キーワードで検索

富士フイルム、Jet Press750Sの基幹部品9ユニットを提供

産業用インクジェットコンポーネント「Samba JPC」販売開始

2019年10月31日ニュース

 富士フイルム(株)(助野健児社長)は、商業印刷やパッケージ印刷向け産業用シングルパスインクジェット印刷装置の製品化に必要な基幹部品やソフトウェアなどのインクジェットコンポーネントを「Samba JPC」として11月から販売を開始した。

 「Samba JPC」は、同社インクジェットデジタルプレス「Jet Press750S」の基幹部品を提供するもの。産業用インクジェットヘッドのリーディングカンパニーである米国のFUJIFILM Dimatix社製の1,200dpi、MEMSによる高精細プリントヘッド「SAMBA」を組み込んだプリントバー、画像処理ソフトウェア、ヘッドクリーナーなど9つのユニットをラインアップし、日米欧の印刷機メーカーやインクジェット印刷装置のインテグレーター向けに販売を開始した。
Samba JPCの9ユニット(画像処理ソフトウェアはPCにインストール)
 短納期、多品種少量生産、バリアブル印刷を可能にするインクジェット技術は年々進化しており、近年では書籍やポスターの商業印刷、紙器、段ボール、ラベル印刷などの分野で採用が進み、今後はさらに食品パッケージなどの軟包装をはじめとした分野にも採用が広がると、インクジェット印刷装置には印刷物の画質向上や生産性向上などの機能向上が求められる。

 「Samba JPC」のユーザーは高精細な「SAMBA」ヘッドの性能を最大限活かした、高画質で信頼性の高いインクジェット印刷装置を短期間で開発できる。プリントバーは10インチ(約25センチ)と30インチ(約76センチ)の印刷幅2種類を用意し、さらに用途に合わせた印刷幅にカスタマイズして提供することも可能。また、ユーザーの要望に応じて、「Samba JPC」を同社製インクと組み合わせて提供することや、9つのユニットを単品から提供することも可能である。

 「Samba JPC」は、高精細なシングルパスインクジェット印刷装置を短期間で開発したい印刷機メーカーや、「SAMBA」ヘッドを使ったインクジェット印刷装置を開発中の印刷機メーカー、またはブランドオーナーの生産工程内に組み込むインクジェット印刷装置の信頼性を高めたいインテグレーターに適している。

 主な特長は以下の通り。

▽印字精度が高いプリントバーシステム
 複数のプリントヘッドが高精度に位置決めされた状態で「プリントバー」に搭載されているため、プリントバーの印字幅全域で高画質な印字が可能。また「液循環ユニット」は、印字状態に応じてインクの循環流量を制御することにより、インクを常に最適な状態でプリントヘッドに供給し、高速印刷時にも高い印字性能を発揮する。

▽印刷物のスジ・ムラを補正し、プリントヘッド交換頻度を低減する画像処理システム
 長期間の使用によってインクの吐出方向がズレることや、吐出しないノズルが発生した場合でも、「画像処理ソフトウェア」によりその周辺のノズルを自動で制御し、印刷物上のスジやムラの発生を防ぐ。印刷物制作工程で発生する色ムラなどによる損紙を減らすことができ、プリントヘッドの交換頻度も低減する。

▽速乾性インクでも高い清掃能力を持つヘッドクリーナー
 同社独自の特殊加工した布に洗浄液を付与してプリントヘッドの汚れを拭きとる「wet web方式」を採用し、清掃が困難な速乾性インクに対してもプリントヘッドを傷つけずに高い清掃能力を持つ。

関連記事

最新ニュース

agfa-greenguard-gold-vector-logo_dp_tn.jpg

アグフア、UVインクジェットインクが「GREENGUARDゴールド認定」取得

2019年12月18日

 日本アグフア・ゲバルト(株)(岡本勝弘社長)は、サイン&ディスプレイ向けUVインクジェットインクである「Anuvia(アヌビア)1250/1551」と「Anapurna(アナプルナ)...全文を読む

dp_scs80650l_tn.jpg

エプソン、インクの交換頻度と保管スペースを削減するエコソルベントインク搭載大判IJ機発売

2019年12月18日

 エプソンは、サイン&ディスプレイ業界向けエコソルベントインク搭載大判インクジェットプリンターの新商品として、インクパックを採用した10色インク搭載「SC-S80650L」、および4色...全文を読む

日本HP、HP Indigo 7900 デジタル印刷機に対応するシルバーインキの販売開始

2019年12月18日

 (株)日本HP(本社/東京都江東区)は、商業印刷向け「HP Indigo 7900 デジタル印刷機」に対応する特色インキ「HP Indigoエレクトロインキシルバー」の販売を開始する...全文を読む

dp_ev_ep_sampl_tn.jpg

ハイデルベルグ社、バーサファイアの新たな後加工オプションの提供開始

2019年12月18日

 ハイデルベルグ社(ドイツ)は、このほどプリネクトDFEをアップデートし、デジタルソリューション「バーサファイアEV/EP」のインラインフィニッシングのオプションとして新しいハードウェ...全文を読む

