キーワードで検索

コダック、パッケージング業界向け「PROSPER Plusインプリンティングソリューション」発表

2019年2月13日ニュース

 コダック社は、パッケージング業界向けに新しいKODAK PROSPER Plusインプリンティングソリューションの提供を開始すると発表した。同ソリューションは4つのインプリンティングコンポーネントとインク、プレコーティング剤で構成。ナローフォーマットとワイドフォーマットモデルがあり、これらは、Utecoまたは他の機器ベンダーのオフセット、フレキソ、グラビア印刷機にインラインで搭載できるほか、折り加工や糊付けシステムなどのフィニッシングラインにも実装できる。

KODAK PROSPER Plusインプリンティングソリューション

 同ソリューションは、PROSPER Sシリーズインプリンティングシステムをベースに開発されたもの。最新のStreamインクジェットテクノロジーコンポーネント製品ラインで、パッケージおよび製品装飾アプリケーション向けに設計されており、4つの新しいインプリンティングコンポーネントに加え、段ボール、食品包装フィルム、紙コップ・紙皿、包装紙用の食品安全パッケージングインクとプレコーティング剤が含まれている。同モデルによって印刷会社は、PROSPER6000S(紙器用片面機)とUTECO SAPPHIRE EVO(フレキシブルフィルム対応)ウェブソリューションの補完機能としてコンティニュアスインクジェットを活用できるようになる。

 4つのハードウェア製品には2つのナローフォーマットと2つのワイドフォーマットのモデルが含まれ、最高速度260メートル/分(850fpm)、または600メートル/分(2,000fpm)で印刷が可能。ナローフォーマット設計は、105ミリ(4.13インチ)のシングルジェッティングモジュールで、バーコード、QRコード、プロモーションコンテスト情報、スモールフォーマットのデザインの白黒または4色出力でのインプリンティングに適しており、一方ワイドフォーマット設計は、210ミリ(8.26インチ)デュアルスティッチ製品で、フルページ印刷やダイナミックなレイアウトを必要とする段ボール箱やラベルパッケージングアプリケーションに適している。これらのコンポーネントは、Utecoまたは他の機器ベンダーのオフセット、フレキソ、またはグラビア印刷機にインラインで搭載して活用できる。

 また、折り加工や糊付けシステムといったフィニッシングラインでも実装でき、既存の様々な印刷工程全体にデジタルを柔軟に取り入れることを可能にする。

 より小さなドロップサイズとより高い解像度を備えた新しい印刷モードによって、速乾性に優れた高品質な印刷を実現する。

 一方、コダックはMichelman(www.michelman.com)をはじめとする業界リーダーと協力し、コダックのインクおよびテクノロジーと、PET、ナイロン、ポリプロピレンといった各種材料との互換性をテストしている。また、市販の接着剤、材料、プライマー、コダックのインクジェットインク、フレキソオーバーバーニッシュ、オーバープリントとの互換性を確保できるよう、主要なサプライヤーによる既存のフレキシブルパッケージングソリューションに対する承認を事前に得るために取り組んでいる。

 これらすべてのテクノロジーが、Streamインクジェットテクノロジーを使用するUteco Sapphire EVO印刷機で組み合わされ、ラミネート加工を用いた表面印刷と裏面印刷の両方にソリューションを提供する。

Uteco Sapphire EVO印刷機

 SAPPHIRE EVO印刷機は、Nuova Erreplast社への販売に続いて、日本の(株)金羊社(浅野晋作社長)にも導入される予定だ。

 「このハイブリッドデジタルWeb印刷機の導入は、食品パッケージングやパーソナルケアアイテムを含む多様なアプリケーションで水性インクを使用したフレキシブル材料へのデジタル印刷がもたらす価値を如実に示すもの。Utecoとコダックの経験とノウハウの結合によって拓ける可能性にお客様は注目されている」(Uteco Group・アルド ペレッティCEO)

