キーワードで検索

武藤工業、MUTOH初の純正RIPソフトウェア「VerteLith」の提供開始

2020年10月29日ニュース

 武藤工業(株)(本社/東京都世田谷区、礒邊泰彦社長)は、MUTOHプリンタの性能を最大限に引き出し、ユーザーのワークフローを効率化する初の純正RIPソフトウェア「VerteLith」を11月上旬より提供を開始する。

 VerteLithは、様々な機能を備えた先進的なRIPソフトウェア。MUTOHプリンタのパフォーマンスを最適化するオリジナルハーフトーン技術「MUTOH Clear Tone」を搭載し、滑らかで粒状性を抑えた美しい画質を実現する。また、印刷した時の「色」をディスプレイ上でシミュレーションする「ソフトプルーフ」機能と、RIP後の「実際に印刷するドット」を表示する「RIPプレビュー機能」により誤印刷の防止、メディアとインクの節約、作業時間のロス削減に貢献する。

 従来のRIPソフトウェアは、主にロール紙の大判プリンタを対象としていたが、VerteLithではUVフラットベッドプリンタの使い易さを向上するために「治具レイアウトツール」を搭載。複数のジョブを統合したマルチページPDFを自動で割付けて印刷する機能や、カラーと特色版が統合されたPDFを自動で割付けて印刷する機能でワークフローの効率化を実現する。

 また、厚盛印刷による簡易治具作成が可能となり、治具作成の手間やコスト削減にも貢献する。

最新ニュース

tmdh_2022_dp_tn.jpg

東京ミッドタウン・デザインハブ、「日本のグラフィックデザイン2022」6月30日から開催

2022年5月27日

 東京ミッドタウン・デザインハブ(構成機関:公益財団法人日本デザイン振興会、公益社団法人日本グラフィックデザイン協会、多摩美術大学TUB)は、第97回企画展「日本のグラフィックデザイン...全文を読む

dp_tpl350uv_200_tn.jpg

SCREEN GA、「Truepress Jet L350UVシリーズ」が出荷台数200台を達成

2022年5月25日

 (株)SCREENグラフィックソリューションズ(SCREEN GA)が開発・製造・販売するUVインクジェットラベルプリンティングシステム「Truepress Jet L350UVシリ...全文を読む

エプソン、大判プリンターなど一部商品の出荷価格を改定

2022年5月24日

 エプソン販売(株)は、一部商品においての出荷価格を7月1日納品分より改定する。  同社では、これまで原材料費の高騰などで製造コストが上昇する中、効率化やコスト削減により出荷価格への転...全文を読む

dp_06_23_tn.jpg

日本HP、オンラインセミナー「HP Indigo新製品で実現するアナログ to デジタル」6月23日開催

2022年5月23日

 (株)日本HPのオウンドメディア「Tech & Device TV Powered by HP」が展開する印刷業界DXチャネルは6月23日、オンラインセミナー「値上げラッシュの今だか...全文を読む

JP2022、出展企業4社が「DX」テーマにセミナー開催

2022年5月17日

 「JP2022・印刷DX展」では、「DXの本来の意味や目指していること」「企業はどのようにDXを推進すべきか」などについて出展企業4社が解説するセミナーを両日開催する。定員は各回20...全文を読む

新着トピックス

dp_risapress_20_tn.jpg

モリサワ、RISAPRESSが発売20周年〜今後も高精細印字で社会に貢献

2022年5月16日企業・経営

 (株)モリサワ(森澤彰彦社長)が販売するオンデマンド印刷システム「RISAPRESS(リサプレス)」シリーズが、このほど発売20周年を迎えた。2002年4月、モノクロオンデマンド印刷...全文を読む

higuchip_2022_dp_tn.jpg

樋口印刷所(大阪)、発注者の「妥協」を払拭[Jet Press導入事例]

2022年4月11日企業・経営

 (有)樋口印刷所(大阪市東住吉区桑津、樋口裕規社長)は昨年12月、「SDGsへの貢献」を旗印に、富士フイルムの商業印刷向け枚葉インクジェットデジタルプレス「Jet Press 750...全文を読む

ダックエンジニアリング、ホリゾン製品に全面フルカラーバリアブル印刷検査装置を搭載

2022年4月11日スペシャリスト

「スマートファクトリー」の実現に向けて協業  日本人の品質へのこだわりは、時に海外から「品質クレイジー」と揶揄されることもあると聞いたことがある。印刷物に何らかの「後加工」を加えること...全文を読む

武藤工業、MUTOH初の純正RIPソフトウェア「VerteLith」の提供開始

2020年10月29日ニュース

  • twitter
  • facebook
  • line

 武藤工業(株)(本社/東京都世田谷区、礒邊泰彦社長)は、MUTOHプリンタの性能を最大限に引き出し、ユーザーのワークフローを効率化する初の純正RIPソフトウェア「VerteLith」を11月上旬より提供を開始する。

 VerteLithは、様々な機能を備えた先進的なRIPソフトウェア。MUTOHプリンタのパフォーマンスを最適化するオリジナルハーフトーン技術「MUTOH Clear Tone」を搭載し、滑らかで粒状性を抑えた美しい画質を実現する。また、印刷した時の「色」をディスプレイ上でシミュレーションする「ソフトプルーフ」機能と、RIP後の「実際に印刷するドット」を表示する「RIPプレビュー機能」により誤印刷の防止、メディアとインクの節約、作業時間のロス削減に貢献する。

 従来のRIPソフトウェアは、主にロール紙の大判プリンタを対象としていたが、VerteLithではUVフラットベッドプリンタの使い易さを向上するために「治具レイアウトツール」を搭載。複数のジョブを統合したマルチページPDFを自動で割付けて印刷する機能や、カラーと特色版が統合されたPDFを自動で割付けて印刷する機能でワークフローの効率化を実現する。

 また、厚盛印刷による簡易治具作成が可能となり、治具作成の手間やコスト削減にも貢献する。

新着ニュース

新着トピックス

PAGE TOP