キーワードで検索

KOMORI、インプレミアIS29がGP資機材認定の最高ランク「スリースター」を取得

2020年4月22日ニュース

 (株)小森コーポレーション(本社/東京都墨田区、持田訓社長)の29インチ枚葉UVインクジェットデジタルプリンティングシステム「Impremia(インプレミア)IS29」が、このほど(一社)日本印刷産業連合会(日印産連)の定めるグリーンプリンティング(GP)資機材認定制度において、最高ランクとなる「スリースター」の認定を取得した。
29インチ枚葉UVインクジェットデジタルプリンティングシステム「インプレミアIS29」
 GP資機材認定制度は、印刷工場が購入・使用する資機材を環境配慮基準に基づき認定する制度。印刷資機材メーカーからの認定基準適合証明書により、環境配慮度合いの達成点数を算出し、3段階のGPマークが表示される。印刷資機材のGPマークは、スリースターからワンスターまでの3種類で、☆の数が多いほど環境配慮の度合いが高いことを示している。

 今回、スリースター認定を取得したインプレミアIS29は、解像度1,200×1,200dpiの高品質で、1枚ごとに異なる絵柄を無版で印刷できるUVインクジェット方式のデジタル印刷機。薄紙から厚紙まで幅広い用紙に対応し、オフセットと同じ用紙にプリコート不要で印刷できる。オフセット製造技術を活かした反転機構と、LED-UV装置を搭載したUVインクジェット方式で、表裏見当精度の高い両面ワンパス速乾印刷という優位性を持つデジタル生産機となっている。

 認定を受けた資機材は、日印産連ホームページで環境配慮の内容を確認することができ、インプレミアIS29の認定証明ページでは、インキや洗浄剤等の有害物質が不使用な点やインキのVOC含有率が0%であることなどが確認できる。

関連記事

最新ニュース

日印産連、印刷業界におけるデジタル印刷に関するアンケート調査報告書を公開

2020年5月8日

 (一社)日本印刷産業連合会(日印産連、金子眞吾会長)は、このほど「印刷業界におけるデジタル印刷に関するアンケート調査(2019年 デジタル印刷市場の現状)」の調査結果をホームページで...全文を読む

dp_varioprint_i300_tn.jpg

キヤノンPPS、医療用機器マニュアル自動化生産システムに「VarioPrint i300」を追加導入

2020年4月22日

 キヤノンプロダクションプリンティングシステムズ(株)(キヤノンPPS)は、キヤノンメディカルシステムズ(株)が採用した医療機器製品マニュアル自動化生産システムに、枚葉インクジェットプ...全文を読む

dp_hp_free_tn.jpg

日本HP、HP PrintOS有償アプリケーションの無償提供でユーザーの事業運営を支援

2020年4月21日

 (株)日本HPは、世界的な新型コロナウイルス感染拡大を受けて、HPデジタル印刷機ユーザーの事業運営支援を目的としたHP PrintOS有償アプリケーションの無償提供を開始した。  同...全文を読む

エプソン、デジタルラベル印刷機「SurePress」専用の純正ソフトウェアRIP発売

2020年4月15日

 エプソンは、デジタルラベル印刷機SurePress専用のエプソン純正ソフトウェアRIP「Epson Edge Print Label」(パッケージ、5年間ライセンス)を4月13日より...全文を読む

dp_okado_tn.jpg

日本HP、商業印刷およびラベル&パッケージ分野向けの新製品発表

2020年4月14日

(株)日本HP(本社/東京都江東区、岡隆史社長)は4月9日、HPデジタル印刷機新製品説明会を開催。今回は、新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から、Web配信形式で行われた。  冒頭、...全文を読む

新着トピックス

共進ペイパー&パッケージ、デジタル印刷による通販サービス好調

2020年4月9日ケーススタディ

 (株)共進ペイパー&パッケージ(本社/神戸市中央区、鍛治川清司社長)では、デジタル印刷機を活用した通販サービスの展開が軌道に乗っている。鍛治川和広常務取締役は「B1デジタル印刷機プラ...全文を読む

日本オフィスラミネーター、デジタル印刷対応のラミネーター提供

2020年4月9日製品・テクノロジー

 日本オフィスラミネーター(株)(=JOL、本社/東京都千代田区、浜田徹社長)は、ロール式ラミネーター、業務用全自動ラミネーターのラインアップを豊富に取り揃え、あらゆるユーザーニーズに...全文を読む

ホタルコーポレーション、フルカラー3DIJプリントサービスで新市場創出

2020年4月7日ケーススタディ

 (株)ホタルコーポレーション(大阪市住之江、福永進社長)は、フルカラー3DIJプリンタによる新市場創出を目指した飽くなき挑戦を続けている。同社はこれまでも様々なイベントなどに出展・協...全文を読む

KOMORI、インプレミアIS29がGP資機材認定の最高ランク「スリースター」を取得

2020年4月22日ニュース

  • twitter
  • facebook
  • line
  • pocket

 (株)小森コーポレーション(本社/東京都墨田区、持田訓社長)の29インチ枚葉UVインクジェットデジタルプリンティングシステム「Impremia(インプレミア)IS29」が、このほど(一社)日本印刷産業連合会(日印産連)の定めるグリーンプリンティング(GP)資機材認定制度において、最高ランクとなる「スリースター」の認定を取得した。
29インチ枚葉UVインクジェットデジタルプリンティングシステム「インプレミアIS29」
 GP資機材認定制度は、印刷工場が購入・使用する資機材を環境配慮基準に基づき認定する制度。印刷資機材メーカーからの認定基準適合証明書により、環境配慮度合いの達成点数を算出し、3段階のGPマークが表示される。印刷資機材のGPマークは、スリースターからワンスターまでの3種類で、☆の数が多いほど環境配慮の度合いが高いことを示している。

 今回、スリースター認定を取得したインプレミアIS29は、解像度1,200×1,200dpiの高品質で、1枚ごとに異なる絵柄を無版で印刷できるUVインクジェット方式のデジタル印刷機。薄紙から厚紙まで幅広い用紙に対応し、オフセットと同じ用紙にプリコート不要で印刷できる。オフセット製造技術を活かした反転機構と、LED-UV装置を搭載したUVインクジェット方式で、表裏見当精度の高い両面ワンパス速乾印刷という優位性を持つデジタル生産機となっている。

 認定を受けた資機材は、日印産連ホームページで環境配慮の内容を確認することができ、インプレミアIS29の認定証明ページでは、インキや洗浄剤等の有害物質が不使用な点やインキのVOC含有率が0%であることなどが確認できる。

関連記事

新着ニュース

新着トピックス

PAGE TOP