 コダックブランドのパッケージング向けソリューションに加え、Utecoとコダックは引き続き、環境にやさしい水性インクをフレキシブル材料で使用するハイブリッドデジタルソリューションの開発を進めていく考えで、Uteco Groupは、SAPPHIRE EVO印刷機の開発においてコダックとの協力体制を拡大することに合意しており、ULTRASTREAMインクジェットテクノロジーをいち早く統合して将来の新しいソリューションを推進していく。

 なお、PROSPER Plusコンポーネントの提供開始は2019年4月初旬を予定している。

関連記事

最新ニュース

dp_komori_label_2019_tn.jpg

KOMORI、シール・ラベル印刷業界向けにIJと微細加工を融合したソリューションを提案

2019年7月29日

 (株)小森コーポレーション(本社/東京都墨田区、持田訓社長)は、7月9・10日の2日間、東京ドームシティ内プリズムホールにおいて開催された「ラベルフォーラムジャパン2019」に出展し...全文を読む

dp_prostream_1000_tn.jpg

キヤノン、高画質と幅広いメディア対応を両立したフルカラーインクジェット輪転プリンター発売

2019年7月26日

 キヤノンマーケティングジャパン(株)(坂田正弘社長)とキヤノンプロダクションプリンティングシステムズ(株)(井崎孝社長)は7月25日、東京・下丸子のCEC東京において新製品発表会を開...全文を読む

dp_oki_tokyo_tn.jpg

OKIデータ、利用シーンに合わせてプリンターを体験できる「東京ショールーム」開設

2019年7月25日

 OKIグループのプリンター事業会社OKIデータ(本社/東京都港区、波多野徹社長)は7月23日、プリンター・複合機によって顧客のビジネス拡大や課題解決につながるヒントを提案するショール...全文を読む

mutoh_xpertjet_dp_tn.jpg

武藤工業、エコソルベント大判インクジェットプリンタ2機種発売

2019年7月18日

 武藤工業(株)(本社/東京都世田谷区、早川信正社長)は、高品質・高画質のエコソルベントプリンタ「XpertJet 1682SR」と「同1641SR」を発売する。  「XpertJet...全文を読む

fujixerox_pc2_dp_tn.jpg

富士ゼロックス、統合型ワークフロー実現する「Production Cockpit 2.0」発売

2019年7月12日

 富士ゼロックス(株)(玉井光一社長)は、印刷会社の印刷工程全体の業務最適化に貢献し、統合型ワークフローを実現するソフトウェア商品「Production Cockpit2.0」の国内販...全文を読む

新着トピックス

swissq1_tn.jpg

swissQprint、初のロールtoロール専用機「Karibu」発表

2019年7月19日ケーススタディ

 スイスに本社を構えるswissQprint社は、ワイドフォーマットハイエンドUVフラットベッドプリンタのメーカーとして2007年に設立した。同社製品は世界中でユーザーを拡大しており、...全文を読む

shanon_Jpmd20190717_dp_tn.jpg

シャノンとJPMD、DMの自動印刷・発送機能とMAサービスを連携

2019年7月17日マーケティング

 (株)シャノン(東京都港区、中村健一郎社長)と日本郵政グループの(株)JPメディアダイレクト(東京都港区、中島直樹CEO、以下「JPMD」)は、シャノンが提供するマーケティングオート...全文を読む

keijipack_2_tn.jpg

ケイジパック、「瞬発力」活かした大判インクジェット事業展開

2019年7月10日ケーススタディ

 総合パッケージング企業の(株)ケイジパック(本社/京都市南区吉祥院内河原町10、八木修二社長)は、アグフアの多機能ワイドフォーマットUVインクジェットプリンタ「アナプルナ H 205...全文を読む

コダック、パッケージング業界向け「PROSPER Plusインプリンティングソリューション」発表

2019年2月13日ニュース

  • twitter
  • facebook
  • line
  • pocket

 コダック社は、パッケージング業界向けに新しいKODAK PROSPER Plusインプリンティングソリューションの提供を開始すると発表した。同ソリューションは4つのインプリンティングコンポーネントとインク、プレコーティング剤で構成。ナローフォーマットとワイドフォーマットモデルがあり、これらは、Utecoまたは他の機器ベンダーのオフセット、フレキソ、グラビア印刷機にインラインで搭載できるほか、折り加工や糊付けシステムなどのフィニッシングラインにも実装できる。

