キーワードで検索

Uteco社、KODAK ULTRASTREAM技術でポートフォリオ拡大へ

2019年2月20日製品・テクノロジー

 イタリアのフレキシブルパッケージング業務用機器メーカーであるUteco社は、ULTRASTREAMテクノロジーを装備するコダックの最新インクジェット印刷システムを購入する契約をコダックと締結した。

KODAK ULTRASTREAMテクノロジー ジェッティングモジュール

 コダック独自のULTRASTREAMコンティニュアスインクジェットテクノロジーは、環境にやさしく経済的な水性インクを、プラスチックと紙に最高速度150mpmで600×1,800dpiの高品質で印刷できるもの。一方、Uteco社が2018年6月に最初に発表したSAPPHIRE EVOソリューションは、性能と持続可能性の両面で業界の関心を集め、引き続き同社のデジタルポートフォリオの重要な一部となっている。Uteco社は、ULTRASTREAMテクノロジーを使用する最初の機器メーカーとして、フレキシブルパッケージングの高生産性デジタル印刷機ポートフォリオを2020年に拡大する計画である。

 Uteco Groupのアルド・ペレッティCEOは、「お客様は、優れた経済性で少量印刷のバージョニングを可能にし、持続可能な利点を持つ、ハイブリッドデジタル印刷ソリューションを求めている。従来のフレキソ印刷とグラビア印刷をデジタルインクジェットテクノロジーと組み合わせて使用するこれらのソリューションは、フィルムハンドリング、プライミング、ポストコーティング、および乾燥処理を最適化し、パッケージング市場に必要な性能を提供する。コダック独自のコンティニュアスインクジェットシステムは、こうした業界最先端のパッケージングソリューションを実現する優れた品質、生産性、ランニングコストを提供する、選り抜きのテクノロジーとして揺るぎない地位を保持している」とコメントしている。

 一方、コダックのエンタープライズインクジェットシステムズ事業部プレジデントのランディ・バンダグリフ氏は、「SAPPHIRE EVOソリューションがもたらす独自のメリットを見れば、Streamインクジェットテクノロジーがフレキシブルパッケージングソリューションへのデジタル印刷の使用にいかに貢献しているかが如実に分かる。drupa2020やその先の展示会において、UtecoがULTRASTREAMテクノロジーをベースとするソリューションを同社の製品ポートフォリオに含め、一段と柔軟なパッケージングの選択肢をコンバーターとブランドオーナーの双方に提供していくことが大変楽しみだ」とコメントしている。

関連記事

新着トピックス

syohokulami_jetpress540wv_tn.jpg

昭北ラミネート工業、ジェネリック医薬品の小ロット・多品種化へ〜アルミ箔にも高品位印刷

2019年4月18日ケーススタディ

 昭北ラミネート工業(株)(本社/富山県富山市飯野1-1)は、医薬品メーカーの多い富山県で1903年に創業してから115年もの長きにわたり、薬の品質が変わらないよう保護して利用者(患者...全文を読む

トヨテック、デジタルプリントの入口から出口までをサポート

2019年4月18日製品・テクノロジー

印刷の前・後加工機提案  (株)トヨテック(本社/千葉県野田市、豊田保社長)は、スキャニング、コーティング、上製本、カッティング、箔押し、型押し、クリーニング・パッキングなど、少量・多...全文を読む

最新ニュース

screenga_blueink_dp_tn.jpg

SCREEN GA、「Truepress Jet L350UV+」向けブルーインク開発

2019年5月14日

 (株)SCREENグラフィックソリューションズは、ラベル用デジタル印刷機のハイエンドモデルである「Truepress Jet L350UV+」に新たに搭載するブルーインクを開発。6月...全文を読む

dp_ip_c910_tn.jpg

キヤノン、imagePRESSシリーズの新製品4機種を発売

2019年5月14日

 キヤノンは、プロダクションプリンター「imagePRESS(イメージプレス)」シリーズの新製品として「imagePRESS C910/C810/C660/C660CA」の4機種を20...全文を読む

dp_pod_hirosima_tn.jpg

大塚商会、5月22日開催の「POD Special 1Day! in 広島」のイベント概要が決定

2019年5月14日

 (株)大塚商会が5月22日にリコージャパン・広島八丁堀事業所(広島支社)において開催する印刷業界向けイベント「POD Special 1Day! in 広島」の開催概要が決定した。 ...全文を読む

Uteco社、KODAK ULTRASTREAM技術でポートフォリオ拡大へ

2019年2月20日製品・テクノロジー

  • twitter
  • facebook
  • line
  • pocket

 イタリアのフレキシブルパッケージング業務用機器メーカーであるUteco社は、ULTRASTREAMテクノロジーを装備するコダックの最新インクジェット印刷システムを購入する契約をコダックと締結した。

KODAK ULTRASTREAMテクノロジー ジェッティングモジュール

 コダック独自のULTRASTREAMコンティニュアスインクジェットテクノロジーは、環境にやさしく経済的な水性インクを、プラスチックと紙に最高速度150mpmで600×1,800dpiの高品質で印刷できるもの。一方、Uteco社が2018年6月に最初に発表したSAPPHIRE EVOソリューションは、性能と持続可能性の両面で業界の関心を集め、引き続き同社のデジタルポートフォリオの重要な一部となっている。Uteco社は、ULTRASTREAMテクノロジーを使用する最初の機器メーカーとして、フレキシブルパッケージングの高生産性デジタル印刷機ポートフォリオを2020年に拡大する計画である。

 Uteco Groupのアルド・ペレッティCEOは、「お客様は、優れた経済性で少量印刷のバージョニングを可能にし、持続可能な利点を持つ、ハイブリッドデジタル印刷ソリューションを求めている。従来のフレキソ印刷とグラビア印刷をデジタルインクジェットテクノロジーと組み合わせて使用するこれらのソリューションは、フィルムハンドリング、プライミング、ポストコーティング、および乾燥処理を最適化し、パッケージング市場に必要な性能を提供する。コダック独自のコンティニュアスインクジェットシステムは、こうした業界最先端のパッケージングソリューションを実現する優れた品質、生産性、ランニングコストを提供する、選り抜きのテクノロジーとして揺るぎない地位を保持している」とコメントしている。

 一方、コダックのエンタープライズインクジェットシステムズ事業部プレジデントのランディ・バンダグリフ氏は、「SAPPHIRE EVOソリューションがもたらす独自のメリットを見れば、Streamインクジェットテクノロジーがフレキシブルパッケージングソリューションへのデジタル印刷の使用にいかに貢献しているかが如実に分かる。drupa2020やその先の展示会において、UtecoがULTRASTREAMテクノロジーをベースとするソリューションを同社の製品ポートフォリオに含め、一段と柔軟なパッケージングの選択肢をコンバーターとブランドオーナーの双方に提供していくことが大変楽しみだ」とコメントしている。

関連記事

新着トピックス

新着ニュース

PAGE TOP