キーワードで検索

ハイデルベルグ社、Primefire106受注好調で5割増産検討へ

「新規ビジネス創出」のデジタル印刷機 〜 独MPS社で実稼働状況を公開

2017年11月13日製品・テクノロジーケーススタディ

 ハイデルベルグ社(ライナー・フンツドルファーCEO)は、drupa2016で発表したB1インクジェット印刷機「Primefire106」の受注が予想を上回るペースで推移していることを明らかにした。

 これは11月8日開催の「Packaging Day」で行われた、デジタル技術部門の責任者であるステファン・プレンツ取締役のプレゼンの中で明らかにされたもの。現在「Primefire106」の製造計画は2年先まで埋まっている状況で、今後5割程度の増産を検討し、急激な需要に対応する可能性を示唆している。これら状況を生んだ背景についてプレンツ氏は「我々はPrimefireを単なるオフセット印刷の置き換えではなく、あくまでオフセット印刷の会社が新たなビジネスを創出するためのデジタル印刷機として位置付けている。当初、顧客側においてその準備に時間を要するだろうという判断で製造計画を控えめに設定したが、予想以上にその準備スピードは早く、顧客は自信を持って新ビジネス獲得への投資を決断している」と説明している。

 発注企業の9割がパッケージ印刷業者で、今年1月からマルチ・パッケージング・ソリューション社(以下MPS社)においてベータテストが開始されており、年内には独カラードルック バイアスブロン社でもスタートする予定だ。さらに来年夏には日本のユーザーにも納入されることが決定している。
MPS社のドイツ・オーバーズルム工場に設置された「Primefire106」1号機

 「Primefire106」は、富士フイルムと共同開発したB1用紙サイズ対応・解像度1,200×1,200dpiの水性インクジェットデジタル印刷システム。JetPressとスピードマスターXL106のR&D資源が活かされている。

 シングルパス方式での高速印刷を可能とする富士フイルム独自のインクジェットヘッド技術「SAMBA Technology」とインク中の顔料を高速に凝集させるRAPIC(ラピック)技術を搭載。滲みのないシャープさと、独自の4階調変調方式による階調再現性で、高密度かつ高精細な描写を実現する。インクコントロール部についてはハイデルベルグも開発に携わっている。

 さらに、7色(CMYK、オレンジ、緑、紫)の水性顔料インクは、PANTONEカラーを95%カバーする幅広い色域を実現するだけでなく、Swiss Ordinance認定により、食品包装や医薬品の紙器パッケージに適した安全性を兼ね備えている。

富士フイルムのインクジェットヘッド「SAMBA」採用
 システムは、プリセットプラスフィーダー、プレコンディショニングユニット、印刷ユニット、乾燥ユニット、全面・スポットコーティングユニット(UV/水性)、デリバリ、コントロールセンターで構成され、デジタルフロントエンド「プリネクトDFE」によって制御される。

 用紙サイズは75×106センチ、紙厚は0.2〜0.6ミリまで対応。印刷速度は1,200×1,200dpiで2,500枚/時だが、将来的には解像度を落とした高生産モードとして4,000枚/時まで引き上げる計画だ。

 1色あたり25個のSAMBAヘッドが搭載されているが、このヘッドの乾燥などによるダメージを防ぐため、ホームポジション、印刷ポジション、メンテナンスポジションの3つをスムーズに移動できる機構となっているのも特徴のひとつだ。

 また、印刷ユニットには4台のカメラ(600dpi)が設置されている。当面は、プリントヘッドの状態を監視するとともに、出力ムラや白線などの検知に活用していくが、将来的には、汚れの検知やPDF画像との出力比較、色変動の管理などにも対応していくという。

 もうひとつの品質保証の機能としては、パーフェクトスタックデリバリがある。これは、カメラでエラーが検知された場合、自動で不良品をリジェクトするもの。これにより良品だけをストックできる。デジタル印刷機は、枚数ごとに異なる絵柄を印刷するケースが多いため、この機能は品質保証だけでなく、生産効率の向上にも大きく貢献する。

関連記事

新着トピックス

keijipack_2_tn.jpg

ケイジパック、「瞬発力」活かした大判インクジェット事業展開

2019年7月10日ケーススタディ

 総合パッケージング企業の(株)ケイジパック(本社/京都市南区吉祥院内河原町10、八木修二社長)は、アグフアの多機能ワイドフォーマットUVインクジェットプリンタ「アナプルナ H 205...全文を読む

swissQprint、Fespa2019で初のロールtoロール専用機「Karibu」発表

2019年6月14日製品・テクノロジー

 swissQprintは、同社初のロールtoロール専用機「Karibu(カリブ)」を今年5月にドイツ・ミュンヘンで開催されたFespa2019において発表した。同機は多彩な機能を搭載...全文を読む

