キーワードで検索

コダック社、ULTRASTREAM技術を搭載した次世代インクジェットプレス発表

PROSPER ULTRA 520 プレス|UTECO SAPPHIRE EVO W プレス

2020年6月16日製品・テクノロジー

 コダック社は、ULTRASTREAMインクジェット技術を搭載した新しいインクジェット印刷機のラインアップ拡充を発表した。

PROSPER ULTRA 520プレス

 高いインクカバレッジが必要となるグロスコート紙に印刷する場合やバリアブル印刷で一貫して150メートル/分の生産速度を確保し、オフセット印刷に匹敵する品質を提供するインクジェットプレス。しかも低ランニングコストを特長とする。

PROSPER ULTRA 520プレス

 コダックのULTRASTREAMライティングシステムを採用した初のコダック製印刷機で、サテライトのない、より小さな完全な真円形状の液滴を高精度で着弾させて最高品質のインクジェット印刷画像を生成する。汎用的かつ高品質でコスト効率に優れた水性インクを使用して多様な基材への高速印刷を可能とし、生産性の最大化を念頭に設計されている。印刷会社がダイレクトメール、販促用ツール、カタログ、書籍など、幅広い用途に収益性の高い事業を拡大できるようにサポートする。

 600×1,800dpiの解像度、150メートル/分の生産速度を確保し、あらゆる用紙にオフセットに匹敵する印刷品質を提供(200線相当)。グロスコート紙にも高いインクカバレッジでの印刷を実現する。

 45〜250g/平方メートルまでの標準的なオフセット印刷用紙に対応(前処理が必要)し、520ミリ(20.5インチ)の印刷幅で、2アップ両面印刷にも対応。各イメージングステーションは、5つのジェッティングモジュールで構成され、1分あたり2,000ページ以上のA4用紙を印刷できる。

 環境に配慮した水性KODAKナノ粒子顔料CMYKインクを使用し、低コストと高品質を実現。見当合わせ(スティッチング、色間精度、表裏見当)を監視および最適化するKODAKインテリジェントプリントシステム(特許取得済み)を搭載するほか、最先端のアドビAPPE5 RIPを備えた次世代のKODAK 900 Print Managerデジタルフロントエンドを搭載している。

 「コダックの50年以上にわたるインクジェット印刷技術の歴史に新たなページを刻む。ULTRASTREAMインクジェットテクノロジーと低コストのインクをコンパクトなプラットフォームで最大限に活用して、最高のスピード、最高の解像度での印刷を実現。この製品がインクジェットの『新たなる創造』と呼ばれる理由はここにある」(イーストマン・コダック社エクゼクティブチェアマンのジム コンティネンザ氏)

 なお、発売は2020年末を予定。

UTECO SAPPHIRE EVO Wプレス

 フレキソ印刷に匹敵する生産性とグラビア印刷に匹敵する印刷品質を提供するデジタルパッケージング印刷機。コダックの高解像度ULTRASTREAMインクジェットテクノロジーとQDパッケージングインクを使用する。

SAPPHIRE EVO W プレス

 プラスチックフィルム素材(PP、BOPP、PE、PET、PETG、PVdC PET、OPA、PVC、フォイル)や紙などのパッケージ印刷に印刷可能で、印刷速度は最大150メートル/分、印刷幅は1.25メートル(49.2インチ)、600×1,800dpiの解像度のCMYKインクジェットで印刷する。

 QRコード等に代表されるコーディング、地域ごとのプロモーション、くじ、大量のバージョニング管理など、パッケージにあわせてデータを可変印刷するためのオプションを用意。水性で環境に優しく、間接的に食品に触れても安全と認定されている新しいPROSPERプレスQDパッケージングインクを採用し、プライミング、フレキソホワイト、ポストコーティング等をインラインで利用可能。独自の熱風&IR乾燥システムを搭載している。

 「コダックの高解像度ULTRASTREAMインクジェットテクノロジーとQDパッケージングインクを使用することで、デジタル印刷をフレキシブルパッケージ印刷の主流製品へと押し上げるチャンスをもたらし続ける」(イーストマン・コダック社デジタルプリント部門シニアバイスプレジデントのランディ バンダグリフ氏)

 なお同プレスは全世界で受注を開始している。

関連記事

新着トピックス

dp_hp_ indigo_100k_p_tn.jpg

日本HP、革新技術を搭載した次世代モデルを市場投入

2020年6月9日製品・テクノロジー

 (株)日本HP(本社/東京都江東区、岡隆史社長)は4月9日開催の新製品発表会において、印刷業界における「アナログtoデジタル」を支援するデジタル印刷機10機種を発表した。今回、その中...全文を読む

hp_200515_okabe_tn.jpg

日本HP、「破壊と創造」でアナログtoデジタルを加速

2020年5月21日スペシャリスト

 HP Inc.(本社/米国、以下「HP」)は今年3月、さらなる高速化や生産性向上を可能としたHP Indigo デジタル印刷機の第5世代(シリーズ5)や第6世代(シリーズ6)をはじめ...全文を読む

