キーワードで検索

K・Dサービス(神崎紙器グループ)、段ボール用IJ印刷機で新領域へ挑戦

マテリアルとしての優位性を活用し、段ボール素材の印刷物提供

2020年1月8日ケーススタディ

 段ボールシート・ケースのトータル生産システムを開発し、各種段ボールの製造販売を行う神崎紙器工業(株)(本社/兵庫県尼崎市)のデジタル印刷事業会社であるK・Dサービス(株)(池田大樹社長)は、国内1号機として兵庫県丹波市の柏原工場に導入したHanway社(深セン市)の段ボール用インクジェット印刷機「GLORY1604」の2020年からの本格稼働に向けて最終調整を進めている。池田社長は「水性インキを使用するため、化粧品や食品業界向けにも使用できる。また、マテリアルとしての段ボールの優位性を活用し、箱にこだわることなく、段ボールを素材とした印刷物を幅広く提供していきたい」としており、同機を戦略機として活用し、新たな市場に事業領域を拡大していく考えだ。

GLORY1604の前で池田社長(前列中央)と同社スタッフ

 神崎紙器工業は1961年、兵庫県尼崎市の地で創業。1976年に兵庫県丹波市に氷上工場を竣工し、第1号機となる1,650幅のコルゲートマシンを導入した。その後も1,800幅、2,200幅のコルゲートマシン、またフレキソ印刷機や各種後加工、物流までを含めた設備を拡充。そして現在は、8社のグループ企業によるワンストップサービスでコストを削減しながら短納期で段ボールを製造する体制を構築している。

 K・Dサービスは、そんな同社グループのデジタル印刷事業会社として2019年10月に稼働を開始した企業だ。池田社長は社名について「Kは神崎のK、Dはデジタル、デザイン、デベロップ、ドリームなど...、Sはサービスを意味している」と説明しており、段ボール箱という従来の枠にとらわれない戦略会社として、その成長に大きく期待している。

水性インキを使用することで、あらゆる業界に提案が可能に

 K・Dサービスが2019年10月に導入した段ボール用インクジェット印刷機「GLORY1604」は、シングルパス方式の採用により、最高速度150m/分の高速生産を実現する。また、従来のインクジェット印刷機は溶剤の臭いのあるUVインクが通例であったため、化粧品や食料品業界からは避けられる傾向があったが、同機は水性インキを使用するため、環境・安全性に優れており、あらゆる業界に提案が可能になっている。

 これについて、同社の中村竜也氏は「茶段、白段のほか、コート紙にも印刷が可能。通常はコート紙の場合、水性インキだと着弾したあとに流れてしまうためUVインキを使用するのだが、独自技術力で解決した。またマシンの筐体は中国製であるが、インクジェットヘッドは日本の京セラ製を搭載している。このインクジェットヘッドは非常に性能が良いため、着弾したときにアウトラインが乱れるようなこともなく、これにより美粧性を保ちながらも高速印刷を実現することが可能になる」と説明する。

コート紙の出力見本を手に池田社長

 また、インクジェットヘッドはCMYK4色に48ヘッドを搭載し、幅広い色域をカバー。さらに同社ではこれに独自技術を融合させることにより、本来なら出すことができないゴールドやシルバーなどの特色も出すことが可能になっている。

 もちろん、デジタル印刷機であるため、多品種小ロット生産にもスピーディーに対応することが可能だ。中村氏は「従来は版の交換に5分以上かかっていたが、『GLORY1604』は、早いもので7秒、データの重いものでも5分以内にジョブ切り替えが可能となっており、すべてにおいてスピーディーな生産を実現する」と説明する。

 さらに、「GLORY1604」は世界でこれまでに40台が出荷されているが、特筆すべきは同社に出荷されたマシンは印刷ユニットに「デジタルユニットボックス」が施された特別仕様になっていることだ。これについて、中村氏は「インクジェットヘッドは非常に繊細である。このため湿度、温度、埃を非常に嫌う。これまでのマシンは印刷ユニットが外気にふれる外観になっていたが、当社に納入されたマシンは、印刷ユニットをボックスにより完全密封することで、空調、湿度環境を整え、最適な環境で印刷できる仕様となっている」と説明する。

 そして現在、Hanway社と京セラは、マシン本体とインクジェットヘッドの微妙なバランスを最終調整中とのことで、池田社長は「両社によると、まだまだ伸びしろはあるとのこと。このため本格稼働を開始する2020年までに、マシンスペックはさらにグレードアップしそうである」と期待を高めている。

関連記事

新着トピックス

flatsytem_samba_jpc_dp_tn.jpg

富士フイルム、Jet Pressの基幹部品を提供[Samba JPC]

2020年9月30日製品・テクノロジー

 富士フイルム(株)(助野健児社長)では、商業印刷やパッケージ印刷向け産業用シングルパスインクジェット印刷装置の製品化に必要な基幹部品やソフトウェアなどのインクジェットコンポーネントを...全文を読む

toshop_11000inkjetpress_tn.jpg

図書印刷、「DSR戦略」の新たな力に[11000 Inkjet Press導入事例]

2020年8月25日ケーススタディ

 図書印刷(株)(本社/東京都北区東十条3-10-36、川田和照社長)は2018年10月、主力生産拠点のひとつである沼津工場(静岡県沼津市大塚15)に、高速デジタル印刷・加工設備とWe...全文を読む

