キーワードで検索

コダック、パッケージング業界向け「PROSPER Plusインプリンティングソリューション」発表

2019年2月13日ニュース

 コダック社は、パッケージング業界向けに新しいKODAK PROSPER Plusインプリンティングソリューションの提供を開始すると発表した。同ソリューションは4つのインプリンティングコンポーネントとインク、プレコーティング剤で構成。ナローフォーマットとワイドフォーマットモデルがあり、これらは、Utecoまたは他の機器ベンダーのオフセット、フレキソ、グラビア印刷機にインラインで搭載できるほか、折り加工や糊付けシステムなどのフィニッシングラインにも実装できる。

KODAK PROSPER Plusインプリンティングソリューション

 同ソリューションは、PROSPER Sシリーズインプリンティングシステムをベースに開発されたもの。最新のStreamインクジェットテクノロジーコンポーネント製品ラインで、パッケージおよび製品装飾アプリケーション向けに設計されており、4つの新しいインプリンティングコンポーネントに加え、段ボール、食品包装フィルム、紙コップ・紙皿、包装紙用の食品安全パッケージングインクとプレコーティング剤が含まれている。同モデルによって印刷会社は、PROSPER6000S(紙器用片面機)とUTECO SAPPHIRE EVO(フレキシブルフィルム対応)ウェブソリューションの補完機能としてコンティニュアスインクジェットを活用できるようになる。

 4つのハードウェア製品には2つのナローフォーマットと2つのワイドフォーマットのモデルが含まれ、最高速度260メートル/分(850fpm)、または600メートル/分(2,000fpm)で印刷が可能。ナローフォーマット設計は、105ミリ(4.13インチ)のシングルジェッティングモジュールで、バーコード、QRコード、プロモーションコンテスト情報、スモールフォーマットのデザインの白黒または4色出力でのインプリンティングに適しており、一方ワイドフォーマット設計は、210ミリ(8.26インチ)デュアルスティッチ製品で、フルページ印刷やダイナミックなレイアウトを必要とする段ボール箱やラベルパッケージングアプリケーションに適している。これらのコンポーネントは、Utecoまたは他の機器ベンダーのオフセット、フレキソ、またはグラビア印刷機にインラインで搭載して活用できる。

 また、折り加工や糊付けシステムといったフィニッシングラインでも実装でき、既存の様々な印刷工程全体にデジタルを柔軟に取り入れることを可能にする。

 より小さなドロップサイズとより高い解像度を備えた新しい印刷モードによって、速乾性に優れた高品質な印刷を実現する。

 一方、コダックはMichelman(www.michelman.com)をはじめとする業界リーダーと協力し、コダックのインクおよびテクノロジーと、PET、ナイロン、ポリプロピレンといった各種材料との互換性をテストしている。また、市販の接着剤、材料、プライマー、コダックのインクジェットインク、フレキソオーバーバーニッシュ、オーバープリントとの互換性を確保できるよう、主要なサプライヤーによる既存のフレキシブルパッケージングソリューションに対する承認を事前に得るために取り組んでいる。

 これらすべてのテクノロジーが、Streamインクジェットテクノロジーを使用するUteco Sapphire EVO印刷機で組み合わされ、ラミネート加工を用いた表面印刷と裏面印刷の両方にソリューションを提供する。

Uteco Sapphire EVO印刷機

 SAPPHIRE EVO印刷機は、Nuova Erreplast社への販売に続いて、日本の(株)金羊社(浅野晋作社長)にも導入される予定だ。

 「このハイブリッドデジタルWeb印刷機の導入は、食品パッケージングやパーソナルケアアイテムを含む多様なアプリケーションで水性インクを使用したフレキシブル材料へのデジタル印刷がもたらす価値を如実に示すもの。Utecoとコダックの経験とノウハウの結合によって拓ける可能性にお客様は注目されている」(Uteco Group・アルド ペレッティCEO)

