キーワードで検索

「オフセットと遜色なし」- 三島由紀夫 超大型写真集[Jet Press 750S採用事例]

モノクロ写真の滑らかな階調表現評価〜優れた色安定性で満足の仕上がり

2021年4月16日ケーススタディ

 日本近代文学、戦後政治思想において大きな足跡を残した三島由紀夫氏。その死から50年となった2020年11月25日、三島氏の超大型写真集「OTOKO NO SHI」がCCCアートラボ(株)(本社/東京都渋谷区南平台町16-17、久保田佳也社長)から出版された。これは篠山紀信氏が撮影、横尾忠則氏が装丁・編集したB2版(515×728ミリ)の超大型写真集を蔦屋書店のプライベートブランドとして企画・刊行したものだ。初版50部(篠山紀信・横尾忠則両氏のサイン入り)、価格50万円(税抜)というこの豪華写真集の印刷には、富士フイルムのインクジェットデジタルプレス「Jet Press 750S」が採用された。同写真集を企画・制作したCCCアートラボPB&Salesユニットリーダーの藤井隆氏と、CCCアートラボ取締役で光村推古書院(株)代表取締役でもある合田有作氏の両氏に、「Jet Press 750S」採用の理由や仕上がりに対する評価について伺った。

銀座蔦屋書店内での展示や直接ファンやコレクターにアプローチする売り方が中心

超大型写真集「BIG BOOK」について

 CCCアートラボは、蔦屋書店・TSUTAYAを展開するカルチュア・コンビニエンス・クラブのグループ会社で、アートに関する生活提案事業の運営と業態開発を行っており、銀座蔦屋書店・京都岡崎蔦屋書店は同社の直営店舗となっている。また、光村推古書院はCCCアートラボグループの出版社である。「OTOKO NO SHI」では、藤井氏が企画、合田氏が制作進行をそれぞれ担当した。

合田取締役(左)と藤井ユニットリーダー(銀座蔦屋書店のBIG BOOKコーナーで)

 藤井氏が所属するPB&Salesユニットは、蔦屋書店のプライベートブランドを手がける部署で、「BIG BOOK」はそのカテゴリーのひとつである。

 「豪華で大型の写真集BIG BOOKは、銀座蔦屋書店がオープンした4年前にスタートした。アートファンやコレクターに向けて数十部という少部数で発行している」(藤井氏)

 BIG BOOKは、銀座蔦屋書店内での展示や、直接ファンやコレクターにアプローチする売り方を中心としている。また、店舗に足を運ぶのが難しい海外のコレクターなどに向けたインターネット経由での販売も行っている。

三島由紀夫BIG BOOK「OTOKO NO SHI」

 「OTOKO NO SHI」で使われている写真は、50年前に三島由紀夫氏が「男の死」という写真集の企画のために、写真家篠山紀信氏を指名して、自らを被写体として自死の直前まで撮影させた歴史的なものである。CCCアートラボは、三島氏が企画した「男の死」において装丁する予定であった画家の横尾忠則氏にこの本のデザインを依頼した。写真の選択から編集、デザイン、レイアウトを横尾氏に完全に任せ、篠山氏が撮影したモノクロ写真に横尾氏が色彩を施した前衛的な編集となっている。

 「当時のことをよくご存じの篠山先生と横尾先生と一緒につくることができれば、最高のものができると信じていた」(藤井氏)

 本来なら50年前に刊行されていたはずの写真集が、2020年に超大型写真集BIG BOOKとして刊行された。このことについて藤井氏は「非常に光栄なこと」と語る。

新着トピックス

K・Dサービス、段ボール×デジタル印刷技術でSDGsの実現へ

2021年4月6日スペシャリスト

 「段ボールというマテリアルの優位性を社会にアピールし、様々な商品の素材を段ボールに切り替えることのメリットを周知していきたい」。K・Dサービス(株)池田大樹社長が掲げてきたこの構想が...全文を読む

dp_levit_tn.jpg

HP、コロナ禍の逆風をデジタル技術で追い風に

2021年4月5日企業・経営

 2020年、新型コロナウイルス感染症の猛威は、国や地域を問わず、多くの社会・経済に深刻なダメージを与えた。その激変する市場環境において、ワールドワイドで事業を展開するHP社(本社/米...全文を読む

