キーワードで検索

JP2018レポート|自動化・高付加価値化をキーワードに

「オンデマンドの時代〜企業再生に生かす自動化の形」テーマに

2018年4月20日製品・テクノロジー

 関西印刷業界最大のイベント「JP2018 ICTと印刷展」(主催/JP産業展協会、西井幾雄会長)が4月18・19日の2日間開催された。

 今回のテーマは「オンデマンドの時代〜企業再生に生かす自動化の形」。昨年から会場をインテックス大阪からマイドームおおさか(大阪市中央区本町橋)に移して開催されていることから、ブースでの実演展示はコンパクトなものに制限されていたものの、各出展メーカーからは自動化・高付加価値化をキーワードとしたデジタル印刷ソリューションが提案されていた。今回は、このJP展でのデジタル印刷関連展示をレポートする。

プリンタメーカーはトナー機で付加価値提案

 まず、展示会場1階にブースを構えた富士フイルムグローバルグラフィックシステムズは、「共創の力で、商機をつかもう」をテーマに、ワークフローとPODで実践的ソリューションを披露していた。

 ブース中央に展示されていたのが、カラーオンデマンド・パブリッシングシステム「富士ゼロックス Iridesse Production Press」だ。新開発の1パス6色プリントエンジンの採用により、CMYKトナーのほか、ゴールド、シルバー、クリア、ホワイトの特殊トナーから、最大で2色まで同時に搭載することができる。さらに、CMYKトナー層の上に特殊トナー層を重ねる「上刷り方式」に加え、ゼログラフィー方式の1パス6色プリントエンジンとしては業界で初めてCMYKトナー層の下に特殊トナーを置く「下刷り方式」を可能としている。これにより、オフセット印刷ではシルバーインキと調合してメタリックインキを作る必要のあった「メタリックカラー」を1パスで印刷できる。

 用紙は、52g/平米の薄紙から400g/平米までの幅広い用紙坪量に対応。厚紙400g/平米でも毎分120ページ(A4ヨコ)のプリントを実現している。
富士ゼロックス Iridesse Production Press
 また同社では、「付加価値の高い仕事を増やすためにデジタル印刷を活用する」という視点から、デジタル印刷を最大活用するためのワークフローの重要性を訴えており、様々な入稿に対応し、自動化・見える化を実現するデジタルワークフローを訴求していた。

 その他にも、富士フイルム独自のインクジェット技術「FUJIFILM Inkjet Technology」を搭載したデジタルプレスのラインアップを、パネルによる解説やサンプル展示などで紹介していた。
FUJIFILM Inkjet Technologyのサンプル展示
 続いて、2階のキヤノンブースでは、「キヤノンのデジタルプリンティングで、新たな領域へ!」をテーマに、プロダクションプリンタ「ImagePRESS」「varioPRINT」の実機およびサンプル展示と、生産プロセスのオートメーション化により効率化を実現するワークフローが提案されていた。
キヤノンブース
 同じく2階のコニカミノルタジャパンブースでは、「Smart Solutions for Professionals」をテーマに、カラー最上位機種である「AccurioPress(アキュリオプレス)C6100」を含む3モデルを出品していた。

 「AccurioPress C6100」は、新開発の「インテリジェントクオリティーオプティマイザー」を搭載。濃度管理、色調管理、表裏見当調整の自動化を実現し、今までのようなマニュアル測定や数値入力を不要としている。

 「インテリジェントクオリティーオプティマイザー」は、色調や表裏見当を自動化するだけでなく、印刷中もリアルタイムでそれらを監視し、生産性を落とすことなく補正も行う。この機能により、オペレーターが印刷中に度々チェックしなくても、印刷中の色変動や見当ずれを最小限にし、高品質な印刷物を安定して供給することが可能。また、色や見当のずれを起因とする印刷ロスが抑えられるため、コスト改善や環境負荷低減など、顧客からの信頼度向上に寄与する。
AccurioPress C6100
 一方、「AccurioLabel 190」は、コンパクトでありながらオフセット印刷に迫る高品質出力が可能なオンデマンドラベルプリンタ。プリント解像度1,200dpi×1,200dpi、256階調という高画質で高精度な仕上がりの出力が可能。また、中間調や高濃度域の画像安定化技術によって豊かな階調表現を可能にするとともに、補正用パッチをIDCセンサーで検知し、自動で微調整を行う「自動画像安定化制御」によって色再現の安定性も向上させている。印刷速度は、標準的なタック紙(粘着紙)で毎分13.5メートルの設定となっている。

