キーワードで検索

クルツジャパン、新たにインクジェット技術を採用

印刷方式や用紙を問わず箔転写が可能

2017年1月1日製品・テクノロジー

 デジタル印刷とメタリック加飾を融合した新たな箔転写技術「DIGITAL METAL(デジタルメタル)」を提案するクルツ社は、drupa2016において、インクジェット技術を採用した、新たなオンデマンド箔転写機「DM-LINER UV-INK」を技術展示し、多くの来場者の注目を集めた。印刷物に新たな高付加価値提供を実現する同機の開発コンセプトや今後の展開などについて、今回、クルツジャパン(株)の岩佐啓一副社長と竹田悠アシスタント・セールスマネージャーの両氏に聞いた。
岩佐副社長(右)と竹田マネージャー

 金箔銀箔から最新のホログラム箔など、各種ホットスタンプ(熱転写)箔を提供しているクルツ社では近年、急速に進化する各種デジタル印刷機への対応として、デジタル印刷とメタリック加飾を融合することで、新たな箔転写を実現する箔素材「DIGITAL METAL」を活用したデジタル箔転写ソリューションを提案している。そのデジタル箔転写ソリューションを実現するオンデマンド箔転写機が「DM-LINER」である。同機は、デジタル印刷機で出力されたトナー上に箔転写することができ、さらに、その箔の上にも印刷することができるシステム。
 そして、今回のdrupa2016では、新たにインクジェット技術を採用した「DM-LINER UV-INK」のプロトタイプを技術展示し、その機能をデモンストレーションなどで紹介した。
DM-LINER UV-INK

drupa2016でプロトタイプを発表

 「DM-LINER UV-INK」は、インクジェットで箔のUV接着剤を吐出し、そこに転写箔をラミネートしてUV照射で瞬間硬化させるシステム。これによりオフセット、デジタルの印刷方式を問わず、印刷された用紙への箔転写加工が行える。また、印刷前の用紙に箔転写し、その用紙に印刷することも可能となっている。
 A3ノビまでの用紙に対応し、解像度は600dpi。加工スピードは最大30m/分。用紙厚は90〜350g/平米に対応。使用できるメディアは、コート紙などの一般商業印刷で使用する用紙のほか、PETなどフィルム系の特殊素材にも問題なく対応できる。
 従来の「DM-LINER」は、トナーとのコンビネーションで箔転写するシステムであるが、今回の「DM-LINER UV-INK」は、製品単体で箔転写を行うことが可能。さらに、解像度600dpiのインクジェット吐出により、微細なデザインや極小の文字などへの箔転写を実現する。

関連記事

新着トピックス

dp_vpr20a_tn.jpg

ミヤコシ、デジタル印刷を活かすバリアブル加工機発表

2020年1月7日製品・テクノロジー

 (株)ミヤコシ(本社/千葉県習志野市、宮腰亨社長)は昨年12月10日・11日の両日、(株)宮腰デジタルシステムズ(秋田県横手市)において、「バリアブル加工機内覧会」を開催し、会期2日...全文を読む

Web to Pack ショップでカスタマイズされたアドベントカレンダーを注文できる

ハイデルベルグ社、クリスマスを盛り上げるハイデルベルグのファイアファミリー

2019年12月25日ケーススタディ

 今年もクリスマスを盛り上げるために、プライベートやビジネスシーンでパーソナライズされたクリスマスカードが贈られている。革新的なアプリケーションを備え、多様な要望に応えることができる印...全文を読む

最新ニュース

xeikon-cafe-in-japan-2020_dp_tn.jpg

FFGSグラフィックサプライ、「Xeikon Cafe in Japan 2020」に協賛

2020年2月4日

 FFGSグラフィックサプライ(株)(加藤好洋社長)が協賛する「Xeikon Cafe in Japan 2020」が2月20・21日の2日間、東京・文京区のザイコンジャパンショールー...全文を読む

apogee-subscription_dp_tn.jpg

アグフア、アポジーをサブスクリプション方式で提供

2020年2月4日

 日本アグフア・ゲバルト(株)(岡本勝弘社長)は、プリプレスワークフロー「アポジー」の新サービス「APOGEE Subscription(アポジー・サブスクリプション)」の提供を開始し...全文を読む

dp_xerox_tona_atu_tn.jpg

富士ゼロックス、複合機やプリンターに搭載できる圧着機能を持った特殊トナー開発

2020年1月30日

 富士ゼロックス(株)(本社/東京都港区、玉井光一社長)は、圧着はがきなどへの活用が可能な業界初の接着機能を持つ特殊トナーを開発した。  同トナーは、従来のトナーと同時に複合機・プリン...全文を読む

クルツジャパン、新たにインクジェット技術を採用

印刷方式や用紙を問わず箔転写が可能

2017年1月1日製品・テクノロジー

  • twitter
  • facebook
  • line
  • pocket

 デジタル印刷とメタリック加飾を融合した新たな箔転写技術「DIGITAL METAL(デジタルメタル)」を提案するクルツ社は、drupa2016において、インクジェット技術を採用した、新たなオンデマンド箔転写機「DM-LINER UV-INK」を技術展示し、多くの来場者の注目を集めた。印刷物に新たな高付加価値提供を実現する同機の開発コンセプトや今後の展開などについて、今回、クルツジャパン(株)の岩佐啓一副社長と竹田悠アシスタント・セールスマネージャーの両氏に聞いた。
岩佐副社長(右)と竹田マネージャー

 金箔銀箔から最新のホログラム箔など、各種ホットスタンプ(熱転写)箔を提供しているクルツ社では近年、急速に進化する各種デジタル印刷機への対応として、デジタル印刷とメタリック加飾を融合することで、新たな箔転写を実現する箔素材「DIGITAL METAL」を活用したデジタル箔転写ソリューションを提案している。そのデジタル箔転写ソリューションを実現するオンデマンド箔転写機が「DM-LINER」である。同機は、デジタル印刷機で出力されたトナー上に箔転写することができ、さらに、その箔の上にも印刷することができるシステム。
 そして、今回のdrupa2016では、新たにインクジェット技術を採用した「DM-LINER UV-INK」のプロトタイプを技術展示し、その機能をデモンストレーションなどで紹介した。
DM-LINER UV-INK

drupa2016でプロトタイプを発表

 「DM-LINER UV-INK」は、インクジェットで箔のUV接着剤を吐出し、そこに転写箔をラミネートしてUV照射で瞬間硬化させるシステム。これによりオフセット、デジタルの印刷方式を問わず、印刷された用紙への箔転写加工が行える。また、印刷前の用紙に箔転写し、その用紙に印刷することも可能となっている。
 A3ノビまでの用紙に対応し、解像度は600dpi。加工スピードは最大30m/分。用紙厚は90〜350g/平米に対応。使用できるメディアは、コート紙などの一般商業印刷で使用する用紙のほか、PETなどフィルム系の特殊素材にも問題なく対応できる。
 従来の「DM-LINER」は、トナーとのコンビネーションで箔転写するシステムであるが、今回の「DM-LINER UV-INK」は、製品単体で箔転写を行うことが可能。さらに、解像度600dpiのインクジェット吐出により、微細なデザインや極小の文字などへの箔転写を実現する。

関連記事

新着トピックス

新着ニュース

PAGE TOP