キーワードで検索

マーケティングアトリビューション分析の重要性

2018年6月26日マーケティングスペシャリスト

一般社団法人PODi

一般社団法人PODi

1996年に米国で誕生した世界最大のデジタル印刷推進団体。印刷会社800社、ベンダー50社以上が参加し、デジタル印刷を活用した成功事例をはじめ、多くの情報を会員向けに公開している。また、WhatTheyThinkをはじめDMAなどの海外の団体と提携し、その主要なニュースを日本語版で配信している。

http://www.podi.or.jp

 デジタルメディアの革命は、マーケティングの景色を一変させ、アトリビューション分析(メディア別の効果測定)を非常に複雑にした。しかしながらアトリビューション分析は、すべてのデバイスとチャネルにわたって、どのように、いつ、どこでマーケティング活動が顧客を惹きつけたのかを明確に示すために非常に重要な手法である。この文章は、InfoTrendsの最新の研究から、どのようにマーケターがデータを活用して、マーケティングミックス(チャネルの配分)を最適化するかを探求する。

まとめ

・大多数のマーケターが購買への道程を見出そうとしているが、消費者がどのように商品を見つけ、情報を得て、購買し、経験するか、といったことへの理解は限定的である。

・アトリビューション分析の重要性は理解されつつあるが、売上を特定のマーケティング活動に紐付けるのには課題が多い。

・アトリビューション分析が十分に洗練されておらず、チャネル別のデータの活用に課題があるがため、現在のマーケターはしばしば真空地帯に落ち込んでいる。本質的に戦略的なマーケティングのためには、顧客の変遷(カスタマージャーニー)全体をより強く理解することが必要である。

イントロダクション

 19世紀後半、John Wanamaker(近代広告の父)は常にこう言っていたという。「広告に使った金の半分は無駄だった。問題はどちらの半分が無駄だったか分からないことだ!」。今日の最新の技術によって、マーケティングが売上に与える影響を示し、管理していくのははるかに容易になった。マーケティングアトリビューション分析とは、それぞれのマーケティング活動による顧客とのすべての接点(オンラインでもオフラインでも)に対して相当するポイントを付与するべく、先端の分析技術を駆使する科学である。それによって、顧客の行動を誘導することができるアトリビューション分析は、あらゆる規模のマーケターの話題の的である。簡単に言うと、マーケティングアトリビューション分析は、「寄与したところに、ポイントを付与」するべく設計されている。これによってブランドオーナーは、特定のマーケティング活動、メディアチャネルをより正確に評価し、彼らのビジネスへの影響を計ることができる。

 デジタルメディアの革命は、マーケティングの景色を一変させ、アトリビューション分析(メディア別の効果測定)を非常に複雑にした。しかしながらアトリビューション分析は、すべてのデバイスとチャネルにわたって、どのように、いつ、どこでマーケティング活動が顧客を惹きつけたのかを明確に示すために非常に重要な手法である。マーケティング部門は集めたデータからマーケティングのメディアミックスを最適化し、予算配分を的確に改善できる。マーケティング部門は、より少ない予算でより効果を出すことを持続的に要求されており、オンライン、オフライン共に効率よく効果を出すチャネルを理解することで、予算配分を最適化できる。

関連記事

新着トピックス

mediadruckwerk_dp_tn.jpg

メディアドルックヴェルク社(ドイツ)、Jet Press 750Sの品質・スピードの進化評価

2019年5月16日ケーススタディ

 ドイツの総合印刷会社・メディアドルックヴェルク社は、世界の先陣を切って、富士フイルムの最新枚葉型インクジェットデジタルプレス「Jet Press 750S」を導入する。同社は、198...全文を読む

ffid_2_tn.jpg

フィード、商品企画の自由度拡大 〜 ホテルアメニティ分野で新たな価値

2019年4月26日ケーススタディ

【導入背景】小ロットの別注品ニーズにフレキソ印刷で対応  (株)フィード(福岡県遠賀郡遠賀町尾崎馬場久保、舟越丈夫社長)は、ホテルや旅館などの宿泊施設向けアメニティグッズをはじめ、化粧...全文を読む

