キーワードで検索

ダイコロ、鮮やかな色調が求められる「卒業アルバム」で威力発揮

Jet Press 750S導入事例:個人向け新ビジネスも積極展開

2019年9月15日ケーススタディ

【導入背景】小ロット対応と圧倒的な高画質を両立させる生産機として選択

松本 社長 ダイコロ(株)(大阪府枚方市招提田近2-8、松本秀作社長)は、1953年創業の総合印刷会社。学校の卒業アルバム製作を中心に、商業印刷やインターネット事業なども含めて幅広く展開している。創業当初からの主力である卒業アルバム事業では、現在約1,830館もの写真館と取引契約を結び、全国の幼稚園から大学まで約9,320校の卒業アルバムを製作。その数は年間約100万冊で、この分野ではトップクラスのシェアを誇る。卒業アルバムは人物写真が中心となるため、印刷にあたっては、画質や色調表現に高いクオリティが求められる。同社がコロタイプ印刷から事業をスタートしたのも、当時、コロタイプの技術が写真を印刷する最良の方法とされていたためだ。同社の品質重視の姿勢は、60年以上経った現在でもまったく変わりがない。ただ最近は、卒業アルバムも他の印刷物と同様、小ロット・多品種の傾向にあるという。

 「そのため当社は、早い時期からインクジェットデジタルプレスに注目していた。しかし画質や色調表現で納得できるデジタルプレスがなかった。そんな中で着目したのがJet Press 750Sである。事前のテスト出力で、その画質の素晴らしさに驚かされた。テスト出力をご覧いただいた写真館の方々や学校関係者からも非常に好評で、当社の営業も高く評価していたため、これなら卒業アルバムの厳しい品質要求に確実に応えられるだろうと、早速テスト導入することにした」(松本社長)

抜群の品質性能を活かし、導入直後から卒業アルバム製作でフル稼働

【導入理由】「このクオリティを待っていた」。オフセットを超える品質が決め手に

 2018年末、まだ正式発売前のJet Press 750Sをテスト導入。しかし同社は早々に実際のジョブで運用を開始した。

 「年明けから卒業アルバム製作の繁忙期に入ったことと、Jet Press 750Sが事前テストの段階から期待通りの色再現性・安定性を発揮していたことから、本番で問題なく使えるだろうと確信し、卒業アルバムの仕事で運用を開始した。私たちはまさにこのクオリティを待っていた」(松本社長)

河本 部長 松本社長がこれほどまでに強調するJet Press 750Sの印刷品質の高さ。具体的なポイントについて、総合技術管理部で品質管理に携わる河本部長はこう説明する。

 「ひと言でいうと『抜け感』がいい。つまり、ハイライトからシャドーまでグレーバランスがまったく崩れないため、濁りが出ず、スッキリとした仕上がりが得られるということ」

 卒業アルバムでは、言うまでもなく、人物の肌の色や質感が重要になる。濁りのない鮮やかな色調と精緻な質感表現が必要だ。同社では、オフセット印刷においても早くからCMSに取り組み、ドットゲインを正確に合わせて、グレーバランスを最適に保つことで品質の向上を図ってきた。

 「オフセットの場合、ドットゲインを綺麗に揃えることが難しいが、Jet Press 750Sでは適切なプロファイルさえ選んでおけば、グレーがぶれることはない。オフセット以上に、シャープで濁り感のない絵が再現できるわけだ」(河本部長)

 さらに、印刷現場の視点では、Jet Press 750Sの安定性の高さも大きな決め手になったと河本部長は語る。

 「卒業アルバムの要求品質をオフセットでクリアするためには、機長はじめ、オペレーターの高い技術力が必要である。しかしJet Press 750Sは品質安定性が抜群に高いので、オペレーターの技量による品質のばらつきが起こらず、色調のチェックや微調整にかかる作業負荷も大幅に削減できる。導入を決めた背景には、こうした省力化効果に対する期待もあった」

関連記事

新着トピックス

kanbi_digital2020_dp_tn.jpg

関西美術印刷、美術印刷を凌駕する表現力と安定感[Jet Press 750S導入事例]

2020年4月3日ケーススタディ

 「信頼される製品づくり」─学校アルバムで知られる関西美術印刷(株)(本社/奈良市西木辻町153-1、西田晴彦社長)は昨年11月、富士フイルムの商業印刷向け枚葉インクジェットデジタルプ...全文を読む

dp_shinwa_yamazaki_tn.jpg

新和製作所、本稼働の最終段階に入ったインプレミアNS40

2020年4月2日ケーススタディ

 昨年10月、(株)小森コーポレーション(東京都墨田区、持田訓社長)と40インチ枚葉ナノグラフィックプリンティングシステム「Impremia(インプレミア)NS40」のフィールドテスト...全文を読む

