キーワードで検索

トヨテック、東京都江東区に「東京ショールーム」開設

2018年11月29日企業・経営

機器開発メーカー出身の強みで差別化

 同社では現在、海外製品を中心に数十種類の印刷前・後加工機のソリューションを取り扱っている。しかし同社では、海外製品をそのまま販売することはあまりないという。機器開発メーカーとして培ってきたノウハウを生かし、工夫を凝らしてカスタマイズすることで「市場にない新しい製品」を生み出すことで独自性を打ち出している。

 「パーツを後付けで作ることなどは日常茶飯事である。知識やノウハウを生かし、メーカーに提案することもある。これができるともっと良い機械になるね、ということをカタチにできる技術力が強み。同等機種のない製品を生み出すことで差別化を図っている」(豊田営業部長)

 東京ショールームに展示されている自動給紙付A2カッティングプロッター「DG4060」もその1つだ。POD業界でよく使われるA3伸びサイズで自動給紙付きのカッティングプロッターがないことに着目したという。豊田営業部長は「コンパクトで効率良く全抜き、半抜きができる。小さめのパッケージや少部数シールなどに活用できる」と説明する。

自動給紙付きA2カッティングプロッター「DG4060」

 また、色だけでなく凹凸情報/グロス情報もスキャニングできる3Dテクスチャースキャナ「SURF 3D」は、大型スキャナを開発するイタリアのメーカーに日本向けとして小型化の要望を投げ掛け、3年越しに商品化されてIGAS2018で発表された製品だ。

 豊田営業部長は「普通のスキャナはライティングを最初に決めてからスキャンするため、でき上がりが良くないとスキャンをやり直す必要がある。しかし、SURF 3Dは最初にスキャンしたときに全てのライティング情報を取得できるため、1回スキャンしたあとにモニターを確認し、どのライティングにするかを選択できる。このため、生産現場からは取り直さなくていいため非常に早く、時間短縮につながっていると評価されている」と同スキャナが持つ独自性について説明する。

3Dテクスチャースキャナ「SURF 3D」

 同社は画像イメージに35年もの間たずさわってきたため、この分野にはとくに自信を持っているようだ。豊田営業部長は「画像イメージそのものの処理技術はもちろん、そのイメージをその先でどのように生かしていくかなどの視点で新しい商材を手掛けている」と説明する。

 同スキャナのシリーズはすでに国内で12台、世界で100台以上が納入されている。この実績から見ても、同スキャナの実力を伺い知ることができるだろう。

 なお、同社では導入後のアフターサービスについても、自社メンテナンス部隊により迅速な対応を行っている。さらに昨今では、商材によっては各販社でメンテナンスまで行えるものも出てきているため、地方でもより迅速な対応が可能になっているようだ。

来年早々にファストバインドの内覧会を開催

 同社は来年早々に、東京ショールームを開設して初の内覧会の開催を計画している(日時は未定)。同内覧会では、ファストバインドを中心に紹介し、手製本で簡単にアルバムが作れる工程を実演するほか、皮の表紙を付けることで手製本でも高級感あるアルバムが作れるというワークショップも開催する予定だ。

 今後の展開について豊田営業部長は「今後は1人でも多くの方にショールームに来ていただきたい。既存商品だけでなく新規商材も見ていただき、お客様のご意見をカタチにしていきたい。2019年も10ほどの展示会に出展予定のため、展示会とショールームの両輪で事業展開していく方針である。販売についてもプリンターメーカーとタイアップしながら導入を進めていきたい」と説明する。東京ショールームの開設は、同社にとって新たな出発となる大きな転機となりそうだ。

【東京ショールーム】
▽所在地=東京都江東区南砂2-3-1(南砂商店街内)
▽連絡先=電話04-7121-0755(本社)

関連記事

新着トピックス

gpcenter_dp_tn.jpg

ジーピーセンター、ものづくり本来の喜びを[アナプルナ導入事例]

2020年4月1日ケーススタディ

 「表現をもっと自由に」─「桶狭間の戦い」の舞台となった愛知県豊明市に本社を置く総合印刷会社(株)ジーピーセンター(本社/愛知県豊明市栄町三ツ池下33-3、青木昭憲社長)は一昨年11月...全文を読む

大洞印刷、プラットフォーマーとしての力を強化 - 「PaaS(パース)」提唱

2020年3月31日ケーススタディ

 「我々は印刷もできるIT企業。印刷を使ったサービスを提供している。印刷物はその結果に過ぎない」。このように語るのは、大洞印刷(株)(本社/岐阜県本巣市)の大洞広和専務だ。印刷業界のプ...全文を読む

