キーワードで検索

ミマキ、サイングラフィックス向けRoll to Rollプリンタ2機種を全世界で発売

操作性能・画質・速度・コストバランスに優れたエントリーモデル

2020年11月5日ニュース

 (株)ミマキエンジニアリング(池田和明社長)は、サイングラフィックス用途に向けたRoll to Rollインクジェットプリンタ「100Series」として、ソルベントインク対応モデルの「JV100-160」とUVインク対応モデルの「UJV100-160」の2機種を発表し、12月から全世界で販売を開始。「Expert printing made easy.」をキャッチコピーにグローバルなマーケティングプロモーションを展開する。

 同社が長年蓄積してきた「高画質」と「信頼性」の技術をベースに、新たに「高い操作性」を提供する製品。プリントするメディアを付け替える際に従来手作業で行っていたドット位置補正やメディア送り量をプリンタが自動で調整するDAS(Dot Adjustment System)機能を標準装備するほか、NCU、NRS、MAPS4といったミマキ独自の機能を搭載している。

 ソルベントインク対応モデルの「JV100-160」は、新開発のインクの蒸発速度が速いためインク量の多い画像でもにじみが少なく、細部まで美しい表現が可能。屋内外用サインで一般的な塩ビ(PVC)メディアに直接描画できる。

JV100-160

 また、UVインク対応モデルの「UJV100-160」は、2020年に新興国向けに先行販売した製品。屋外サイネージで一般的な塩ビ、ターポリンはもちろん、布やインク受理層がない紙、PETフィルムなどの多様なメディアに印刷できる。

UJV100-160

 さらに、両機種には印刷を制御するRIPとして、新開発のソフトウェア「RasterLink7」を標準添付。RIP処理を実行するRIPエンジンに、英グローバルグラフィックス社の「Harlequin RIP」を取り入れて開発した。これにより、「RasterLink6Plus」と比べPDFファイルの透明効果の再現性が向上し、RIP処理速度が平均25%アップしている。

 価格(税別)は「JV100-160」が168万円、「UJV100-160」は178万円。同社では両機種合計で年間4,500台(全世界)の販売を見込んでいる。

オンライン製品発表会

 同社では、新製品2機種の発売に際し、11月17日10時からZoomによるオンライン製品発表会を開催する。参加するには、Web申し込みフォーム(http://ur2.link/Zl8X)からの事前申し込みが必要。

関連記事

最新ニュース

kyoceradocumentsolutions_type_dp_tn.jpg

京セラドキュメント、TASKalfa Proに大容量インクコンテナ搭載モデル

2020年11月18日

 京セラドキュメントソリューションズジャパン(株)(長井孝社長)は、インクジェットプロダクションプリンター「TASKalfa Pro 15000c」の新ラインアップとして、大容量インク...全文を読む

jp2020_poster_2-dp_tn.jpg

JP2020・ICTと印刷展、Withコロナ時代の印刷のあるべき姿提示[11月19日ー20日]

2020年11月16日

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で開催が延期されていた「JP2020・ICTと印刷展」(主催/JP産業展協会、西井幾雄会長)が11月19・20日の2日間、インテックス大阪5号館(大阪...全文を読む

dp_vabf_tn.jpg

富士ゼロックス、アートブックの祭典でIridesseの特殊色による印刷表現をアピール

2020年11月16日

 富士ゼロックス(株)(本社/東京都港区、玉井光一社長)は、11月16日から23日まで、バーチャル空間で開催されているアートブックフェア「VIRTUAL ART BOOK FAIR(以...全文を読む

dp_kick_start_2020_tn.jpg

リコージャパン、新たな価値創造への取り組み「KICK START」を11月25日にオンライン開催

2020年11月16日

 リコージャパン(株)は11月25日、「KICK START 2020 オンライン〜印刷会社×リコージャパンでWithコロナもKICK START〜」をオンライン会議ツールにて開催する...全文を読む

hotaru2011_tn.jpg

ホタルコーポレーション、「日本百名山」をフルカラー3Dプリント

2020年11月13日

 3Dプリント専門企業の(株)ホタルコーポレーション(本社/大阪市住之江区、福永進社長)は、登山家・深田久弥氏の著書「日本百名山」に記述されている百座の国土地理院データをフルカラー3D...全文を読む