アドビ社、2019年度通年収益が過去最高の111億7,000万ドル

2019年12月16日

 アドビ社(本社/米国カリフォルニア州サンノゼ)の2019年度通年の収益が過去最高となった。  同社の2019年度第4四半期の収益は過去最高となる29億9,000万ドル、前年同期比21...全文を読む

新着トピックス

hyoda_app_1_dp_tn.jpg

兵田印刷工芸、大学内「次世代型新食堂」の注文アプリ開発

2019年12月13日ケーススタディ

 「マーケティング×デジタル×紙」をキーワードにクロスメディアを展開する兵田印刷工芸(株)(兵庫県西宮市笠屋町3-16、兵田好雄社長)はこのほど、某有名大学内の「次世代型新食堂」で運用...全文を読む

tsf19_dp_tn.jpg

印刷の近未来を体感|THINK SMART FACTORY レポート

2019年11月18日製品・テクノロジー

 労働人口の減少にともなう人手不足が深刻化する中、今年4月から「働き方改革関連法」が順次施行され、法的な対応も必要になるなど、製造業はこれら社会情勢に対し、労働生産性の向上が急務になっ...全文を読む

towaprinting_sf19_2_dp_tn.jpg

東和印刷、PRINERGY+RBA運用基点に8割のジョブを自動化

2019年11月13日ケーススタディ

 東和印刷(株)(本社/大阪府東大阪市高井田中3-9-10、高本禎郎社長)では、JDF/MISとコダックのPDFワークフローシステム「PRINERGY」、さらにそのオプション機能「RB...全文を読む

富士フイルム、Jet Press750Sの基幹部品9ユニットを提供

産業用インクジェットコンポーネント「Samba JPC」販売開始

2019年10月31日ニュース

  • twitter
  • facebook
  • line
  • pocket

 富士フイルム(株)(助野健児社長)は、商業印刷やパッケージ印刷向け産業用シングルパスインクジェット印刷装置の製品化に必要な基幹部品やソフトウェアなどのインクジェットコンポーネントを「Samba JPC」として11月から販売を開始した。

 「Samba JPC」は、同社インクジェットデジタルプレス「Jet Press750S」の基幹部品を提供するもの。産業用インクジェットヘッドのリーディングカンパニーである米国のFUJIFILM Dimatix社製の1,200dpi、MEMSによる高精細プリントヘッド「SAMBA」を組み込んだプリントバー、画像処理ソフトウェア、ヘッドクリーナーなど9つのユニットをラインアップし、日米欧の印刷機メーカーやインクジェット印刷装置のインテグレーター向けに販売を開始した。
Samba JPCの9ユニット(画像処理ソフトウェアはPCにインストール)
 短納期、多品種少量生産、バリアブル印刷を可能にするインクジェット技術は年々進化しており、近年では書籍やポスターの商業印刷、紙器、段ボール、ラベル印刷などの分野で採用が進み、今後はさらに食品パッケージなどの軟包装をはじめとした分野にも採用が広がると、インクジェット印刷装置には印刷物の画質向上や生産性向上などの機能向上が求められる。

 「Samba JPC」のユーザーは高精細な「SAMBA」ヘッドの性能を最大限活かした、高画質で信頼性の高いインクジェット印刷装置を短期間で開発できる。プリントバーは10インチ(約25センチ)と30インチ(約76センチ)の印刷幅2種類を用意し、さらに用途に合わせた印刷幅にカスタマイズして提供することも可能。また、ユーザーの要望に応じて、「Samba JPC」を同社製インクと組み合わせて提供することや、9つのユニットを単品から提供することも可能である。

 「Samba JPC」は、高精細なシングルパスインクジェット印刷装置を短期間で開発したい印刷機メーカーや、「SAMBA」ヘッドを使ったインクジェット印刷装置を開発中の印刷機メーカー、またはブランドオーナーの生産工程内に組み込むインクジェット印刷装置の信頼性を高めたいインテグレーターに適している。

 主な特長は以下の通り。

▽印字精度が高いプリントバーシステム
 複数のプリントヘッドが高精度に位置決めされた状態で「プリントバー」に搭載されているため、プリントバーの印字幅全域で高画質な印字が可能。また「液循環ユニット」は、印字状態に応じてインクの循環流量を制御することにより、インクを常に最適な状態でプリントヘッドに供給し、高速印刷時にも高い印字性能を発揮する。

▽印刷物のスジ・ムラを補正し、プリントヘッド交換頻度を低減する画像処理システム
 長期間の使用によってインクの吐出方向がズレることや、吐出しないノズルが発生した場合でも、「画像処理ソフトウェア」によりその周辺のノズルを自動で制御し、印刷物上のスジやムラの発生を防ぐ。印刷物制作工程で発生する色ムラなどによる損紙を減らすことができ、プリントヘッドの交換頻度も低減する。

▽速乾性インクでも高い清掃能力を持つヘッドクリーナー
 同社独自の特殊加工した布に洗浄液を付与してプリントヘッドの汚れを拭きとる「wet web方式」を採用し、清掃が困難な速乾性インクに対してもプリントヘッドを傷つけずに高い清掃能力を持つ。

関連記事

新着ニュース

新着トピックス

PAGE TOP