最新ニュース

ホタルコーポレーション、3Dクリエイターのプリント作品を販売

2020年4月6日

 (株)ホタルコーポレーション(本社/大阪市住之江、福永進社長)は、フルカラー3DIJプリント受注の専門サイト「hotaru3d.com」において、クリエイターのフルカラー3Dプリント...全文を読む

jetpress750s_release_tn.jpg

RMGT、B2サイズ枚葉デジタルプレス「Jet Press 750S」の国内販売開始

2020年4月2日

 リョービMHIグラフィックテクノロジー(株)(広川勝士社長、以下「RMGT」)は、富士フイルムデジタルプレス(株)が取り扱うB2サイズ枚葉型インクジェットデジタルプレス「Jet Pr...全文を読む

dp_hp_3d_korona_tn.jpg

HP社、3Dプリンティングソリューションを活用した新型コロナ感染症対策への支援を実施

2020年4月2日

 HP社と同社がグローバルで展開しているデジタルマニュファクチャリングコミュニティは、3Dプリンティングのチーム、テクノロジー、経験、生産能力を結集して、世界的に流行している新型コロナ...全文を読む

ダイコロ、鮮やかな色調が求められる「卒業アルバム」で威力発揮

Jet Press 750S導入事例:個人向け新ビジネスも積極展開

2019年9月15日ケーススタディ

  • twitter
  • facebook
  • line
  • pocket

【導入背景】小ロット対応と圧倒的な高画質を両立させる生産機として選択

松本 社長 ダイコロ(株)(大阪府枚方市招提田近2-8、松本秀作社長)は、1953年創業の総合印刷会社。学校の卒業アルバム製作を中心に、商業印刷やインターネット事業なども含めて幅広く展開している。創業当初からの主力である卒業アルバム事業では、現在約1,830館もの写真館と取引契約を結び、全国の幼稚園から大学まで約9,320校の卒業アルバムを製作。その数は年間約100万冊で、この分野ではトップクラスのシェアを誇る。卒業アルバムは人物写真が中心となるため、印刷にあたっては、画質や色調表現に高いクオリティが求められる。同社がコロタイプ印刷から事業をスタートしたのも、当時、コロタイプの技術が写真を印刷する最良の方法とされていたためだ。同社の品質重視の姿勢は、60年以上経った現在でもまったく変わりがない。ただ最近は、卒業アルバムも他の印刷物と同様、小ロット・多品種の傾向にあるという。

 「そのため当社は、早い時期からインクジェットデジタルプレスに注目していた。しかし画質や色調表現で納得できるデジタルプレスがなかった。そんな中で着目したのがJet Press 750Sである。事前のテスト出力で、その画質の素晴らしさに驚かされた。テスト出力をご覧いただいた写真館の方々や学校関係者からも非常に好評で、当社の営業も高く評価していたため、これなら卒業アルバムの厳しい品質要求に確実に応えられるだろうと、早速テスト導入することにした」(松本社長)

抜群の品質性能を活かし、導入直後から卒業アルバム製作でフル稼働

【導入理由】「このクオリティを待っていた」。オフセットを超える品質が決め手に

 2018年末、まだ正式発売前のJet Press 750Sをテスト導入。しかし同社は早々に実際のジョブで運用を開始した。

 「年明けから卒業アルバム製作の繁忙期に入ったことと、Jet Press 750Sが事前テストの段階から期待通りの色再現性・安定性を発揮していたことから、本番で問題なく使えるだろうと確信し、卒業アルバムの仕事で運用を開始した。私たちはまさにこのクオリティを待っていた」(松本社長)

河本 部長 松本社長がこれほどまでに強調するJet Press 750Sの印刷品質の高さ。具体的なポイントについて、総合技術管理部で品質管理に携わる河本部長はこう説明する。

 「ひと言でいうと『抜け感』がいい。つまり、ハイライトからシャドーまでグレーバランスがまったく崩れないため、濁りが出ず、スッキリとした仕上がりが得られるということ」

 卒業アルバムでは、言うまでもなく、人物の肌の色や質感が重要になる。濁りのない鮮やかな色調と精緻な質感表現が必要だ。同社では、オフセット印刷においても早くからCMSに取り組み、ドットゲインを正確に合わせて、グレーバランスを最適に保つことで品質の向上を図ってきた。

 「オフセットの場合、ドットゲインを綺麗に揃えることが難しいが、Jet Press 750Sでは適切なプロファイルさえ選んでおけば、グレーがぶれることはない。オフセット以上に、シャープで濁り感のない絵が再現できるわけだ」(河本部長)

 さらに、印刷現場の視点では、Jet Press 750Sの安定性の高さも大きな決め手になったと河本部長は語る。

 「卒業アルバムの要求品質をオフセットでクリアするためには、機長はじめ、オペレーターの高い技術力が必要である。しかしJet Press 750Sは品質安定性が抜群に高いので、オペレーターの技量による品質のばらつきが起こらず、色調のチェックや微調整にかかる作業負荷も大幅に削減できる。導入を決めた背景には、こうした省力化効果に対する期待もあった」

関連記事

新着トピックス

新着ニュース

PAGE TOP