キーワードで検索

キーポイントインテリジェンス、中国デジタル印刷機市場規模と予測を発表

2018年12月4日マーケティング

 (株)キーポイントインテリジェンス(東京都渋谷区)は、「2018年中国デジタル印刷機(POD&CDLP)市場動向と予測」を発表した。同スタディでは、同社が定義する市場セグメントに基づき、中国プロダクション印刷市場の最新動向、デジタル印刷テクノロジーによる市場機会について検証している。

 なお、PODにはチラシ、カタログ、ダイレクトメールなど商業印刷物向けのデジタル印刷機が、CDLP(Color Digital Label&Packaging)にはカラーのラベルおよびパッケージ(軟包装、紙器、段ボール)向けのデジタル印刷機が含まれている。

チラシ、カタログ、ダイレクトメールなど商業印刷物向けのデジタル印刷機(POD)

・2017年の中国におけるPOD販売台数はワールドワイドの7%
・年間総印刷ボリュームは年率6.2%で成長が見込まれる
・環境規制の強化や人件費の上昇などが市場成長を促す

 同調査の結果によると、2017年の中国におけるPOD販売台数はワールドワイドの7%にあたる約1万4,000台。また、年間総印刷ボリュームでは2017年から2022年にかけて、年間平均成長率(CAGR)6.2%の割合で成長することが見込まれる。

 中国では2016年に改訂版大気汚染防止法が施行されたことから、オフセット印刷機を所有するコマーシャルプリンターなどは郊外への移転を迫られるなどの制限が起きている。このような環境規制の厳格化は、オフセット印刷機からデジタル印刷機への印刷ジョブのシフトを促している。また、人件費の上昇や高画質なデジタル機の登場が印刷会社のデジタル印刷機への関心を高めている。

関連記事

新着トピックス

keijipack_2_tn.jpg

ケイジパック、「瞬発力」活かした大判インクジェット事業展開

2019年7月10日ケーススタディ

 総合パッケージング企業の(株)ケイジパック(本社/京都市南区吉祥院内河原町10、八木修二社長)は、アグフアの多機能ワイドフォーマットUVインクジェットプリンタ「アナプルナ H 205...全文を読む

swissQprint、Fespa2019で初のロールtoロール専用機「Karibu」発表

2019年6月14日製品・テクノロジー

 swissQprintは、同社初のロールtoロール専用機「Karibu(カリブ)」を今年5月にドイツ・ミュンヘンで開催されたFespa2019において発表した。同機は多彩な機能を搭載...全文を読む

最新ニュース

dp_komori_label_2019_tn.jpg

KOMORI、シール・ラベル印刷業界向けにIJと微細加工を融合したソリューションを提案

2019年7月29日

 (株)小森コーポレーション(本社/東京都墨田区、持田訓社長)は、7月9・10日の2日間、東京ドームシティ内プリズムホールにおいて開催された「ラベルフォーラムジャパン2019」に出展し...全文を読む

dp_prostream_1000_tn.jpg

キヤノン、高画質と幅広いメディア対応を両立したフルカラーインクジェット輪転プリンター発売

2019年7月26日

 キヤノンマーケティングジャパン(株)(坂田正弘社長)とキヤノンプロダクションプリンティングシステムズ(株)(井崎孝社長)は7月25日、東京・下丸子のCEC東京において新製品発表会を開...全文を読む

dp_oki_tokyo_tn.jpg

OKIデータ、利用シーンに合わせてプリンターを体験できる「東京ショールーム」開設

2019年7月25日

 OKIグループのプリンター事業会社OKIデータ(本社/東京都港区、波多野徹社長)は7月23日、プリンター・複合機によって顧客のビジネス拡大や課題解決につながるヒントを提案するショール...全文を読む

キーポイントインテリジェンス、中国デジタル印刷機市場規模と予測を発表

2018年12月4日マーケティング

  • twitter
  • facebook
  • line
  • pocket

 (株)キーポイントインテリジェンス(東京都渋谷区)は、「2018年中国デジタル印刷機(POD&CDLP)市場動向と予測」を発表した。同スタディでは、同社が定義する市場セグメントに基づき、中国プロダクション印刷市場の最新動向、デジタル印刷テクノロジーによる市場機会について検証している。

 なお、PODにはチラシ、カタログ、ダイレクトメールなど商業印刷物向けのデジタル印刷機が、CDLP(Color Digital Label&Packaging)にはカラーのラベルおよびパッケージ(軟包装、紙器、段ボール)向けのデジタル印刷機が含まれている。

チラシ、カタログ、ダイレクトメールなど商業印刷物向けのデジタル印刷機(POD)

・2017年の中国におけるPOD販売台数はワールドワイドの7%
・年間総印刷ボリュームは年率6.2%で成長が見込まれる
・環境規制の強化や人件費の上昇などが市場成長を促す

 同調査の結果によると、2017年の中国におけるPOD販売台数はワールドワイドの7%にあたる約1万4,000台。また、年間総印刷ボリュームでは2017年から2022年にかけて、年間平均成長率(CAGR)6.2%の割合で成長することが見込まれる。

 中国では2016年に改訂版大気汚染防止法が施行されたことから、オフセット印刷機を所有するコマーシャルプリンターなどは郊外への移転を迫られるなどの制限が起きている。このような環境規制の厳格化は、オフセット印刷機からデジタル印刷機への印刷ジョブのシフトを促している。また、人件費の上昇や高画質なデジタル機の登場が印刷会社のデジタル印刷機への関心を高めている。

関連記事

新着トピックス

新着ニュース

PAGE TOP