キーワードで検索

アグフア、アポジーをサブスクリプション方式で提供

京都・栄進堂印刷が国内初採用

2020年2月4日ニュース

 日本アグフア・ゲバルト(株)(岡本勝弘社長)は、プリプレスワークフロー「アポジー」の新サービス「APOGEE Subscription(アポジー・サブスクリプション)」の提供を開始した。

プリプレスの効率化を促進する「アポジー」の新サービス

 アグフアは、1997年に世界初のPDFワークフロー「アポジー」を発表し、業界に先駆けてJDFにも対応。2010年には、自動面付け「アポジー・インポーズ」を発表するなど、業界に先駆けて独創的かつ先進的な製品を紹介してきた。

 2016年に発表した業界初のクラウドワークフロー「アポジー・クラウド」は、従来必要であった専用サーバーが不要になり、初期投資を抑え、月額制の中で常に最新バージョンが利用できる。また、セキュリティレベルの高いクラウドセンターに複数拠点のシステムを一元管理することで、管理の手間を削減し、BCP対策にも繋がる。

 今回発表した「アポジー・サブスクリプション」は、この「アポジー・クラウド」のライセンスをローカルサーバーでも月額制で提供できるようにしたハイブリッドな新サービス。初期投資を抑え、月額の中で常に最新バージョン・最新のRIPコアが利用でき、最新の制作環境へ対応できる。また、プリプレスの効率化を実現する最新機能オプションも月額に含まれるため、効率化を実現する新機能を追加投資なく利用できる。

 なお同サービスは、チラシ印刷をメインにカタログや学参物などの印刷を手掛ける老舗のオフセット輪転印刷会社である栄進堂印刷(株)(本社/京都府南区、西藤栄祉社長)が国内で初採用している。西藤社長は「当社は、B2機1台、B3機2台の輪転機を所有する印刷会社。1日のジョブ量が多く、クライアントに迷惑をかけないためにも、データ処理時間と、それによる印刷課の生産性向上を考えていた。しかし新しい設備の導入には経理面での悩みが伴う。アポジー・サブスプリクションであれば、初期費用を抑えて導入が可能なためチャレンジしてみることにした。アポジーの導入は刷版課だけのメリットでは終わらずに、印刷課でも高精細スクリーニング『スブリマ』による品質向上が期待できる」とコメントしている。

関連記事

最新ニュース

dp_km_1e_tn.jpg

コニカミノルタジャパン、枚葉UVインクジェットの新機種「AccurioJet KM-1e」の詳細を発表

2020年6月26日

 コニカミノルタジャパン(株)(本社/東京都港区、大須賀健社長)は、産業用印刷市場での成長を加速し続ける29インチ枚葉UVインクジェット印刷機「AccurioJet (アキュリオ ジェ...全文を読む

dp_kasimura_hp_tn.jpg

柏村印刷、アナログからデジタルへの転換を目的に「HP Indigo 12000 HD デジタル印刷機」導入

2020年6月23日

 柏村印刷(株)(本社/島根県浜田市、柏村英男社長)は、アナログからデジタルへの転換を目指し、このほど「HP Indigo 12000 HD デジタル印刷機」を導入した。HP Indi...全文を読む

dp_miyakoshi_mjp30_axf_tn.jpg

ミヤコシ、食品包装印刷に対応する水性顔料インクジェット機「MJP30AXF」発売

2020年6月18日

 (株)ミヤコシ(本社/千葉県習志野市、宮腰亨社長)は、水性顔料インクによる食品包装印刷を可能とした軟包装用フルカラー水性インクジェットプリンター「MJP30AXF」を開発し、6月より...全文を読む

kodak-nexfinity-digital-press_dp_tn.jpg

コダック、デジタルプレスプラットフォーム「NEXFINITY」発表

2020年6月17日

 コダック社は、先頃開かれたバーチャルプレスコンファレンスにおいて、「NEXFINITYデジタルプレスプラットフォーム」を発表した。  商業印刷、ダイレクトメール、出版、フォトブック、...全文を読む

dp_vg2_tn.jpg

ローランドDG、大判インクジェット「TrueVIS VG2シリーズ」に新開発のグリーンインク追加

2020年6月17日

 ローランド ディー.ジー.(株)は、大判インクジェットプリンター「TrueVIS(トゥルービズ)シリーズ」、VG2-640(最大用紙幅1,625mm対応)およびVG2-540(同1,...全文を読む

