キーワードで検索

DMにQRコードはもはや必須!若い女性層がけん引

トッパンフォームズLABOLIS調べ〜時系列変化で見るDMのトレンド調査の結果より

2018年9月26日マーケティング

 トッパン・フォームズ(株)は、ダイレクトメール(DM)の平均受け取り通数や開封閲読状況、開封したくなるワード、形状、開封後の行動など、生活者の意識とDMを取り巻く実態や時系列変化からDMのトレンドを定点的に把握することを目的にアンケート調査を実施した。

 トッパンフォームズLABOLIS調べによると、生活者がDMからWebページへアクセスする方法として「QRコード」の利用が急速に増加している。また「QRコード」が最も利用しやすいとした回答は全体の4割を超え、とくに女性20〜30代ではその傾向が顕著であり、「QRコード」派が6割を超える。近年のスマートフォンの普及と相まって、スマートフォンからの利用が想定される「QRコード」からのアクセスが主流になってきていると言える。


 また、ターゲットの年齢や性別、商品・サービスの購入履歴などに基づいて個々人に最適化されたパーソナライズ(バリアブル)DMは、「自分にメリットのある情報をもらえるなら構わない、好ましい」と思う人は全体で43.2%おり、とくに男性40代では56.3%と最も許容度が高いことが分かった。女性20〜30代でも過半数が好意的に捉えている。


 トッパンフォームズのマーケティング支援ソリューション「LABOLIS」は、今回の調査で明らかになった点を踏まえ、引き続き適切な情報伝達のあり方にフォーカスしたコミュニケーション手法を研究し、継続的に情報提供していく考え。

関連記事

新着トピックス

IMG_7435_tn.jpg

トヨテック、東京都江東区に「東京ショールーム」開設

2018年11月29日企業・経営

 (株)トヨテック(本社/千葉県野田市、豊田保社長)は今年8月、顧客企業への対面説明強化などを目的に、東京都江東区に「東京ショールーム」を開設した。ここには印刷会社がフォトブックビジ...全文を読む

wtt20171122_tn.jpg

グラフィックデザインの開拓者一般社団法人PODi

2018年11月28日スペシャリスト

 以前、「Pioneers of German Graphic Design(グラフィックデザインの開拓者)」という新刊本の書評をする機会があった。現代グラフィックデザインが100年以...全文を読む

最新ニュース

106_usa_tn.jpg

ハイデルベルグ社、Primefire 106が米国のパッケージ印刷会社で生産開始

2018年11月26日

 ハイデルベルグ社(ドイツ)が、drupa2016において発表したB1インクジェットデジタル印刷機「Primefire(プライムファイア)106」が、米国のパッケージ印刷会社であるウォ...全文を読む

dp_ocecolorwave3700_mfp_tn.jpg

キヤノンMJとキヤノンPPS、広幅デジタルカラー複合機の新機種発売

2018年11月16日

 キヤノンマーケティングジャパン(株)(キヤノンMJ)とキヤノンプロダクションプリンティングシステムズ(株)(キヤノンPPS)は、建築・製造・印刷関連企業や官公庁、グラフィック市場向け...全文を読む

dp_award_2_tn.jpg

ハイデルベルグ・ジャパン、ルミエール・ジャパン・アワード2018で「特別賞」受賞

2018年11月14日

 ハイデルベルグ・ジャパン(株)(本社/東京都品川区、水野秀也社長)が今年7月に開催された「IGAS2018」において、最新のデジタルテクノロジーの世界をVR(バーチャルリアリティ)で...全文を読む

DMにQRコードはもはや必須!若い女性層がけん引

トッパンフォームズLABOLIS調べ〜時系列変化で見るDMのトレンド調査の結果より

2018年9月26日マーケティング

  • g+1
  • twitter
  • facebook
  • line
  • pocket

 トッパン・フォームズ(株)は、ダイレクトメール(DM)の平均受け取り通数や開封閲読状況、開封したくなるワード、形状、開封後の行動など、生活者の意識とDMを取り巻く実態や時系列変化からDMのトレンドを定点的に把握することを目的にアンケート調査を実施した。

 トッパンフォームズLABOLIS調べによると、生活者がDMからWebページへアクセスする方法として「QRコード」の利用が急速に増加している。また「QRコード」が最も利用しやすいとした回答は全体の4割を超え、とくに女性20〜30代ではその傾向が顕著であり、「QRコード」派が6割を超える。近年のスマートフォンの普及と相まって、スマートフォンからの利用が想定される「QRコード」からのアクセスが主流になってきていると言える。


 また、ターゲットの年齢や性別、商品・サービスの購入履歴などに基づいて個々人に最適化されたパーソナライズ(バリアブル)DMは、「自分にメリットのある情報をもらえるなら構わない、好ましい」と思う人は全体で43.2%おり、とくに男性40代では56.3%と最も許容度が高いことが分かった。女性20〜30代でも過半数が好意的に捉えている。


 トッパンフォームズのマーケティング支援ソリューション「LABOLIS」は、今回の調査で明らかになった点を踏まえ、引き続き適切な情報伝達のあり方にフォーカスしたコミュニケーション手法を研究し、継続的に情報提供していく考え。

関連記事

新着トピックス

新着ニュース

PAGE TOP