キーワードで検索

昭北ラミネート工業、ジェネリック医薬品の小ロット・多品種化へ〜アルミ箔にも高品位印刷

軟包装用UVインクジェット Jet Press 540WV 導入事例

2019年4月18日ケーススタディ

【導入効果】発色もグラビアと遜色なく安定性も抜群。環境改善の効果も歴然

 実運用を開始したのは2018年の8月。すぐに実感できた導入メリットについて、四十野部長は、まず品質の安定性を挙げる。

 「グラビアでは、室温やアルミ箔そのものの条件などによって同じ色を出すのが難しいが、Jet Press 540WVは、数メートルの色見本とまったく同じ色で実製品が刷れ、発色もグラビアと比べて遜色ない。色見本を出しやすくなり、いつでも自信を持ってお客さまに製品を提供することができると、営業も喜んでいる」

 もうひとつの課題であったオペレーターの就業環境の改善についても「大きく貢献していくだろう」と、廣田本部長が続ける。

 「グラビアにはグラビアの良さがあるので、お客さまが選択できるよう、従来の技術も継承していきたいと考えている。そのためには少しでも次代を担う若手社員の負担を減らしていかなければいけない。その点、デジタルであれば溶剤を使わず、重いシリンダーの交換もない。お客さまと社員、どちらのことを考えても、Jet Press 540WVの導入は必然だったと言える」

【今後の展開】将来の変化を見据え、新たなマーケットを創出したい

 昨年10月に東京ビッグサイトで開催された「TOKYO PACK2018」の富士フイルムブースで、Jet Press 540 WVで作成した色鮮やかなPPT包装のサンプルが披露された。「それを見た企業の担当者から、多くの問い合わせがあった」と、四十野部長は嬉しそうに、そして気持ちを引き締めるように語る。

 「『共同でやらないか』という誘いを複数のメーカーからいただいた。『お客さまを第1に、その声に応えること』が当社の信条、本当にありがたい。当社では、現在のJet Press 540WVを医薬品向け包装製品のデジタル印刷の市場を創るための設備と位置付けており、富士フイルムとさらに評価を進め、現状のニーズに応えるだけでなく、この先の社会の変化を見据え、自ら新たなマーケットを創出していきたい。そうすることによって、若い社員たちが大きな夢を持てるような仕事、会社を作っていければと思っている」
TOKYO PACK2018で大きな反響を呼んだPPT印刷サンプル

関連記事

新着トピックス

keijipack_2_tn.jpg

ケイジパック、「瞬発力」活かした大判インクジェット事業展開

2019年7月10日ケーススタディ

 総合パッケージング企業の(株)ケイジパック(本社/京都市南区吉祥院内河原町10、八木修二社長)は、アグフアの多機能ワイドフォーマットUVインクジェットプリンタ「アナプルナ H 205...全文を読む

swissQprint、Fespa2019で初のロールtoロール専用機「Karibu」発表

2019年6月14日製品・テクノロジー

 swissQprintは、同社初のロールtoロール専用機「Karibu(カリブ)」を今年5月にドイツ・ミュンヘンで開催されたFespa2019において発表した。同機は多彩な機能を搭載...全文を読む

最新ニュース

dp_komori_label_2019_tn.jpg

KOMORI、シール・ラベル印刷業界向けにIJと微細加工を融合したソリューションを提案

2019年7月29日

 (株)小森コーポレーション(本社/東京都墨田区、持田訓社長)は、7月9・10日の2日間、東京ドームシティ内プリズムホールにおいて開催された「ラベルフォーラムジャパン2019」に出展し...全文を読む

dp_prostream_1000_tn.jpg

キヤノン、高画質と幅広いメディア対応を両立したフルカラーインクジェット輪転プリンター発売

2019年7月26日

 キヤノンマーケティングジャパン(株)(坂田正弘社長)とキヤノンプロダクションプリンティングシステムズ(株)(井崎孝社長)は7月25日、東京・下丸子のCEC東京において新製品発表会を開...全文を読む

dp_oki_tokyo_tn.jpg

OKIデータ、利用シーンに合わせてプリンターを体験できる「東京ショールーム」開設

2019年7月25日

 OKIグループのプリンター事業会社OKIデータ(本社/東京都港区、波多野徹社長)は7月23日、プリンター・複合機によって顧客のビジネス拡大や課題解決につながるヒントを提案するショール...全文を読む

昭北ラミネート工業、ジェネリック医薬品の小ロット・多品種化へ〜アルミ箔にも高品位印刷

軟包装用UVインクジェット Jet Press 540WV 導入事例

2019年4月18日ケーススタディ

  • twitter
  • facebook
  • line
  • pocket

【導入効果】発色もグラビアと遜色なく安定性も抜群。環境改善の効果も歴然

 実運用を開始したのは2018年の8月。すぐに実感できた導入メリットについて、四十野部長は、まず品質の安定性を挙げる。

 「グラビアでは、室温やアルミ箔そのものの条件などによって同じ色を出すのが難しいが、Jet Press 540WVは、数メートルの色見本とまったく同じ色で実製品が刷れ、発色もグラビアと比べて遜色ない。色見本を出しやすくなり、いつでも自信を持ってお客さまに製品を提供することができると、営業も喜んでいる」

 もうひとつの課題であったオペレーターの就業環境の改善についても「大きく貢献していくだろう」と、廣田本部長が続ける。

 「グラビアにはグラビアの良さがあるので、お客さまが選択できるよう、従来の技術も継承していきたいと考えている。そのためには少しでも次代を担う若手社員の負担を減らしていかなければいけない。その点、デジタルであれば溶剤を使わず、重いシリンダーの交換もない。お客さまと社員、どちらのことを考えても、Jet Press 540WVの導入は必然だったと言える」

【今後の展開】将来の変化を見据え、新たなマーケットを創出したい

 昨年10月に東京ビッグサイトで開催された「TOKYO PACK2018」の富士フイルムブースで、Jet Press 540 WVで作成した色鮮やかなPPT包装のサンプルが披露された。「それを見た企業の担当者から、多くの問い合わせがあった」と、四十野部長は嬉しそうに、そして気持ちを引き締めるように語る。

 「『共同でやらないか』という誘いを複数のメーカーからいただいた。『お客さまを第1に、その声に応えること』が当社の信条、本当にありがたい。当社では、現在のJet Press 540WVを医薬品向け包装製品のデジタル印刷の市場を創るための設備と位置付けており、富士フイルムとさらに評価を進め、現状のニーズに応えるだけでなく、この先の社会の変化を見据え、自ら新たなマーケットを創出していきたい。そうすることによって、若い社員たちが大きな夢を持てるような仕事、会社を作っていければと思っている」
TOKYO PACK2018で大きな反響を呼んだPPT印刷サンプル

関連記事

新着トピックス

新着ニュース

PAGE TOP