キーワードで検索

大洋印刷、JETI MIRA導入で印刷物の立体表現へ

特殊印刷で潜在需要喚起〜BtoC市場開拓のツールに

2021年4月9日ケーススタディ

 商業印刷を手掛ける大洋印刷(株)(本社/東京都大田区昭和島1-6-31、林健司社長)は今年2月、顧客とともに創造するアイデアやデザインを「印刷物」に落とし込むデバイスとして、「厚盛り」「3Dレンズ」といった特殊印刷機能を備えたアグフアのハイエンドフラットベッドUVインクジェットプリンタ「JETI MIRA 2716 HS LED」を導入。サイン&ディスプレイ事業における「立体表現」の訴求で、新たな需要創出に乗り出している。

JETI MIRA

「機動力」と「技術力」

 大洋印刷は、1930年に東京・築地で創業された総合印刷会社。現在は、本社機能を持つ東京・昭和島の「t.Palette」と埼玉・加須市のオフ輪工場「TAIYO WAVE」という2つの生産拠点を中心に、デザインから印刷・加工、マルチメディアまで、商業印刷分野をトータルにカバーしている。

 昨年8月に創業90周年を迎えた同社。取締役生産本部長の白井光男氏に「強みは?」と聞くと、ずばり「お客様」という答えが返ってきた。90年におよぶ社歴の中で、大手の流通企業やデザイン広告会社との直接取引を通じて培った「機動力」と「技術力」が同社の成長エンジンになっているようだ。

 それを象徴するきっかけとなったのが、印刷会社として初めて開催したポスター展だ。1985年にレスポンス技術を駆使したイメージミラー展(ポスター展)を開催し、その後も計4回開催。さらに1987年のニューヨーク・アートディレクターズクラブ国際展では日本初の金賞を受賞し、1989年にも2度目の金賞に輝く快挙を成し遂げている。白井本部長は、「これら栄誉を賜る過程で、営業(機動力)と生産(技術)の協業によってお客様の要望をディレクションするという大洋印刷の事業スタイルが育まれた。昨今は、印刷通販ビジネスのようにデータをオンライン入稿すれば印刷物ができる時代ではあるが、その中で当社はお客様と真正面から向き合うという企業姿勢を大切にしている」と胸を張る。

左から、林社長、白井本部長、斎藤執行役員、丹田係長

「これまでできなかったことができるプリンタ」

 商業印刷分野をメインとする同社では、10年ほど前からサイン&ディスプレイ分野にもその守備範囲を拡げている。その中で、既設の大判UVインクジェットプリンタの保守終了にともない設備更新を検討し出したのは昨年のこと。その機種選択における絶対条件となったのは「これまでできなかったことができるプリンタ」である。白井本部長は、「お客様は『他にないもの』を求めているが、従来機ではどうしても小ロットのサイン&ディスプレイ分野の域を脱しないと諦めていた。しかし、コロナ禍にともなう『7割経済』が現実味を帯びつつある中で、広告代理店やデザイナーに対する新たな提案の必要性を痛感するようになった。そこで創造されるアイデアやデザインを『印刷物』に落とし込めるデバイスを条件に機種検討に入った」と振り返る。

 およそ10年ぶりのプリンタ更新となることから、当然のことながら品質や生産性、いわゆる性能向上は必須条件だ。その上で、どのような新しいアプリケーションへの可能性に投資するか。そこで同社が着目したのが「印刷物の立体表現」だ。結果、その条件を満たすプリンタとして、アグフアのハイエンドフラットベッドUVインクジェットプリンタ「JETI MIRA 2716 HS LED」が選定された。

 「圧倒的な生産性」に加え、「新たなアプリケーションへの開発意欲を掻き立てるプリンタ」として高い評価を得るJETI MIRA。その代表的な特殊機能が白インクの「厚盛り」とニスを使った「3Dレンズ印刷」である。

 プリプレス部S&D部担当の齋藤孝之執行役員は、「これら付加価値創造機能は機種選択を左右する大きな要素となった。とくにクリアニスによる3Dレンズ印刷のチェンジング表現は他機にない機能で、導入を決定づけた」と説明する。

 「白インクの厚盛り」は、言うまでもなく、実際のデザインの質感や凹凸感をリアルに表現できる。一方、JETI MIRAによる3Dレンズ印刷とは、専用のソフトウェアを使い、視覚効果によって立体的な表現を実現するもの。裏に6色+白を印刷した後、表にクリアニスで小さな球状のレンズを印字することで3D効果を表現できる。これら特殊機能による多彩な表現への期待をのせて、JETI MIRAは今年2月6日に設置され、すでに商業ベースでの運用が始まっている。

新着トピックス

koenigandbauer_interview2022_tn.jpg

インタビュー|Koenig&Bauer、大きなポテンシャル秘めるデジタル印刷市場

2022年8月3日スペシャリスト

 印刷機メーカーとして世界でもっとも長い歴史を持つドイツ・Koenig&Bauer社。200年以上にわたって革新的な技術やオーダーメイドのプロセス、そして多彩なサービスプログラムによっ...全文を読む

dp_esko_nukina_tn.jpg

エスコグラフィックス、パッケージデザイン制作を「Studio」で効率化

2022年7月1日製品・テクノロジー

 エスコグラフィックス(株)(本社/東京都江東区)は、パッケージデザイン制作の効率化の手段としてデザイナー、トレードショップ、コンバーター向け3Dパッケージングソフトウェア「Studi...全文を読む