新着トピックス

kodak_jimcontinenza-hires_dp_tn.jpg

コダックがデジタルで再攻勢

2020年6月29日マーケティングスペシャリスト

 すべてのコダック社員は、コダックの過去の歴史を知っている。デジタル写真を世界で初めて発明した私たちは、その可能性を見逃し、先見性のない企業の代表的な例と見られたこともある。しかしご存...全文を読む

iridesse_chibap_dp_tn.jpg

千葉印刷、特殊紙+特色による多彩な提案で受注拡大

2020年6月22日ケーススタディ

 東京・渋谷区に本社を置く(株)千葉印刷(本社/東京都渋谷区円山町25-5、柳川満生社長)は、2018年11月にカラーオンデマンド・パブリッシング・システム「富士ゼロックス Iride...全文を読む

kodak-prosper-ultra-520-press_dp_tn.jpg

コダック社、ULTRASTREAM技術を搭載した次世代インクジェットプレス発表

2020年6月16日製品・テクノロジー

 コダック社は、ULTRASTREAMインクジェット技術を搭載した新しいインクジェット印刷機のラインアップ拡充を発表した。 PROSPER ULTRA 520プレス  高いインクカバレ...全文を読む

アグフア、アポジーをサブスクリプション方式で提供

京都・栄進堂印刷が国内初採用

2020年2月4日ニュース

  • twitter
  • facebook
  • line
  • pocket

 日本アグフア・ゲバルト(株)(岡本勝弘社長)は、プリプレスワークフロー「アポジー」の新サービス「APOGEE Subscription(アポジー・サブスクリプション)」の提供を開始した。

プリプレスの効率化を促進する「アポジー」の新サービス

 アグフアは、1997年に世界初のPDFワークフロー「アポジー」を発表し、業界に先駆けてJDFにも対応。2010年には、自動面付け「アポジー・インポーズ」を発表するなど、業界に先駆けて独創的かつ先進的な製品を紹介してきた。

 2016年に発表した業界初のクラウドワークフロー「アポジー・クラウド」は、従来必要であった専用サーバーが不要になり、初期投資を抑え、月額制の中で常に最新バージョンが利用できる。また、セキュリティレベルの高いクラウドセンターに複数拠点のシステムを一元管理することで、管理の手間を削減し、BCP対策にも繋がる。

 今回発表した「アポジー・サブスクリプション」は、この「アポジー・クラウド」のライセンスをローカルサーバーでも月額制で提供できるようにしたハイブリッドな新サービス。初期投資を抑え、月額の中で常に最新バージョン・最新のRIPコアが利用でき、最新の制作環境へ対応できる。また、プリプレスの効率化を実現する最新機能オプションも月額に含まれるため、効率化を実現する新機能を追加投資なく利用できる。

 なお同サービスは、チラシ印刷をメインにカタログや学参物などの印刷を手掛ける老舗のオフセット輪転印刷会社である栄進堂印刷(株)(本社/京都府南区、西藤栄祉社長)が国内で初採用している。西藤社長は「当社は、B2機1台、B3機2台の輪転機を所有する印刷会社。1日のジョブ量が多く、クライアントに迷惑をかけないためにも、データ処理時間と、それによる印刷課の生産性向上を考えていた。しかし新しい設備の導入には経理面での悩みが伴う。アポジー・サブスプリクションであれば、初期費用を抑えて導入が可能なためチャレンジしてみることにした。アポジーの導入は刷版課だけのメリットでは終わらずに、印刷課でも高精細スクリーニング『スブリマ』による品質向上が期待できる」とコメントしている。

関連記事

新着ニュース

新着トピックス

PAGE TOP