キーワードで検索

丸善印刷、勝田断裁機を初導入 - POD用紙も正確に断裁

断裁位置の微調整がダイヤル式で簡単、ソフトクランプによる安全性を高く評価

2021年4月14日ケーススタディ

 「小ロットというよりも、バリアブル印刷が主流になってきた」。昨今の傾向についてこのように語るのは、全3台のPODを活用し、宛名印字までを含めたチラシやDM、名刺やショップカードなどを手掛ける丸善印刷(株)(本社/名古屋市中川区)の恵利有司社長だ。そんな同社が従来のオフセット印刷物をはじめ、POD印刷物の断裁にも活用しているのが、2020年9月に導入した勝田製作所の四六全判対応の断裁機だ。ダイヤル式のバッグゲージ調整機能は微調整がしやすく、温度や湿度の変化による伸縮でPOD用紙のトンボがズレた場合でも、正確な断裁精度を実現できると評価している。

勝田断裁機の前で恵利社長

小ロット化が加速。バリアブル印刷が主流に

 同社は1967年、恵利定世会長が名古屋市昭和区に創業。以来「企業は人なり」をコンセプトに、事業を発展させてきた。2代目の恵利有司社長は、「迅速、丁寧、美しい印刷を、次の時代に向けて進化させていきたい」と将来を展望しており、一級印刷技能士などの優秀な人材育成をはじめ、UVオフセット印刷機やオンデマンド印刷機、各種加工機など設備投資にも意欲的だ。2020年9月の5色UVオフセット印刷機導入に続いて、オンデマンド印刷の需要拡大に対応し、本年2月には3台目となるPODを導入している。

3台のオンデマンド印刷機を保有する

 「新しく導入したPODは、エアー給紙機構を採用しているため、搬送精度が良くなり、表裏見当も合いやすくなったことから歩留まりも向上した」(恵利社長)。主に宛名印刷までを含めたバリアブル印刷のチラシやDM、小ロットの名刺やショップカードなどに活用しているという。

昨年9月に導入したUVオフセット5色印刷機

 また、同社は3つの関連会社を持っており、WEB、物流、広告の3つの関連会社と同社の4社による「丸善印刷グループ」として、各社の強みを融合させながら、多様化するクライアントニーズに対応している。愛知県に本社を構える同社は、クライアントの7〜8割がトヨタ自動車のディーラーとなっており、チラシやDM、イベント案内、のぼり、ノベルティ関係などの印刷物を提案しているが、「正直、昨今は印刷物よりもWEBコンテンツなどを求められている」(恵利社長)。さらに昨今の傾向としては、小ロット化が加速し、One to Oneのバリアブル印刷が主流になってきているため、今後はオンデマンド印刷にさらに力を入れていきたい考えだ。

新着トピックス

dp_ij_km_1e_dp_tn.jpg

コニカミノルタジャパン、KM-1eで印刷業界のDXを提案

2021年10月6日製品・テクノロジー

 2020年6月、コニカミノルタは、進化を遂げた29インチ枚葉インクジェット印刷機の新モデル「AccurioJet(アキュリオ ジェット)KM-1e(以下、KM-1e)」を全世界に向け...全文を読む

dp_ij_hp_taguti_tn.jpg

日本HP、進化を続けるHPのインクジェット技術

2021年10月5日スペシャリスト

 2012年秋、出版社である講談社は、インクジェット輪転機と後加工システムをインライン接続したフルデジタル書籍生産システムを導入し稼働を開始。これにより国内でもインクジェット技術を活用...全文を読む

最新ニュース

swissQprint、FESPA2021で第4世代フラットベッドプリンタの新モデル

2021年10月11日

 swissQprintの第4世代となるフラットベッドプリンタの新モデルが2021年10月に登場する。10月12日〜15日にオランダ・アムステルダムで開催される「FESPA2021」で...全文を読む

hsf2021_semina_tn.jpg

HSF2021、多彩なテーマを設定したセミナー11セッションを用意

2021年10月7日

 「つながるFactory Automation」をテーマに、パートナー企業各社と連携するポストプレス視点のワークフローを提案していく「Horizon Smart Factory 20...全文を読む

mimaki_3dp3logo_tn.jpg

ミマキ、3Dプリンタで使用する3Dデータのエラー修正と形状を自動で最適化

2021年10月6日

 (株)ミマキエンジニアリング(池田和明社長)は、3Dプリンタの造形時に用いる3Dデータを自動でエラー修正し、形状を最適化するクラウドソフトウェアサービス「Mimaki 3D Prin...全文を読む

丸善印刷、勝田断裁機を初導入 - POD用紙も正確に断裁

断裁位置の微調整がダイヤル式で簡単、ソフトクランプによる安全性を高く評価

2021年4月14日ケーススタディ

  • twitter
  • facebook
  • line

 「小ロットというよりも、バリアブル印刷が主流になってきた」。昨今の傾向についてこのように語るのは、全3台のPODを活用し、宛名印字までを含めたチラシやDM、名刺やショップカードなどを手掛ける丸善印刷(株)(本社/名古屋市中川区)の恵利有司社長だ。そんな同社が従来のオフセット印刷物をはじめ、POD印刷物の断裁にも活用しているのが、2020年9月に導入した勝田製作所の四六全判対応の断裁機だ。ダイヤル式のバッグゲージ調整機能は微調整がしやすく、温度や湿度の変化による伸縮でPOD用紙のトンボがズレた場合でも、正確な断裁精度を実現できると評価している。

勝田断裁機の前で恵利社長

小ロット化が加速。バリアブル印刷が主流に

 同社は1967年、恵利定世会長が名古屋市昭和区に創業。以来「企業は人なり」をコンセプトに、事業を発展させてきた。2代目の恵利有司社長は、「迅速、丁寧、美しい印刷を、次の時代に向けて進化させていきたい」と将来を展望しており、一級印刷技能士などの優秀な人材育成をはじめ、UVオフセット印刷機やオンデマンド印刷機、各種加工機など設備投資にも意欲的だ。2020年9月の5色UVオフセット印刷機導入に続いて、オンデマンド印刷の需要拡大に対応し、本年2月には3台目となるPODを導入している。

3台のオンデマンド印刷機を保有する

 「新しく導入したPODは、エアー給紙機構を採用しているため、搬送精度が良くなり、表裏見当も合いやすくなったことから歩留まりも向上した」(恵利社長)。主に宛名印刷までを含めたバリアブル印刷のチラシやDM、小ロットの名刺やショップカードなどに活用しているという。

昨年9月に導入したUVオフセット5色印刷機

 また、同社は3つの関連会社を持っており、WEB、物流、広告の3つの関連会社と同社の4社による「丸善印刷グループ」として、各社の強みを融合させながら、多様化するクライアントニーズに対応している。愛知県に本社を構える同社は、クライアントの7〜8割がトヨタ自動車のディーラーとなっており、チラシやDM、イベント案内、のぼり、ノベルティ関係などの印刷物を提案しているが、「正直、昨今は印刷物よりもWEBコンテンツなどを求められている」(恵利社長)。さらに昨今の傾向としては、小ロット化が加速し、One to Oneのバリアブル印刷が主流になってきているため、今後はオンデマンド印刷にさらに力を入れていきたい考えだ。

新着トピックス

新着ニュース

PAGE TOP