キーワードで検索

  • トップ>
  • ニュース>
  • 富士ゼロックス、高画質・高生産性を両立した「11000 Inkje...

富士ゼロックス、高画質・高生産性を両立した「11000 Inkjet Press」発売開始

富士ゼロックス初の商印向けロール紙カラーインクジェットプリンターとして開発

2019年1月23日ニュース

 富士ゼロックス(株)(玉井光一社長)は1月22日、同社・海老名事業所内「Future Edge」において記者会見を開き、商業印刷向け高速ロール紙カラーインクジェットプリンター「11000 Inkjet Press」を新開発し、2月15日から国内で発売すると発表した。
富士フイルムグループの技術を結集した「11000 Inkjet Press」
 会見には、高木純常務執行役員と麻生修司執行役員が出席し、その冒頭、挨拶した高木常務は「当社は2011年に印刷市場向けにフルカラーのロール紙インクジェットプリンターを発表して以来、多くの導入ユーザーの協力のもと、高速でのインクジェット出力技術を蓄積してきた。一方、富士フイルムは、枚葉インクジェット印刷機で高画質のインクジェット技術を磨き上げてきた。11000 Inkjet Pressは、富士フイルムグループの技術を結集し、融合することで生まれた新商品である。ロール紙プリンターならではの高い生産性とオフセット印刷に迫る高画質の両立を実現しており、商業印刷市場のデジタル化を加速させることができるはず」と11000 Inkjet Pressは、富士フイルムグループの技術を結集した新商品であることを説明した。

 続いて挨拶した麻生執行役員は「これまで当社のロール紙カラーインクジェットプリンターは、主に請求明細書などのトランザクションプリントを中心に利用されてきた。この対象領域を商業印刷分野まで拡げるためには、生産性、高画質、オフセットコート紙対応の3つの要素が必要であった」と今回の技術開発コンセプトについて説明した上で「11000 Inkjet Pressは、この3つの要素を実現した業界初の新商品であると確信している」と商業印刷のデジタル化を後押しする新技術を多数搭載していることを明らかにした。
高木常務執行役員(左)、麻生執行役員

 新商品の「11000 Inkjet Press」は、オフセット印刷に迫る高画質と最速で毎分80m(A4カット紙換算で毎分1,048ページ相当)の高生産性を実現する商業印刷向け高速ロール紙カラーインクジェットプリンター。プリントヘッドには、独自のインク循環機能を搭載した富士フイルムの「SAMBA」ヘッドをもとに、さらに高速ロール紙印刷へ適応させるための最適化を図っている。これによりヘッドのノズル付近のインクを絶えず循環させ、乾燥が速い高機能インクであってもノズル詰まりを防ぎ、常に最適な吐出状態を維持、長時間の連続出力でも安定した高画質が得られる。

 富士フイルムの枚葉型インクジェットデジタルプレス「Jet Press」シリーズで培われた知見をもとにSAMBAヘッドの正確な打滴能力を最大限に引き出す水性顔料インクを新たに開発。この定着剤を含有させた新インクにより、高速・高品質な描画がプレコートなしで可能となっている。

 プリントモードは、書き込み解像度1,200dpi×1,200dpiで印刷速度は同クラス最高速毎分80mの「標準」モード、毎分50mの「画質優先」モードの2種類。また、内蔵センサーによりノズルの吐出不良を検出し、印字抜けスジや印字濃度ムラを補正する。さらに従来の水性インクジェットの大きな課題であった印字後の用紙シワ(波うち)への対応として、赤外光とヒートドラムによる独自の乾燥機構により、高速に印刷しながら商業印刷に相応しい印刷品質を提供する。

