キーワードで検索

  • トップ>
  • ニュース>
  • 矢野経済研究所、DPS市場が拡大 - デジタル印刷市場2021年度...

矢野経済研究所、DPS市場が拡大 - デジタル印刷市場2021年度は4%増と予測

2022年4月12日ニュース

 (株)矢野経済研究所(水越孝社長)は、国内のデジタル印刷市場を調査し、各カテゴリの動向や参入企業動向、将来展望を明らかにした。

 2020年度の国内デジタル印刷市場は、新型コロナウイルス感染症拡大にともなう外出自粛の影響により、フォトブック市場やオフィスコンビニ市場が大幅減少、それらを除くPOD市場も販促需要が減少したことで市場規模が減少している。

 一方、コロナ禍で実施された様々な経済対策やワクチン接種券などに関するアウトソーシング需要を取り込んだDPS(データプリントサービス)市場が拡大。その結果、2020年度のデジタル印刷市場(事業者売上高ベース)は3,097億3,100万円(前年度比0.3%減)とほぼ横ばいで推移し、コロナ禍でも市場規模を維持している。

 2021年度は経済活動が再開される中で、POD市場が回復基調となっており、またDPS市場も拡大が見込まれるため、2021年度のデジタル印刷市場は3,214億6,000万円(前年度比3.8%増)と増加する見込みとなっている。

2020年度はコロナ禍でもほぼ横ばいで規模をキープ

出版印刷分野は企業間で格差広がる

 出版印刷におけるデジタル印刷市場では、重版時において少部数生産による在庫管理コストの削減を実現する提案と、重版未定タイトルや絶版本、電子書籍との同時刊行本(新刊)を中心に注文に応じて1部から印刷、発送するBOD(ブックオンデマンド)の提案の2つの方向性で、デジタル印刷の活用が推進されている。

 出版業界では、大手出版社を中心にデジタル印刷の活用に取り組む出版社が増えており、またネット書店におけるストア型PODも確立されつつある。その中で、印刷企業も提案を推進しているが、いくつかの課題が障壁となり、長年、市場は黎明期を脱していない。

 その障壁のひとつである印刷コストについては、コスト引き下げに進展が見られない現状の中で、印刷企業ではオフセット印刷による従来のビジネスモデルとの比較シミュレーションを行うことで、在庫管理コストを含めたトータルコストの削減という考え方を提示してきたが、在庫データを開示してもらえないため、その効果を担保にするのが難しく、これまで思うように提案が進んでいなかった。

 しかしここ1〜2年、一部の印刷企業では取次・書店への過剰発注を防ぎ、返品率を下げることを目的とした出版社とのEDI(Electronic Data Interchange)連携を進める中で、在庫データを把握できるようになってきており、コストダウン効果の提示が以前より容易となってきている。そのため、こうした一部の印刷企業においてショートランの実績が拡大しており、提案が進まない印刷企業との間で実績の差が広がり始めている。

 本格的な経済回復が見込まれる2022年度は、POD市場が再び回復基調で推移し、またDPS市場もワクチン接種券や消費喚起施策などのアウトソーシング需要を取り込み、さらに拡大する見込みであることから、同レポートではデジタル印刷市場が再び増加すると予測している。

最新ニュース

tmdh_2022_dp_tn.jpg

東京ミッドタウン・デザインハブ、「日本のグラフィックデザイン2022」6月30日から開催

2022年5月27日

 東京ミッドタウン・デザインハブ(構成機関:公益財団法人日本デザイン振興会、公益社団法人日本グラフィックデザイン協会、多摩美術大学TUB)は、第97回企画展「日本のグラフィックデザイン...全文を読む

dp_tpl350uv_200_tn.jpg

SCREEN GA、「Truepress Jet L350UVシリーズ」が出荷台数200台を達成

2022年5月25日

 (株)SCREENグラフィックソリューションズ(SCREEN GA)が開発・製造・販売するUVインクジェットラベルプリンティングシステム「Truepress Jet L350UVシリ...全文を読む

エプソン、大判プリンターなど一部商品の出荷価格を改定

2022年5月24日

 エプソン販売(株)は、一部商品においての出荷価格を7月1日納品分より改定する。  同社では、これまで原材料費の高騰などで製造コストが上昇する中、効率化やコスト削減により出荷価格への転...全文を読む

dp_06_23_tn.jpg

日本HP、オンラインセミナー「HP Indigo新製品で実現するアナログ to デジタル」6月23日開催

2022年5月23日

 (株)日本HPのオウンドメディア「Tech & Device TV Powered by HP」が展開する印刷業界DXチャネルは6月23日、オンラインセミナー「値上げラッシュの今だか...全文を読む

