キーワードで検索

栄光、HP Indigo 7K導入で同人誌の広色域ニーズに対応

BtoBが次の成長エンジン

2021年12月8日ケーススタディ

 同人誌印刷の国内最大手である(株)栄光(本社/広島県福山市、岡田一社長、https://www.eikou.com)が「HP Indigo 7K デジタル印刷機」を導入した。同機は、RGB色域の再現に適したビビッドピンクとビビッドグリーンを搭載した6色印刷仕様で、広色域のカラー表現を特長としている。同社では、作家のイメージする色を忠実に再現することで同人誌ビジネスの新たなステージへと移行するとともに、その表現力を活かしたBtoB事業拡大に乗り出している。

岡田社長

60万冊/月の同人誌を出荷


 同人誌市場は、コミックマーケットに代表される展示即売イベントに依存するところが大きい。紙媒体の需要が低迷を余儀なくされる中で、成熟期と言われながらも右肩上がりの成長を続けてきたこの市場も、新型コロナウイルス感染症拡大によるイベントの自粛・規制によって少なからずダメージを受けている。ただ、岡田社長は、「同人誌の展示即売イベントは、単なる『購入の場』ではなく、同人誌作家とその支持者、ファン達が直接コミュニケーションをはかることができる場であり、そこにオンラインには置き換えることのできない価値がある。その間を取り持つ媒体として同人誌という紙媒体には大きな強みがある」とし、市場構造を背景とした「力強い需要回復」への期待を語っている。

 岡田社長は、印刷会社でグッズ開発や営業推進に携わる傍ら、自ら作家として某出版社で漫画の連載も手掛けていた人物。1987年から同人誌事業に参入していた栄光の経営を引き継いでからは、「印刷側」と「同人誌作家側」の両方の立場に立った同人誌印刷ビジネスを展開することで、いまや1万ユニークユーザーから年間3万件のオーダーに対応し、月にしておよそ60万冊の同人誌を出荷する国内最大手へと成長を遂げている。

印刷サンプル

新着トピックス

ダックエンジニアリング、ホリゾン製品に全面フルカラーバリアブル印刷検査装置を搭載

2022年4月11日スペシャリスト

「スマートファクトリー」の実現に向けて協業  日本人の品質へのこだわりは、時に海外から「品質クレイジー」と揶揄されることもあると聞いたことがある。印刷物に何らかの「後加工」を加えること...全文を読む

国府印刷社、デジタル加飾で自由度の高いメタリック表現を実現

2022年4月8日ケーススタディ

 「印刷+α」のサービスで高付加価値な印刷物を提供する(株)国府印刷社(本社/福井県越前市、有定耕平社長)に新サービスが誕生した。これは、2022年1月に導入したデジタル加飾印刷機「A...全文を読む

最新ニュース

tmdh_2022_dp_tn.jpg

東京ミッドタウン・デザインハブ、「日本のグラフィックデザイン2022」6月30日から開催

2022年5月27日

 東京ミッドタウン・デザインハブ(構成機関:公益財団法人日本デザイン振興会、公益社団法人日本グラフィックデザイン協会、多摩美術大学TUB)は、第97回企画展「日本のグラフィックデザイン...全文を読む

dp_tpl350uv_200_tn.jpg

SCREEN GA、「Truepress Jet L350UVシリーズ」が出荷台数200台を達成

2022年5月25日

 (株)SCREENグラフィックソリューションズ(SCREEN GA)が開発・製造・販売するUVインクジェットラベルプリンティングシステム「Truepress Jet L350UVシリ...全文を読む

エプソン、大判プリンターなど一部商品の出荷価格を改定

2022年5月24日

 エプソン販売(株)は、一部商品においての出荷価格を7月1日納品分より改定する。  同社では、これまで原材料費の高騰などで製造コストが上昇する中、効率化やコスト削減により出荷価格への転...全文を読む

栄光、HP Indigo 7K導入で同人誌の広色域ニーズに対応

BtoBが次の成長エンジン

2021年12月8日ケーススタディ

  • twitter
  • facebook
  • line

 同人誌印刷の国内最大手である(株)栄光(本社/広島県福山市、岡田一社長、https://www.eikou.com)が「HP Indigo 7K デジタル印刷機」を導入した。同機は、RGB色域の再現に適したビビッドピンクとビビッドグリーンを搭載した6色印刷仕様で、広色域のカラー表現を特長としている。同社では、作家のイメージする色を忠実に再現することで同人誌ビジネスの新たなステージへと移行するとともに、その表現力を活かしたBtoB事業拡大に乗り出している。

岡田社長

60万冊/月の同人誌を出荷


 同人誌市場は、コミックマーケットに代表される展示即売イベントに依存するところが大きい。紙媒体の需要が低迷を余儀なくされる中で、成熟期と言われながらも右肩上がりの成長を続けてきたこの市場も、新型コロナウイルス感染症拡大によるイベントの自粛・規制によって少なからずダメージを受けている。ただ、岡田社長は、「同人誌の展示即売イベントは、単なる『購入の場』ではなく、同人誌作家とその支持者、ファン達が直接コミュニケーションをはかることができる場であり、そこにオンラインには置き換えることのできない価値がある。その間を取り持つ媒体として同人誌という紙媒体には大きな強みがある」とし、市場構造を背景とした「力強い需要回復」への期待を語っている。

 岡田社長は、印刷会社でグッズ開発や営業推進に携わる傍ら、自ら作家として某出版社で漫画の連載も手掛けていた人物。1987年から同人誌事業に参入していた栄光の経営を引き継いでからは、「印刷側」と「同人誌作家側」の両方の立場に立った同人誌印刷ビジネスを展開することで、いまや1万ユニークユーザーから年間3万件のオーダーに対応し、月にしておよそ60万冊の同人誌を出荷する国内最大手へと成長を遂げている。

印刷サンプル

新着トピックス

新着ニュース

PAGE TOP