 プロダクションカラー機で実績のある自社開発のコントローラー「GX Print Server」を採用。複雑なバリアブル(可変)データやリッチな画像を含むPDFなども高速に画像補正をかけながらRIP処理し、プリンター本体のスピードを最大限に発揮する。また、GX Print Serverは、印刷業界の標準規格であるJDFをサポートし、さまざまな印刷業務のワークフローシステムとの連携で、オフセット印刷機とデジタルプリンターのハイブリッドワークフローを構築することができる。さらに多彩な後処理機との連携により、最終成果物の制作効率と品質を維持した運用が可能となっている。
会見後には各種ポストプレス機器とのインライン接続による無線綴じ製本までの実演を披露

関連記事

最新ニュース

dp_r_r_wjrc_tn.jpg

リコーとリコージャパンとJR西日本コミュニケーションズ、AR を用いた電車内広告の実証実験を開始

2019年6月13日

 (株)リコー(山下良則社長)およびリコージャパン(株)(坂主智弘社長)と、(株)JR西日本コミュニケーションズ(山本章義社長)の3社は、JR西日本京阪神エリアの電車内の中づり広告と、...全文を読む

edelmann_landa S10_tn.jpg

ランダ社、Landa S10ナノグラフィ印刷機がエデルマン(ドイツ)で商用運転開始

2019年6月12日

 ランダ社(イスラエル)は、このほどエデルマングループ(ドイツ)がヨーロッパ初のLanda S10ナノグラフィック印刷機によるB1サイズ用紙を用いた毎時6,500枚の商用運転を開始した...全文を読む

dp_komori_jp2019_tn.jpg

KOMORI、JP2019でデジタル印刷機の活用法を提案

2019年6月12日

 (株)小森コーポレーションは、先頃開催された「JP2019・ICTと印刷展」に出展し、デジタル印刷機「インプレミアIS29」やPODの印刷サンプル、ポストプレス製品群のアプリシアシリ...全文を読む

モリサワ、6月25・26日に東京本社で「MORISAWA FAIR 2019」開催

2019年6月11日

 (株)モリサワ(森澤彰彦社長)は6月25・26日の2日間、東京本社(東京都新宿区下宮比町2-27)において「MORISAWA FAIR 2019」を開催する(参加費は無料)。  同フ...全文を読む

tsf2019visualimage_dp_tn.jpg

Think Smart Factory 2019 IN KYOTO、来場者登録を開始

2019年6月10日

 11月11日から13日の3日間、京都「みやこめっせ」で開催される「Think Smart Factory 2019 IN KYOTO」の来場者登録(https://thinksmar...全文を読む

新着トピックス

gua2019_neworleans_dp_tn.jpg

コダック、PRINERGYワークフロー20周年記念イベント開催

2019年6月11日製品・テクノロジー

 ニューオーリンズで開催された2019年KODAK GUA(グラフィックユーザーアソシエーション)カンファレンスに世界から150社以上の印刷企業や業界パートナー、メディアが集まり、KO...全文を読む

smc192_tn.jpg

サンエムカラー、今年7月にswissQprint「Oryx3」導入

2019年6月7日ケーススタディ

 「印刷とはアートであり、文化、文明、芸術である」。(株)サンエムカラー(本社/京都市南区吉祥院嶋樫山町37)の松井勝美代表取締役会長兼社長は、印刷産業のあるべき姿をこのように語り、超...全文を読む

mediadruckwerk_dp_tn.jpg

メディアドルックヴェルク社(ドイツ)、Jet Press 750Sの品質・スピードの進化評価

2019年5月16日ケーススタディ

 ドイツの総合印刷会社・メディアドルックヴェルク社は、世界の先陣を切って、富士フイルムの最新枚葉型インクジェットデジタルプレス「Jet Press 750S」を導入する。同社は、198...全文を読む

