キーワードで検索

キーポイントインテリジェンス、中国デジタル印刷機市場規模と予測を発表

2018年12月4日マーケティング

 (株)キーポイントインテリジェンス(東京都渋谷区)は、「2018年中国デジタル印刷機(POD&CDLP)市場動向と予測」を発表した。同スタディでは、同社が定義する市場セグメントに基づき、中国プロダクション印刷市場の最新動向、デジタル印刷テクノロジーによる市場機会について検証している。

 なお、PODにはチラシ、カタログ、ダイレクトメールなど商業印刷物向けのデジタル印刷機が、CDLP(Color Digital Label&Packaging)にはカラーのラベルおよびパッケージ(軟包装、紙器、段ボール)向けのデジタル印刷機が含まれている。

チラシ、カタログ、ダイレクトメールなど商業印刷物向けのデジタル印刷機(POD)

・2017年の中国におけるPOD販売台数はワールドワイドの7%
・年間総印刷ボリュームは年率6.2%で成長が見込まれる
・環境規制の強化や人件費の上昇などが市場成長を促す

 同調査の結果によると、2017年の中国におけるPOD販売台数はワールドワイドの7%にあたる約1万4,000台。また、年間総印刷ボリュームでは2017年から2022年にかけて、年間平均成長率(CAGR)6.2%の割合で成長することが見込まれる。

 中国では2016年に改訂版大気汚染防止法が施行されたことから、オフセット印刷機を所有するコマーシャルプリンターなどは郊外への移転を迫られるなどの制限が起きている。このような環境規制の厳格化は、オフセット印刷機からデジタル印刷機への印刷ジョブのシフトを促している。また、人件費の上昇や高画質なデジタル機の登場が印刷会社のデジタル印刷機への関心を高めている。

関連記事

新着トピックス

wada_tn.jpg

ホタルコーポレーション、IJ方式3Dプリントで新市場創出

2018年12月3日ケーススタディ

 (株)ホタルコーポレーション(本社/大阪市住之江区、鳥山良一社長)は、(株)ミマキエンジニアリングのインクジェット(IJ)方式による「3Dプリント」を印刷業界が新たに取り組んでいける...全文を読む

dp_ij_mjp30axf_tn.jpg

ミヤコシ、新市場創出を支援 〜 最新インクジェット技術を成長分野で活用

2018年11月29日製品・テクノロジー

 (株)ミヤコシ(宮腰亨社長)は、先頃開催された「IGAS2018」において、フルカラー水性インクジェットプリンター「MJP20AXW」と軟包装向けフルカラー水性インクジェットプリンタ...全文を読む

最新ニュース

ホタルコーポレーション、フルカラー3Dプリントの美術展に協賛 500名以上が来場

2018年12月3日

 (株)ホタルコーポレーション(本社/大阪市住之江区、鳥山良一社長)は、11月23日から25日に大阪・日本橋ボークスビルにおいて開催されたフルカラー3Dプリントの美術展「ウルトラモデラ...全文を読む

106_usa_tn.jpg

ハイデルベルグ社、Primefire 106が米国のパッケージ印刷会社で生産開始

2018年11月26日

 ハイデルベルグ社(ドイツ)が、drupa2016において発表したB1インクジェットデジタル印刷機「Primefire(プライムファイア)106」が、米国のパッケージ印刷会社であるウォ...全文を読む

dp_ocecolorwave3700_mfp_tn.jpg

キヤノンMJとキヤノンPPS、広幅デジタルカラー複合機の新機種発売

2018年11月16日

 キヤノンマーケティングジャパン(株)(キヤノンMJ)とキヤノンプロダクションプリンティングシステムズ(株)(キヤノンPPS)は、建築・製造・印刷関連企業や官公庁、グラフィック市場向け...全文を読む

キーポイントインテリジェンス、中国デジタル印刷機市場規模と予測を発表

2018年12月4日マーケティング

  • g+1
  • twitter
  • facebook
  • line
  • pocket

 (株)キーポイントインテリジェンス(東京都渋谷区)は、「2018年中国デジタル印刷機(POD&CDLP)市場動向と予測」を発表した。同スタディでは、同社が定義する市場セグメントに基づき、中国プロダクション印刷市場の最新動向、デジタル印刷テクノロジーによる市場機会について検証している。

 なお、PODにはチラシ、カタログ、ダイレクトメールなど商業印刷物向けのデジタル印刷機が、CDLP(Color Digital Label&Packaging)にはカラーのラベルおよびパッケージ(軟包装、紙器、段ボール)向けのデジタル印刷機が含まれている。

チラシ、カタログ、ダイレクトメールなど商業印刷物向けのデジタル印刷機(POD)

・2017年の中国におけるPOD販売台数はワールドワイドの7%
・年間総印刷ボリュームは年率6.2%で成長が見込まれる
・環境規制の強化や人件費の上昇などが市場成長を促す

 同調査の結果によると、2017年の中国におけるPOD販売台数はワールドワイドの7%にあたる約1万4,000台。また、年間総印刷ボリュームでは2017年から2022年にかけて、年間平均成長率(CAGR)6.2%の割合で成長することが見込まれる。

 中国では2016年に改訂版大気汚染防止法が施行されたことから、オフセット印刷機を所有するコマーシャルプリンターなどは郊外への移転を迫られるなどの制限が起きている。このような環境規制の厳格化は、オフセット印刷機からデジタル印刷機への印刷ジョブのシフトを促している。また、人件費の上昇や高画質なデジタル機の登場が印刷会社のデジタル印刷機への関心を高めている。

関連記事

新着トピックス

新着ニュース

PAGE TOP