キーワードで検索

デジタル印刷の世界市場、2026年に343億米ドル到達予想

2021年7月12日ニュース

 (株)グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「デジタル印刷の世界市場(〜2026年):インク(UV硬化・水性・溶剤・ラテックス・昇華)・プリントヘッド(インクジェット・レーザー)・基材(プラスチックフィルムまたはホイル・剥離ライナー・ガラス・繊維・紙・セラミック)・地域別」(MarketsandMarkets)の販売を7月7日から開始した。

 同レポートによると、デジタル印刷の市場規模は、2021年の248億米ドルからCAGR6.7%で成長し、2026年には343億米ドルに達すると予想されている。持続可能な印刷への需要の高まりや、包装・繊維産業の発展が、デジタル印刷市場の成長を促進する要因となっている。

持続可能な印刷への需要の高まりや包装・繊維産業の発展が成長促進の要因に

 また、COVID-19のデジタル印刷市場における影響について、「デジタル印刷産業を含むすべてのビジネスを制限した」とした上で、「COVID-19は、その後のすべてのビジネスのダイナミクスを変えてしまった。この状況下で、ビジネス全般は、ビデオ会議やチームメンバーとのコミュニケーションなど、これまで以上にテクノロジーに依存することになり、オフィスでのプリンタの使用は減少したが、反対に家庭用プリンターを購入する人が増加している」としている。

 市場の牽引要因としては、「パッケージングおよびテキスタイル産業の発展」を挙げている。

 「パッケージは、その製品の品質や規格に関する情報を提供しているため、製品メーカーは、パッケージをより魅力的なものにすることを考える。それには、製品パッケージの、プラスチックフィルム、テキスタイル、剥離ライナーなどの基材に高品質なグラフィックを印刷する必要がある。デジタル印刷機には、UV硬化印刷などの利点があり、小型の印刷機に比べて細部まで高品質な印刷が可能である。また、色や文字、画像を変更することで、多言語、地域限定、ターゲットマーケティングなど、顧客ニーズにも対応できる。デジタル印刷は、ラベル製造では既にその地位を確立しており、電子写真やインクジェットが市場シェアを拡大している」

 一方、抑制要因としては、「高額な初期投資」を挙げている。

 「デジタル印刷機の初期投資は非常に高額で、その上、設置やメンテナンスにも高いコストがかかる。この高コストの主な要因は、デジタル印刷機の設計の複雑さにある。トナーやインクジェットは、用途によって必要なものが異なり、その上、インクジェット技術で使用されるインクのコストは非常に高額である」

 さらに市場機会としては、「インプラント市場での需要拡大」を挙げている。

 「インプラントとは、企業、政府機関、大学など、その母体となる組織のニーズに応えるための、社内文書複製部門のこと。インプラントでは、さまざまな印刷および関連サービスを提供している。その主な役割は親会社へのサービスだが、インプラントの半数以上が、機器の購入資金を調達するため、外部から印刷ジョブをインソースしている」

 なお、同レポートの無料サンプルは、グローバルインフォメーションのWebサイトから申し込むことができる。

最新ニュース

dp_km_1e_webinar_tn.jpg

コニカミノルタジャパン、進化した枚葉インクジェット「AccurioJet KM-1e」をウェビナーで紹介

2021年7月13日

 コニカミノルタジャパン(株)は8月5日15時より、AccurioJet KM-1eイベント第1弾として「海外最新情報 デジタル印刷はもっと活用できる」と題したウェビナーを開催する。 ...全文を読む

dp_f1100aq_tn.jpg

SCREEN GP ジャパン、印刷本紙校正用インクジェット「Proof Jet F1100AQ」にパッケージモデル追加

2021年7月8日

 (株)SCREEN GP ジャパンは、独自開発の本紙校正用インクジェットプリンター「Proof Jet F1100AQ」のラインアップにパッケージモデルを追加し、2021年7月から販...全文を読む

ffgs_keieiseminar2021_dp_tn.jpg

FFGS、注目企業4社の経営者を講師に「経営戦略実践セミナー」開催

2021年7月7日

 富士フイルムグローバルグラフィックシステムズ(株)(辻重紀社長、以下「FFGS」)は、「危機からの脱却と成長を見据えて改革のアクションを起こす経営者たち」をテーマに、全3回にわたって...全文を読む

dp_sc_t7750d_tn.jpg

エプソン、レッドインクやグレーインクを搭載したSureColorシリーズの6色モデル発売

2021年7月5日

 エプソンは、商業・産業向け大判インクジェットプリンター SureColorシリーズ新商品として、本体とスタンドが一体となったスタイリッシュなデザインで、鮮やかな赤を含むPOPポスター...全文を読む

dp_sc_f10050h_tn.jpg

エプソン、6色インク搭載で高画質と高速プリントを両立した昇華転写プリンター発売

2021年7月5日

 エプソンは、商業・産業向け大判インクジェットプリンター SureColorシリーズ新商品として、6色インクを搭載し、粒状感の少ない美しい高画質と高速プリントを両立した76インチ対応の...全文を読む

