キーワードで検索

トヨテック、デジタルプリントの入口から出口までをサポート

2019年4月18日製品・テクノロジー

印刷の前・後加工機提案

 (株)トヨテック(本社/千葉県野田市、豊田保社長)は、スキャニング、コーティング、上製本、カッティング、箔押し、型押し、クリーニング・パッキングなど、少量・多品種生産のデジタル印刷をサポートするための様々な印刷の前・後加工機を提案・提供している。今回、同社の豊富なラインアップの一部を紹介する。

▽3Dテクスチャースキャナー「SURF 3D」
 画像の色彩情報と共に、表面テクスチュア/シボ情報のスキャンができる。原稿サイズは最大49cm×32cmまでの原稿に対応。スキャン時間は最大サイズの原稿で30秒程度と非常に早い。
※上位モデルは120×200cm対応大型モデルの「DRS2000DCS」。

▽自動給紙付A2カッティングプロッター「DG4060」
 400×600mmまでのシール、ラベル、コートボール等の紙器を自動給紙、カット、排紙を高い生産性で行う。0.08〜1.0mmと幅の広い紙厚に対応。CCDカメラでの自動トンボ読み取り、高精度な輪郭カットが行える。少量多品種のデジタルプリントに対応。
※ロールのラベルカットモデルもラインアップ。

DG4060

▽コロナ処理・スポット対応枚葉コーター「TB2-5000」
 紙・フィルム・特殊紙素材にコロナ、塗布、IRドライヤー、UV硬化処理をワンパスで行える枚葉コーター。プライマーとUVコーティング処理を兼用。樹脂版でのスポットコーティング。コロナやIR処理を行うことでトナーやインキに対するUVニスの密着・はじき特性が向上。紙厚は0.1mm〜0.5mm。※下位モデルはA3ノビサイズの「TA3-5000」。

TB2-5000

▽コロナ処理・スポット対応ロールコーター「TRC-350/520/760」
 ロール状、紙・フィルム・特殊紙素材にコロナ、塗布、IRドライヤー、UV硬化処理をワンパスで行え、オプションでフィルムラミネート・スリット・ダイカットなどの後加工もワンパスでできる省スペース型のロールtoロールコーター。最大100m/分の高速処理が行える。PP、OP、PVC、PET等のフィルムコロナ処理ユニットが必需。

▽自動レイフラット製本機「HPB-18」
 460mmSQ、最大60mmの厚みまでのレイフラットアルバムを全自動で制作できる。プリント同士、プリント間に1.0mm厚みまでのカード紙を入れて製本。プリントをセットするだけで筋押し、折、ページブロック製本をワンパスで処理する全自動レイフラットフォトブックバインダー。合紙にホットメルト糊を使うため、合紙製本の材料を問わない。

▽A3対応無線綴じPUR製本機「ECO300」
 A3サイズ、300サイクル/時間処理、本身自動、ソフトカバー手差しの廉価版PUR無線綴じ製本機。少量多品種に適しており、断続的な180度開くフォトブック、マニュアル等の制作に対応した機構。PUR糊の劣化を防ぐシャッター機構、ページ厚み違いの自動設定機構で少量多品種、断続制作が可能。PUR糊は3週間以上未使用で使用できる。

Eco300

関連記事

新着トピックス

keijipack_2_tn.jpg

ケイジパック、「瞬発力」活かした大判インクジェット事業展開

2019年7月10日ケーススタディ

 総合パッケージング企業の(株)ケイジパック(本社/京都市南区吉祥院内河原町10、八木修二社長)は、アグフアの多機能ワイドフォーマットUVインクジェットプリンタ「アナプルナ H 205...全文を読む

swissQprint、Fespa2019で初のロールtoロール専用機「Karibu」発表

2019年6月14日製品・テクノロジー

 swissQprintは、同社初のロールtoロール専用機「Karibu(カリブ)」を今年5月にドイツ・ミュンヘンで開催されたFespa2019において発表した。同機は多彩な機能を搭載...全文を読む

