キーワードで検索

連載|より包装材料の印刷の理解を深めるために - 23

伸びるデジタル印刷と包装分野への参入

2019年3月22日スペシャリスト

一般社団法人PODi

一般社団法人PODi

1996年に米国で誕生した世界最大のデジタル印刷推進団体。印刷会社800社、ベンダー50社以上が参加し、デジタル印刷を活用した成功事例をはじめ、多くの情報を会員向けに公開している。また、WhatTheyThinkをはじめDMAなどの海外の団体と提携し、その主要なニュースを日本語版で配信している。

http://www.podi.or.jp

注目すべき包装のキーワード

 注目すべき包装のキーワードをあげてみました。今後さらに注力する分野のひとつに、温暖化防止対応のパッケージがあります。

 Sustainable packagingへの対応が基本ですが、次の表の中の1、2は今までの対応事例です。今後は3、4、5への対応が重要と思います。とくに再生可能原材料から作られるプラスチック材料の利用促進だと思います。

 もうひとつ我々が考えなければならない点は、合理的な考えに基づく包装設計です。我々は、とかく直ぐにコスト面と利益ばかりに留意しますが、その前に海外の合理的な考えを参照し、熟慮したうえで包装設計を進めたらと思います。

 スウェーデンの大学の先生の説明ですが、CO2排出量削減の考え方です。もうひとつのキーワードは、「視認性」と思います。最近は文章を熟読することも少なくなり、目で追う読み方に代わってきていますが、これは意外と頭に入っていないようです。瞬間的に理解して行動する傾向になっていますが、思い違い、理解不足で「ヒヤリハット」「ヒューマンエラー」の原因にもなっています。「視認性」はこの傾向を助長するのではなく、よく注意して理解しやすく、「うっかりミス」をなくすように配慮して対応すべきでしょう。パッケージの充填包装から物流・店頭・使用時において視認性が重要です。目視だけでなく、ネットショッピング対応や多くの製品情報提供のためにパッケージ形状、補助手段も重要となっています。
 「見やすくする」事例としてレーザー印字があります。

 視認性の良いパッケージの要件を次の表に示します。

 商品を供給する「造り手の気持ちが伝わるようなパッケージ」を生活者、使用者に使いやすいパッケージを提案したいものです。



住本技術士事務所 所長 住本充弘氏(すみもと みつひろ)
技術士(経営工学)、包装管理士((社)日本包装技術協会認定)
日本包装コンサルタント協会会員・理事
技術士包装物流グループ会員・理事
日本包装学会会員

関連記事

新着トピックス

dp_spc_dc7171p_tn.jpg

エスピーシー、高品位な仕上がりを評価〜特殊色専用機の第1号機が稼働開始

2019年4月16日ケーススタディ

 冠婚葬祭関連の印刷物を手がけるエスピーシー(株)(本社/東京都世田谷区、中田伊代子社長)は今年2月、新たな生産設備として富士ゼロックスの特殊色専用プロダクションプリンター「DocuC...全文を読む

共進ペイパー&パッケージ、今夏にB1デジタル印刷機導入

2019年4月15日企業・経営

「デジタル印刷展開のラストピース」〜通販サービスで売上20億円に向けて加速  (株)共進ペイパー&パッケージ(本社/神戸市中央区、鍛治川清司社長)が数年前から掲げてきたこの目標が現実的...全文を読む

最新ニュース

dp_ricoh_hp_tn.jpg

リコー、どこでも印字できるハンディサイズのプリンター「RICOH Handy Printer」発売

2019年4月5日

 (株)リコー(山下良則社長)は、紙の上をスライドさせテキストや、画像、QRコード、バーコードなどを、どこでも印字できるハンディサイズのモノクロインクジェットプリンター「RICOH H...全文を読む

dp_foil_glazer_tn.jpg

ウチダテクノ、フォイル(箔)とラミネート加工を1台で実現する「Foil Glazer」発売

2019年4月5日

 (株)ウチダテクノ(本社/東京都中央区、五木田行男社長)は、フォイル&ラミネーター「Foil Glazer」を4月5日より発売を開始した。    フォイル&ラミネーター「Foil G...全文を読む

dp_reddot_tn.jpg

エプソン、SureColorシリーズが「ベスト・オブ・ザ・ベスト賞」を初受賞

2019年3月26日

 セイコーエプソン(株)(碓井稔社長)のラージフォーマットプリンターSureColorシリーズが、世界的に著名なデザイン賞「Red Dot Award:Product Design 2...全文を読む

連載|より包装材料の印刷の理解を深めるために - 23

伸びるデジタル印刷と包装分野への参入

2019年3月22日スペシャリスト

  • twitter
  • facebook
  • line
  • pocket
一般社団法人PODi

一般社団法人PODi

1996年に米国で誕生した世界最大のデジタル印刷推進団体。印刷会社800社、ベンダー50社以上が参加し、デジタル印刷を活用した成功事例をはじめ、多くの情報を会員向けに公開している。また、WhatTheyThinkをはじめDMAなどの海外の団体と提携し、その主要なニュースを日本語版で配信している。

http://www.podi.or.jp

注目すべき包装のキーワード

 注目すべき包装のキーワードをあげてみました。今後さらに注力する分野のひとつに、温暖化防止対応のパッケージがあります。

 Sustainable packagingへの対応が基本ですが、次の表の中の1、2は今までの対応事例です。今後は3、4、5への対応が重要と思います。とくに再生可能原材料から作られるプラスチック材料の利用促進だと思います。

 もうひとつ我々が考えなければならない点は、合理的な考えに基づく包装設計です。我々は、とかく直ぐにコスト面と利益ばかりに留意しますが、その前に海外の合理的な考えを参照し、熟慮したうえで包装設計を進めたらと思います。

 スウェーデンの大学の先生の説明ですが、CO2排出量削減の考え方です。もうひとつのキーワードは、「視認性」と思います。最近は文章を熟読することも少なくなり、目で追う読み方に代わってきていますが、これは意外と頭に入っていないようです。瞬間的に理解して行動する傾向になっていますが、思い違い、理解不足で「ヒヤリハット」「ヒューマンエラー」の原因にもなっています。「視認性」はこの傾向を助長するのではなく、よく注意して理解しやすく、「うっかりミス」をなくすように配慮して対応すべきでしょう。パッケージの充填包装から物流・店頭・使用時において視認性が重要です。目視だけでなく、ネットショッピング対応や多くの製品情報提供のためにパッケージ形状、補助手段も重要となっています。
 「見やすくする」事例としてレーザー印字があります。

 視認性の良いパッケージの要件を次の表に示します。

 商品を供給する「造り手の気持ちが伝わるようなパッケージ」を生活者、使用者に使いやすいパッケージを提案したいものです。



住本技術士事務所 所長 住本充弘氏(すみもと みつひろ)
技術士(経営工学)、包装管理士((社)日本包装技術協会認定)
日本包装コンサルタント協会会員・理事
技術士包装物流グループ会員・理事
日本包装学会会員

関連記事

新着トピックス

新着ニュース

PAGE TOP