キーワードで検索

  • トップ>
  • ニュース>
  • 日本HP、紙コップを起点とした循環型システムの実証試験にHP In...

日本HP、紙コップを起点とした循環型システムの実証試験にHP Indigoデジタル印刷ソリューションで協力

2021年8月6日ニュース

 (株)日本HP(本社/東京都江東区、岡隆史社長)は、三菱ケミカル(株)(本社/東京都千代田区、和賀昌之社長)が、Jリーグサッカークラブのギラヴァンツ北九州や協力企業、学校と連携して行う、生分解性樹脂BioPBSを使用した紙コップを起点とする循環型システム実現に向けた実証試験において、紙コップの印刷にHP Indigoデジタル印刷ソリューションが採用されたことを発表した。

 今回の実証試験では、ギラヴァンツ北九州が8月22日、28日に開催するサッカーイベント「ギラヴァンツサマーフェスティバル2021」に、三菱ケミカルが開発した生分解性樹脂BioPBSを使用した紙コップ約6,500個が提供され、そこで使用された紙コップを回収し、コンポスト設備で食品残渣物などと一緒に堆肥化する。できあがった堆肥は、地元の高校で野菜の栽培に活用、さらに収穫された野菜をスタジアムで販売するという、紙コップを起点とした循環型システムの実証試験を行う。

 三菱ケミカルのBioPBSは、植物由来の生分解性樹脂で、自然界の微生物によって水と二酸化炭素に分解されるため、自然環境への負荷が少ない樹脂素材。通常は、耐水性のためにポリエチレンでラミネート加工される紙コップの内側にBioPBSを用い、紙コップの外側はHPエレクトロインキで印刷することで、高品質なフルカラーの紙コップがコンポスト設備や土壌で分解可能になる。
内側にはBioPBSが使用され、外側はHP エレクトロインキで印刷された生分解性紙コップ
 今回採用された「HP Indigoエレクトロインキ」とMichelmanのプライマーは、欧州の堆肥化試験規格EN 13432に準拠したコンポスト化ラベルおよび軟包装用印刷インキ(一定の許容限度まで)として使用できることが、TUV Austria社により認定されている。また、印刷物は欧州の包装材および包装廃棄物指令(94/62/EEC)と北米のASTM6400の要件に準拠している。

 今回の実証試験で使われる紙コップ約6,500個分の紙面は、(株)東和プロセス(本社/東京都足立区、福島潤社長)が「HP Indigo WS6600デジタル印刷機」で印刷を行っている。

 「HP Indigo WS6600 デジタル印刷機」は、製版を不要とした可変印刷による多品種デザインへの対応を、オフセット印刷やグラビア印刷と同等の高い印刷品質で短納期で提供できることが特長で、軟包装材、シュリンクスリーブ、ラミネートチューブ、ラベルから紙器まで、さまざまなパッケージ用途に活用できる。
 
 HPと三菱ケミカルは、環境に配慮したパッケージソリューション開発においてパートナーシップを強化していく方針で現在、HP Indigoデジタル印刷機で印刷可能な生分解性樹脂BioPBSを使った軟包装用の印刷素材を開発、製造し、今後も同分野での連携を高めていく。

最新ニュース

dp_printcompass_8_30_tn.jpg

リコージャパン、8月度の「印刷業界Now!」で最新の印刷技術トレンドをLIVE配信

2021年8月23日

 リコージャパン(株)の情報発信サイト「Print Compass」が展開するオンラインLIVEイベント「印刷業界Now!」では8月30日、「virtual.drupaや各社動向に見る...全文を読む

dp_hpweb_8_27_tn.jpg

日本HP、9月10日「軟包装ビジネスへの新規参入と成功法」をテーマにオンラインセミナー開催

2021年8月19日

 (株)日本HPのオウンドメディア「Tech & Device TV Powered by HP」の印刷業界DXチャネルでは9月10日(8月27日から開催日が変更)、「海外成功事例に学...全文を読む

dp_surepress_100_tn.jpg

エプソン、デジタルラベル印刷機「SurePressシリーズ」が国内導入100台を達成

2021年8月10日

 エプソンのデジタルラベル印刷機「SurePress(シュアプレス)シリーズ」が、このほど国内導入100台を達成した。  同社は、2010年10月に独自のインクジェット技術でラベル印刷...全文を読む

dp_rhicoh_hope_tn.jpg

リコージャパン、HOPE会場から印刷業界のDXを考察するセミナーを9月4日にオンライン生中継

2021年8月10日

リコージャパン(株)は、9月3日から北海道札幌市の「アクセスサッポロ」において開催される印刷総合イベント「HOPE2021」に出展するとともに、会期2日目の9月4日13時45分より、「...全文を読む

goof_cozre_p_dp_tn.jpg

グーフ、子育て世代向けパーソナライズDMでコズレと連携

2021年8月4日

 (株)グーフ(本社/東京都品川区、岡本幸憲社長)は、(株)コズレ(本社/東京都千代田区、田中穣二郎社長)が提供する「コズレDMユーザートリガータイプ」において、プリントサービスプラッ...全文を読む

