キーワードで検索

マーケティングアトリビューション分析の重要性

2018年6月26日マーケティングスペシャリスト

一般社団法人PODi

一般社団法人PODi

1996年に米国で誕生した世界最大のデジタル印刷推進団体。印刷会社800社、ベンダー50社以上が参加し、デジタル印刷を活用した成功事例をはじめ、多くの情報を会員向けに公開している。また、WhatTheyThinkをはじめDMAなどの海外の団体と提携し、その主要なニュースを日本語版で配信している。

http://www.podi.or.jp

 デジタルメディアの革命は、マーケティングの景色を一変させ、アトリビューション分析(メディア別の効果測定)を非常に複雑にした。しかしながらアトリビューション分析は、すべてのデバイスとチャネルにわたって、どのように、いつ、どこでマーケティング活動が顧客を惹きつけたのかを明確に示すために非常に重要な手法である。この文章は、InfoTrendsの最新の研究から、どのようにマーケターがデータを活用して、マーケティングミックス(チャネルの配分)を最適化するかを探求する。

まとめ

・大多数のマーケターが購買への道程を見出そうとしているが、消費者がどのように商品を見つけ、情報を得て、購買し、経験するか、といったことへの理解は限定的である。

・アトリビューション分析の重要性は理解されつつあるが、売上を特定のマーケティング活動に紐付けるのには課題が多い。

・アトリビューション分析が十分に洗練されておらず、チャネル別のデータの活用に課題があるがため、現在のマーケターはしばしば真空地帯に落ち込んでいる。本質的に戦略的なマーケティングのためには、顧客の変遷(カスタマージャーニー)全体をより強く理解することが必要である。

イントロダクション

 19世紀後半、John Wanamaker(近代広告の父)は常にこう言っていたという。「広告に使った金の半分は無駄だった。問題はどちらの半分が無駄だったか分からないことだ!」。今日の最新の技術によって、マーケティングが売上に与える影響を示し、管理していくのははるかに容易になった。マーケティングアトリビューション分析とは、それぞれのマーケティング活動による顧客とのすべての接点(オンラインでもオフラインでも)に対して相当するポイントを付与するべく、先端の分析技術を駆使する科学である。それによって、顧客の行動を誘導することができるアトリビューション分析は、あらゆる規模のマーケターの話題の的である。簡単に言うと、マーケティングアトリビューション分析は、「寄与したところに、ポイントを付与」するべく設計されている。これによってブランドオーナーは、特定のマーケティング活動、メディアチャネルをより正確に評価し、彼らのビジネスへの影響を計ることができる。

 デジタルメディアの革命は、マーケティングの景色を一変させ、アトリビューション分析(メディア別の効果測定)を非常に複雑にした。しかしながらアトリビューション分析は、すべてのデバイスとチャネルにわたって、どのように、いつ、どこでマーケティング活動が顧客を惹きつけたのかを明確に示すために非常に重要な手法である。マーケティング部門は集めたデータからマーケティングのメディアミックスを最適化し、予算配分を的確に改善できる。マーケティング部門は、より少ない予算でより効果を出すことを持続的に要求されており、オンライン、オフライン共に効率よく効果を出すチャネルを理解することで、予算配分を最適化できる。

関連記事

新着トピックス

keijipack_2_tn.jpg

ケイジパック、「瞬発力」活かした大判インクジェット事業展開

2019年7月10日ケーススタディ

 総合パッケージング企業の(株)ケイジパック(本社/京都市南区吉祥院内河原町10、八木修二社長)は、アグフアの多機能ワイドフォーマットUVインクジェットプリンタ「アナプルナ H 205...全文を読む

swissQprint、Fespa2019で初のロールtoロール専用機「Karibu」発表

2019年6月14日製品・テクノロジー

 swissQprintは、同社初のロールtoロール専用機「Karibu(カリブ)」を今年5月にドイツ・ミュンヘンで開催されたFespa2019において発表した。同機は多彩な機能を搭載...全文を読む

