キーワードで検索

  • トップ>
  • ニュース>
  • 日本HP、紙コップを起点とした循環型システムの実証試験にHP In...

日本HP、紙コップを起点とした循環型システムの実証試験にHP Indigoデジタル印刷ソリューションで協力

2021年8月6日ニュース

 (株)日本HP(本社/東京都江東区、岡隆史社長)は、三菱ケミカル(株)(本社/東京都千代田区、和賀昌之社長)が、Jリーグサッカークラブのギラヴァンツ北九州や協力企業、学校と連携して行う、生分解性樹脂BioPBSを使用した紙コップを起点とする循環型システム実現に向けた実証試験において、紙コップの印刷にHP Indigoデジタル印刷ソリューションが採用されたことを発表した。

 今回の実証試験では、ギラヴァンツ北九州が8月22日、28日に開催するサッカーイベント「ギラヴァンツサマーフェスティバル2021」に、三菱ケミカルが開発した生分解性樹脂BioPBSを使用した紙コップ約6,500個が提供され、そこで使用された紙コップを回収し、コンポスト設備で食品残渣物などと一緒に堆肥化する。できあがった堆肥は、地元の高校で野菜の栽培に活用、さらに収穫された野菜をスタジアムで販売するという、紙コップを起点とした循環型システムの実証試験を行う。

 三菱ケミカルのBioPBSは、植物由来の生分解性樹脂で、自然界の微生物によって水と二酸化炭素に分解されるため、自然環境への負荷が少ない樹脂素材。通常は、耐水性のためにポリエチレンでラミネート加工される紙コップの内側にBioPBSを用い、紙コップの外側はHPエレクトロインキで印刷することで、高品質なフルカラーの紙コップがコンポスト設備や土壌で分解可能になる。
内側にはBioPBSが使用され、外側はHP エレクトロインキで印刷された生分解性紙コップ
 今回採用された「HP Indigoエレクトロインキ」とMichelmanのプライマーは、欧州の堆肥化試験規格EN 13432に準拠したコンポスト化ラベルおよび軟包装用印刷インキ(一定の許容限度まで)として使用できることが、TUV Austria社により認定されている。また、印刷物は欧州の包装材および包装廃棄物指令(94/62/EEC)と北米のASTM6400の要件に準拠している。

 今回の実証試験で使われる紙コップ約6,500個分の紙面は、(株)東和プロセス(本社/東京都足立区、福島潤社長)が「HP Indigo WS6600デジタル印刷機」で印刷を行っている。

 「HP Indigo WS6600 デジタル印刷機」は、製版を不要とした可変印刷による多品種デザインへの対応を、オフセット印刷やグラビア印刷と同等の高い印刷品質で短納期で提供できることが特長で、軟包装材、シュリンクスリーブ、ラミネートチューブ、ラベルから紙器まで、さまざまなパッケージ用途に活用できる。
 
 HPと三菱ケミカルは、環境に配慮したパッケージソリューション開発においてパートナーシップを強化していく方針で現在、HP Indigoデジタル印刷機で印刷可能な生分解性樹脂BioPBSを使った軟包装用の印刷素材を開発、製造し、今後も同分野での連携を高めていく。

最新ニュース

dp_th6310f_tn.jpg

リコー、高ギャップ印刷対応とインク循環機能を備えた産業用インクジェットヘッド発売

2021年11月17日

 (株)リコー(山下良則社長)は、産業用インクジェットヘッドの新製品として、薄膜ピエゾアクチュエーターを搭載した「RICOH TH6310F」を2021年11月23日よりグローバルで受...全文を読む

dp_2021_11_25_tn.jpg

日本HP、好評につき「海外成功事例に学ぶ 軟包装ビジネスへの新規参入と成功法」を11月25日に再配信

2021年11月17日

 (株)日本HPのオウンドメディア「Tech & Device TV Powered by HP」の印刷業界DXチャネルでは11月25日、「海外成功事例に学ぶ 軟包装ビジネスへの新規参...全文を読む

dp_revoria_one_tn.jpg

富士フイルムBI、オフセットとの連携強化を実現した統合型ワークフローソフトウェアの新バージョン

2021年11月16日

 富士フイルムビジネスイノベーション(株)は11月11日開催のWeb説明会において、印刷市場向けソフトウェアの新バージョン「Revoria One Production Cockpit...全文を読む

dp_fb_ffgs_tn.jpg

富士フイルムBI、12月2・3日「経営変革セミナー2021」をFFGSと共催

2021年11月15日

 富士フイルムビジネスイノベーション(株)(富士フイルムBI)主催、富士フイルムグローバルグラフィックシステムズ(株)(FFGS)共催による「経営変革セミナー2021 Winter A...全文を読む

