キーワードで検索

ミヤコシ、軟包装用水性インクジェットを市場投入〜生産性と環境配慮を両立

デジタル技術で軟包装印刷の課題解決へ

2020年10月2日製品・テクノロジー

 (株)ミヤコシ(本社/千葉県習志野市、宮腰亨社長)は今年6月、軟包装用フルカラー水性インクジェットプリンター「MJP30AXF」の販売を開始した。同社では、この水性顔料インクを採用した「MJP30AXF」を「軟包装印刷にデジタル革命をもたらす生産機」と位置付け、多品種小ロット対応というデジタル印刷の強みに加え、環境に配慮した水性顔料インクで軟包装印刷における高効率生産や作業負荷の低減、そして世界的に気運が高まっているSDGsへの対応支援を図っていく。
赤澤氏と内田顧問(右)
 同社では、パッケージ市場を戦略的マーケットと定め、この分野への新システムの開発投資・市場導入を強化している。軟包装印刷向けには、すでに富士フイルムと協力して、窒素パージ技術で低臭気化を図った軟包装用のUVインクジェットデジタル印刷機を開発し、市場導入も始まっている。

 しかし、食品包装用途としてとらえた場合、UVインクジェット方式は、国内市場ではそれほどではないが海外市場への展開を考えると水性インクソリューションは必須となる。そのため同社は、水性顔料インクを採用した軟包装用インクジェット印刷機の開発に取り組んできた。そしてIGAS2018では、水性顔料インクを採用した「MJP30AXF」を参考出品として展示し、実演を披露している。

フィルム基材への水性インク定着を可能に

 参考出品から約2年を経て、正式リリースとなったが、その間の技術的改良について、同社・企画開発本部企画部の内田哲雄顧問は、「フィルム基材に対し、水性顔料インクを的確に着弾・乾燥させ、その後のラミネート加工までの品質を担保するための技術的ハードルは、予想以上に高かった」と振り返る。

 このため同社では、水性顔料インクとプライマーの適合性や乾燥装置との最適な組み合わせ、さらには、印刷速度の変化による印刷品質への影響など、資材やシステムなど、すべての面で見直しを実施した。

 また、インクやプライマーなどの資材は、IGAS2018での参考出品モデルから、さらに改良を加え、併せて乾燥システムも刷新している。具体的には、プライマー・コーター部にIR乾燥装置、インクジェット部のCMYKユニットとWWユニットに新開発の熱風乾燥装置をそれぞれ搭載している。
MJP30AXF
 「品質を担保しつつ、基材の伸縮を限りなくゼロに抑えること。さらに白インクを塗布して最終乾燥となるため、この乾燥システムは、MJP30AXFの重要な機能の1つである。詳細は、明らかにできないが、乾燥装置の機能性を向上させるだけではなく、資材や搬送も含めたシステムとして最適な組み合わせを検証して確立した技術である」(内田顧問)

 そして、これらの技術改良を経て今年6月、全世界に向けて「MJP30AXF」の正式リリースが発表された。

関連記事

新着トピックス

toshop_11000inkjetpress_tn.jpg

図書印刷、「DSR戦略」の新たな力に[11000 Inkjet Press導入事例]

2020年8月25日ケーススタディ

 図書印刷(株)(本社/東京都北区東十条3-10-36、川田和照社長)は2018年10月、主力生産拠点のひとつである沼津工場(静岡県沼津市大塚15)に、高速デジタル印刷・加工設備とWe...全文を読む

inouesougo_jetpress_tn.jpg

井上総合印刷、独創的提案で新規獲得[Jet Press 750S導入事例]

2020年8月18日ケーススタディ

 (株)井上総合印刷(栃木県宇都宮市岩曽町1355、井上加容子社長)は2020年2月、クライアントへの提案力強化のための新戦力として、B2サイズのインクジェットデジタルプレス「Jet ...全文を読む