最新ニュース

dp_komori_label_2019_tn.jpg

KOMORI、シール・ラベル印刷業界向けにIJと微細加工を融合したソリューションを提案

2019年7月29日

 (株)小森コーポレーション(本社/東京都墨田区、持田訓社長)は、7月9・10日の2日間、東京ドームシティ内プリズムホールにおいて開催された「ラベルフォーラムジャパン2019」に出展し...全文を読む

dp_prostream_1000_tn.jpg

キヤノン、高画質と幅広いメディア対応を両立したフルカラーインクジェット輪転プリンター発売

2019年7月26日

 キヤノンマーケティングジャパン(株)(坂田正弘社長)とキヤノンプロダクションプリンティングシステムズ(株)(井崎孝社長)は7月25日、東京・下丸子のCEC東京において新製品発表会を開...全文を読む

dp_oki_tokyo_tn.jpg

OKIデータ、利用シーンに合わせてプリンターを体験できる「東京ショールーム」開設

2019年7月25日

 OKIグループのプリンター事業会社OKIデータ(本社/東京都港区、波多野徹社長)は7月23日、プリンター・複合機によって顧客のビジネス拡大や課題解決につながるヒントを提案するショール...全文を読む

マーケティングアトリビューション分析の重要性

2018年6月26日マーケティングスペシャリスト

  • twitter
  • facebook
  • line
  • pocket
一般社団法人PODi

一般社団法人PODi

1996年に米国で誕生した世界最大のデジタル印刷推進団体。印刷会社800社、ベンダー50社以上が参加し、デジタル印刷を活用した成功事例をはじめ、多くの情報を会員向けに公開している。また、WhatTheyThinkをはじめDMAなどの海外の団体と提携し、その主要なニュースを日本語版で配信している。

http://www.podi.or.jp

 デジタルメディアの革命は、マーケティングの景色を一変させ、アトリビューション分析(メディア別の効果測定)を非常に複雑にした。しかしながらアトリビューション分析は、すべてのデバイスとチャネルにわたって、どのように、いつ、どこでマーケティング活動が顧客を惹きつけたのかを明確に示すために非常に重要な手法である。この文章は、InfoTrendsの最新の研究から、どのようにマーケターがデータを活用して、マーケティングミックス(チャネルの配分)を最適化するかを探求する。

まとめ

・大多数のマーケターが購買への道程を見出そうとしているが、消費者がどのように商品を見つけ、情報を得て、購買し、経験するか、といったことへの理解は限定的である。

・アトリビューション分析の重要性は理解されつつあるが、売上を特定のマーケティング活動に紐付けるのには課題が多い。

・アトリビューション分析が十分に洗練されておらず、チャネル別のデータの活用に課題があるがため、現在のマーケターはしばしば真空地帯に落ち込んでいる。本質的に戦略的なマーケティングのためには、顧客の変遷(カスタマージャーニー)全体をより強く理解することが必要である。

イントロダクション

 19世紀後半、John Wanamaker(近代広告の父)は常にこう言っていたという。「広告に使った金の半分は無駄だった。問題はどちらの半分が無駄だったか分からないことだ!」。今日の最新の技術によって、マーケティングが売上に与える影響を示し、管理していくのははるかに容易になった。マーケティングアトリビューション分析とは、それぞれのマーケティング活動による顧客とのすべての接点(オンラインでもオフラインでも)に対して相当するポイントを付与するべく、先端の分析技術を駆使する科学である。それによって、顧客の行動を誘導することができるアトリビューション分析は、あらゆる規模のマーケターの話題の的である。簡単に言うと、マーケティングアトリビューション分析は、「寄与したところに、ポイントを付与」するべく設計されている。これによってブランドオーナーは、特定のマーケティング活動、メディアチャネルをより正確に評価し、彼らのビジネスへの影響を計ることができる。

 デジタルメディアの革命は、マーケティングの景色を一変させ、アトリビューション分析(メディア別の効果測定)を非常に複雑にした。しかしながらアトリビューション分析は、すべてのデバイスとチャネルにわたって、どのように、いつ、どこでマーケティング活動が顧客を惹きつけたのかを明確に示すために非常に重要な手法である。マーケティング部門は集めたデータからマーケティングのメディアミックスを最適化し、予算配分を的確に改善できる。マーケティング部門は、より少ない予算でより効果を出すことを持続的に要求されており、オンライン、オフライン共に効率よく効果を出すチャネルを理解することで、予算配分を最適化できる。

関連記事

新着トピックス

新着ニュース

PAGE TOP