キーワードで検索

図書印刷、「DSR戦略」の新たな力に[11000 Inkjet Press導入事例]

オフセット印刷に迫る高品質・高速ロール印刷

2020年8月25日ケーススタディ

出版系で本領を発揮する「優れた文字品質」や「広い活用範囲」

 「11000 Inkjet Press」ならではの高画質・高速ロール印刷の優位性はどんな仕事で発揮されているのだろうか。入山本部長が、いくつかの事例を挙げてくれた。

 「たとえばマーケティング分野では、ユーザー嗜好のカスタマイズ化に対応する商品カタログなどを作成しているし、教育分野でも学校別過去問題集や卒業制作集といった小・中ロット多品種案件に活用している。あとはコミックスの小ロット重版対応とか企業の周年史とか。用紙を選ばず高速・高品質に出力できることで、とにかく活用範囲が広い」

 画像だけでなく「文字品質の高さも際立っている」と、青藤工場長が評価する。

 「文字のキレにこだわる出版系の仕事でも、これだけの印字精度があればまったく心配ない」

 「11000 Inkjet Press」が加わったことで、クライアントに対するDSRの訴求力は確実にアップしたという。オフセット印刷では少部数作成は採算が合わないという得意先のニーズにも柔軟に応えられるようになり、在庫の適正化・僅少化によって顧客の収益性向上にも貢献できるのだから、評価が高まるのも当然だ。対外的な効力だけではない。「色調調整不要によりオペレーターの負荷軽減や人員効率化につながる」など、青藤工場長は、「11000 Inkjet Press」の社内的な工程変革のメリットにも注目している。

「顧客と営業の関わり方」を一新するDSR

 高速デジタル印刷機、加工設備、Web受発注システムを組み合わせたDSR全体の導入効果も明確になってきた。加工機連携により断裁・折りがなくなり下拵えが要らず、作業情報が受発注システムで管理されているため製造順番などの管理も不要。デジタル検品で印刷・製本ラインの品質管理を一貫して自動化できるなど、DSRがもたらした変革は数多い。なかでも「営業スタイルを一新できることがとくに大きい」と、入山本部長は強調する。

 「Webオーダーでページ数や判型・部数を入れてもらえれば自動的に金額が出る。つまり営業にとって見積レスになるということ。この仕様であればお互い『この金額でやりましょう』と。標準化されたフォーマットにすることで、営業の効率アップにつながるわけである」

 「今回のDSR構築にあたり11000 Inkjet Press導入だけでなく、Web受発注システムから後加工機にいたるまですべてをトータルにサポートしてくれたFFGSには感謝している」と入山本部長。今後のDSR展開について、どう考えるのか。

 「教育関連市場などでの実績をベースに、Webマーケティングやデジタルマーケティングと連携させた新たなサービスも検討しながら、より幅広い分野のお客様にDSRを活用していただけるよう、営業面でも製造面でもさらに環境を整えていく。また、11000 Inkjet Pressをはじめ、高度な設備が揃っているので、小ロット・多品種・短納期で困っている同業者がいたら、力になれるのではないか」

 パートナーシップを大切に成長を続けてきた同社ならではの柔軟性が伝わってくる。

関連記事

新着トピックス

flatsytem_samba_jpc_dp_tn.jpg

富士フイルム、Jet Pressの基幹部品を提供[Samba JPC]

2020年9月30日製品・テクノロジー

 富士フイルム(株)(助野健児社長)では、商業印刷やパッケージ印刷向け産業用シングルパスインクジェット印刷装置の製品化に必要な基幹部品やソフトウェアなどのインクジェットコンポーネントを...全文を読む

inouesougo_jetpress_tn.jpg

井上総合印刷、独創的提案で新規獲得[Jet Press 750S導入事例]

2020年8月18日ケーススタディ

 (株)井上総合印刷(栃木県宇都宮市岩曽町1355、井上加容子社長)は2020年2月、クライアントへの提案力強化のための新戦力として、B2サイズのインクジェットデジタルプレス「Jet ...全文を読む