 さらにロール紙に印刷するため、最長1,195ミリの長尺連続印刷も可能。これにより横断幕や垂れ幕、パノラマ写真の印刷などに対応している。
AccurioLabel 190
 同じく2階のリコーブースでは、「売上・粗利拡大『ネタ』」をテーマに展示実演を展開していた。

 まず、今年2月に発売したカラープロダクションプリンタの新製品「RICOH Pro C7210S」を実演展示。これは、「同C7110S/C7110/C7100S」の後継機で、さらなる高生産性と高画質を実現し、基本性能が向上。また、前身機で評価を得ているスペシャルカラートナー(ホワイト、クリア、ネオンイエロー、ネオンピンク)にも対応し、プロセスカラー(シアン、マゼンタ、イエロー、ブラック)と組み合わせて様々な用紙に印刷することで、豊かで鮮やかな表現が可能だ。さらに、リコーの新技術「IQCT」を搭載することで、従来は高度なスキルを持ったオペレーターが行っていた色味調整(キャリブレーション)や画像位置調整作業を自動化している。

 なお、ブースでは同機を使って、自動化された工場内をカメラで監視し、異常を検知する「オールラインレコグナイザー」も紹介されていた。
RICOH Pro C7210S
5色目活用を提案
 さらに「RICOH Pro C5200」にロータリーダイカッターをインライン化し、「印刷から断裁の自動化」として紹介していた。

関連記事

新着トピックス

keijipack_2_tn.jpg

ケイジパック、「瞬発力」活かした大判インクジェット事業展開

2019年7月10日ケーススタディ

 総合パッケージング企業の(株)ケイジパック(本社/京都市南区吉祥院内河原町10、八木修二社長)は、アグフアの多機能ワイドフォーマットUVインクジェットプリンタ「アナプルナ H 205...全文を読む

swissQprint、Fespa2019で初のロールtoロール専用機「Karibu」発表

2019年6月14日製品・テクノロジー

 swissQprintは、同社初のロールtoロール専用機「Karibu(カリブ)」を今年5月にドイツ・ミュンヘンで開催されたFespa2019において発表した。同機は多彩な機能を搭載...全文を読む

最新ニュース

dp_komori_label_2019_tn.jpg

KOMORI、シール・ラベル印刷業界向けにIJと微細加工を融合したソリューションを提案

2019年7月29日

 (株)小森コーポレーション(本社/東京都墨田区、持田訓社長)は、7月9・10日の2日間、東京ドームシティ内プリズムホールにおいて開催された「ラベルフォーラムジャパン2019」に出展し...全文を読む

dp_prostream_1000_tn.jpg

キヤノン、高画質と幅広いメディア対応を両立したフルカラーインクジェット輪転プリンター発売

2019年7月26日

 キヤノンマーケティングジャパン(株)(坂田正弘社長)とキヤノンプロダクションプリンティングシステムズ(株)(井崎孝社長)は7月25日、東京・下丸子のCEC東京において新製品発表会を開...全文を読む

dp_oki_tokyo_tn.jpg

OKIデータ、利用シーンに合わせてプリンターを体験できる「東京ショールーム」開設

2019年7月25日

 OKIグループのプリンター事業会社OKIデータ(本社/東京都港区、波多野徹社長)は7月23日、プリンター・複合機によって顧客のビジネス拡大や課題解決につながるヒントを提案するショール...全文を読む

JP2018レポート|自動化・高付加価値化をキーワードに

「オンデマンドの時代〜企業再生に生かす自動化の形」テーマに

2018年4月20日製品・テクノロジー

  • twitter
  • facebook
  • line
  • pocket

 関西印刷業界最大のイベント「JP2018 ICTと印刷展」(主催/JP産業展協会、西井幾雄会長)が4月18・19日の2日間開催された。

 今回のテーマは「オンデマンドの時代〜企業再生に生かす自動化の形」。昨年から会場をインテックス大阪からマイドームおおさか(大阪市中央区本町橋)に移して開催されていることから、ブースでの実演展示はコンパクトなものに制限されていたものの、各出展メーカーからは自動化・高付加価値化をキーワードとしたデジタル印刷ソリューションが提案されていた。今回は、このJP展でのデジタル印刷関連展示をレポートする。

プリンタメーカーはトナー機で付加価値提案

 まず、展示会場1階にブースを構えた富士フイルムグローバルグラフィックシステムズは、「共創の力で、商機をつかもう」をテーマに、ワークフローとPODで実践的ソリューションを披露していた。