最新ニュース

jetpress750s_release_tn.jpg

RMGT、B2サイズ枚葉デジタルプレス「Jet Press 750S」の国内販売開始

2020年4月2日

 リョービMHIグラフィックテクノロジー(株)(広川勝士社長、以下「RMGT」)は、富士フイルムデジタルプレス(株)が取り扱うB2サイズ枚葉型インクジェットデジタルプレス「Jet Pr...全文を読む

dp_hp_3d_korona_tn.jpg

HP社、3Dプリンティングソリューションを活用した新型コロナ感染症対策への支援を実施

2020年4月2日

 HP社と同社がグローバルで展開しているデジタルマニュファクチャリングコミュニティは、3Dプリンティングのチーム、テクノロジー、経験、生産能力を結集して、世界的に流行している新型コロナ...全文を読む

gallus_labelfire340_dp_tn.jpg

DKSH、デジタルラベル加工機「Labelfire340」が日本に初上陸

2020年4月1日

 DKSHジャパン(株)(本社/東京都港区、マイケル・ロフラード社長)はこのほど、同社が日本市場における独占販売代理店をつとめるスイス・ガルス社製モジュール式デジタルラベル加工ソリュー...全文を読む

トヨテック、東京都江東区に「東京ショールーム」開設

2018年11月29日企業・経営

  • twitter
  • facebook
  • line
  • pocket

機器開発メーカー出身の強みで差別化

 同社では現在、海外製品を中心に数十種類の印刷前・後加工機のソリューションを取り扱っている。しかし同社では、海外製品をそのまま販売することはあまりないという。機器開発メーカーとして培ってきたノウハウを生かし、工夫を凝らしてカスタマイズすることで「市場にない新しい製品」を生み出すことで独自性を打ち出している。

 「パーツを後付けで作ることなどは日常茶飯事である。知識やノウハウを生かし、メーカーに提案することもある。これができるともっと良い機械になるね、ということをカタチにできる技術力が強み。同等機種のない製品を生み出すことで差別化を図っている」(豊田営業部長)

 東京ショールームに展示されている自動給紙付A2カッティングプロッター「DG4060」もその1つだ。POD業界でよく使われるA3伸びサイズで自動給紙付きのカッティングプロッターがないことに着目したという。豊田営業部長は「コンパクトで効率良く全抜き、半抜きができる。小さめのパッケージや少部数シールなどに活用できる」と説明する。

自動給紙付きA2カッティングプロッター「DG4060」

 また、色だけでなく凹凸情報/グロス情報もスキャニングできる3Dテクスチャースキャナ「SURF 3D」は、大型スキャナを開発するイタリアのメーカーに日本向けとして小型化の要望を投げ掛け、3年越しに商品化されてIGAS2018で発表された製品だ。

 豊田営業部長は「普通のスキャナはライティングを最初に決めてからスキャンするため、でき上がりが良くないとスキャンをやり直す必要がある。しかし、SURF 3Dは最初にスキャンしたときに全てのライティング情報を取得できるため、1回スキャンしたあとにモニターを確認し、どのライティングにするかを選択できる。このため、生産現場からは取り直さなくていいため非常に早く、時間短縮につながっていると評価されている」と同スキャナが持つ独自性について説明する。

3Dテクスチャースキャナ「SURF 3D」

 同社は画像イメージに35年もの間たずさわってきたため、この分野にはとくに自信を持っているようだ。豊田営業部長は「画像イメージそのものの処理技術はもちろん、そのイメージをその先でどのように生かしていくかなどの視点で新しい商材を手掛けている」と説明する。

 同スキャナのシリーズはすでに国内で12台、世界で100台以上が納入されている。この実績から見ても、同スキャナの実力を伺い知ることができるだろう。

 なお、同社では導入後のアフターサービスについても、自社メンテナンス部隊により迅速な対応を行っている。さらに昨今では、商材によっては各販社でメンテナンスまで行えるものも出てきているため、地方でもより迅速な対応が可能になっているようだ。

来年早々にファストバインドの内覧会を開催

 同社は来年早々に、東京ショールームを開設して初の内覧会の開催を計画している(日時は未定)。同内覧会では、ファストバインドを中心に紹介し、手製本で簡単にアルバムが作れる工程を実演するほか、皮の表紙を付けることで手製本でも高級感あるアルバムが作れるというワークショップも開催する予定だ。

 今後の展開について豊田営業部長は「今後は1人でも多くの方にショールームに来ていただきたい。既存商品だけでなく新規商材も見ていただき、お客様のご意見をカタチにしていきたい。2019年も10ほどの展示会に出展予定のため、展示会とショールームの両輪で事業展開していく方針である。販売についてもプリンターメーカーとタイアップしながら導入を進めていきたい」と説明する。東京ショールームの開設は、同社にとって新たな出発となる大きな転機となりそうだ。

【東京ショールーム】
▽所在地=東京都江東区南砂2-3-1(南砂商店街内)
▽連絡先=電話04-7121-0755(本社)

関連記事

新着トピックス

新着ニュース

PAGE TOP