キーワードで検索

Uteco社、KODAK ULTRASTREAM技術でポートフォリオ拡大へ

2019年2月20日製品・テクノロジー

 イタリアのフレキシブルパッケージング業務用機器メーカーであるUteco社は、ULTRASTREAMテクノロジーを装備するコダックの最新インクジェット印刷システムを購入する契約をコダックと締結した。

KODAK ULTRASTREAMテクノロジー ジェッティングモジュール

 コダック独自のULTRASTREAMコンティニュアスインクジェットテクノロジーは、環境にやさしく経済的な水性インクを、プラスチックと紙に最高速度150mpmで600×1,800dpiの高品質で印刷できるもの。一方、Uteco社が2018年6月に最初に発表したSAPPHIRE EVOソリューションは、性能と持続可能性の両面で業界の関心を集め、引き続き同社のデジタルポートフォリオの重要な一部となっている。Uteco社は、ULTRASTREAMテクノロジーを使用する最初の機器メーカーとして、フレキシブルパッケージングの高生産性デジタル印刷機ポートフォリオを2020年に拡大する計画である。

 Uteco Groupのアルド・ペレッティCEOは、「お客様は、優れた経済性で少量印刷のバージョニングを可能にし、持続可能な利点を持つ、ハイブリッドデジタル印刷ソリューションを求めている。従来のフレキソ印刷とグラビア印刷をデジタルインクジェットテクノロジーと組み合わせて使用するこれらのソリューションは、フィルムハンドリング、プライミング、ポストコーティング、および乾燥処理を最適化し、パッケージング市場に必要な性能を提供する。コダック独自のコンティニュアスインクジェットシステムは、こうした業界最先端のパッケージングソリューションを実現する優れた品質、生産性、ランニングコストを提供する、選り抜きのテクノロジーとして揺るぎない地位を保持している」とコメントしている。

 一方、コダックのエンタープライズインクジェットシステムズ事業部プレジデントのランディ・バンダグリフ氏は、「SAPPHIRE EVOソリューションがもたらす独自のメリットを見れば、Streamインクジェットテクノロジーがフレキシブルパッケージングソリューションへのデジタル印刷の使用にいかに貢献しているかが如実に分かる。drupa2020やその先の展示会において、UtecoがULTRASTREAMテクノロジーをベースとするソリューションを同社の製品ポートフォリオに含め、一段と柔軟なパッケージングの選択肢をコンバーターとブランドオーナーの双方に提供していくことが大変楽しみだ」とコメントしている。

関連記事

新着トピックス

gua2019_neworleans_dp_tn.jpg

コダック、PRINERGYワークフロー20周年記念イベント開催

2019年6月11日製品・テクノロジー

 ニューオーリンズで開催された2019年KODAK GUA(グラフィックユーザーアソシエーション)カンファレンスに世界から150社以上の印刷企業や業界パートナー、メディアが集まり、KO...全文を読む

smc192_tn.jpg

サンエムカラー、今年7月にswissQprint「Oryx3」導入

2019年6月7日ケーススタディ

 「印刷とはアートであり、文化、文明、芸術である」。(株)サンエムカラー(本社/京都市南区吉祥院嶋樫山町37)の松井勝美代表取締役会長兼社長は、印刷産業のあるべき姿をこのように語り、超...全文を読む

最新ニュース

fujixerox_pc2_dp_tn.jpg

富士ゼロックス、統合型ワークフロー実現する「Production Cockpit 2.0」発売

2019年7月12日

 富士ゼロックス(株)(玉井光一社長)は、印刷会社の印刷工程全体の業務最適化に貢献し、統合型ワークフローを実現するソフトウェア商品「Production Cockpit2.0」の国内販...全文を読む

label_km_230_tn.jpg

コニカミノルタジャパン、8月にデジタル紙器・ラベル印刷ソリューションセミナー開催

2019年7月9日

 コニカミノルタジャパン(株)は、8月8日・9日の2日間、コニカミノルタ東京サイト八王子の「Customer Engagement Center(CEC)」において紙器印刷会社、商業印...全文を読む

トッパン・フォームズ、OCCとDPS分野で業務提携

2019年7月4日

 トッパン・フォームズ(株)(坂田甲一社長)と(株)OCC(本社/沖縄県浦添市、天久進社長)は、企業や団体から顧客へ重要な情報を伝える通知物の製造・発送までを受託するデータ・プリント・...全文を読む

Uteco社、KODAK ULTRASTREAM技術でポートフォリオ拡大へ

2019年2月20日製品・テクノロジー

  • twitter
  • facebook
  • line
  • pocket

 イタリアのフレキシブルパッケージング業務用機器メーカーであるUteco社は、ULTRASTREAMテクノロジーを装備するコダックの最新インクジェット印刷システムを購入する契約をコダックと締結した。

KODAK ULTRASTREAMテクノロジー ジェッティングモジュール

 コダック独自のULTRASTREAMコンティニュアスインクジェットテクノロジーは、環境にやさしく経済的な水性インクを、プラスチックと紙に最高速度150mpmで600×1,800dpiの高品質で印刷できるもの。一方、Uteco社が2018年6月に最初に発表したSAPPHIRE EVOソリューションは、性能と持続可能性の両面で業界の関心を集め、引き続き同社のデジタルポートフォリオの重要な一部となっている。Uteco社は、ULTRASTREAMテクノロジーを使用する最初の機器メーカーとして、フレキシブルパッケージングの高生産性デジタル印刷機ポートフォリオを2020年に拡大する計画である。

 Uteco Groupのアルド・ペレッティCEOは、「お客様は、優れた経済性で少量印刷のバージョニングを可能にし、持続可能な利点を持つ、ハイブリッドデジタル印刷ソリューションを求めている。従来のフレキソ印刷とグラビア印刷をデジタルインクジェットテクノロジーと組み合わせて使用するこれらのソリューションは、フィルムハンドリング、プライミング、ポストコーティング、および乾燥処理を最適化し、パッケージング市場に必要な性能を提供する。コダック独自のコンティニュアスインクジェットシステムは、こうした業界最先端のパッケージングソリューションを実現する優れた品質、生産性、ランニングコストを提供する、選り抜きのテクノロジーとして揺るぎない地位を保持している」とコメントしている。

 一方、コダックのエンタープライズインクジェットシステムズ事業部プレジデントのランディ・バンダグリフ氏は、「SAPPHIRE EVOソリューションがもたらす独自のメリットを見れば、Streamインクジェットテクノロジーがフレキシブルパッケージングソリューションへのデジタル印刷の使用にいかに貢献しているかが如実に分かる。drupa2020やその先の展示会において、UtecoがULTRASTREAMテクノロジーをベースとするソリューションを同社の製品ポートフォリオに含め、一段と柔軟なパッケージングの選択肢をコンバーターとブランドオーナーの双方に提供していくことが大変楽しみだ」とコメントしている。

関連記事

新着トピックス

新着ニュース

PAGE TOP