最新ニュース

dp_horizon_ht_300_tn.jpg

ホリゾン、バリアブル加工に対応する新製品2機種を発売

2020年10月21日

 (株)ホリゾンは、三方断裁機「iCE TRIMMER HT-300」と4クランプ無線綴じ製本機「iCE BINDER BQ-500」の2機種を10月中旬より発売する。  iCE TR...全文を読む

dp_plus_insatu_tn.jpg

日本HP、新コンテンツ「印刷会社の未来が変わる物語 」を10月27日にオンライン配信

2020年10月20日

 (株)日本HPのオウンドメディア「Tech & Device TV Powered by HP」が開設したオンラインライブ番組配信専用チャネル「印刷業界DXチャネル」では、新たなコン...全文を読む

taskalfa-pro-15000c_20200703_dp_tn.jpg

京セラドキュメント、中国の商業用インクジェット市場に新規参入

2020年10月15日

 京セラドキュメントソリューションズ(株)(伊奈憲彦社長)は、10月12日から上海新国際博覧センターで開催されている展示会「All in Print China 2020」に商業用印刷...全文を読む

K・Dサービス(神崎紙器グループ)、段ボール用IJ印刷機で新領域へ挑戦

マテリアルとしての優位性を活用し、段ボール素材の印刷物提供

2020年1月8日ケーススタディ

  • twitter
  • facebook
  • line
  • pocket

 段ボールシート・ケースのトータル生産システムを開発し、各種段ボールの製造販売を行う神崎紙器工業(株)(本社/兵庫県尼崎市)のデジタル印刷事業会社であるK・Dサービス(株)(池田大樹社長)は、国内1号機として兵庫県丹波市の柏原工場に導入したHanway社(深セン市)の段ボール用インクジェット印刷機「GLORY1604」の2020年からの本格稼働に向けて最終調整を進めている。池田社長は「水性インキを使用するため、化粧品や食品業界向けにも使用できる。また、マテリアルとしての段ボールの優位性を活用し、箱にこだわることなく、段ボールを素材とした印刷物を幅広く提供していきたい」としており、同機を戦略機として活用し、新たな市場に事業領域を拡大していく考えだ。

GLORY1604の前で池田社長(前列中央)と同社スタッフ

 神崎紙器工業は1961年、兵庫県尼崎市の地で創業。1976年に兵庫県丹波市に氷上工場を竣工し、第1号機となる1,650幅のコルゲートマシンを導入した。その後も1,800幅、2,200幅のコルゲートマシン、またフレキソ印刷機や各種後加工、物流までを含めた設備を拡充。そして現在は、8社のグループ企業によるワンストップサービスでコストを削減しながら短納期で段ボールを製造する体制を構築している。

 K・Dサービスは、そんな同社グループのデジタル印刷事業会社として2019年10月に稼働を開始した企業だ。池田社長は社名について「Kは神崎のK、Dはデジタル、デザイン、デベロップ、ドリームなど...、Sはサービスを意味している」と説明しており、段ボール箱という従来の枠にとらわれない戦略会社として、その成長に大きく期待している。

水性インキを使用することで、あらゆる業界に提案が可能に

 K・Dサービスが2019年10月に導入した段ボール用インクジェット印刷機「GLORY1604」は、シングルパス方式の採用により、最高速度150m/分の高速生産を実現する。また、従来のインクジェット印刷機は溶剤の臭いのあるUVインクが通例であったため、化粧品や食料品業界からは避けられる傾向があったが、同機は水性インキを使用するため、環境・安全性に優れており、あらゆる業界に提案が可能になっている。

 これについて、同社の中村竜也氏は「茶段、白段のほか、コート紙にも印刷が可能。通常はコート紙の場合、水性インキだと着弾したあとに流れてしまうためUVインキを使用するのだが、独自技術力で解決した。またマシンの筐体は中国製であるが、インクジェットヘッドは日本の京セラ製を搭載している。このインクジェットヘッドは非常に性能が良いため、着弾したときにアウトラインが乱れるようなこともなく、これにより美粧性を保ちながらも高速印刷を実現することが可能になる」と説明する。

コート紙の出力見本を手に池田社長

 また、インクジェットヘッドはCMYK4色に48ヘッドを搭載し、幅広い色域をカバー。さらに同社ではこれに独自技術を融合させることにより、本来なら出すことができないゴールドやシルバーなどの特色も出すことが可能になっている。

 もちろん、デジタル印刷機であるため、多品種小ロット生産にもスピーディーに対応することが可能だ。中村氏は「従来は版の交換に5分以上かかっていたが、『GLORY1604』は、早いもので7秒、データの重いものでも5分以内にジョブ切り替えが可能となっており、すべてにおいてスピーディーな生産を実現する」と説明する。

 さらに、「GLORY1604」は世界でこれまでに40台が出荷されているが、特筆すべきは同社に出荷されたマシンは印刷ユニットに「デジタルユニットボックス」が施された特別仕様になっていることだ。これについて、中村氏は「インクジェットヘッドは非常に繊細である。このため湿度、温度、埃を非常に嫌う。これまでのマシンは印刷ユニットが外気にふれる外観になっていたが、当社に納入されたマシンは、印刷ユニットをボックスにより完全密封することで、空調、湿度環境を整え、最適な環境で印刷できる仕様となっている」と説明する。

 そして現在、Hanway社と京セラは、マシン本体とインクジェットヘッドの微妙なバランスを最終調整中とのことで、池田社長は「両社によると、まだまだ伸びしろはあるとのこと。このため本格稼働を開始する2020年までに、マシンスペックはさらにグレードアップしそうである」と期待を高めている。

関連記事

新着トピックス

新着ニュース

PAGE TOP