キーワードで検索

K・Dサービス(神崎紙器グループ)、段ボール用IJ印刷機で新領域へ挑戦

マテリアルとしての優位性を活用し、段ボール素材の印刷物提供

2020年1月8日ケーススタディ

短期間のイベントなどに安価な段ボール素材でのツール作成を提案

 柏原工場には、大型のサイネージ看板や観賞用印刷物など、「GLORY1604」で出力された多数のサンプルが展示されているが、その中で同社が今後、短期間のイベントツールなどに提案したいと考えている見本の1つがハロウィンのサイネージ看板だ。

 池田社長は、「長期間にわたって使用するものに段ボールというマテリアルは向かないかも知れないが、ハロウィンのような短期間使用するだけのイベントツールには、段ボールは最適なマテリアルといえる。段ボールというマテリアルの特性を活かし、短期間のイベントツールなどに、木材などの代替品として、軽くて安価、丈夫、回収も可能な段ボールを提案していきたい」と話す。

スポットイベントのサイネージ看板にも効果的に活用できる

 そしてさらに、段ボールは安価なマテリアルながらも、「GLORY1604」を使用することで鑑賞目的の印刷物を作成することもできると池田社長は自信を示す。

 「コート紙はもちろん、印刷内容によっては茶段のほうがセピア系で良い雰囲気が出る場合もある。被写体によって自由に選んでいただければ、観賞用のきれいな印刷物に仕上げることができる」

鑑賞物の印刷にも十分に対応する品質を実現

 このほか、家具や3段ボックス、パーテーションなど、従来の素材から段ボールに代替できるものは、アイデア次第で無限に広がる可能性がある。そのため、同社は同業者であるボックスメーカーとも協業しながら、「GLORY1604」を活用できる場を広げていきたい考えだ。

 池田社長は「当社の現在の取引先の3割は、同業のボックスメーカーである。このため、『GLORY1604』を活用してエンドユーザーにどのような提案ができるのかを共に考えていけるパートナーとなっていただき、また、それにより当社のノウハウも蓄積していきたい」と話す。

 そして同社は2020年の夏頃に向けて、「GLORY1604」を活用する場をさらに広げるため、インターネット通販サービスの展開も計画しているとのことで、これらの取り組みが実現すれば、段ボール業界に新しい風が吹き込むことは間違いなさそうだ。

 池田社長は「神崎紙器グループとして100年企業を目指す」と今後の展望を語る。段ボール製造という従来の事業を大切にしながらも、そこだけに固執することなく、新たな領域への挑戦を続ける神崎紙器グループの今後の展開に注目したい。

関連記事

新着トピックス

Web to Pack ショップでカスタマイズされたアドベントカレンダーを注文できる

ハイデルベルグ社、クリスマスを盛り上げるハイデルベルグのファイアファミリー

2019年12月25日ケーススタディ

 今年もクリスマスを盛り上げるために、プライベートやビジネスシーンでパーソナライズされたクリスマスカードが贈られている。革新的なアプリケーションを備え、多様な要望に応えることができる印...全文を読む

hyoda_app_1_dp_tn.jpg

兵田印刷工芸、大学内「次世代型新食堂」の注文アプリ開発

2019年12月13日ケーススタディ

 「マーケティング×デジタル×紙」をキーワードにクロスメディアを展開する兵田印刷工芸(株)(兵庫県西宮市笠屋町3-16、兵田好雄社長)はこのほど、某有名大学内の「次世代型新食堂」で運用...全文を読む

最新ニュース

xeikon-cafe-in-japan-2020_dp_tn.jpg

FFGSグラフィックサプライ、「Xeikon Cafe in Japan 2020」に協賛

2020年2月4日

 FFGSグラフィックサプライ(株)(加藤好洋社長)が協賛する「Xeikon Cafe in Japan 2020」が2月20・21日の2日間、東京・文京区のザイコンジャパンショールー...全文を読む

apogee-subscription_dp_tn.jpg

アグフア、アポジーをサブスクリプション方式で提供

2020年2月4日

 日本アグフア・ゲバルト(株)(岡本勝弘社長)は、プリプレスワークフロー「アポジー」の新サービス「APOGEE Subscription(アポジー・サブスクリプション)」の提供を開始し...全文を読む

dp_xerox_tona_atu_tn.jpg

富士ゼロックス、複合機やプリンターに搭載できる圧着機能を持った特殊トナー開発

2020年1月30日

 富士ゼロックス(株)(本社/東京都港区、玉井光一社長)は、圧着はがきなどへの活用が可能な業界初の接着機能を持つ特殊トナーを開発した。  同トナーは、従来のトナーと同時に複合機・プリン...全文を読む

K・Dサービス(神崎紙器グループ)、段ボール用IJ印刷機で新領域へ挑戦

マテリアルとしての優位性を活用し、段ボール素材の印刷物提供

2020年1月8日ケーススタディ

  • twitter
  • facebook
  • line
  • pocket

短期間のイベントなどに安価な段ボール素材でのツール作成を提案

 柏原工場には、大型のサイネージ看板や観賞用印刷物など、「GLORY1604」で出力された多数のサンプルが展示されているが、その中で同社が今後、短期間のイベントツールなどに提案したいと考えている見本の1つがハロウィンのサイネージ看板だ。

 池田社長は、「長期間にわたって使用するものに段ボールというマテリアルは向かないかも知れないが、ハロウィンのような短期間使用するだけのイベントツールには、段ボールは最適なマテリアルといえる。段ボールというマテリアルの特性を活かし、短期間のイベントツールなどに、木材などの代替品として、軽くて安価、丈夫、回収も可能な段ボールを提案していきたい」と話す。

スポットイベントのサイネージ看板にも効果的に活用できる

 そしてさらに、段ボールは安価なマテリアルながらも、「GLORY1604」を使用することで鑑賞目的の印刷物を作成することもできると池田社長は自信を示す。

 「コート紙はもちろん、印刷内容によっては茶段のほうがセピア系で良い雰囲気が出る場合もある。被写体によって自由に選んでいただければ、観賞用のきれいな印刷物に仕上げることができる」

鑑賞物の印刷にも十分に対応する品質を実現

 このほか、家具や3段ボックス、パーテーションなど、従来の素材から段ボールに代替できるものは、アイデア次第で無限に広がる可能性がある。そのため、同社は同業者であるボックスメーカーとも協業しながら、「GLORY1604」を活用できる場を広げていきたい考えだ。

 池田社長は「当社の現在の取引先の3割は、同業のボックスメーカーである。このため、『GLORY1604』を活用してエンドユーザーにどのような提案ができるのかを共に考えていけるパートナーとなっていただき、また、それにより当社のノウハウも蓄積していきたい」と話す。

 そして同社は2020年の夏頃に向けて、「GLORY1604」を活用する場をさらに広げるため、インターネット通販サービスの展開も計画しているとのことで、これらの取り組みが実現すれば、段ボール業界に新しい風が吹き込むことは間違いなさそうだ。

 池田社長は「神崎紙器グループとして100年企業を目指す」と今後の展望を語る。段ボール製造という従来の事業を大切にしながらも、そこだけに固執することなく、新たな領域への挑戦を続ける神崎紙器グループの今後の展開に注目したい。

関連記事

新着トピックス

新着ニュース

PAGE TOP