最新ニュース

dp_is29s_in_tn.jpg

KOMORI、29インチ枚葉UVインクジェット「インプレミアIS29s」のデモ動画を公開

2022年8月9日

(株)小森コーポレーションが運営するYouTubeチャンネル「Komori Japan」では、新たな動画コンテンツとして「2022 KOMORI特別内覧会 インプレミアIS29s」の配...全文を読む

mimaki_digipark_202207_dp_tn.jpg

ミマキ、長野・佐久市「デジファブパーク」に3Dプリンタで展示協力

2022年7月26日

 (株)ミマキエンジニアリング(本社/長野県東御市、池田和明社長)は、7月23日から9月4日にかけて、佐久市子ども未来館(長野県)で開催される「デジファブパーク」に展示協力し、フルカラ...全文を読む

dp_hp10000cpo_cri_tn.jpg

日本HP、クリエイトに「HP Indigo 10000 CPOデジタル印刷機」を納入

2022年7月21日

 (株)日本HP(本社/東京都港区、岡戸伸樹社長)は、紙袋の製造、販売を行う(株)クリエイト(本社/大阪府大阪市、谷元進社長、以下「クリエイト」)が、B2対応デジタル印刷機「HP In...全文を読む

大洋印刷、JETI MIRA導入で印刷物の立体表現へ

特殊印刷で潜在需要喚起〜BtoC市場開拓のツールに

2021年4月9日ケーススタディ

  • twitter
  • facebook
  • line

 商業印刷を手掛ける大洋印刷(株)(本社/東京都大田区昭和島1-6-31、林健司社長)は今年2月、顧客とともに創造するアイデアやデザインを「印刷物」に落とし込むデバイスとして、「厚盛り」「3Dレンズ」といった特殊印刷機能を備えたアグフアのハイエンドフラットベッドUVインクジェットプリンタ「JETI MIRA 2716 HS LED」を導入。サイン&ディスプレイ事業における「立体表現」の訴求で、新たな需要創出に乗り出している。

JETI MIRA

「機動力」と「技術力」

 大洋印刷は、1930年に東京・築地で創業された総合印刷会社。現在は、本社機能を持つ東京・昭和島の「t.Palette」と埼玉・加須市のオフ輪工場「TAIYO WAVE」という2つの生産拠点を中心に、デザインから印刷・加工、マルチメディアまで、商業印刷分野をトータルにカバーしている。

 昨年8月に創業90周年を迎えた同社。取締役生産本部長の白井光男氏に「強みは?」と聞くと、ずばり「お客様」という答えが返ってきた。90年におよぶ社歴の中で、大手の流通企業やデザイン広告会社との直接取引を通じて培った「機動力」と「技術力」が同社の成長エンジンになっているようだ。

 それを象徴するきっかけとなったのが、印刷会社として初めて開催したポスター展だ。1985年にレスポンス技術を駆使したイメージミラー展(ポスター展)を開催し、その後も計4回開催。さらに1987年のニューヨーク・アートディレクターズクラブ国際展では日本初の金賞を受賞し、1989年にも2度目の金賞に輝く快挙を成し遂げている。白井本部長は、「これら栄誉を賜る過程で、営業(機動力)と生産(技術)の協業によってお客様の要望をディレクションするという大洋印刷の事業スタイルが育まれた。昨今は、印刷通販ビジネスのようにデータをオンライン入稿すれば印刷物ができる時代ではあるが、その中で当社はお客様と真正面から向き合うという企業姿勢を大切にしている」と胸を張る。

左から、林社長、白井本部長、斎藤執行役員、丹田係長

「これまでできなかったことができるプリンタ」

 商業印刷分野をメインとする同社では、10年ほど前からサイン&ディスプレイ分野にもその守備範囲を拡げている。その中で、既設の大判UVインクジェットプリンタの保守終了にともない設備更新を検討し出したのは昨年のこと。その機種選択における絶対条件となったのは「これまでできなかったことができるプリンタ」である。白井本部長は、「お客様は『他にないもの』を求めているが、従来機ではどうしても小ロットのサイン&ディスプレイ分野の域を脱しないと諦めていた。しかし、コロナ禍にともなう『7割経済』が現実味を帯びつつある中で、広告代理店やデザイナーに対する新たな提案の必要性を痛感するようになった。そこで創造されるアイデアやデザインを『印刷物』に落とし込めるデバイスを条件に機種検討に入った」と振り返る。

 およそ10年ぶりのプリンタ更新となることから、当然のことながら品質や生産性、いわゆる性能向上は必須条件だ。その上で、どのような新しいアプリケーションへの可能性に投資するか。そこで同社が着目したのが「印刷物の立体表現」だ。結果、その条件を満たすプリンタとして、アグフアのハイエンドフラットベッドUVインクジェットプリンタ「JETI MIRA 2716 HS LED」が選定された。

 「圧倒的な生産性」に加え、「新たなアプリケーションへの開発意欲を掻き立てるプリンタ」として高い評価を得るJETI MIRA。その代表的な特殊機能が白インクの「厚盛り」とニスを使った「3Dレンズ印刷」である。

 プリプレス部S&D部担当の齋藤孝之執行役員は、「これら付加価値創造機能は機種選択を左右する大きな要素となった。とくにクリアニスによる3Dレンズ印刷のチェンジング表現は他機にない機能で、導入を決定づけた」と説明する。

 「白インクの厚盛り」は、言うまでもなく、実際のデザインの質感や凹凸感をリアルに表現できる。一方、JETI MIRAによる3Dレンズ印刷とは、専用のソフトウェアを使い、視覚効果によって立体的な表現を実現するもの。裏に6色+白を印刷した後、表にクリアニスで小さな球状のレンズを印字することで3D効果を表現できる。これら特殊機能による多彩な表現への期待をのせて、JETI MIRAは今年2月6日に設置され、すでに商業ベースでの運用が始まっている。

新着トピックス

新着ニュース

PAGE TOP