キーワードで検索

コニカミノルタジャパン、TSF2019で後加工を活かすデジタル印刷を提案

会場にデジタル印刷機と後加工を連携させた4つの生産ラインを設置

2019年11月7日製品・テクノロジー

 コニカミノルタジャパン(株)(本社/東京都港区、原口淳社長)は、「THINK SMART FACTORY 2019(TSF2019)」において、最新鋭のデジタル印刷機と受注業務からプリプレス、プレス、ポストプレス、デリバリーまでの一連のソリューションを出展各社と連携し、実演紹介していく。今回、同社マーケティング本部 プロダクション事業統括部 商品戦略部の小山直仁部長にTSF2019の出展ソリューションなどについてうかがった。
小山 部長
 同社は、印刷業界に対し、「共に印刷の未来を創る」のコンセプトのもと自動化、省力化、スキルレスなどの高生産プロセス効率化とマーケティングメディアとしての印刷物付加価値創造の提案を行っている。

 今回、TSF2019実行委員会として参画している同社は、TSF2019を通じて、デジタル印刷による生産プロセスの高効率化などを提案していくが、その運用上の重要なポイントとして小山部長は「後加工機ファースト」を掲げている。

 「デジタル印刷分野では、『後加工機ファースト』が重要だと考えている。つまり、最終的な後加工の仕様に基づいた面付や出力データを確実に受け取り、印刷を実行することがデジタル印刷機による高効率生産のカギとなる」

 今回のイベントにおいて同社は、「枚葉デジタル無線綴じ製本ライン」「枚葉中綴じ製本ライン」「デジタルパッケージ印刷加工ライン」「デジタルラベル印刷加工ライン」の4つのソリューションで、後加工機器群と連動した各種生産プロセスを実演で披露していく。
4つの生産ソリューションで自動化・効率化を提案
 「枚葉デジタル無線綴じ製本ライン」では、AccurioJet KM-1とホリゾン製後加工機をニアラインで連携した枚葉デジタル無線綴じ製本ラインとして紹介していく。

 実演では、A4版(24頁)とA5版(36頁)の無線綴じ製本仕上げジョブをPrintSapiens(JSPIRITS)からのJDFを元に、EQUIOS(SCREEN GA)で面付・製版処理したデータをAccurioJet KM-1で印刷し、枚葉デジタル無線綴じ製本ライン(ホリゾン)を活用してJDFの指示通りにセット変更しながらA4版とA5版の無線綴じ製本加工を披露していく。
AccurioJet KM-1
 「今回の展示会でB2サイズの枚葉デジタル印刷機を出品するのは、当社だけであり、さらにKM-1とホリゾン製の後加工機を連携したシステムとして紹介するのも初めてとなる。ぜひ、両面印刷が可能なKM-1によるブックソリューションに期待してもらいたい」

 「枚葉中綴じ製本ライン」では、EQUIOSから出力されたA4版(16頁)横見開き(ランドスケープ)中綴じに面付データとJDFを元に「AccurioPress C6100」で印刷し、枚葉中綴じ製本ライン(ホリゾン)で中綴じ三方断裁して仕上げるデモを実施していく。

 「AccurioPressは、様々な後加工オプションを当社として用意しているが、今回は、ホリゾン製の後加工機を連動し、横見開き(ランドスケープ)の中綴じ製本を実施する。さらに、市場で高い評価を得ている品質管理ユニット『IQ-501』で自動調整を行い、長尺印刷でも高精度な表裏見当を実現するデモを披露していく」
AccurioPress C6100
 「デジタルパッケージ印刷加工ライン」では、お菓子のパッケージが4面付されたデータを「AccurioPress C6100」で厚紙用紙に印刷し、ロータリーダイカット加工ライン(ホリゾン)で型抜き・抜きカスの分離排出までワンパス処理する工程を披露していく。

 「長尺・厚紙印刷でお菓子のパッケージを印刷し、ホリゾン製の後加工機で最終仕上げまでを行う。このデモにおいてもIQ-501による高精度面付け印刷を行うことで、ズレのない型抜き加工が可能となることをアピールしていく」

 「デジタルラベル印刷加工ライン」では、各種ラベルやシールをデジタルラベル印刷機「AccurioLabel 230」で高速かつ高品質に印刷し、「DC330mini」(GM社)で型抜き・抜きカス分離排出まで一括処理を行っていく。
AccurioLabel 230
 「このソリューションについては、今年8月に開催した当社主催のイベントでも披露しているが、今回の展示会でもデジタルラベル印刷ソリューションとして広く情報発信し、シール・ラベル印刷分野への対応力を実証していく」

関連記事

新着トピックス

gpcenter_dp_tn.jpg

ジーピーセンター、ものづくり本来の喜びを[アナプルナ導入事例]

2020年4月1日ケーススタディ

 「表現をもっと自由に」─「桶狭間の戦い」の舞台となった愛知県豊明市に本社を置く総合印刷会社(株)ジーピーセンター(本社/愛知県豊明市栄町三ツ池下33-3、青木昭憲社長)は一昨年11月...全文を読む

大洞印刷、プラットフォーマーとしての力を強化 - 「PaaS(パース)」提唱

2020年3月31日ケーススタディ

 「我々は印刷もできるIT企業。印刷を使ったサービスを提供している。印刷物はその結果に過ぎない」。このように語るのは、大洞印刷(株)(本社/岐阜県本巣市)の大洞広和専務だ。印刷業界のプ...全文を読む