最新ニュース

dp_komori_label_2019_tn.jpg

KOMORI、シール・ラベル印刷業界向けにIJと微細加工を融合したソリューションを提案

2019年7月29日

 (株)小森コーポレーション(本社/東京都墨田区、持田訓社長)は、7月9・10日の2日間、東京ドームシティ内プリズムホールにおいて開催された「ラベルフォーラムジャパン2019」に出展し...全文を読む

dp_prostream_1000_tn.jpg

キヤノン、高画質と幅広いメディア対応を両立したフルカラーインクジェット輪転プリンター発売

2019年7月26日

 キヤノンマーケティングジャパン(株)(坂田正弘社長)とキヤノンプロダクションプリンティングシステムズ(株)(井崎孝社長)は7月25日、東京・下丸子のCEC東京において新製品発表会を開...全文を読む

dp_oki_tokyo_tn.jpg

OKIデータ、利用シーンに合わせてプリンターを体験できる「東京ショールーム」開設

2019年7月25日

 OKIグループのプリンター事業会社OKIデータ(本社/東京都港区、波多野徹社長)は7月23日、プリンター・複合機によって顧客のビジネス拡大や課題解決につながるヒントを提案するショール...全文を読む

ハイデルベルグ社、Primefire106受注好調で5割増産検討へ

「新規ビジネス創出」のデジタル印刷機 〜 独MPS社で実稼働状況を公開

2017年11月13日製品・テクノロジーケーススタディ

  • twitter
  • facebook
  • line
  • pocket

 ハイデルベルグ社(ライナー・フンツドルファーCEO)は、drupa2016で発表したB1インクジェット印刷機「Primefire106」の受注が予想を上回るペースで推移していることを明らかにした。

 これは11月8日開催の「Packaging Day」で行われた、デジタル技術部門の責任者であるステファン・プレンツ取締役のプレゼンの中で明らかにされたもの。現在「Primefire106」の製造計画は2年先まで埋まっている状況で、今後5割程度の増産を検討し、急激な需要に対応する可能性を示唆している。これら状況を生んだ背景についてプレンツ氏は「我々はPrimefireを単なるオフセット印刷の置き換えではなく、あくまでオフセット印刷の会社が新たなビジネスを創出するためのデジタル印刷機として位置付けている。当初、顧客側においてその準備に時間を要するだろうという判断で製造計画を控えめに設定したが、予想以上にその準備スピードは早く、顧客は自信を持って新ビジネス獲得への投資を決断している」と説明している。

 発注企業の9割がパッケージ印刷業者で、今年1月からマルチ・パッケージング・ソリューション社(以下MPS社)においてベータテストが開始されており、年内には独カラードルック バイアスブロン社でもスタートする予定だ。さらに来年夏には日本のユーザーにも納入されることが決定している。
MPS社のドイツ・オーバーズルム工場に設置された「Primefire106」1号機

 「Primefire106」は、富士フイルムと共同開発したB1用紙サイズ対応・解像度1,200×1,200dpiの水性インクジェットデジタル印刷システム。JetPressとスピードマスターXL106のR&D資源が活かされている。

 シングルパス方式での高速印刷を可能とする富士フイルム独自のインクジェットヘッド技術「SAMBA Technology」とインク中の顔料を高速に凝集させるRAPIC(ラピック)技術を搭載。滲みのないシャープさと、独自の4階調変調方式による階調再現性で、高密度かつ高精細な描写を実現する。インクコントロール部についてはハイデルベルグも開発に携わっている。

 さらに、7色(CMYK、オレンジ、緑、紫)の水性顔料インクは、PANTONEカラーを95%カバーする幅広い色域を実現するだけでなく、Swiss Ordinance認定により、食品包装や医薬品の紙器パッケージに適した安全性を兼ね備えている。

富士フイルムのインクジェットヘッド「SAMBA」採用
 システムは、プリセットプラスフィーダー、プレコンディショニングユニット、印刷ユニット、乾燥ユニット、全面・スポットコーティングユニット(UV/水性)、デリバリ、コントロールセンターで構成され、デジタルフロントエンド「プリネクトDFE」によって制御される。

 用紙サイズは75×106センチ、紙厚は0.2〜0.6ミリまで対応。印刷速度は1,200×1,200dpiで2,500枚/時だが、将来的には解像度を落とした高生産モードとして4,000枚/時まで引き上げる計画だ。

 1色あたり25個のSAMBAヘッドが搭載されているが、このヘッドの乾燥などによるダメージを防ぐため、ホームポジション、印刷ポジション、メンテナンスポジションの3つをスムーズに移動できる機構となっているのも特徴のひとつだ。

 また、印刷ユニットには4台のカメラ(600dpi)が設置されている。当面は、プリントヘッドの状態を監視するとともに、出力ムラや白線などの検知に活用していくが、将来的には、汚れの検知やPDF画像との出力比較、色変動の管理などにも対応していくという。

 もうひとつの品質保証の機能としては、パーフェクトスタックデリバリがある。これは、カメラでエラーが検知された場合、自動で不良品をリジェクトするもの。これにより良品だけをストックできる。デジタル印刷機は、枚数ごとに異なる絵柄を印刷するケースが多いため、この機能は品質保証だけでなく、生産効率の向上にも大きく貢献する。

関連記事

新着トピックス

新着ニュース

PAGE TOP