KODAK PROSPER Plusインプリンティングソリューション

 同ソリューションは、PROSPER Sシリーズインプリンティングシステムをベースに開発されたもの。最新のStreamインクジェットテクノロジーコンポーネント製品ラインで、パッケージおよび製品装飾アプリケーション向けに設計されており、4つの新しいインプリンティングコンポーネントに加え、段ボール、食品包装フィルム、紙コップ・紙皿、包装紙用の食品安全パッケージングインクとプレコーティング剤が含まれている。同モデルによって印刷会社は、PROSPER6000S(紙器用片面機)とUTECO SAPPHIRE EVO(フレキシブルフィルム対応)ウェブソリューションの補完機能としてコンティニュアスインクジェットを活用できるようになる。

 4つのハードウェア製品には2つのナローフォーマットと2つのワイドフォーマットのモデルが含まれ、最高速度260メートル/分(850fpm)、または600メートル/分(2,000fpm)で印刷が可能。ナローフォーマット設計は、105ミリ(4.13インチ)のシングルジェッティングモジュールで、バーコード、QRコード、プロモーションコンテスト情報、スモールフォーマットのデザインの白黒または4色出力でのインプリンティングに適しており、一方ワイドフォーマット設計は、210ミリ(8.26インチ)デュアルスティッチ製品で、フルページ印刷やダイナミックなレイアウトを必要とする段ボール箱やラベルパッケージングアプリケーションに適している。これらのコンポーネントは、Utecoまたは他の機器ベンダーのオフセット、フレキソ、またはグラビア印刷機にインラインで搭載して活用できる。

 また、折り加工や糊付けシステムといったフィニッシングラインでも実装でき、既存の様々な印刷工程全体にデジタルを柔軟に取り入れることを可能にする。

 より小さなドロップサイズとより高い解像度を備えた新しい印刷モードによって、速乾性に優れた高品質な印刷を実現する。

 一方、コダックはMichelman(www.michelman.com)をはじめとする業界リーダーと協力し、コダックのインクおよびテクノロジーと、PET、ナイロン、ポリプロピレンといった各種材料との互換性をテストしている。また、市販の接着剤、材料、プライマー、コダックのインクジェットインク、フレキソオーバーバーニッシュ、オーバープリントとの互換性を確保できるよう、主要なサプライヤーによる既存のフレキシブルパッケージングソリューションに対する承認を事前に得るために取り組んでいる。

 これらすべてのテクノロジーが、Streamインクジェットテクノロジーを使用するUteco Sapphire EVO印刷機で組み合わされ、ラミネート加工を用いた表面印刷と裏面印刷の両方にソリューションを提供する。

Uteco Sapphire EVO印刷機

 SAPPHIRE EVO印刷機は、Nuova Erreplast社への販売に続いて、日本の(株)金羊社(浅野晋作社長)にも導入される予定だ。

 「このハイブリッドデジタルWeb印刷機の導入は、食品パッケージングやパーソナルケアアイテムを含む多様なアプリケーションで水性インクを使用したフレキシブル材料へのデジタル印刷がもたらす価値を如実に示すもの。Utecoとコダックの経験とノウハウの結合によって拓ける可能性にお客様は注目されている」(Uteco Group・アルド ペレッティCEO)

 コダックブランドのパッケージング向けソリューションに加え、Utecoとコダックは引き続き、環境にやさしい水性インクをフレキシブル材料で使用するハイブリッドデジタルソリューションの開発を進めていく考えで、Uteco Groupは、SAPPHIRE EVO印刷機の開発においてコダックとの協力体制を拡大することに合意しており、ULTRASTREAMインクジェットテクノロジーをいち早く統合して将来の新しいソリューションを推進していく。

 なお、PROSPER Plusコンポーネントの提供開始は2019年4月初旬を予定している。

関連記事

新着ニュース

新着トピックス

PAGE TOP