キーワードで検索

エプソン、インクジェットデジタル捺染機Monna Lisa「ML-64000」発売

2022年3月30日ニュース

 エプソンは、インクジェットデジタル捺染機Monna Lisa(モナリザ)シリーズの新商品として、高生産性と高い印捺品質、安定稼働を実現した「ML-64000」を、3月28日より発売を開始した。

 「ML-64000」は、最新のPrecisionCoreプリントヘッドを64個搭載し、標準モードで毎時774平方メートル(600×600dpi-2Pass)の高速印刷で、高い生産性を実現したMonna Lisaシリーズのフラッグシップモデル。各プリントヘッドチップの波形を個別に制御する「Dynamic Alignment Stabilizer(DAS)」技術により、高精度かつ高密度のドット配置を行い安定した印捺品質を提供する。
ML-64000
 また、8色のインクを左右対称に配列することで双方向印捺時も同じ順序で色を重ねられるため色ムラのない仕上がりを実現。ベルト送り距離を自動検出し送り量を調節する「Accurate Belt Position Control(ABPC)」技術と併せ、高い生産性を維持しながらもグラデーションや精緻で複雑な幾何学模様も、高品質で美しい印捺を実現する。

 「毛羽除去システム」を搭載し、ドット抜けの原因となる毛羽がプリンター内部へ侵入するのを防ぐとともに、インクミストを吸引ファンが排出し、ノズル表面にインクミストが付着するのを防いでくれる。また、「ノズル自己診断システム」により、プリントヘッドのドット抜けを自動検知しインクの吐出を調整して画質を維持する。高精度なプリントヘッド位置合わせ機構やRGBカメラによる自動キャリブレーション機能により、調整を含むヘッド交換作業をスムーズに行うことが可能。

 さらに機器の稼働状態を遠隔でモニタリングするクラウドサービスプラットフォーム「Epson Cloud Solution PORT」に対応。接続されているすべてのプリンターの動作状態をパソコンやモバイル機器から確認できダウンタイムとサービスコールを削減、生産性を最大限に高めることができる。

 「GENESTAインク」は、脱気式真空パックの酸性インク・反応インク・分散インク・顔料インクのラインアップで多種多様な生地やデザインに対応し、繊細な色使いから鮮やかな発色まで、思い通りに表現できるほか、用途により特色インクや浸透液も搭載可能。また、繊維製品の化学物質に対する国際的な安全規格「エコパスポート」認証を取得している。

最新ニュース

tmdh_2022_dp_tn.jpg

東京ミッドタウン・デザインハブ、「日本のグラフィックデザイン2022」6月30日から開催

2022年5月27日

 東京ミッドタウン・デザインハブ(構成機関:公益財団法人日本デザイン振興会、公益社団法人日本グラフィックデザイン協会、多摩美術大学TUB)は、第97回企画展「日本のグラフィックデザイン...全文を読む

dp_tpl350uv_200_tn.jpg

SCREEN GA、「Truepress Jet L350UVシリーズ」が出荷台数200台を達成

2022年5月25日

 (株)SCREENグラフィックソリューションズ(SCREEN GA)が開発・製造・販売するUVインクジェットラベルプリンティングシステム「Truepress Jet L350UVシリ...全文を読む

エプソン、大判プリンターなど一部商品の出荷価格を改定

2022年5月24日

 エプソン販売(株)は、一部商品においての出荷価格を7月1日納品分より改定する。  同社では、これまで原材料費の高騰などで製造コストが上昇する中、効率化やコスト削減により出荷価格への転...全文を読む

dp_06_23_tn.jpg

日本HP、オンラインセミナー「HP Indigo新製品で実現するアナログ to デジタル」6月23日開催

2022年5月23日

 (株)日本HPのオウンドメディア「Tech & Device TV Powered by HP」が展開する印刷業界DXチャネルは6月23日、オンラインセミナー「値上げラッシュの今だか...全文を読む

