キーワードで検索

Uteco社、KODAK ULTRASTREAM技術でポートフォリオ拡大へ

2019年2月20日製品・テクノロジー

 イタリアのフレキシブルパッケージング業務用機器メーカーであるUteco社は、ULTRASTREAMテクノロジーを装備するコダックの最新インクジェット印刷システムを購入する契約をコダックと締結した。

KODAK ULTRASTREAMテクノロジー ジェッティングモジュール

 コダック独自のULTRASTREAMコンティニュアスインクジェットテクノロジーは、環境にやさしく経済的な水性インクを、プラスチックと紙に最高速度150mpmで600×1,800dpiの高品質で印刷できるもの。一方、Uteco社が2018年6月に最初に発表したSAPPHIRE EVOソリューションは、性能と持続可能性の両面で業界の関心を集め、引き続き同社のデジタルポートフォリオの重要な一部となっている。Uteco社は、ULTRASTREAMテクノロジーを使用する最初の機器メーカーとして、フレキシブルパッケージングの高生産性デジタル印刷機ポートフォリオを2020年に拡大する計画である。

 Uteco Groupのアルド・ペレッティCEOは、「お客様は、優れた経済性で少量印刷のバージョニングを可能にし、持続可能な利点を持つ、ハイブリッドデジタル印刷ソリューションを求めている。従来のフレキソ印刷とグラビア印刷をデジタルインクジェットテクノロジーと組み合わせて使用するこれらのソリューションは、フィルムハンドリング、プライミング、ポストコーティング、および乾燥処理を最適化し、パッケージング市場に必要な性能を提供する。コダック独自のコンティニュアスインクジェットシステムは、こうした業界最先端のパッケージングソリューションを実現する優れた品質、生産性、ランニングコストを提供する、選り抜きのテクノロジーとして揺るぎない地位を保持している」とコメントしている。

 一方、コダックのエンタープライズインクジェットシステムズ事業部プレジデントのランディ・バンダグリフ氏は、「SAPPHIRE EVOソリューションがもたらす独自のメリットを見れば、Streamインクジェットテクノロジーがフレキシブルパッケージングソリューションへのデジタル印刷の使用にいかに貢献しているかが如実に分かる。drupa2020やその先の展示会において、UtecoがULTRASTREAMテクノロジーをベースとするソリューションを同社の製品ポートフォリオに含め、一段と柔軟なパッケージングの選択肢をコンバーターとブランドオーナーの双方に提供していくことが大変楽しみだ」とコメントしている。

関連記事

新着トピックス

keijipack_2_tn.jpg

ケイジパック、「瞬発力」活かした大判インクジェット事業展開

2019年7月10日ケーススタディ

 総合パッケージング企業の(株)ケイジパック(本社/京都市南区吉祥院内河原町10、八木修二社長)は、アグフアの多機能ワイドフォーマットUVインクジェットプリンタ「アナプルナ H 205...全文を読む

swissQprint、Fespa2019で初のロールtoロール専用機「Karibu」発表

2019年6月14日製品・テクノロジー

 swissQprintは、同社初のロールtoロール専用機「Karibu(カリブ)」を今年5月にドイツ・ミュンヘンで開催されたFespa2019において発表した。同機は多彩な機能を搭載...全文を読む

最新ニュース

dp_komori_label_2019_tn.jpg

KOMORI、シール・ラベル印刷業界向けにIJと微細加工を融合したソリューションを提案

2019年7月29日

 (株)小森コーポレーション(本社/東京都墨田区、持田訓社長)は、7月9・10日の2日間、東京ドームシティ内プリズムホールにおいて開催された「ラベルフォーラムジャパン2019」に出展し...全文を読む

dp_prostream_1000_tn.jpg

キヤノン、高画質と幅広いメディア対応を両立したフルカラーインクジェット輪転プリンター発売

2019年7月26日

 キヤノンマーケティングジャパン(株)(坂田正弘社長)とキヤノンプロダクションプリンティングシステムズ(株)(井崎孝社長)は7月25日、東京・下丸子のCEC東京において新製品発表会を開...全文を読む

dp_oki_tokyo_tn.jpg

OKIデータ、利用シーンに合わせてプリンターを体験できる「東京ショールーム」開設

2019年7月25日

 OKIグループのプリンター事業会社OKIデータ(本社/東京都港区、波多野徹社長)は7月23日、プリンター・複合機によって顧客のビジネス拡大や課題解決につながるヒントを提案するショール...全文を読む

Uteco社、KODAK ULTRASTREAM技術でポートフォリオ拡大へ

2019年2月20日製品・テクノロジー

  • twitter
  • facebook
  • line
  • pocket

 イタリアのフレキシブルパッケージング業務用機器メーカーであるUteco社は、ULTRASTREAMテクノロジーを装備するコダックの最新インクジェット印刷システムを購入する契約をコダックと締結した。

KODAK ULTRASTREAMテクノロジー ジェッティングモジュール

 コダック独自のULTRASTREAMコンティニュアスインクジェットテクノロジーは、環境にやさしく経済的な水性インクを、プラスチックと紙に最高速度150mpmで600×1,800dpiの高品質で印刷できるもの。一方、Uteco社が2018年6月に最初に発表したSAPPHIRE EVOソリューションは、性能と持続可能性の両面で業界の関心を集め、引き続き同社のデジタルポートフォリオの重要な一部となっている。Uteco社は、ULTRASTREAMテクノロジーを使用する最初の機器メーカーとして、フレキシブルパッケージングの高生産性デジタル印刷機ポートフォリオを2020年に拡大する計画である。

 Uteco Groupのアルド・ペレッティCEOは、「お客様は、優れた経済性で少量印刷のバージョニングを可能にし、持続可能な利点を持つ、ハイブリッドデジタル印刷ソリューションを求めている。従来のフレキソ印刷とグラビア印刷をデジタルインクジェットテクノロジーと組み合わせて使用するこれらのソリューションは、フィルムハンドリング、プライミング、ポストコーティング、および乾燥処理を最適化し、パッケージング市場に必要な性能を提供する。コダック独自のコンティニュアスインクジェットシステムは、こうした業界最先端のパッケージングソリューションを実現する優れた品質、生産性、ランニングコストを提供する、選り抜きのテクノロジーとして揺るぎない地位を保持している」とコメントしている。

 一方、コダックのエンタープライズインクジェットシステムズ事業部プレジデントのランディ・バンダグリフ氏は、「SAPPHIRE EVOソリューションがもたらす独自のメリットを見れば、Streamインクジェットテクノロジーがフレキシブルパッケージングソリューションへのデジタル印刷の使用にいかに貢献しているかが如実に分かる。drupa2020やその先の展示会において、UtecoがULTRASTREAMテクノロジーをベースとするソリューションを同社の製品ポートフォリオに含め、一段と柔軟なパッケージングの選択肢をコンバーターとブランドオーナーの双方に提供していくことが大変楽しみだ」とコメントしている。

関連記事

新着トピックス

新着ニュース

PAGE TOP