キーワードで検索

サインアーテック、フルカラーインクジェット出力+金箔/銀箔サービスが注目

2018年8月24日ケーススタディ

店舗販促EXPO2018では「フラッシュプリント」を発表

 インクジェットに独自技術を融合させた取り組みの第2弾として、同社は7月4日〜6日に東京ビッグサイトで開催された「店舗販促EXPO2018」に出展し、待望の新商材「フラッシュプリント」を発表した。

 これは、スマホやデジカメのフラッシュ撮影において、肉眼では見えない絵柄を写すことができる特殊な印刷技術。広告やプロモーションに使用するフォトブースやポスターなどに利用することで、SNSでの拡散が期待できそうだ。

 従来の同様の印刷技術では、出てくる絵柄が単色のみであったのに対して、フラッシュプリントはフルカラーでの表現が可能。また、まったく異なるデザインを重ね合わせ、フラッシュの有無で絵柄をチェンジングさせることも可能。隠蔽性も向上したため、通常時においてネタバレすることもなくなった。

 なお、専用アプリなどは一切不要のため、手軽に楽しむことができる。

 山林専務は「東京オリンピックに向けて、インクジェット出力の需要は増加している。当社は今後もインクジェットに独自技術を融合させ、競争力を強化しながら受注を拡大させていく。印刷会社の方にも、ぜひ当社の技術を活用していただきたい」と呼びかける。インクジェットに独自技術を融合させた次の取り組みにも注目したい。

関連記事

新着トピックス

keijipack_2_tn.jpg

ケイジパック、「瞬発力」活かした大判インクジェット事業展開

2019年7月10日ケーススタディ

 総合パッケージング企業の(株)ケイジパック(本社/京都市南区吉祥院内河原町10、八木修二社長)は、アグフアの多機能ワイドフォーマットUVインクジェットプリンタ「アナプルナ H 205...全文を読む

swissQprint、Fespa2019で初のロールtoロール専用機「Karibu」発表

2019年6月14日製品・テクノロジー

 swissQprintは、同社初のロールtoロール専用機「Karibu(カリブ)」を今年5月にドイツ・ミュンヘンで開催されたFespa2019において発表した。同機は多彩な機能を搭載...全文を読む

最新ニュース

dp_komori_label_2019_tn.jpg

KOMORI、シール・ラベル印刷業界向けにIJと微細加工を融合したソリューションを提案

2019年7月29日

 (株)小森コーポレーション(本社/東京都墨田区、持田訓社長)は、7月9・10日の2日間、東京ドームシティ内プリズムホールにおいて開催された「ラベルフォーラムジャパン2019」に出展し...全文を読む

dp_prostream_1000_tn.jpg

キヤノン、高画質と幅広いメディア対応を両立したフルカラーインクジェット輪転プリンター発売

2019年7月26日

 キヤノンマーケティングジャパン(株)(坂田正弘社長)とキヤノンプロダクションプリンティングシステムズ(株)(井崎孝社長)は7月25日、東京・下丸子のCEC東京において新製品発表会を開...全文を読む

dp_oki_tokyo_tn.jpg

OKIデータ、利用シーンに合わせてプリンターを体験できる「東京ショールーム」開設

2019年7月25日

 OKIグループのプリンター事業会社OKIデータ(本社/東京都港区、波多野徹社長)は7月23日、プリンター・複合機によって顧客のビジネス拡大や課題解決につながるヒントを提案するショール...全文を読む

サインアーテック、フルカラーインクジェット出力+金箔/銀箔サービスが注目

2018年8月24日ケーススタディ

  • twitter
  • facebook
  • line
  • pocket

店舗販促EXPO2018では「フラッシュプリント」を発表

 インクジェットに独自技術を融合させた取り組みの第2弾として、同社は7月4日〜6日に東京ビッグサイトで開催された「店舗販促EXPO2018」に出展し、待望の新商材「フラッシュプリント」を発表した。

 これは、スマホやデジカメのフラッシュ撮影において、肉眼では見えない絵柄を写すことができる特殊な印刷技術。広告やプロモーションに使用するフォトブースやポスターなどに利用することで、SNSでの拡散が期待できそうだ。

 従来の同様の印刷技術では、出てくる絵柄が単色のみであったのに対して、フラッシュプリントはフルカラーでの表現が可能。また、まったく異なるデザインを重ね合わせ、フラッシュの有無で絵柄をチェンジングさせることも可能。隠蔽性も向上したため、通常時においてネタバレすることもなくなった。

 なお、専用アプリなどは一切不要のため、手軽に楽しむことができる。

 山林専務は「東京オリンピックに向けて、インクジェット出力の需要は増加している。当社は今後もインクジェットに独自技術を融合させ、競争力を強化しながら受注を拡大させていく。印刷会社の方にも、ぜひ当社の技術を活用していただきたい」と呼びかける。インクジェットに独自技術を融合させた次の取り組みにも注目したい。

関連記事

新着トピックス

新着ニュース

PAGE TOP