キーワードで検索

DMにQRコードはもはや必須!若い女性層がけん引

トッパンフォームズLABOLIS調べ〜時系列変化で見るDMのトレンド調査の結果より

2018年9月26日マーケティング

 トッパン・フォームズ(株)は、ダイレクトメール(DM)の平均受け取り通数や開封閲読状況、開封したくなるワード、形状、開封後の行動など、生活者の意識とDMを取り巻く実態や時系列変化からDMのトレンドを定点的に把握することを目的にアンケート調査を実施した。

 トッパンフォームズLABOLIS調べによると、生活者がDMからWebページへアクセスする方法として「QRコード」の利用が急速に増加している。また「QRコード」が最も利用しやすいとした回答は全体の4割を超え、とくに女性20〜30代ではその傾向が顕著であり、「QRコード」派が6割を超える。近年のスマートフォンの普及と相まって、スマートフォンからの利用が想定される「QRコード」からのアクセスが主流になってきていると言える。


 また、ターゲットの年齢や性別、商品・サービスの購入履歴などに基づいて個々人に最適化されたパーソナライズ(バリアブル)DMは、「自分にメリットのある情報をもらえるなら構わない、好ましい」と思う人は全体で43.2%おり、とくに男性40代では56.3%と最も許容度が高いことが分かった。女性20〜30代でも過半数が好意的に捉えている。


 トッパンフォームズのマーケティング支援ソリューション「LABOLIS」は、今回の調査で明らかになった点を踏まえ、引き続き適切な情報伝達のあり方にフォーカスしたコミュニケーション手法を研究し、継続的に情報提供していく考え。

関連記事

新着トピックス

dp_spc_dc7171p_tn.jpg

エスピーシー、高品位な仕上がりを評価〜特殊色専用機の第1号機が稼働開始

2019年4月16日ケーススタディ

 冠婚葬祭関連の印刷物を手がけるエスピーシー(株)(本社/東京都世田谷区、中田伊代子社長)は今年2月、新たな生産設備として富士ゼロックスの特殊色専用プロダクションプリンター「DocuC...全文を読む

共進ペイパー&パッケージ、今夏にB1デジタル印刷機導入

2019年4月15日企業・経営

「デジタル印刷展開のラストピース」〜通販サービスで売上20億円に向けて加速  (株)共進ペイパー&パッケージ(本社/神戸市中央区、鍛治川清司社長)が数年前から掲げてきたこの目標が現実的...全文を読む

最新ニュース

dp_ricoh_hp_tn.jpg

リコー、どこでも印字できるハンディサイズのプリンター「RICOH Handy Printer」発売

2019年4月5日

 (株)リコー(山下良則社長)は、紙の上をスライドさせテキストや、画像、QRコード、バーコードなどを、どこでも印字できるハンディサイズのモノクロインクジェットプリンター「RICOH H...全文を読む

dp_foil_glazer_tn.jpg

ウチダテクノ、フォイル(箔)とラミネート加工を1台で実現する「Foil Glazer」発売

2019年4月5日

 (株)ウチダテクノ(本社/東京都中央区、五木田行男社長)は、フォイル&ラミネーター「Foil Glazer」を4月5日より発売を開始した。    フォイル&ラミネーター「Foil G...全文を読む

dp_reddot_tn.jpg

エプソン、SureColorシリーズが「ベスト・オブ・ザ・ベスト賞」を初受賞

2019年3月26日

 セイコーエプソン(株)(碓井稔社長)のラージフォーマットプリンターSureColorシリーズが、世界的に著名なデザイン賞「Red Dot Award:Product Design 2...全文を読む

DMにQRコードはもはや必須!若い女性層がけん引

トッパンフォームズLABOLIS調べ〜時系列変化で見るDMのトレンド調査の結果より

2018年9月26日マーケティング

  • twitter
  • facebook
  • line
  • pocket

 トッパン・フォームズ(株)は、ダイレクトメール(DM)の平均受け取り通数や開封閲読状況、開封したくなるワード、形状、開封後の行動など、生活者の意識とDMを取り巻く実態や時系列変化からDMのトレンドを定点的に把握することを目的にアンケート調査を実施した。

 トッパンフォームズLABOLIS調べによると、生活者がDMからWebページへアクセスする方法として「QRコード」の利用が急速に増加している。また「QRコード」が最も利用しやすいとした回答は全体の4割を超え、とくに女性20〜30代ではその傾向が顕著であり、「QRコード」派が6割を超える。近年のスマートフォンの普及と相まって、スマートフォンからの利用が想定される「QRコード」からのアクセスが主流になってきていると言える。


 また、ターゲットの年齢や性別、商品・サービスの購入履歴などに基づいて個々人に最適化されたパーソナライズ(バリアブル)DMは、「自分にメリットのある情報をもらえるなら構わない、好ましい」と思う人は全体で43.2%おり、とくに男性40代では56.3%と最も許容度が高いことが分かった。女性20〜30代でも過半数が好意的に捉えている。


 トッパンフォームズのマーケティング支援ソリューション「LABOLIS」は、今回の調査で明らかになった点を踏まえ、引き続き適切な情報伝達のあり方にフォーカスしたコミュニケーション手法を研究し、継続的に情報提供していく考え。

関連記事

新着トピックス

新着ニュース

PAGE TOP