最新ニュース

dp_komori_label_2019_tn.jpg

KOMORI、シール・ラベル印刷業界向けにIJと微細加工を融合したソリューションを提案

2019年7月29日

 (株)小森コーポレーション(本社/東京都墨田区、持田訓社長)は、7月9・10日の2日間、東京ドームシティ内プリズムホールにおいて開催された「ラベルフォーラムジャパン2019」に出展し...全文を読む

dp_prostream_1000_tn.jpg

キヤノン、高画質と幅広いメディア対応を両立したフルカラーインクジェット輪転プリンター発売

2019年7月26日

 キヤノンマーケティングジャパン(株)(坂田正弘社長)とキヤノンプロダクションプリンティングシステムズ(株)(井崎孝社長)は7月25日、東京・下丸子のCEC東京において新製品発表会を開...全文を読む

dp_oki_tokyo_tn.jpg

OKIデータ、利用シーンに合わせてプリンターを体験できる「東京ショールーム」開設

2019年7月25日

 OKIグループのプリンター事業会社OKIデータ(本社/東京都港区、波多野徹社長)は7月23日、プリンター・複合機によって顧客のビジネス拡大や課題解決につながるヒントを提案するショール...全文を読む

トヨテック、デジタルプリントの入口から出口までをサポート

2019年4月18日製品・テクノロジー

  • twitter
  • facebook
  • line
  • pocket

印刷の前・後加工機提案

 (株)トヨテック(本社/千葉県野田市、豊田保社長)は、スキャニング、コーティング、上製本、カッティング、箔押し、型押し、クリーニング・パッキングなど、少量・多品種生産のデジタル印刷をサポートするための様々な印刷の前・後加工機を提案・提供している。今回、同社の豊富なラインアップの一部を紹介する。

▽3Dテクスチャースキャナー「SURF 3D」
 画像の色彩情報と共に、表面テクスチュア/シボ情報のスキャンができる。原稿サイズは最大49cm×32cmまでの原稿に対応。スキャン時間は最大サイズの原稿で30秒程度と非常に早い。
※上位モデルは120×200cm対応大型モデルの「DRS2000DCS」。

▽自動給紙付A2カッティングプロッター「DG4060」
 400×600mmまでのシール、ラベル、コートボール等の紙器を自動給紙、カット、排紙を高い生産性で行う。0.08〜1.0mmと幅の広い紙厚に対応。CCDカメラでの自動トンボ読み取り、高精度な輪郭カットが行える。少量多品種のデジタルプリントに対応。
※ロールのラベルカットモデルもラインアップ。

DG4060

▽コロナ処理・スポット対応枚葉コーター「TB2-5000」
 紙・フィルム・特殊紙素材にコロナ、塗布、IRドライヤー、UV硬化処理をワンパスで行える枚葉コーター。プライマーとUVコーティング処理を兼用。樹脂版でのスポットコーティング。コロナやIR処理を行うことでトナーやインキに対するUVニスの密着・はじき特性が向上。紙厚は0.1mm〜0.5mm。※下位モデルはA3ノビサイズの「TA3-5000」。

TB2-5000

▽コロナ処理・スポット対応ロールコーター「TRC-350/520/760」
 ロール状、紙・フィルム・特殊紙素材にコロナ、塗布、IRドライヤー、UV硬化処理をワンパスで行え、オプションでフィルムラミネート・スリット・ダイカットなどの後加工もワンパスでできる省スペース型のロールtoロールコーター。最大100m/分の高速処理が行える。PP、OP、PVC、PET等のフィルムコロナ処理ユニットが必需。

▽自動レイフラット製本機「HPB-18」
 460mmSQ、最大60mmの厚みまでのレイフラットアルバムを全自動で制作できる。プリント同士、プリント間に1.0mm厚みまでのカード紙を入れて製本。プリントをセットするだけで筋押し、折、ページブロック製本をワンパスで処理する全自動レイフラットフォトブックバインダー。合紙にホットメルト糊を使うため、合紙製本の材料を問わない。

▽A3対応無線綴じPUR製本機「ECO300」
 A3サイズ、300サイクル/時間処理、本身自動、ソフトカバー手差しの廉価版PUR無線綴じ製本機。少量多品種に適しており、断続的な180度開くフォトブック、マニュアル等の制作に対応した機構。PUR糊の劣化を防ぐシャッター機構、ページ厚み違いの自動設定機構で少量多品種、断続制作が可能。PUR糊は3週間以上未使用で使用できる。

Eco300

関連記事

新着トピックス

新着ニュース

PAGE TOP