キーワードで検索

ダックエンジニアリング、検査機を活用したDX提案〜ビジネスモデルや組織の変革が可能

2021年11月18日ケーススタディ

  スマートファクトリーというと、現場の改革と捉えるのが一般的な考え方だ。しかし、ダックエンジニアリング(株)(本社/京都市南区)の氷上好孝社長は、「検査装置の活用を通じて、現場の改革だけでなく、ビジネスモデルや組織の変革が可能になる」と指摘する。同社の検査装置ならびにすべての検査装置のデータを一元管理する「Gallery」の活用により、全社員が問題点を「見える化」できるようになり、経営改革が可能になるという。スマートファクトリー=「DX」というのが同社の考え方だ。

SmartStackerの前で氷上社長(左)とホリゾンの衣川本部長

スマートファクトリーの本来の目的は「利益」


 スマートファクトリーという言葉が叫ばれて久しい。印刷業界では、スマートファクトリーの定義として「自動化」や「無人化」が挙げられがちだが、氷上社長は「スマートファクトリーは利益を生むもの。本来の目的は利益である」と、真の目的を見失って自動化や無人化だけに走る傾向に警鐘を鳴らす。

 「スマートファクトリーの定義は難しく、会社の規模や内容によっても違ってくる。メーカーはどうしてもスマートファクトリーは『これだ』と言いがちだが、そうではない。当社は会社の事情に合わせたスマートファクトリーを提案していきたい」(氷上社長)

 デジタル画像ファイリングシステム「Gallery」は、生産から納品までを管理するシステムで、各工程でデータを集積し、生産の効率化・品質管理の向上を実現する、いわば「不良を作らないシステム」。生産工程では、欠陥分析を行うことで徹底的にムダを削減。不良紙の欠陥分析を行い、印刷機へフィードバックし、不良品発生率を抑えることで生産性向上を可能にする。

 また、内蔵されたAI欠陥分類システムで効率的な検査・処理を実現。欠陥分析情報を最大限に有効活用し、データを活用しながら検品することで、作業効率が格段にアップする。さらに出荷作業をスムーズに行い、集積データから増刷、資料作成も可能で、まさに現場の「品質管理システム」として活用できるものだ。

 「残念ながら検査機はこれまで、印刷不良を出さないための『守り』のシステムとして位置付けられていた。しかし当社の検査装置を使用すれば、印刷不良を作らないことによる利益確保と時間短縮、生産計画の厳守にもつながる。さらに『見える化』により、人材育成にもつながる。『攻め』のシステムとして活用でき、DXを用いた働き方改革へとつながる」(氷上社長)

新着トピックス

dp_watanabe_tukamoto_tn.jpg

富士フイルムBI、ショウルーム「グラフィックコミュニケーション東京」をリニューアル

2021年11月17日企業・経営

 富士フイルムビジネスイノベーション(株)は2021年7月、グラフィックコミュニケーション事業本部の立ち上げにともない、東京・中野坂上のショウルームを「グラフィックコミュニケーション東...全文を読む

dp_kurz_ceo_tn.jpg

クルツジャパン創立50周年記念インタビュー、表面加飾技術で日本の印刷業界に貢献

2021年10月20日企業・経営

 高度な表面加飾技術で印刷物の高付加価値化を支援してきたクルツジャパン(株)は今年、創業50周年を迎える。印刷物に高級感を演出する同社の箔転写技術は、国内印刷業界でも高く評価され、これ...全文を読む

最新ニュース

dp_th6310f_tn.jpg

リコー、高ギャップ印刷対応とインク循環機能を備えた産業用インクジェットヘッド発売

2021年11月17日

 (株)リコー(山下良則社長)は、産業用インクジェットヘッドの新製品として、薄膜ピエゾアクチュエーターを搭載した「RICOH TH6310F」を2021年11月23日よりグローバルで受...全文を読む

dp_2021_11_25_tn.jpg

日本HP、好評につき「海外成功事例に学ぶ 軟包装ビジネスへの新規参入と成功法」を11月25日に再配信

2021年11月17日

 (株)日本HPのオウンドメディア「Tech & Device TV Powered by HP」の印刷業界DXチャネルでは11月25日、「海外成功事例に学ぶ 軟包装ビジネスへの新規参...全文を読む

dp_revoria_one_tn.jpg

富士フイルムBI、オフセットとの連携強化を実現した統合型ワークフローソフトウェアの新バージョン

2021年11月16日

 富士フイルムビジネスイノベーション(株)は11月11日開催のWeb説明会において、印刷市場向けソフトウェアの新バージョン「Revoria One Production Cockpit...全文を読む

ダックエンジニアリング、検査機を活用したDX提案〜ビジネスモデルや組織の変革が可能

2021年11月18日ケーススタディ

  • twitter
  • facebook
  • line

  スマートファクトリーというと、現場の改革と捉えるのが一般的な考え方だ。しかし、ダックエンジニアリング(株)(本社/京都市南区)の氷上好孝社長は、「検査装置の活用を通じて、現場の改革だけでなく、ビジネスモデルや組織の変革が可能になる」と指摘する。同社の検査装置ならびにすべての検査装置のデータを一元管理する「Gallery」の活用により、全社員が問題点を「見える化」できるようになり、経営改革が可能になるという。スマートファクトリー=「DX」というのが同社の考え方だ。

SmartStackerの前で氷上社長(左)とホリゾンの衣川本部長

スマートファクトリーの本来の目的は「利益」


 スマートファクトリーという言葉が叫ばれて久しい。印刷業界では、スマートファクトリーの定義として「自動化」や「無人化」が挙げられがちだが、氷上社長は「スマートファクトリーは利益を生むもの。本来の目的は利益である」と、真の目的を見失って自動化や無人化だけに走る傾向に警鐘を鳴らす。

 「スマートファクトリーの定義は難しく、会社の規模や内容によっても違ってくる。メーカーはどうしてもスマートファクトリーは『これだ』と言いがちだが、そうではない。当社は会社の事情に合わせたスマートファクトリーを提案していきたい」(氷上社長)

 デジタル画像ファイリングシステム「Gallery」は、生産から納品までを管理するシステムで、各工程でデータを集積し、生産の効率化・品質管理の向上を実現する、いわば「不良を作らないシステム」。生産工程では、欠陥分析を行うことで徹底的にムダを削減。不良紙の欠陥分析を行い、印刷機へフィードバックし、不良品発生率を抑えることで生産性向上を可能にする。

 また、内蔵されたAI欠陥分類システムで効率的な検査・処理を実現。欠陥分析情報を最大限に有効活用し、データを活用しながら検品することで、作業効率が格段にアップする。さらに出荷作業をスムーズに行い、集積データから増刷、資料作成も可能で、まさに現場の「品質管理システム」として活用できるものだ。

 「残念ながら検査機はこれまで、印刷不良を出さないための『守り』のシステムとして位置付けられていた。しかし当社の検査装置を使用すれば、印刷不良を作らないことによる利益確保と時間短縮、生産計画の厳守にもつながる。さらに『見える化』により、人材育成にもつながる。『攻め』のシステムとして活用でき、DXを用いた働き方改革へとつながる」(氷上社長)

新着トピックス

新着ニュース

PAGE TOP