JP2022、出展企業4社が「DX」テーマにセミナー開催

2022年5月17日

 「JP2022・印刷DX展」では、「DXの本来の意味や目指していること」「企業はどのようにDXを推進すべきか」などについて出展企業4社が解説するセミナーを両日開催する。定員は各回20...全文を読む

新着トピックス

dp_risapress_20_tn.jpg

モリサワ、RISAPRESSが発売20周年〜今後も高精細印字で社会に貢献

2022年5月16日企業・経営

 (株)モリサワ(森澤彰彦社長)が販売するオンデマンド印刷システム「RISAPRESS(リサプレス)」シリーズが、このほど発売20周年を迎えた。2002年4月、モノクロオンデマンド印刷...全文を読む

higuchip_2022_dp_tn.jpg

樋口印刷所(大阪)、発注者の「妥協」を払拭[Jet Press導入事例]

2022年4月11日企業・経営

 (有)樋口印刷所(大阪市東住吉区桑津、樋口裕規社長)は昨年12月、「SDGsへの貢献」を旗印に、富士フイルムの商業印刷向け枚葉インクジェットデジタルプレス「Jet Press 750...全文を読む

ダックエンジニアリング、ホリゾン製品に全面フルカラーバリアブル印刷検査装置を搭載

2022年4月11日スペシャリスト

「スマートファクトリー」の実現に向けて協業  日本人の品質へのこだわりは、時に海外から「品質クレイジー」と揶揄されることもあると聞いたことがある。印刷物に何らかの「後加工」を加えること...全文を読む

矢野経済研究所、DPS市場が拡大 - デジタル印刷市場2021年度は4%増と予測

2022年4月12日ニュース

  • twitter
  • facebook
  • line

 (株)矢野経済研究所(水越孝社長)は、国内のデジタル印刷市場を調査し、各カテゴリの動向や参入企業動向、将来展望を明らかにした。

 2020年度の国内デジタル印刷市場は、新型コロナウイルス感染症拡大にともなう外出自粛の影響により、フォトブック市場やオフィスコンビニ市場が大幅減少、それらを除くPOD市場も販促需要が減少したことで市場規模が減少している。

 一方、コロナ禍で実施された様々な経済対策やワクチン接種券などに関するアウトソーシング需要を取り込んだDPS(データプリントサービス)市場が拡大。その結果、2020年度のデジタル印刷市場(事業者売上高ベース)は3,097億3,100万円(前年度比0.3%減)とほぼ横ばいで推移し、コロナ禍でも市場規模を維持している。

 2021年度は経済活動が再開される中で、POD市場が回復基調となっており、またDPS市場も拡大が見込まれるため、2021年度のデジタル印刷市場は3,214億6,000万円(前年度比3.8%増)と増加する見込みとなっている。

2020年度はコロナ禍でもほぼ横ばいで規模をキープ

出版印刷分野は企業間で格差広がる

 出版印刷におけるデジタル印刷市場では、重版時において少部数生産による在庫管理コストの削減を実現する提案と、重版未定タイトルや絶版本、電子書籍との同時刊行本(新刊)を中心に注文に応じて1部から印刷、発送するBOD(ブックオンデマンド)の提案の2つの方向性で、デジタル印刷の活用が推進されている。

 出版業界では、大手出版社を中心にデジタル印刷の活用に取り組む出版社が増えており、またネット書店におけるストア型PODも確立されつつある。その中で、印刷企業も提案を推進しているが、いくつかの課題が障壁となり、長年、市場は黎明期を脱していない。

 その障壁のひとつである印刷コストについては、コスト引き下げに進展が見られない現状の中で、印刷企業ではオフセット印刷による従来のビジネスモデルとの比較シミュレーションを行うことで、在庫管理コストを含めたトータルコストの削減という考え方を提示してきたが、在庫データを開示してもらえないため、その効果を担保にするのが難しく、これまで思うように提案が進んでいなかった。

 しかしここ1〜2年、一部の印刷企業では取次・書店への過剰発注を防ぎ、返品率を下げることを目的とした出版社とのEDI(Electronic Data Interchange)連携を進める中で、在庫データを把握できるようになってきており、コストダウン効果の提示が以前より容易となってきている。そのため、こうした一部の印刷企業においてショートランの実績が拡大しており、提案が進まない印刷企業との間で実績の差が広がり始めている。

 本格的な経済回復が見込まれる2022年度は、POD市場が再び回復基調で推移し、またDPS市場もワクチン接種券や消費喚起施策などのアウトソーシング需要を取り込み、さらに拡大する見込みであることから、同レポートではデジタル印刷市場が再び増加すると予測している。

新着ニュース

新着トピックス

PAGE TOP