コニカミノルタ、新生産プロセスで辰野工場もトナー生産再開

2021年11月9日

 (株)コニカミノルタは、コニカミノルタサプライズ辰野工場においてトナー生産を再開したことを発表した。  コニカミノルタでは、辰野工場における安全対策について専門家および社内有識者によ...全文を読む

新着トピックス

pj_hsf2021_miyakosi_horizondp_tn.jpg

Horizon Smart Factory 2021 レポート

2021年11月18日製品・テクノロジー

 ホリゾングループ主催によるファクトリーオートメーションを体感できるイベント「Horizon Smart Factory 2021(HSF2021)」が、10月18日から22日までの5...全文を読む

dp_watanabe_tukamoto_tn.jpg

富士フイルムBI、ショウルーム「グラフィックコミュニケーション東京」をリニューアル

2021年11月17日企業・経営

 富士フイルムビジネスイノベーション(株)は2021年7月、グラフィックコミュニケーション事業本部の立ち上げにともない、東京・中野坂上のショウルームを「グラフィックコミュニケーション東...全文を読む

dp_kurz_ceo_tn.jpg

クルツジャパン創立50周年記念インタビュー、表面加飾技術で日本の印刷業界に貢献

2021年10月20日企業・経営

 高度な表面加飾技術で印刷物の高付加価値化を支援してきたクルツジャパン(株)は今年、創業50周年を迎える。印刷物に高級感を演出する同社の箔転写技術は、国内印刷業界でも高く評価され、これ...全文を読む

日本HP、紙コップを起点とした循環型システムの実証試験にHP Indigoデジタル印刷ソリューションで協力

2021年8月6日ニュース

  • twitter
  • facebook
  • line

 (株)日本HP(本社/東京都江東区、岡隆史社長)は、三菱ケミカル(株)(本社/東京都千代田区、和賀昌之社長)が、Jリーグサッカークラブのギラヴァンツ北九州や協力企業、学校と連携して行う、生分解性樹脂BioPBSを使用した紙コップを起点とする循環型システム実現に向けた実証試験において、紙コップの印刷にHP Indigoデジタル印刷ソリューションが採用されたことを発表した。

 今回の実証試験では、ギラヴァンツ北九州が8月22日、28日に開催するサッカーイベント「ギラヴァンツサマーフェスティバル2021」に、三菱ケミカルが開発した生分解性樹脂BioPBSを使用した紙コップ約6,500個が提供され、そこで使用された紙コップを回収し、コンポスト設備で食品残渣物などと一緒に堆肥化する。できあがった堆肥は、地元の高校で野菜の栽培に活用、さらに収穫された野菜をスタジアムで販売するという、紙コップを起点とした循環型システムの実証試験を行う。

 三菱ケミカルのBioPBSは、植物由来の生分解性樹脂で、自然界の微生物によって水と二酸化炭素に分解されるため、自然環境への負荷が少ない樹脂素材。通常は、耐水性のためにポリエチレンでラミネート加工される紙コップの内側にBioPBSを用い、紙コップの外側はHPエレクトロインキで印刷することで、高品質なフルカラーの紙コップがコンポスト設備や土壌で分解可能になる。
内側にはBioPBSが使用され、外側はHP エレクトロインキで印刷された生分解性紙コップ
 今回採用された「HP Indigoエレクトロインキ」とMichelmanのプライマーは、欧州の堆肥化試験規格EN 13432に準拠したコンポスト化ラベルおよび軟包装用印刷インキ(一定の許容限度まで)として使用できることが、TUV Austria社により認定されている。また、印刷物は欧州の包装材および包装廃棄物指令(94/62/EEC)と北米のASTM6400の要件に準拠している。

 今回の実証試験で使われる紙コップ約6,500個分の紙面は、(株)東和プロセス(本社/東京都足立区、福島潤社長)が「HP Indigo WS6600デジタル印刷機」で印刷を行っている。

 「HP Indigo WS6600 デジタル印刷機」は、製版を不要とした可変印刷による多品種デザインへの対応を、オフセット印刷やグラビア印刷と同等の高い印刷品質で短納期で提供できることが特長で、軟包装材、シュリンクスリーブ、ラミネートチューブ、ラベルから紙器まで、さまざまなパッケージ用途に活用できる。
 
 HPと三菱ケミカルは、環境に配慮したパッケージソリューション開発においてパートナーシップを強化していく方針で現在、HP Indigoデジタル印刷機で印刷可能な生分解性樹脂BioPBSを使った軟包装用の印刷素材を開発、製造し、今後も同分野での連携を高めていく。

新着ニュース

新着トピックス

PAGE TOP