キーワードで検索

DMにQRコードはもはや必須!若い女性層がけん引

トッパンフォームズLABOLIS調べ〜時系列変化で見るDMのトレンド調査の結果より

2018年9月26日マーケティング

 トッパン・フォームズ(株)は、ダイレクトメール(DM)の平均受け取り通数や開封閲読状況、開封したくなるワード、形状、開封後の行動など、生活者の意識とDMを取り巻く実態や時系列変化からDMのトレンドを定点的に把握することを目的にアンケート調査を実施した。

 トッパンフォームズLABOLIS調べによると、生活者がDMからWebページへアクセスする方法として「QRコード」の利用が急速に増加している。また「QRコード」が最も利用しやすいとした回答は全体の4割を超え、とくに女性20〜30代ではその傾向が顕著であり、「QRコード」派が6割を超える。近年のスマートフォンの普及と相まって、スマートフォンからの利用が想定される「QRコード」からのアクセスが主流になってきていると言える。


 また、ターゲットの年齢や性別、商品・サービスの購入履歴などに基づいて個々人に最適化されたパーソナライズ(バリアブル)DMは、「自分にメリットのある情報をもらえるなら構わない、好ましい」と思う人は全体で43.2%おり、とくに男性40代では56.3%と最も許容度が高いことが分かった。女性20〜30代でも過半数が好意的に捉えている。


 トッパンフォームズのマーケティング支援ソリューション「LABOLIS」は、今回の調査で明らかになった点を踏まえ、引き続き適切な情報伝達のあり方にフォーカスしたコミュニケーション手法を研究し、継続的に情報提供していく考え。

関連記事

新着トピックス

ホタルコーポレーション、フルカラー3DIJプリントサービスで新市場創出

2020年4月7日ケーススタディ

 (株)ホタルコーポレーション(大阪市住之江、福永進社長)は、フルカラー3DIJプリンタによる新市場創出を目指した飽くなき挑戦を続けている。同社はこれまでも様々なイベントなどに出展・協...全文を読む

コムネット、軟包装用レーザー加工機「PACK MASTER」

2020年4月6日製品・テクノロジー

 レーザー加工機のコムネット(株)(本社/神戸市中央区)は、イタリアSEI社製の軟包装用レーザー加工機「PACK MASTER(パックマスター)」の日本市場への普及を目指している。今夏...全文を読む

最新ニュース

ホタルコーポレーション、3Dクリエイターのプリント作品を販売

2020年4月6日

 (株)ホタルコーポレーション(本社/大阪市住之江、福永進社長)は、フルカラー3DIJプリント受注の専門サイト「hotaru3d.com」において、クリエイターのフルカラー3Dプリント...全文を読む

jetpress750s_release_tn.jpg

RMGT、B2サイズ枚葉デジタルプレス「Jet Press 750S」の国内販売開始

2020年4月2日

 リョービMHIグラフィックテクノロジー(株)(広川勝士社長、以下「RMGT」)は、富士フイルムデジタルプレス(株)が取り扱うB2サイズ枚葉型インクジェットデジタルプレス「Jet Pr...全文を読む

dp_hp_3d_korona_tn.jpg

HP社、3Dプリンティングソリューションを活用した新型コロナ感染症対策への支援を実施

2020年4月2日

 HP社と同社がグローバルで展開しているデジタルマニュファクチャリングコミュニティは、3Dプリンティングのチーム、テクノロジー、経験、生産能力を結集して、世界的に流行している新型コロナ...全文を読む

DMにQRコードはもはや必須!若い女性層がけん引

トッパンフォームズLABOLIS調べ〜時系列変化で見るDMのトレンド調査の結果より

2018年9月26日マーケティング

  • twitter
  • facebook
  • line
  • pocket

 トッパン・フォームズ(株)は、ダイレクトメール(DM)の平均受け取り通数や開封閲読状況、開封したくなるワード、形状、開封後の行動など、生活者の意識とDMを取り巻く実態や時系列変化からDMのトレンドを定点的に把握することを目的にアンケート調査を実施した。

 トッパンフォームズLABOLIS調べによると、生活者がDMからWebページへアクセスする方法として「QRコード」の利用が急速に増加している。また「QRコード」が最も利用しやすいとした回答は全体の4割を超え、とくに女性20〜30代ではその傾向が顕著であり、「QRコード」派が6割を超える。近年のスマートフォンの普及と相まって、スマートフォンからの利用が想定される「QRコード」からのアクセスが主流になってきていると言える。


 また、ターゲットの年齢や性別、商品・サービスの購入履歴などに基づいて個々人に最適化されたパーソナライズ(バリアブル)DMは、「自分にメリットのある情報をもらえるなら構わない、好ましい」と思う人は全体で43.2%おり、とくに男性40代では56.3%と最も許容度が高いことが分かった。女性20〜30代でも過半数が好意的に捉えている。


 トッパンフォームズのマーケティング支援ソリューション「LABOLIS」は、今回の調査で明らかになった点を踏まえ、引き続き適切な情報伝達のあり方にフォーカスしたコミュニケーション手法を研究し、継続的に情報提供していく考え。

関連記事

新着トピックス

新着ニュース

PAGE TOP