最新ニュース

dp_r_r_wjrc_tn.jpg

リコーとリコージャパンとJR西日本コミュニケーションズ、AR を用いた電車内広告の実証実験を開始

2019年6月13日

 (株)リコー(山下良則社長)およびリコージャパン(株)(坂主智弘社長)と、(株)JR西日本コミュニケーションズ(山本章義社長)の3社は、JR西日本京阪神エリアの電車内の中づり広告と、...全文を読む

edelmann_landa S10_tn.jpg

ランダ社、Landa S10ナノグラフィ印刷機がエデルマン(ドイツ)で商用運転開始

2019年6月12日

 ランダ社(イスラエル)は、このほどエデルマングループ(ドイツ)がヨーロッパ初のLanda S10ナノグラフィック印刷機によるB1サイズ用紙を用いた毎時6,500枚の商用運転を開始した...全文を読む

dp_komori_jp2019_tn.jpg

KOMORI、JP2019でデジタル印刷機の活用法を提案

2019年6月12日

 (株)小森コーポレーションは、先頃開催された「JP2019・ICTと印刷展」に出展し、デジタル印刷機「インプレミアIS29」やPODの印刷サンプル、ポストプレス製品群のアプリシアシリ...全文を読む

マーケティングアトリビューション分析の重要性

2018年6月26日マーケティングスペシャリスト

  • twitter
  • facebook
  • line
  • pocket
一般社団法人PODi

一般社団法人PODi

1996年に米国で誕生した世界最大のデジタル印刷推進団体。印刷会社800社、ベンダー50社以上が参加し、デジタル印刷を活用した成功事例をはじめ、多くの情報を会員向けに公開している。また、WhatTheyThinkをはじめDMAなどの海外の団体と提携し、その主要なニュースを日本語版で配信している。

http://www.podi.or.jp

 デジタルメディアの革命は、マーケティングの景色を一変させ、アトリビューション分析(メディア別の効果測定)を非常に複雑にした。しかしながらアトリビューション分析は、すべてのデバイスとチャネルにわたって、どのように、いつ、どこでマーケティング活動が顧客を惹きつけたのかを明確に示すために非常に重要な手法である。この文章は、InfoTrendsの最新の研究から、どのようにマーケターがデータを活用して、マーケティングミックス(チャネルの配分)を最適化するかを探求する。

まとめ

・大多数のマーケターが購買への道程を見出そうとしているが、消費者がどのように商品を見つけ、情報を得て、購買し、経験するか、といったことへの理解は限定的である。

・アトリビューション分析の重要性は理解されつつあるが、売上を特定のマーケティング活動に紐付けるのには課題が多い。

・アトリビューション分析が十分に洗練されておらず、チャネル別のデータの活用に課題があるがため、現在のマーケターはしばしば真空地帯に落ち込んでいる。本質的に戦略的なマーケティングのためには、顧客の変遷(カスタマージャーニー)全体をより強く理解することが必要である。

イントロダクション

 19世紀後半、John Wanamaker(近代広告の父)は常にこう言っていたという。「広告に使った金の半分は無駄だった。問題はどちらの半分が無駄だったか分からないことだ!」。今日の最新の技術によって、マーケティングが売上に与える影響を示し、管理していくのははるかに容易になった。マーケティングアトリビューション分析とは、それぞれのマーケティング活動による顧客とのすべての接点(オンラインでもオフラインでも)に対して相当するポイントを付与するべく、先端の分析技術を駆使する科学である。それによって、顧客の行動を誘導することができるアトリビューション分析は、あらゆる規模のマーケターの話題の的である。簡単に言うと、マーケティングアトリビューション分析は、「寄与したところに、ポイントを付与」するべく設計されている。これによってブランドオーナーは、特定のマーケティング活動、メディアチャネルをより正確に評価し、彼らのビジネスへの影響を計ることができる。

 デジタルメディアの革命は、マーケティングの景色を一変させ、アトリビューション分析(メディア別の効果測定)を非常に複雑にした。しかしながらアトリビューション分析は、すべてのデバイスとチャネルにわたって、どのように、いつ、どこでマーケティング活動が顧客を惹きつけたのかを明確に示すために非常に重要な手法である。マーケティング部門は集めたデータからマーケティングのメディアミックスを最適化し、予算配分を的確に改善できる。マーケティング部門は、より少ない予算でより効果を出すことを持続的に要求されており、オンライン、オフライン共に効率よく効果を出すチャネルを理解することで、予算配分を最適化できる。

関連記事

新着トピックス

新着ニュース

PAGE TOP