新着トピックス

dx_komori_dp_tn.jpg

KOMORIが提案するDX、4つの視点でアプローチ

2021年7月7日製品・テクノロジーマーケティング

 DX(デジタルトランスフォーメーション)とは、「デジタル化(D)」によって、「会社を変革(X)」すること。デジタル技術を駆使し、従来の業態や生産体制を見直し改善することによって、新し...全文を読む

dx_horizon_top_202106_dp_tn.jpg

ポストプレス側から印刷産業のDXを支援[ホリゾン・ジャパン 宮﨑進社長に聞く]

2021年7月6日製品・テクノロジースペシャリスト

 印刷関連メーカーと協力し、「IGAS2018」や「Think SmartFactory2019in Kyoto」などのイベントを通じて、印刷業界に「Smart Factory」構想を...全文を読む

dx_fukuda_202106_dp_tn.jpg

DXで生産性向上と付加価値創出[DX推進PT 福田浩志委員長に聞く]

2021年7月5日企業・経営スペシャリスト

 全日本印刷工業組合連合会(全印工連、滝澤光正会長)では、ブランドスローガン「Happy Industry〜人々の暮らしを彩り幸せを創る印刷産業〜」を目指し、令和版構造改善事業に着手し...全文を読む

日本HP、紙コップを起点とした循環型システムの実証試験にHP Indigoデジタル印刷ソリューションで協力

2021年8月6日ニュース

  • twitter
  • facebook
  • line

 (株)日本HP(本社/東京都江東区、岡隆史社長)は、三菱ケミカル(株)(本社/東京都千代田区、和賀昌之社長)が、Jリーグサッカークラブのギラヴァンツ北九州や協力企業、学校と連携して行う、生分解性樹脂BioPBSを使用した紙コップを起点とする循環型システム実現に向けた実証試験において、紙コップの印刷にHP Indigoデジタル印刷ソリューションが採用されたことを発表した。

 今回の実証試験では、ギラヴァンツ北九州が8月22日、28日に開催するサッカーイベント「ギラヴァンツサマーフェスティバル2021」に、三菱ケミカルが開発した生分解性樹脂BioPBSを使用した紙コップ約6,500個が提供され、そこで使用された紙コップを回収し、コンポスト設備で食品残渣物などと一緒に堆肥化する。できあがった堆肥は、地元の高校で野菜の栽培に活用、さらに収穫された野菜をスタジアムで販売するという、紙コップを起点とした循環型システムの実証試験を行う。

 三菱ケミカルのBioPBSは、植物由来の生分解性樹脂で、自然界の微生物によって水と二酸化炭素に分解されるため、自然環境への負荷が少ない樹脂素材。通常は、耐水性のためにポリエチレンでラミネート加工される紙コップの内側にBioPBSを用い、紙コップの外側はHPエレクトロインキで印刷することで、高品質なフルカラーの紙コップがコンポスト設備や土壌で分解可能になる。
内側にはBioPBSが使用され、外側はHP エレクトロインキで印刷された生分解性紙コップ
 今回採用された「HP Indigoエレクトロインキ」とMichelmanのプライマーは、欧州の堆肥化試験規格EN 13432に準拠したコンポスト化ラベルおよび軟包装用印刷インキ(一定の許容限度まで)として使用できることが、TUV Austria社により認定されている。また、印刷物は欧州の包装材および包装廃棄物指令(94/62/EEC)と北米のASTM6400の要件に準拠している。

 今回の実証試験で使われる紙コップ約6,500個分の紙面は、(株)東和プロセス(本社/東京都足立区、福島潤社長)が「HP Indigo WS6600デジタル印刷機」で印刷を行っている。

 「HP Indigo WS6600 デジタル印刷機」は、製版を不要とした可変印刷による多品種デザインへの対応を、オフセット印刷やグラビア印刷と同等の高い印刷品質で短納期で提供できることが特長で、軟包装材、シュリンクスリーブ、ラミネートチューブ、ラベルから紙器まで、さまざまなパッケージ用途に活用できる。
 
 HPと三菱ケミカルは、環境に配慮したパッケージソリューション開発においてパートナーシップを強化していく方針で現在、HP Indigoデジタル印刷機で印刷可能な生分解性樹脂BioPBSを使った軟包装用の印刷素材を開発、製造し、今後も同分野での連携を高めていく。

新着ニュース

新着トピックス

PAGE TOP