最新ニュース

dp_km_1e_tn.jpg

コニカミノルタジャパン、枚葉UVインクジェットの新機種「AccurioJet KM-1e」の詳細を発表

2020年6月26日

 コニカミノルタジャパン(株)(本社/東京都港区、大須賀健社長)は、産業用印刷市場での成長を加速し続ける29インチ枚葉UVインクジェット印刷機「AccurioJet (アキュリオ ジェ...全文を読む

dp_kasimura_hp_tn.jpg

柏村印刷、アナログからデジタルへの転換を目的に「HP Indigo 12000 HD デジタル印刷機」導入

2020年6月23日

 柏村印刷(株)(本社/島根県浜田市、柏村英男社長)は、アナログからデジタルへの転換を目指し、このほど「HP Indigo 12000 HD デジタル印刷機」を導入した。HP Indi...全文を読む

dp_miyakoshi_mjp30_axf_tn.jpg

ミヤコシ、食品包装印刷に対応する水性顔料インクジェット機「MJP30AXF」発売

2020年6月18日

 (株)ミヤコシ(本社/千葉県習志野市、宮腰亨社長)は、水性顔料インクによる食品包装印刷を可能とした軟包装用フルカラー水性インクジェットプリンター「MJP30AXF」を開発し、6月より...全文を読む

コダック社、ULTRASTREAM技術を搭載した次世代インクジェットプレス発表

PROSPER ULTRA 520 プレス|UTECO SAPPHIRE EVO W プレス

2020年6月16日製品・テクノロジー

  • twitter
  • facebook
  • line
  • pocket

 コダック社は、ULTRASTREAMインクジェット技術を搭載した新しいインクジェット印刷機のラインアップ拡充を発表した。

PROSPER ULTRA 520プレス

 高いインクカバレッジが必要となるグロスコート紙に印刷する場合やバリアブル印刷で一貫して150メートル/分の生産速度を確保し、オフセット印刷に匹敵する品質を提供するインクジェットプレス。しかも低ランニングコストを特長とする。

PROSPER ULTRA 520プレス

 コダックのULTRASTREAMライティングシステムを採用した初のコダック製印刷機で、サテライトのない、より小さな完全な真円形状の液滴を高精度で着弾させて最高品質のインクジェット印刷画像を生成する。汎用的かつ高品質でコスト効率に優れた水性インクを使用して多様な基材への高速印刷を可能とし、生産性の最大化を念頭に設計されている。印刷会社がダイレクトメール、販促用ツール、カタログ、書籍など、幅広い用途に収益性の高い事業を拡大できるようにサポートする。

 600×1,800dpiの解像度、150メートル/分の生産速度を確保し、あらゆる用紙にオフセットに匹敵する印刷品質を提供(200線相当)。グロスコート紙にも高いインクカバレッジでの印刷を実現する。

 45〜250g/平方メートルまでの標準的なオフセット印刷用紙に対応(前処理が必要)し、520ミリ(20.5インチ)の印刷幅で、2アップ両面印刷にも対応。各イメージングステーションは、5つのジェッティングモジュールで構成され、1分あたり2,000ページ以上のA4用紙を印刷できる。

 環境に配慮した水性KODAKナノ粒子顔料CMYKインクを使用し、低コストと高品質を実現。見当合わせ(スティッチング、色間精度、表裏見当)を監視および最適化するKODAKインテリジェントプリントシステム(特許取得済み)を搭載するほか、最先端のアドビAPPE5 RIPを備えた次世代のKODAK 900 Print Managerデジタルフロントエンドを搭載している。

 「コダックの50年以上にわたるインクジェット印刷技術の歴史に新たなページを刻む。ULTRASTREAMインクジェットテクノロジーと低コストのインクをコンパクトなプラットフォームで最大限に活用して、最高のスピード、最高の解像度での印刷を実現。この製品がインクジェットの『新たなる創造』と呼ばれる理由はここにある」(イーストマン・コダック社エクゼクティブチェアマンのジム コンティネンザ氏)

 なお、発売は2020年末を予定。

UTECO SAPPHIRE EVO Wプレス

 フレキソ印刷に匹敵する生産性とグラビア印刷に匹敵する印刷品質を提供するデジタルパッケージング印刷機。コダックの高解像度ULTRASTREAMインクジェットテクノロジーとQDパッケージングインクを使用する。

SAPPHIRE EVO W プレス

 プラスチックフィルム素材(PP、BOPP、PE、PET、PETG、PVdC PET、OPA、PVC、フォイル)や紙などのパッケージ印刷に印刷可能で、印刷速度は最大150メートル/分、印刷幅は1.25メートル(49.2インチ)、600×1,800dpiの解像度のCMYKインクジェットで印刷する。

 QRコード等に代表されるコーディング、地域ごとのプロモーション、くじ、大量のバージョニング管理など、パッケージにあわせてデータを可変印刷するためのオプションを用意。水性で環境に優しく、間接的に食品に触れても安全と認定されている新しいPROSPERプレスQDパッケージングインクを採用し、プライミング、フレキソホワイト、ポストコーティング等をインラインで利用可能。独自の熱風&IR乾燥システムを搭載している。

 「コダックの高解像度ULTRASTREAMインクジェットテクノロジーとQDパッケージングインクを使用することで、デジタル印刷をフレキシブルパッケージ印刷の主流製品へと押し上げるチャンスをもたらし続ける」(イーストマン・コダック社デジタルプリント部門シニアバイスプレジデントのランディ バンダグリフ氏)

 なお同プレスは全世界で受注を開始している。

関連記事

新着トピックス

新着ニュース

PAGE TOP