最新ニュース

dp_horizon_ht_300_tn.jpg

ホリゾン、バリアブル加工に対応する新製品2機種を発売

2020年10月21日

 (株)ホリゾンは、三方断裁機「iCE TRIMMER HT-300」と4クランプ無線綴じ製本機「iCE BINDER BQ-500」の2機種を10月中旬より発売する。  iCE TR...全文を読む

dp_plus_insatu_tn.jpg

日本HP、新コンテンツ「印刷会社の未来が変わる物語 」を10月27日にオンライン配信

2020年10月20日

 (株)日本HPのオウンドメディア「Tech & Device TV Powered by HP」が開設したオンラインライブ番組配信専用チャネル「印刷業界DXチャネル」では、新たなコン...全文を読む

taskalfa-pro-15000c_20200703_dp_tn.jpg

京セラドキュメント、中国の商業用インクジェット市場に新規参入

2020年10月15日

 京セラドキュメントソリューションズ(株)(伊奈憲彦社長)は、10月12日から上海新国際博覧センターで開催されている展示会「All in Print China 2020」に商業用印刷...全文を読む

図書印刷、「DSR戦略」の新たな力に[11000 Inkjet Press導入事例]

オフセット印刷に迫る高品質・高速ロール印刷

2020年8月25日ケーススタディ

  • twitter
  • facebook
  • line
  • pocket

出版系で本領を発揮する「優れた文字品質」や「広い活用範囲」

 「11000 Inkjet Press」ならではの高画質・高速ロール印刷の優位性はどんな仕事で発揮されているのだろうか。入山本部長が、いくつかの事例を挙げてくれた。

 「たとえばマーケティング分野では、ユーザー嗜好のカスタマイズ化に対応する商品カタログなどを作成しているし、教育分野でも学校別過去問題集や卒業制作集といった小・中ロット多品種案件に活用している。あとはコミックスの小ロット重版対応とか企業の周年史とか。用紙を選ばず高速・高品質に出力できることで、とにかく活用範囲が広い」

 画像だけでなく「文字品質の高さも際立っている」と、青藤工場長が評価する。

 「文字のキレにこだわる出版系の仕事でも、これだけの印字精度があればまったく心配ない」

 「11000 Inkjet Press」が加わったことで、クライアントに対するDSRの訴求力は確実にアップしたという。オフセット印刷では少部数作成は採算が合わないという得意先のニーズにも柔軟に応えられるようになり、在庫の適正化・僅少化によって顧客の収益性向上にも貢献できるのだから、評価が高まるのも当然だ。対外的な効力だけではない。「色調調整不要によりオペレーターの負荷軽減や人員効率化につながる」など、青藤工場長は、「11000 Inkjet Press」の社内的な工程変革のメリットにも注目している。

「顧客と営業の関わり方」を一新するDSR

 高速デジタル印刷機、加工設備、Web受発注システムを組み合わせたDSR全体の導入効果も明確になってきた。加工機連携により断裁・折りがなくなり下拵えが要らず、作業情報が受発注システムで管理されているため製造順番などの管理も不要。デジタル検品で印刷・製本ラインの品質管理を一貫して自動化できるなど、DSRがもたらした変革は数多い。なかでも「営業スタイルを一新できることがとくに大きい」と、入山本部長は強調する。

 「Webオーダーでページ数や判型・部数を入れてもらえれば自動的に金額が出る。つまり営業にとって見積レスになるということ。この仕様であればお互い『この金額でやりましょう』と。標準化されたフォーマットにすることで、営業の効率アップにつながるわけである」

 「今回のDSR構築にあたり11000 Inkjet Press導入だけでなく、Web受発注システムから後加工機にいたるまですべてをトータルにサポートしてくれたFFGSには感謝している」と入山本部長。今後のDSR展開について、どう考えるのか。

 「教育関連市場などでの実績をベースに、Webマーケティングやデジタルマーケティングと連携させた新たなサービスも検討しながら、より幅広い分野のお客様にDSRを活用していただけるよう、営業面でも製造面でもさらに環境を整えていく。また、11000 Inkjet Pressをはじめ、高度な設備が揃っているので、小ロット・多品種・短納期で困っている同業者がいたら、力になれるのではないか」

 パートナーシップを大切に成長を続けてきた同社ならではの柔軟性が伝わってくる。

関連記事

新着トピックス

新着ニュース

PAGE TOP