最新ニュース

jetpress750s_release_tn.jpg

RMGT、B2サイズ枚葉デジタルプレス「Jet Press 750S」の国内販売開始

2020年4月2日

 リョービMHIグラフィックテクノロジー(株)(広川勝士社長、以下「RMGT」)は、富士フイルムデジタルプレス(株)が取り扱うB2サイズ枚葉型インクジェットデジタルプレス「Jet Pr...全文を読む

dp_hp_3d_korona_tn.jpg

HP社、3Dプリンティングソリューションを活用した新型コロナ感染症対策への支援を実施

2020年4月2日

 HP社と同社がグローバルで展開しているデジタルマニュファクチャリングコミュニティは、3Dプリンティングのチーム、テクノロジー、経験、生産能力を結集して、世界的に流行している新型コロナ...全文を読む

gallus_labelfire340_dp_tn.jpg

DKSH、デジタルラベル加工機「Labelfire340」が日本に初上陸

2020年4月1日

 DKSHジャパン(株)(本社/東京都港区、マイケル・ロフラード社長)はこのほど、同社が日本市場における独占販売代理店をつとめるスイス・ガルス社製モジュール式デジタルラベル加工ソリュー...全文を読む

コニカミノルタジャパン、TSF2019で後加工を活かすデジタル印刷を提案

会場にデジタル印刷機と後加工を連携させた4つの生産ラインを設置

2019年11月7日製品・テクノロジー

  • twitter
  • facebook
  • line
  • pocket

 コニカミノルタジャパン(株)(本社/東京都港区、原口淳社長)は、「THINK SMART FACTORY 2019(TSF2019)」において、最新鋭のデジタル印刷機と受注業務からプリプレス、プレス、ポストプレス、デリバリーまでの一連のソリューションを出展各社と連携し、実演紹介していく。今回、同社マーケティング本部 プロダクション事業統括部 商品戦略部の小山直仁部長にTSF2019の出展ソリューションなどについてうかがった。
小山 部長
 同社は、印刷業界に対し、「共に印刷の未来を創る」のコンセプトのもと自動化、省力化、スキルレスなどの高生産プロセス効率化とマーケティングメディアとしての印刷物付加価値創造の提案を行っている。

 今回、TSF2019実行委員会として参画している同社は、TSF2019を通じて、デジタル印刷による生産プロセスの高効率化などを提案していくが、その運用上の重要なポイントとして小山部長は「後加工機ファースト」を掲げている。

 「デジタル印刷分野では、『後加工機ファースト』が重要だと考えている。つまり、最終的な後加工の仕様に基づいた面付や出力データを確実に受け取り、印刷を実行することがデジタル印刷機による高効率生産のカギとなる」

 今回のイベントにおいて同社は、「枚葉デジタル無線綴じ製本ライン」「枚葉中綴じ製本ライン」「デジタルパッケージ印刷加工ライン」「デジタルラベル印刷加工ライン」の4つのソリューションで、後加工機器群と連動した各種生産プロセスを実演で披露していく。
4つの生産ソリューションで自動化・効率化を提案
 「枚葉デジタル無線綴じ製本ライン」では、AccurioJet KM-1とホリゾン製後加工機をニアラインで連携した枚葉デジタル無線綴じ製本ラインとして紹介していく。

 実演では、A4版(24頁)とA5版(36頁)の無線綴じ製本仕上げジョブをPrintSapiens(JSPIRITS)からのJDFを元に、EQUIOS(SCREEN GA)で面付・製版処理したデータをAccurioJet KM-1で印刷し、枚葉デジタル無線綴じ製本ライン(ホリゾン)を活用してJDFの指示通りにセット変更しながらA4版とA5版の無線綴じ製本加工を披露していく。
AccurioJet KM-1
 「今回の展示会でB2サイズの枚葉デジタル印刷機を出品するのは、当社だけであり、さらにKM-1とホリゾン製の後加工機を連携したシステムとして紹介するのも初めてとなる。ぜひ、両面印刷が可能なKM-1によるブックソリューションに期待してもらいたい」

 「枚葉中綴じ製本ライン」では、EQUIOSから出力されたA4版(16頁)横見開き(ランドスケープ)中綴じに面付データとJDFを元に「AccurioPress C6100」で印刷し、枚葉中綴じ製本ライン(ホリゾン)で中綴じ三方断裁して仕上げるデモを実施していく。

 「AccurioPressは、様々な後加工オプションを当社として用意しているが、今回は、ホリゾン製の後加工機を連動し、横見開き(ランドスケープ)の中綴じ製本を実施する。さらに、市場で高い評価を得ている品質管理ユニット『IQ-501』で自動調整を行い、長尺印刷でも高精度な表裏見当を実現するデモを披露していく」
AccurioPress C6100
 「デジタルパッケージ印刷加工ライン」では、お菓子のパッケージが4面付されたデータを「AccurioPress C6100」で厚紙用紙に印刷し、ロータリーダイカット加工ライン(ホリゾン)で型抜き・抜きカスの分離排出までワンパス処理する工程を披露していく。

 「長尺・厚紙印刷でお菓子のパッケージを印刷し、ホリゾン製の後加工機で最終仕上げまでを行う。このデモにおいてもIQ-501による高精度面付け印刷を行うことで、ズレのない型抜き加工が可能となることをアピールしていく」

 「デジタルラベル印刷加工ライン」では、各種ラベルやシールをデジタルラベル印刷機「AccurioLabel 230」で高速かつ高品質に印刷し、「DC330mini」(GM社)で型抜き・抜きカス分離排出まで一括処理を行っていく。
AccurioLabel 230
 「このソリューションについては、今年8月に開催した当社主催のイベントでも披露しているが、今回の展示会でもデジタルラベル印刷ソリューションとして広く情報発信し、シール・ラベル印刷分野への対応力を実証していく」

関連記事

新着トピックス

新着ニュース

PAGE TOP