新着トピックス

yubunsya_taskalfapro_dp_tn.jpg

遊文舎、TASKalfa Pro1号機導入で限界利益向上へ - オフの守備範囲カバー

2020年11月18日ケーススタディ

 文字物の小ロットに強みを持つ(株)遊文舎(本社/大阪市淀川区木川東4-17-31、木原庸裕社長)は今年10月、商業用高速インクジェット事業に本格参入した京セラドキュメントソリューショ...全文を読む

ikoi_ogata_dp_tn.jpg

いこい、ビビッドインクによるRGB色域の再現性で受注拡大[HP Indigo 7900導入事例]

2020年11月2日ケーススタディ

 同人誌専門の印刷通販サイト「おたクラブ」(https://otaclub.jp)を展開する(同)いこい(本社/大阪市浪速区日本橋4-11-6、根田貴裕社長)は今年1月、「HP Ind...全文を読む

dp_kawase_hp_indigo_7900_tn.jpg

大同至高印刷、小ロット対応の課題克服〜商品開発力にデジタル印刷を付加

2020年10月22日ケーススタディ

 世界の小売ブランドに高品質なカラー印刷を施したプラスチックシート製品を提供する大同至高印刷(株)(本社/愛知県名古屋市、川瀬康輝社長)は今年7月、新たな生産設備として導入した「HP ...全文を読む

ミマキ、サイングラフィックス向けRoll to Rollプリンタ2機種を全世界で発売

操作性能・画質・速度・コストバランスに優れたエントリーモデル

2020年11月5日ニュース

  • twitter
  • facebook
  • line
  • pocket

 (株)ミマキエンジニアリング(池田和明社長)は、サイングラフィックス用途に向けたRoll to Rollインクジェットプリンタ「100Series」として、ソルベントインク対応モデルの「JV100-160」とUVインク対応モデルの「UJV100-160」の2機種を発表し、12月から全世界で販売を開始。「Expert printing made easy.」をキャッチコピーにグローバルなマーケティングプロモーションを展開する。

 同社が長年蓄積してきた「高画質」と「信頼性」の技術をベースに、新たに「高い操作性」を提供する製品。プリントするメディアを付け替える際に従来手作業で行っていたドット位置補正やメディア送り量をプリンタが自動で調整するDAS(Dot Adjustment System)機能を標準装備するほか、NCU、NRS、MAPS4といったミマキ独自の機能を搭載している。

 ソルベントインク対応モデルの「JV100-160」は、新開発のインクの蒸発速度が速いためインク量の多い画像でもにじみが少なく、細部まで美しい表現が可能。屋内外用サインで一般的な塩ビ(PVC)メディアに直接描画できる。

JV100-160

 また、UVインク対応モデルの「UJV100-160」は、2020年に新興国向けに先行販売した製品。屋外サイネージで一般的な塩ビ、ターポリンはもちろん、布やインク受理層がない紙、PETフィルムなどの多様なメディアに印刷できる。

UJV100-160

 さらに、両機種には印刷を制御するRIPとして、新開発のソフトウェア「RasterLink7」を標準添付。RIP処理を実行するRIPエンジンに、英グローバルグラフィックス社の「Harlequin RIP」を取り入れて開発した。これにより、「RasterLink6Plus」と比べPDFファイルの透明効果の再現性が向上し、RIP処理速度が平均25%アップしている。

 価格(税別)は「JV100-160」が168万円、「UJV100-160」は178万円。同社では両機種合計で年間4,500台(全世界)の販売を見込んでいる。

オンライン製品発表会

 同社では、新製品2機種の発売に際し、11月17日10時からZoomによるオンライン製品発表会を開催する。参加するには、Web申し込みフォーム(http://ur2.link/Zl8X)からの事前申し込みが必要。

関連記事

新着ニュース

新着トピックス

PAGE TOP