キーワードで検索

  • トップ>
  • ニュース>
  • ホリゾンとSCREEN GA、スマートファクトリー化に向けたAIソ...

ホリゾンとSCREEN GA、スマートファクトリー化に向けたAIソリューションの共同開発に合意

2020年10月29日ニュース

 (株)ホリゾンと(株)SCREENグラフィックソリューションズ(SCREEN GA)はこのほど、印刷工場のさらなるスマートファクトリー化を実現するために、人工知能(AI)を活用したソリューションを共同で開発することに合意。2022年1月以降にエンドユーザーへの導入を目指していく。

 近年、印刷物において多品種・小ロット・短納期の要求が高まっており、印刷・製本工程の効率化や稼働率の向上などが大きな課題になっている。その一方で、生産現場においては、装置自体や設置環境に起因するもの、印刷データ、オペレーターのスキルによるものなど、多種多様なトラブルが発生しており、生産工程の効率化を妨げる大きな要因となっている。そうしたトラブルの解決や生産性向上につながる条件設定などは、長年の経験を持つ現場スタッフにより処理されることが多く、スタッフの高齢化や後継者の育成などが問題となっている。
印刷生産支援のためのAIソリューション
 こうした業界の動向を背景に両社は、デジタル印刷機と後加工機のノウハウを学習し、オペレーションを最適化するAIエンジンの開発に向けて合意。AIやIoTなどの先進ソリューションを提供している(株)SCREENアドバンストシステムソリューションズと協力し、ホリゾンの「iCE LiNK」とSCREEN GAの「TRUST Network Service」に集積される生産ラインの稼働データをAIで分析。生産ラインの条件設定の最適化やトラブル解決策の提案、操作補助などをAIが行い、オペレーターを支援することで、誰もが簡単かつ効率的にオペレーションできる生産環境の提供を目指していく。

 両社は今後、デジタル印刷によるスマートファクトリーの実現に向けたさまざまなソリューションを提供していくとともに、印刷工程と後加工工程を統合的に捉えた視点から技術開発を行っていくことで、より印刷業界に求められるサービスを提供していく。

最新ニュース

kyocera_drupa24_taskalfa_pro_55000c_dp_tn.jpg

京セラ、コート紙への印刷可能〜商業用インクジェットプリンター新製品展示

2024年4月17日

 京セラドキュメントソリューションズ(株)(安藤博教社長)は、「drupa2024」に出展し、「Small footprint,big potential」をコンセプトに、商業用・産業...全文を読む

morisawa_variablefonts_dp_tn.jpg

モリサワ、初の和文バリアブルフォント「DriveFlux」発表

2024年4月17日

 (株)モリサワ(森澤彰彦社長)は、2024年度の新書体として、同社初となる和文バリアブルフォント「DriveFlux(ドライブフラックス/仮称)」を開発中であることを発表した。  「...全文を読む

dp_fb_samba_20240416_tn.jpg

富士フイルムBI、高精細な画質と高速印刷を両立するプリントヘッドの駆動技術を新開発

2024年4月16日

 富士フイルムビジネスイノベーション(株)(本社/東京都港区、浜直樹社長・CEO)は、商業印刷用の高速ロール紙カラーインクジェットプリンター向けに、1,200×1,200dpiの解像度...全文を読む

fujifilm_drupa2024_jet-press-1160cfg_dp_tn.jpg

富士フイルム、drupa2024で商印向け連帳IJプリンター「Jet Press 1160CFG」公開

2024年4月4日

富士フイルムグループは、drupa2024 において世界展開する商業印刷向け連帳インクジェットプリンター「Jet Press 1160CFG」を初出展する。  同社は、1970年代後半...全文を読む

fujifilm_drupa2024_revoria-press-gc12500_dp_tn.jpg

富士フイルム、世界初の乾式トナーB2枚葉デジタルプレスを欧州初展示

2024年4月4日

  富士フイルム(株)(後藤禎一社長・CEO)はdrupa2024に出展し、世界初の乾式トナー方式によるB2サイズ枚葉デジタルプレス「Revoria Press GC12500」を欧州...全文を読む

新着トピックス

ffgs_digital24_tn.jpg

FFGS、製造現場の可視化・分析で印刷DXを支援

2024年4月5日マーケティング

 富士フイルムグラフィックソリューションズ(株)(山田周一郎社長、以下「FFGS」)が、印刷DXの支援活動を強化している。同活動は、製造現場を可視化・分析することで課題を抽出し、QCD...全文を読む

osakainsatsu_tec_coater_dp_mini.jpg

テクノロール、純国産機の「安心」提供[A3ノビサイズ枚葉コーター機]

2024年4月4日製品・テクノロジー

 印刷用ゴムロールおよび関連資材メーカーのテクノロール(株)(本社/大阪府和泉市テクノステージ3-4-5、畑中一辰社長)が開発したA3ノビサイズ対応の枚葉コーター機「TEC COATE...全文を読む

kodak_mercury_prosper7000.jpg

コダックジャパン、頁物印刷とパーソナライズDMの市場開拓へ

2024年4月3日スペシャリスト

 コダックジャパンは、日本市場において「効率性」にフォーカスした「頁物印刷」と、郵便料金改定とSDGsを起点とした「パーソナライズDM」という2つの市場に向けたインクジェットプリンティ...全文を読む

ホリゾンとSCREEN GA、スマートファクトリー化に向けたAIソリューションの共同開発に合意

2020年10月29日ニュース

  • twitter
  • facebook
  • line

 (株)ホリゾンと(株)SCREENグラフィックソリューションズ(SCREEN GA)はこのほど、印刷工場のさらなるスマートファクトリー化を実現するために、人工知能(AI)を活用したソリューションを共同で開発することに合意。2022年1月以降にエンドユーザーへの導入を目指していく。

 近年、印刷物において多品種・小ロット・短納期の要求が高まっており、印刷・製本工程の効率化や稼働率の向上などが大きな課題になっている。その一方で、生産現場においては、装置自体や設置環境に起因するもの、印刷データ、オペレーターのスキルによるものなど、多種多様なトラブルが発生しており、生産工程の効率化を妨げる大きな要因となっている。そうしたトラブルの解決や生産性向上につながる条件設定などは、長年の経験を持つ現場スタッフにより処理されることが多く、スタッフの高齢化や後継者の育成などが問題となっている。
印刷生産支援のためのAIソリューション
 こうした業界の動向を背景に両社は、デジタル印刷機と後加工機のノウハウを学習し、オペレーションを最適化するAIエンジンの開発に向けて合意。AIやIoTなどの先進ソリューションを提供している(株)SCREENアドバンストシステムソリューションズと協力し、ホリゾンの「iCE LiNK」とSCREEN GAの「TRUST Network Service」に集積される生産ラインの稼働データをAIで分析。生産ラインの条件設定の最適化やトラブル解決策の提案、操作補助などをAIが行い、オペレーターを支援することで、誰もが簡単かつ効率的にオペレーションできる生産環境の提供を目指していく。

 両社は今後、デジタル印刷によるスマートファクトリーの実現に向けたさまざまなソリューションを提供していくとともに、印刷工程と後加工工程を統合的に捉えた視点から技術開発を行っていくことで、より印刷業界に求められるサービスを提供していく。

新着ニュース

新着トピックス

PAGE TOP