キーワードで検索

  • トップ>
  • ニュース>
  • コニカミノルタ、有機EL照明で「光るスマートプリンティング」分野を...

コニカミノルタ、有機EL照明で「光るスマートプリンティング」分野を強化

2019年4月26日ニュース

 コニカミノルタ(株)(本社/東京都千代田区、山名昌衛社長)は、有機EL照明事業の合弁会社コニカミノルタ パイオニア OLED(株)(本社/東京都港区、中来田眞弘社長)に係るパイオニア(株)(本社/東京都文京区、森谷浩一社長)との合弁契約を解消した。今後、コニカミノルタは、両社協業で得た知見とノウハウを活用し、事業の注力分野を車載照明から自社が得意とする高付加価値印刷事業とのシナジーによる「光るスマートプリンティング」を軸とする方針に転換していく。

 コニカミノルタとパイオニアは、2017年に有機EL照明事業に係る合弁会社コニカミノルタ パイオニア OLEDを設立し、車載照明を注力分野として事業を推進してきたが、パイオニアの経営方針の変更にともない、4月16日付で合弁契約を解消。コニカミノルタ パイオニア OLEDは、社名をコニカミノルタOLED(株)に変更して存続するが、事業、機能、パイオニアの有機EL照明に係る関連資産などについては、コニカミノルタに移管される。

 コニカミノルタは、今後、「光るスマートプリンティング」分野において新たな価値を創造し、同社の成長事業であるの高付加価値印刷とのシナジーによって事業拡大を目指していく。

 コニカミノルタは、これまでも、商品パッケージ、販促用カード、グリーティングカードなど「光るスマートプリンティング」のマーケティング活動を海外中心に行っており、コニカミノルタのフレキシブル有機EL照明パネルの強みである「薄い・軽い・曲がる」特徴が活きる市場であること、さらにコニカミノルタが保有する独自のロール・ツー・ロールの生産方式によるコスト面での優位性があることを確認。また、この分野は、コニカミノルタが取り組む箔押しやニスコーティングといったデジタル加飾印刷による高付加価値印刷事業とのシナジーを発揮できるため、今後は、「光るスマートプリンティング」を注力分野とし、ジャンルトップを目指していく。

 具体的には、商品パッケージ、販促用カード、グリーティングカードなど、印刷物の付加価値を高めて驚きや感動を与えることで、それらを発信する企業のブランディングや商品訴求力向上に貢献していく。

関連記事

最新ニュース

dp_arkay_106_tn.jpg

ハイデルベルグ社、アーケイパッケージング社(米国)がプライムファイア106導入へ

2019年12月4日

 ハイデルベルグ社(ドイツ)は、このほど米国のアーケイパッケージング社が、インダストリアルデジタルシステム「プライムファイア106」の導入を決断したことを発表した。これによりハイデルベ...全文を読む

toppan_kimera_19_dp_tn.jpg

凸版印刷とキメラ、デジタルメディアのマネジメントを支援

2019年11月28日

 凸版印刷(株)(麿秀晴社長)と、出版社・新聞社・テレビ局などのパブリッシャー向けにビジネスグロース支援・プロダクト提供を行う(株)キメラ(東京都渋谷区)は、11月に資本業務提携を締結...全文を読む

jeti-tauro-h3300_led_shadow_dp_tn.jpg

大判高速UVインクジェットプリンタ「JETI TAURO H3300 LED」国内販売開始

2019年11月14日

 日本アグフア・ゲバルト(株)(岡本勝弘社長)は、ロール・ボード双方に対応するハイエンド・ハイブリッドUVインクジェットプリンタ「JETI TAURO H3300 LED」の国内販売を...全文を読む