最新ニュース

dp_horizon_ht_300_tn.jpg

ホリゾン、バリアブル加工に対応する新製品2機種を発売

2020年10月21日

 (株)ホリゾンは、三方断裁機「iCE TRIMMER HT-300」と4クランプ無線綴じ製本機「iCE BINDER BQ-500」の2機種を10月中旬より発売する。  iCE TR...全文を読む

dp_plus_insatu_tn.jpg

日本HP、新コンテンツ「印刷会社の未来が変わる物語 」を10月27日にオンライン配信

2020年10月20日

 (株)日本HPのオウンドメディア「Tech & Device TV Powered by HP」が開設したオンラインライブ番組配信専用チャネル「印刷業界DXチャネル」では、新たなコン...全文を読む

taskalfa-pro-15000c_20200703_dp_tn.jpg

京セラドキュメント、中国の商業用インクジェット市場に新規参入

2020年10月15日

 京セラドキュメントソリューションズ(株)(伊奈憲彦社長)は、10月12日から上海新国際博覧センターで開催されている展示会「All in Print China 2020」に商業用印刷...全文を読む

ミヤコシ、軟包装用水性インクジェットを市場投入〜生産性と環境配慮を両立

デジタル技術で軟包装印刷の課題解決へ

2020年10月2日製品・テクノロジー

  • twitter
  • facebook
  • line
  • pocket

 (株)ミヤコシ(本社/千葉県習志野市、宮腰亨社長)は今年6月、軟包装用フルカラー水性インクジェットプリンター「MJP30AXF」の販売を開始した。同社では、この水性顔料インクを採用した「MJP30AXF」を「軟包装印刷にデジタル革命をもたらす生産機」と位置付け、多品種小ロット対応というデジタル印刷の強みに加え、環境に配慮した水性顔料インクで軟包装印刷における高効率生産や作業負荷の低減、そして世界的に気運が高まっているSDGsへの対応支援を図っていく。
赤澤氏と内田顧問(右)
 同社では、パッケージ市場を戦略的マーケットと定め、この分野への新システムの開発投資・市場導入を強化している。軟包装印刷向けには、すでに富士フイルムと協力して、窒素パージ技術で低臭気化を図った軟包装用のUVインクジェットデジタル印刷機を開発し、市場導入も始まっている。

 しかし、食品包装用途としてとらえた場合、UVインクジェット方式は、国内市場ではそれほどではないが海外市場への展開を考えると水性インクソリューションは必須となる。そのため同社は、水性顔料インクを採用した軟包装用インクジェット印刷機の開発に取り組んできた。そしてIGAS2018では、水性顔料インクを採用した「MJP30AXF」を参考出品として展示し、実演を披露している。

フィルム基材への水性インク定着を可能に

 参考出品から約2年を経て、正式リリースとなったが、その間の技術的改良について、同社・企画開発本部企画部の内田哲雄顧問は、「フィルム基材に対し、水性顔料インクを的確に着弾・乾燥させ、その後のラミネート加工までの品質を担保するための技術的ハードルは、予想以上に高かった」と振り返る。

 このため同社では、水性顔料インクとプライマーの適合性や乾燥装置との最適な組み合わせ、さらには、印刷速度の変化による印刷品質への影響など、資材やシステムなど、すべての面で見直しを実施した。

 また、インクやプライマーなどの資材は、IGAS2018での参考出品モデルから、さらに改良を加え、併せて乾燥システムも刷新している。具体的には、プライマー・コーター部にIR乾燥装置、インクジェット部のCMYKユニットとWWユニットに新開発の熱風乾燥装置をそれぞれ搭載している。
MJP30AXF
 「品質を担保しつつ、基材の伸縮を限りなくゼロに抑えること。さらに白インクを塗布して最終乾燥となるため、この乾燥システムは、MJP30AXFの重要な機能の1つである。詳細は、明らかにできないが、乾燥装置の機能性を向上させるだけではなく、資材や搬送も含めたシステムとして最適な組み合わせを検証して確立した技術である」(内田顧問)

 そして、これらの技術改良を経て今年6月、全世界に向けて「MJP30AXF」の正式リリースが発表された。

関連記事

新着トピックス

新着ニュース

PAGE TOP