富士ゼロックス、高画質・高生産性を両立した「11000 Inkjet Press」発売開始

富士ゼロックス初の商印向けロール紙カラーインクジェットプリンターとして開発

2019年1月23日ニュース

  • twitter
  • facebook
  • line
  • pocket

 富士ゼロックス(株)(玉井光一社長)は1月22日、同社・海老名事業所内「Future Edge」において記者会見を開き、商業印刷向け高速ロール紙カラーインクジェットプリンター「11000 Inkjet Press」を新開発し、2月15日から国内で発売すると発表した。
富士フイルムグループの技術を結集した「11000 Inkjet Press」
 会見には、高木純常務執行役員と麻生修司執行役員が出席し、その冒頭、挨拶した高木常務は「当社は2011年に印刷市場向けにフルカラーのロール紙インクジェットプリンターを発表して以来、多くの導入ユーザーの協力のもと、高速でのインクジェット出力技術を蓄積してきた。一方、富士フイルムは、枚葉インクジェット印刷機で高画質のインクジェット技術を磨き上げてきた。11000 Inkjet Pressは、富士フイルムグループの技術を結集し、融合することで生まれた新商品である。ロール紙プリンターならではの高い生産性とオフセット印刷に迫る高画質の両立を実現しており、商業印刷市場のデジタル化を加速させることができるはず」と11000 Inkjet Pressは、富士フイルムグループの技術を結集した新商品であることを説明した。

 続いて挨拶した麻生執行役員は「これまで当社のロール紙カラーインクジェットプリンターは、主に請求明細書などのトランザクションプリントを中心に利用されてきた。この対象領域を商業印刷分野まで拡げるためには、生産性、高画質、オフセットコート紙対応の3つの要素が必要であった」と今回の技術開発コンセプトについて説明した上で「11000 Inkjet Pressは、この3つの要素を実現した業界初の新商品であると確信している」と商業印刷のデジタル化を後押しする新技術を多数搭載していることを明らかにした。
高木常務執行役員(左)、麻生執行役員

 新商品の「11000 Inkjet Press」は、オフセット印刷に迫る高画質と最速で毎分80m(A4カット紙換算で毎分1,048ページ相当)の高生産性を実現する商業印刷向け高速ロール紙カラーインクジェットプリンター。プリントヘッドには、独自のインク循環機能を搭載した富士フイルムの「SAMBA」ヘッドをもとに、さらに高速ロール紙印刷へ適応させるための最適化を図っている。これによりヘッドのノズル付近のインクを絶えず循環させ、乾燥が速い高機能インクであってもノズル詰まりを防ぎ、常に最適な吐出状態を維持、長時間の連続出力でも安定した高画質が得られる。

 富士フイルムの枚葉型インクジェットデジタルプレス「Jet Press」シリーズで培われた知見をもとにSAMBAヘッドの正確な打滴能力を最大限に引き出す水性顔料インクを新たに開発。この定着剤を含有させた新インクにより、高速・高品質な描画がプレコートなしで可能となっている。

 プリントモードは、書き込み解像度1,200dpi×1,200dpiで印刷速度は同クラス最高速毎分80mの「標準」モード、毎分50mの「画質優先」モードの2種類。また、内蔵センサーによりノズルの吐出不良を検出し、印字抜けスジや印字濃度ムラを補正する。さらに従来の水性インクジェットの大きな課題であった印字後の用紙シワ(波うち)への対応として、赤外光とヒートドラムによる独自の乾燥機構により、高速に印刷しながら商業印刷に相応しい印刷品質を提供する。

 プロダクションカラー機で実績のある自社開発のコントローラー「GX Print Server」を採用。複雑なバリアブル(可変)データやリッチな画像を含むPDFなども高速に画像補正をかけながらRIP処理し、プリンター本体のスピードを最大限に発揮する。また、GX Print Serverは、印刷業界の標準規格であるJDFをサポートし、さまざまな印刷業務のワークフローシステムとの連携で、オフセット印刷機とデジタルプリンターのハイブリッドワークフローを構築することができる。さらに多彩な後処理機との連携により、最終成果物の制作効率と品質を維持した運用が可能となっている。
会見後には各種ポストプレス機器とのインライン接続による無線綴じ製本までの実演を披露

関連記事

新着ニュース

新着トピックス

PAGE TOP