エプソン、2020年2月1日より大判インクジェットプリンター消耗品の標準価格改定

2019年11月13日

 エプソン販売(株)(鈴村文徳社長)は、大判インクジェットプリンターの一部消耗品(インクカートリッジ、クリーニング液)の標準価格を、2020年2月1日より改定することを発表した。  エ...全文を読む

drupa_d_club_dp_tn.jpg

メッセ・デュッセルドルフ、東京で「drupaデュッセルCLUB」開催

2019年11月12日

 世界最高峰の印刷・クロスメディアソリューション専門メッセ「drupa2016」開催を来年6月に控え、主催するメッセ・デュッセルドルフでは12月2日、業界団体・メディア、drupa20...全文を読む

新着トピックス

tsf19_dp_tn.jpg

印刷の近未来を体感|THINK SMART FACTORY レポート

2019年11月18日製品・テクノロジー

 労働人口の減少にともなう人手不足が深刻化する中、今年4月から「働き方改革関連法」が順次施行され、法的な対応も必要になるなど、製造業はこれら社会情勢に対し、労働生産性の向上が急務になっ...全文を読む

towaprinting_sf19_2_dp_tn.jpg

東和印刷、PRINERGY+RBA運用基点に8割のジョブを自動化

2019年11月13日ケーススタディ

 東和印刷(株)(本社/大阪府東大阪市高井田中3-9-10、高本禎郎社長)では、JDF/MISとコダックのPDFワークフローシステム「PRINERGY」、さらにそのオプション機能「RB...全文を読む

dp_tsf_2019_koyama_tn.jpg

コニカミノルタジャパン、TSF2019で後加工を活かすデジタル印刷を提案

2019年11月7日製品・テクノロジー

 コニカミノルタジャパン(株)(本社/東京都港区、原口淳社長)は、「THINK SMART FACTORY 2019(TSF2019)」において、最新鋭のデジタル印刷機と受注業務からプ...全文を読む

コニカミノルタ、有機EL照明で「光るスマートプリンティング」分野を強化

2019年4月26日ニュース

  • twitter
  • facebook
  • line
  • pocket

 コニカミノルタ(株)(本社/東京都千代田区、山名昌衛社長)は、有機EL照明事業の合弁会社コニカミノルタ パイオニア OLED(株)(本社/東京都港区、中来田眞弘社長)に係るパイオニア(株)(本社/東京都文京区、森谷浩一社長)との合弁契約を解消した。今後、コニカミノルタは、両社協業で得た知見とノウハウを活用し、事業の注力分野を車載照明から自社が得意とする高付加価値印刷事業とのシナジーによる「光るスマートプリンティング」を軸とする方針に転換していく。

 コニカミノルタとパイオニアは、2017年に有機EL照明事業に係る合弁会社コニカミノルタ パイオニア OLEDを設立し、車載照明を注力分野として事業を推進してきたが、パイオニアの経営方針の変更にともない、4月16日付で合弁契約を解消。コニカミノルタ パイオニア OLEDは、社名をコニカミノルタOLED(株)に変更して存続するが、事業、機能、パイオニアの有機EL照明に係る関連資産などについては、コニカミノルタに移管される。

 コニカミノルタは、今後、「光るスマートプリンティング」分野において新たな価値を創造し、同社の成長事業であるの高付加価値印刷とのシナジーによって事業拡大を目指していく。

 コニカミノルタは、これまでも、商品パッケージ、販促用カード、グリーティングカードなど「光るスマートプリンティング」のマーケティング活動を海外中心に行っており、コニカミノルタのフレキシブル有機EL照明パネルの強みである「薄い・軽い・曲がる」特徴が活きる市場であること、さらにコニカミノルタが保有する独自のロール・ツー・ロールの生産方式によるコスト面での優位性があることを確認。また、この分野は、コニカミノルタが取り組む箔押しやニスコーティングといったデジタル加飾印刷による高付加価値印刷事業とのシナジーを発揮できるため、今後は、「光るスマートプリンティング」を注力分野とし、ジャンルトップを目指していく。

 具体的には、商品パッケージ、販促用カード、グリーティングカードなど、印刷物の付加価値を高めて驚きや感動を与えることで、それらを発信する企業のブランディングや商品訴求力向上に貢献していく。

関連記事

新着ニュース

新着トピックス

PAGE TOP