新着トピックス

dx_komori_dp_tn.jpg

KOMORIが提案するDX、4つの視点でアプローチ

2021年7月7日製品・テクノロジーマーケティング

 DX(デジタルトランスフォーメーション)とは、「デジタル化(D)」によって、「会社を変革(X)」すること。デジタル技術を駆使し、従来の業態や生産体制を見直し改善することによって、新し...全文を読む

dx_horizon_top_202106_dp_tn.jpg

ポストプレス側から印刷産業のDXを支援[ホリゾン・ジャパン 宮﨑進社長に聞く]

2021年7月6日製品・テクノロジースペシャリスト

 印刷関連メーカーと協力し、「IGAS2018」や「Think SmartFactory2019in Kyoto」などのイベントを通じて、印刷業界に「Smart Factory」構想を...全文を読む

dx_fukuda_202106_dp_tn.jpg

DXで生産性向上と付加価値創出[DX推進PT 福田浩志委員長に聞く]

2021年7月5日企業・経営スペシャリスト

 全日本印刷工業組合連合会(全印工連、滝澤光正会長)では、ブランドスローガン「Happy Industry〜人々の暮らしを彩り幸せを創る印刷産業〜」を目指し、令和版構造改善事業に着手し...全文を読む

デジタル印刷の世界市場、2026年に343億米ドル到達予想

2021年7月12日ニュース

  • twitter
  • facebook
  • line

 (株)グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「デジタル印刷の世界市場(〜2026年):インク(UV硬化・水性・溶剤・ラテックス・昇華)・プリントヘッド(インクジェット・レーザー)・基材(プラスチックフィルムまたはホイル・剥離ライナー・ガラス・繊維・紙・セラミック)・地域別」(MarketsandMarkets)の販売を7月7日から開始した。

 同レポートによると、デジタル印刷の市場規模は、2021年の248億米ドルからCAGR6.7%で成長し、2026年には343億米ドルに達すると予想されている。持続可能な印刷への需要の高まりや、包装・繊維産業の発展が、デジタル印刷市場の成長を促進する要因となっている。

持続可能な印刷への需要の高まりや包装・繊維産業の発展が成長促進の要因に

 また、COVID-19のデジタル印刷市場における影響について、「デジタル印刷産業を含むすべてのビジネスを制限した」とした上で、「COVID-19は、その後のすべてのビジネスのダイナミクスを変えてしまった。この状況下で、ビジネス全般は、ビデオ会議やチームメンバーとのコミュニケーションなど、これまで以上にテクノロジーに依存することになり、オフィスでのプリンタの使用は減少したが、反対に家庭用プリンターを購入する人が増加している」としている。

 市場の牽引要因としては、「パッケージングおよびテキスタイル産業の発展」を挙げている。

 「パッケージは、その製品の品質や規格に関する情報を提供しているため、製品メーカーは、パッケージをより魅力的なものにすることを考える。それには、製品パッケージの、プラスチックフィルム、テキスタイル、剥離ライナーなどの基材に高品質なグラフィックを印刷する必要がある。デジタル印刷機には、UV硬化印刷などの利点があり、小型の印刷機に比べて細部まで高品質な印刷が可能である。また、色や文字、画像を変更することで、多言語、地域限定、ターゲットマーケティングなど、顧客ニーズにも対応できる。デジタル印刷は、ラベル製造では既にその地位を確立しており、電子写真やインクジェットが市場シェアを拡大している」

 一方、抑制要因としては、「高額な初期投資」を挙げている。

 「デジタル印刷機の初期投資は非常に高額で、その上、設置やメンテナンスにも高いコストがかかる。この高コストの主な要因は、デジタル印刷機の設計の複雑さにある。トナーやインクジェットは、用途によって必要なものが異なり、その上、インクジェット技術で使用されるインクのコストは非常に高額である」

 さらに市場機会としては、「インプラント市場での需要拡大」を挙げている。

 「インプラントとは、企業、政府機関、大学など、その母体となる組織のニーズに応えるための、社内文書複製部門のこと。インプラントでは、さまざまな印刷および関連サービスを提供している。その主な役割は親会社へのサービスだが、インプラントの半数以上が、機器の購入資金を調達するため、外部から印刷ジョブをインソースしている」

 なお、同レポートの無料サンプルは、グローバルインフォメーションのWebサイトから申し込むことができる。

新着ニュース

新着トピックス

PAGE TOP