最新ニュース

swissQprint、Nyalaが6年連続で該当カテゴリーベストセラー

2021年4月16日

 swissQprintのフラッグシップモデルであるUV LEDプリンター「Nyala」は、UVフラットベッド/ハイブリッドプリンタ 幅60インチ(152.4cm)以上、価格帯13万〜...全文を読む

dp_hp_35_tn.jpg

日本HP、4月22日にオンラインイベント「HP Indigoデジタル印刷35分バーチャル体験」開催

2021年4月12日

 (株)日本HPは4月22日、「HP Indigoデジタル印刷35分バーチャル体験」と題したオンラインイベントを開催する。  同イベントでは、HP Indigoデジタル印刷機の特徴につ...全文を読む

knowledge_place_osaka_dp_tn.jpg

京セラドキュメント、ニューノーマル対応の新ショールーム開設

2021年4月7日

 京セラドキュメントソリューションズ(株)(安藤博教社長)は、本社(大阪市中央区玉造)R&Dセンター敷地内に新たな施設「ナレッジプラス大阪」を開設。4月6日に開所式が執り行われた。  ...全文を読む

「オフセットと遜色なし」- 三島由紀夫 超大型写真集[Jet Press 750S採用事例]

モノクロ写真の滑らかな階調表現評価〜優れた色安定性で満足の仕上がり

2021年4月16日ケーススタディ

  • twitter
  • facebook
  • line

 日本近代文学、戦後政治思想において大きな足跡を残した三島由紀夫氏。その死から50年となった2020年11月25日、三島氏の超大型写真集「OTOKO NO SHI」がCCCアートラボ(株)(本社/東京都渋谷区南平台町16-17、久保田佳也社長)から出版された。これは篠山紀信氏が撮影、横尾忠則氏が装丁・編集したB2版(515×728ミリ)の超大型写真集を蔦屋書店のプライベートブランドとして企画・刊行したものだ。初版50部(篠山紀信・横尾忠則両氏のサイン入り)、価格50万円(税抜)というこの豪華写真集の印刷には、富士フイルムのインクジェットデジタルプレス「Jet Press 750S」が採用された。同写真集を企画・制作したCCCアートラボPB&Salesユニットリーダーの藤井隆氏と、CCCアートラボ取締役で光村推古書院(株)代表取締役でもある合田有作氏の両氏に、「Jet Press 750S」採用の理由や仕上がりに対する評価について伺った。

銀座蔦屋書店内での展示や直接ファンやコレクターにアプローチする売り方が中心

超大型写真集「BIG BOOK」について

 CCCアートラボは、蔦屋書店・TSUTAYAを展開するカルチュア・コンビニエンス・クラブのグループ会社で、アートに関する生活提案事業の運営と業態開発を行っており、銀座蔦屋書店・京都岡崎蔦屋書店は同社の直営店舗となっている。また、光村推古書院はCCCアートラボグループの出版社である。「OTOKO NO SHI」では、藤井氏が企画、合田氏が制作進行をそれぞれ担当した。

合田取締役(左)と藤井ユニットリーダー(銀座蔦屋書店のBIG BOOKコーナーで)

 藤井氏が所属するPB&Salesユニットは、蔦屋書店のプライベートブランドを手がける部署で、「BIG BOOK」はそのカテゴリーのひとつである。

 「豪華で大型の写真集BIG BOOKは、銀座蔦屋書店がオープンした4年前にスタートした。アートファンやコレクターに向けて数十部という少部数で発行している」(藤井氏)

 BIG BOOKは、銀座蔦屋書店内での展示や、直接ファンやコレクターにアプローチする売り方を中心としている。また、店舗に足を運ぶのが難しい海外のコレクターなどに向けたインターネット経由での販売も行っている。

三島由紀夫BIG BOOK「OTOKO NO SHI」

 「OTOKO NO SHI」で使われている写真は、50年前に三島由紀夫氏が「男の死」という写真集の企画のために、写真家篠山紀信氏を指名して、自らを被写体として自死の直前まで撮影させた歴史的なものである。CCCアートラボは、三島氏が企画した「男の死」において装丁する予定であった画家の横尾忠則氏にこの本のデザインを依頼した。写真の選択から編集、デザイン、レイアウトを横尾氏に完全に任せ、篠山氏が撮影したモノクロ写真に横尾氏が色彩を施した前衛的な編集となっている。

 「当時のことをよくご存じの篠山先生と横尾先生と一緒につくることができれば、最高のものができると信じていた」(藤井氏)

 本来なら50年前に刊行されていたはずの写真集が、2020年に超大型写真集BIG BOOKとして刊行された。このことについて藤井氏は「非常に光栄なこと」と語る。

新着トピックス

新着ニュース

PAGE TOP