JP2022、出展企業4社が「DX」テーマにセミナー開催

2022年5月17日

 「JP2022・印刷DX展」では、「DXの本来の意味や目指していること」「企業はどのようにDXを推進すべきか」などについて出展企業4社が解説するセミナーを両日開催する。定員は各回20...全文を読む

新着トピックス

dp_risapress_20_tn.jpg

モリサワ、RISAPRESSが発売20周年〜今後も高精細印字で社会に貢献

2022年5月16日企業・経営

 (株)モリサワ(森澤彰彦社長)が販売するオンデマンド印刷システム「RISAPRESS(リサプレス)」シリーズが、このほど発売20周年を迎えた。2002年4月、モノクロオンデマンド印刷...全文を読む

higuchip_2022_dp_tn.jpg

樋口印刷所(大阪)、発注者の「妥協」を払拭[Jet Press導入事例]

2022年4月11日企業・経営

 (有)樋口印刷所(大阪市東住吉区桑津、樋口裕規社長)は昨年12月、「SDGsへの貢献」を旗印に、富士フイルムの商業印刷向け枚葉インクジェットデジタルプレス「Jet Press 750...全文を読む

ダックエンジニアリング、ホリゾン製品に全面フルカラーバリアブル印刷検査装置を搭載

2022年4月11日スペシャリスト

「スマートファクトリー」の実現に向けて協業  日本人の品質へのこだわりは、時に海外から「品質クレイジー」と揶揄されることもあると聞いたことがある。印刷物に何らかの「後加工」を加えること...全文を読む

エプソン、インクジェットデジタル捺染機Monna Lisa「ML-64000」発売

2022年3月30日ニュース

  • twitter
  • facebook
  • line

 エプソンは、インクジェットデジタル捺染機Monna Lisa(モナリザ)シリーズの新商品として、高生産性と高い印捺品質、安定稼働を実現した「ML-64000」を、3月28日より発売を開始した。

 「ML-64000」は、最新のPrecisionCoreプリントヘッドを64個搭載し、標準モードで毎時774平方メートル(600×600dpi-2Pass)の高速印刷で、高い生産性を実現したMonna Lisaシリーズのフラッグシップモデル。各プリントヘッドチップの波形を個別に制御する「Dynamic Alignment Stabilizer(DAS)」技術により、高精度かつ高密度のドット配置を行い安定した印捺品質を提供する。
ML-64000
 また、8色のインクを左右対称に配列することで双方向印捺時も同じ順序で色を重ねられるため色ムラのない仕上がりを実現。ベルト送り距離を自動検出し送り量を調節する「Accurate Belt Position Control(ABPC)」技術と併せ、高い生産性を維持しながらもグラデーションや精緻で複雑な幾何学模様も、高品質で美しい印捺を実現する。

 「毛羽除去システム」を搭載し、ドット抜けの原因となる毛羽がプリンター内部へ侵入するのを防ぐとともに、インクミストを吸引ファンが排出し、ノズル表面にインクミストが付着するのを防いでくれる。また、「ノズル自己診断システム」により、プリントヘッドのドット抜けを自動検知しインクの吐出を調整して画質を維持する。高精度なプリントヘッド位置合わせ機構やRGBカメラによる自動キャリブレーション機能により、調整を含むヘッド交換作業をスムーズに行うことが可能。

 さらに機器の稼働状態を遠隔でモニタリングするクラウドサービスプラットフォーム「Epson Cloud Solution PORT」に対応。接続されているすべてのプリンターの動作状態をパソコンやモバイル機器から確認できダウンタイムとサービスコールを削減、生産性を最大限に高めることができる。

 「GENESTAインク」は、脱気式真空パックの酸性インク・反応インク・分散インク・顔料インクのラインアップで多種多様な生地やデザインに対応し、繊細な色使いから鮮やかな発色まで、思い通りに表現できるほか、用途により特色インクや浸透液も搭載可能。また、繊維製品の化学物質に対する国際的な安全規格「エコパスポート」認証を取得している。

新着ニュース

新着トピックス

PAGE TOP