 ブース中央に展示されていたのが、カラーオンデマンド・パブリッシングシステム「富士ゼロックス Iridesse Production Press」だ。新開発の1パス6色プリントエンジンの採用により、CMYKトナーのほか、ゴールド、シルバー、クリア、ホワイトの特殊トナーから、最大で2色まで同時に搭載することができる。さらに、CMYKトナー層の上に特殊トナー層を重ねる「上刷り方式」に加え、ゼログラフィー方式の1パス6色プリントエンジンとしては業界で初めてCMYKトナー層の下に特殊トナーを置く「下刷り方式」を可能としている。これにより、オフセット印刷ではシルバーインキと調合してメタリックインキを作る必要のあった「メタリックカラー」を1パスで印刷できる。

 用紙は、52g/平米の薄紙から400g/平米までの幅広い用紙坪量に対応。厚紙400g/平米でも毎分120ページ(A4ヨコ)のプリントを実現している。
富士ゼロックス Iridesse Production Press
 また同社では、「付加価値の高い仕事を増やすためにデジタル印刷を活用する」という視点から、デジタル印刷を最大活用するためのワークフローの重要性を訴えており、様々な入稿に対応し、自動化・見える化を実現するデジタルワークフローを訴求していた。

 その他にも、富士フイルム独自のインクジェット技術「FUJIFILM Inkjet Technology」を搭載したデジタルプレスのラインアップを、パネルによる解説やサンプル展示などで紹介していた。
FUJIFILM Inkjet Technologyのサンプル展示
 続いて、2階のキヤノンブースでは、「キヤノンのデジタルプリンティングで、新たな領域へ!」をテーマに、プロダクションプリンタ「ImagePRESS」「varioPRINT」の実機およびサンプル展示と、生産プロセスのオートメーション化により効率化を実現するワークフローが提案されていた。
キヤノンブース
 同じく2階のコニカミノルタジャパンブースでは、「Smart Solutions for Professionals」をテーマに、カラー最上位機種である「AccurioPress(アキュリオプレス)C6100」を含む3モデルを出品していた。

 「AccurioPress C6100」は、新開発の「インテリジェントクオリティーオプティマイザー」を搭載。濃度管理、色調管理、表裏見当調整の自動化を実現し、今までのようなマニュアル測定や数値入力を不要としている。

 「インテリジェントクオリティーオプティマイザー」は、色調や表裏見当を自動化するだけでなく、印刷中もリアルタイムでそれらを監視し、生産性を落とすことなく補正も行う。この機能により、オペレーターが印刷中に度々チェックしなくても、印刷中の色変動や見当ずれを最小限にし、高品質な印刷物を安定して供給することが可能。また、色や見当のずれを起因とする印刷ロスが抑えられるため、コスト改善や環境負荷低減など、顧客からの信頼度向上に寄与する。
AccurioPress C6100
 一方、「AccurioLabel 190」は、コンパクトでありながらオフセット印刷に迫る高品質出力が可能なオンデマンドラベルプリンタ。プリント解像度1,200dpi×1,200dpi、256階調という高画質で高精度な仕上がりの出力が可能。また、中間調や高濃度域の画像安定化技術によって豊かな階調表現を可能にするとともに、補正用パッチをIDCセンサーで検知し、自動で微調整を行う「自動画像安定化制御」によって色再現の安定性も向上させている。印刷速度は、標準的なタック紙(粘着紙)で毎分13.5メートルの設定となっている。

 さらにロール紙に印刷するため、最長1,195ミリの長尺連続印刷も可能。これにより横断幕や垂れ幕、パノラマ写真の印刷などに対応している。
AccurioLabel 190
 同じく2階のリコーブースでは、「売上・粗利拡大『ネタ』」をテーマに展示実演を展開していた。

 まず、今年2月に発売したカラープロダクションプリンタの新製品「RICOH Pro C7210S」を実演展示。これは、「同C7110S/C7110/C7100S」の後継機で、さらなる高生産性と高画質を実現し、基本性能が向上。また、前身機で評価を得ているスペシャルカラートナー(ホワイト、クリア、ネオンイエロー、ネオンピンク)にも対応し、プロセスカラー(シアン、マゼンタ、イエロー、ブラック)と組み合わせて様々な用紙に印刷することで、豊かで鮮やかな表現が可能だ。さらに、リコーの新技術「IQCT」を搭載することで、従来は高度なスキルを持ったオペレーターが行っていた色味調整(キャリブレーション)や画像位置調整作業を自動化している。

 なお、ブースでは同機を使って、自動化された工場内をカメラで監視し、異常を検知する「オールラインレコグナイザー」も紹介されていた。
RICOH Pro C7210S
5色目活用を提案
 さらに「RICOH Pro C5200」にロータリーダイカッターをインライン化し、「印刷から断裁の自動化」として紹介していた。

関連記事

新着トピックス

新着ニュース

PAGE TOP