメントしている。

 プリプレスソリューション「Apogee11」を、APPE5を組み込んだ最初の製品として発表するAgfa Graphicsのマーケティングマネージャーであるエリック・ピーターズ氏は、「1993年にアドビがPDFフォーマットを発表した時、当社はその堅牢な画像処理モデルがグラフィックアートに適していることを即座に認識し、業界初となるPDFベースのプリプレスワークフローを開発した。この25年の間に印刷は劇的な変化を遂げたが、ApogeeとAPPEの最新リリースによって、複雑なグラフィックを期待どおりに再現するPDFの価値と実力を再認識することができるだろう」とコメントしている。

関連記事

新着トピックス

gua2019_neworleans_dp_tn.jpg

コダック、PRINERGYワークフロー20周年記念イベント開催

2019年6月11日製品・テクノロジー

 ニューオーリンズで開催された2019年KODAK GUA(グラフィックユーザーアソシエーション)カンファレンスに世界から150社以上の印刷企業や業界パートナー、メディアが集まり、KO...全文を読む

smc192_tn.jpg

サンエムカラー、今年7月にswissQprint「Oryx3」導入

2019年6月7日ケーススタディ

 「印刷とはアートであり、文化、文明、芸術である」。(株)サンエムカラー(本社/京都市南区吉祥院嶋樫山町37)の松井勝美代表取締役会長兼社長は、印刷産業のあるべき姿をこのように語り、超...全文を読む

最新ニュース

fujixerox_pc2_dp_tn.jpg

富士ゼロックス、統合型ワークフロー実現する「Production Cockpit 2.0」発売

2019年7月12日

 富士ゼロックス(株)(玉井光一社長)は、印刷会社の印刷工程全体の業務最適化に貢献し、統合型ワークフローを実現するソフトウェア商品「Production Cockpit2.0」の国内販...全文を読む

label_km_230_tn.jpg

コニカミノルタジャパン、8月にデジタル紙器・ラベル印刷ソリューションセミナー開催

2019年7月9日

 コニカミノルタジャパン(株)は、8月8日・9日の2日間、コニカミノルタ東京サイト八王子の「Customer Engagement Center(CEC)」において紙器印刷会社、商業印...全文を読む

トッパン・フォームズ、OCCとDPS分野で業務提携

2019年7月4日

 トッパン・フォームズ(株)(坂田甲一社長)と(株)OCC(本社/沖縄県浦添市、天久進社長)は、企業や団体から顧客へ重要な情報を伝える通知物の製造・発送までを受託するデータ・プリント・...全文を読む

カラー表現力を高めるAdobe PDF Print Engine 5

2018年8月23日製品・テクノロジー

  • twitter
  • facebook
  • line
  • pocket

 アドビ社(本社/米国カリフォルニア州)は、印刷業界におけるプリプレスワークフローで中心的役割を果たすレンダリングテクノロジーの主要製品「Adobe PDF Print Engine」の最新版となるバージョン5(APPE5)を7月に発表している。

 APPE5は、デジタルと従来型の両方の印刷技術の可能性を引き出す機能を新たに搭載し、PDF Print Engineが持つ信頼性の高いカラーの再現度を向上させている。次世代のテキスタイルプリント、産業用印刷ステーション、ラベルやパッケージのデジタルプレスにおけるカラーの表現力を最大限に高める。

 印刷物が複雑化する中、APPE5は、紙、プラスチック、布、金属、セラミック、ガラス、食品などのフラットまたは起伏のある表面に印刷する際に、正確にレンダリングできるように最適化されている。また、シアン、マゼンタ、イエロー、ブラックの基本4色を超える色数のインクセットを使用するExpanded Color Gamut(ECG)デジタルプレスのサポートを強化ししている。

新機能

・高速エッジ拡張
 グラフィックオブジェクト上でアンチエイリアスすることでエッジの見た目をスムーズにし、低解像度のグラフィックも含め、代替メソッドやポストレンダリングメソッドに比べて処理時間を短縮する。

・強化されたUnicodeサポート
 制御パラメータ、ファイルパス、パスワードに非ローマン言語の文字セットのマルチバイト文字が使えるようになり、中国語、日本語、韓国語などの言語でさらに使いやすくなった。

・PDF2.0印刷機能サポート
 画像をカラー変換した際のシャドー領域のディテールを保存するための黒点補正(BPC)、スペクトルベースのカラー管理を有効にするCxF定義されたスポットカラー(Color eXchange Format)、出力デバイスのハーフトーンスクリーンとRIP内で面付けされたオブジェクトの位相を合わせるHTO(Half-Tone Origin)機能をサポートした。

・ページレベルの出力インテント
 複数ページのPDF2・0ジョブのカラー変換をページごとに管理でき、プリプレスワークフローでの柔軟性と自動化を高める。

 アドビ社のバイスプレジデント兼プリントアンドパブリッシング事業部門担当ゼネラルマネージャであるアディル・ムンシ氏は、「ブランドマネージャーは、顧客と繋がるために生き生きとしたデザインが正確に再現できることを期待している。Adobe Creative Cloudで作成し、Adobe Acrobat DCでレビューを行い、APPE5で検証して出力した印刷ジョブは、最速のレンダリング、ベストな組み合わせのカラー画像処理を実現し、すべての工程において予想どおりの結果を得ることができるようになった」とコメントしている。

 プリプレスソリューション「Apogee11」を、APPE5を組み込んだ最初の製品として発表するAgfa Graphicsのマーケティングマネージャーであるエリック・ピーターズ氏は、「1993年にアドビがPDFフォーマットを発表した時、当社はその堅牢な画像処理モデルがグラフィックアートに適していることを即座に認識し、業界初となるPDFベースのプリプレスワークフローを開発した。この25年の間に印刷は劇的な変化を遂げたが、ApogeeとAPPEの最新リリースによって、複雑なグラフィックを期待どおりに再現するPDFの価値と実力を再認識することができるだろう」とコメントしている。

関連記事

新着トピックス

新着ニュース

PAGE TOP