キーワードで検索

サインアーテック、フルカラーインクジェット出力+金箔/銀箔サービスが注目

2018年8月24日ケーススタディ

店舗販促EXPO2018では「フラッシュプリント」を発表

 インクジェットに独自技術を融合させた取り組みの第2弾として、同社は7月4日〜6日に東京ビッグサイトで開催された「店舗販促EXPO2018」に出展し、待望の新商材「フラッシュプリント」を発表した。

 これは、スマホやデジカメのフラッシュ撮影において、肉眼では見えない絵柄を写すことができる特殊な印刷技術。広告やプロモーションに使用するフォトブースやポスターなどに利用することで、SNSでの拡散が期待できそうだ。

 従来の同様の印刷技術では、出てくる絵柄が単色のみであったのに対して、フラッシュプリントはフルカラーでの表現が可能。また、まったく異なるデザインを重ね合わせ、フラッシュの有無で絵柄をチェンジングさせることも可能。隠蔽性も向上したため、通常時においてネタバレすることもなくなった。

 なお、専用アプリなどは一切不要のため、手軽に楽しむことができる。

 山林専務は「東京オリンピックに向けて、インクジェット出力の需要は増加している。当社は今後もインクジェットに独自技術を融合させ、競争力を強化しながら受注を拡大させていく。印刷会社の方にも、ぜひ当社の技術を活用していただきたい」と呼びかける。インクジェットに独自技術を融合させた次の取り組みにも注目したい。

関連記事

新着トピックス

towaprinting_sf19_2_dp_tn.jpg

東和印刷、PRINERGY+RBA運用基点に8割のジョブを自動化

2019年11月13日ケーススタディ

 東和印刷(株)(本社/大阪府東大阪市高井田中3-9-10、高本禎郎社長)では、JDF/MISとコダックのPDFワークフローシステム「PRINERGY」、さらにそのオプション機能「RB...全文を読む

dp_tsf_2019_koyama_tn.jpg

コニカミノルタジャパン、TSF2019で後加工を活かすデジタル印刷を提案

2019年11月7日製品・テクノロジー

 コニカミノルタジャパン(株)(本社/東京都港区、原口淳社長)は、「THINK SMART FACTORY 2019(TSF2019)」において、最新鋭のデジタル印刷機と受注業務からプ...全文を読む

最新ニュース

アドビ社、2019年度通年収益が過去最高の111億7,000万ドル

2019年12月16日

 アドビ社(本社/米国カリフォルニア州サンノゼ)の2019年度通年の収益が過去最高となった。  同社の2019年度第4四半期の収益は過去最高となる29億9,000万ドル、前年同期比21...全文を読む

dp_arkay_106_tn.jpg

ハイデルベルグ社、アーケイパッケージング社(米国)がプライムファイア106導入へ

2019年12月4日

 ハイデルベルグ社(ドイツ)は、このほど米国のアーケイパッケージング社が、インダストリアルデジタルシステム「プライムファイア106」の導入を決断したことを発表した。これによりハイデルベ...全文を読む

toppan_kimera_19_dp_tn.jpg

凸版印刷とキメラ、デジタルメディアのマネジメントを支援

2019年11月28日

 凸版印刷(株)(麿秀晴社長)と、出版社・新聞社・テレビ局などのパブリッシャー向けにビジネスグロース支援・プロダクト提供を行う(株)キメラ(東京都渋谷区)は、11月に資本業務提携を締結...全文を読む

サインアーテック、フルカラーインクジェット出力+金箔/銀箔サービスが注目

2018年8月24日ケーススタディ

  • twitter
  • facebook
  • line
  • pocket

店舗販促EXPO2018では「フラッシュプリント」を発表

 インクジェットに独自技術を融合させた取り組みの第2弾として、同社は7月4日〜6日に東京ビッグサイトで開催された「店舗販促EXPO2018」に出展し、待望の新商材「フラッシュプリント」を発表した。

 これは、スマホやデジカメのフラッシュ撮影において、肉眼では見えない絵柄を写すことができる特殊な印刷技術。広告やプロモーションに使用するフォトブースやポスターなどに利用することで、SNSでの拡散が期待できそうだ。

 従来の同様の印刷技術では、出てくる絵柄が単色のみであったのに対して、フラッシュプリントはフルカラーでの表現が可能。また、まったく異なるデザインを重ね合わせ、フラッシュの有無で絵柄をチェンジングさせることも可能。隠蔽性も向上したため、通常時においてネタバレすることもなくなった。

 なお、専用アプリなどは一切不要のため、手軽に楽しむことができる。

 山林専務は「東京オリンピックに向けて、インクジェット出力の需要は増加している。当社は今後もインクジェットに独自技術を融合させ、競争力を強化しながら受注を拡大させていく。印刷会社の方にも、ぜひ当社の技術を活用していただきたい」と呼びかける。インクジェットに独自技術を融合させた次の取り組みにも注目したい。

関連記事

新着トピックス

新着ニュース

PAGE TOP