 コダックブランドのパッケージング向けソリューションに加え、Utecoとコダックは引き続き、環境にやさしい水性インクをフレキシブル材料で使用するハイブリッドデジタルソリューションの開発を進めていく考えで、Uteco Groupは、SAPPHIRE EVO印刷機の開発においてコダックとの協力体制を拡大することに合意しており、ULTRASTREAMインクジェットテクノロジーをいち早く統合して将来の新しいソリューションを推進していく。

 なお、PROSPER Plusコンポーネントの提供開始は2019年4月初旬を予定している。

関連記事

最新ニュース

ホタルコーポレーション、3Dクリエイターのプリント作品を販売

2020年4月6日

 (株)ホタルコーポレーション(本社/大阪市住之江、福永進社長)は、フルカラー3DIJプリント受注の専門サイト「hotaru3d.com」において、クリエイターのフルカラー3Dプリント...全文を読む

jetpress750s_release_tn.jpg

RMGT、B2サイズ枚葉デジタルプレス「Jet Press 750S」の国内販売開始

2020年4月2日

 リョービMHIグラフィックテクノロジー(株)(広川勝士社長、以下「RMGT」)は、富士フイルムデジタルプレス(株)が取り扱うB2サイズ枚葉型インクジェットデジタルプレス「Jet Pr...全文を読む

dp_hp_3d_korona_tn.jpg

HP社、3Dプリンティングソリューションを活用した新型コロナ感染症対策への支援を実施

2020年4月2日

 HP社と同社がグローバルで展開しているデジタルマニュファクチャリングコミュニティは、3Dプリンティングのチーム、テクノロジー、経験、生産能力を結集して、世界的に流行している新型コロナ...全文を読む

gallus_labelfire340_dp_tn.jpg

DKSH、デジタルラベル加工機「Labelfire340」が日本に初上陸

2020年4月1日

 DKSHジャパン(株)(本社/東京都港区、マイケル・ロフラード社長)はこのほど、同社が日本市場における独占販売代理店をつとめるスイス・ガルス社製モジュール式デジタルラベル加工ソリュー...全文を読む

mimaki_3dgd-1800_dp_tn.jpg

ミマキ、立体看板や造形サインに適した大型3Dプリンタ発売

2020年4月1日

 (株)ミマキエンジニアリング(池田和明社長)は、立体看板や造形サインに適した大型3Dプリンタ「3DGD-1800」の販売を開始する。  「3DGD-1800」は、ジェル状の紫外線硬化...全文を読む

新着トピックス

共進ペイパー&パッケージ、デジタル印刷による通販サービス好調

2020年4月9日ケーススタディ

 (株)共進ペイパー&パッケージ(本社/神戸市中央区、鍛治川清司社長)では、デジタル印刷機を活用した通販サービスの展開が軌道に乗っている。鍛治川和広常務取締役は「B1デジタル印刷機プラ...全文を読む

日本オフィスラミネーター、デジタル印刷対応のラミネーター提供

2020年4月9日製品・テクノロジー

 日本オフィスラミネーター(株)(=JOL、本社/東京都千代田区、浜田徹社長)は、ロール式ラミネーター、業務用全自動ラミネーターのラインアップを豊富に取り揃え、あらゆるユーザーニーズに...全文を読む

ホタルコーポレーション、フルカラー3DIJプリントサービスで新市場創出

2020年4月7日ケーススタディ

 (株)ホタルコーポレーション(大阪市住之江、福永進社長)は、フルカラー3DIJプリンタによる新市場創出を目指した飽くなき挑戦を続けている。同社はこれまでも様々なイベントなどに出展・協...全文を読む

コダック、パッケージング業界向け「PROSPER Plusインプリンティングソリューション」発表

2019年2月13日ニュース

  • twitter
  • facebook
  • line
  • pocket

 コダック社は、パッケージング業界向けに新しいKODAK PROSPER Plusインプリンティングソリューションの提供を開始すると発表した。同ソリューションは4つのインプリンティングコンポーネントとインク、プレコーティング剤で構成。ナローフォーマットとワイドフォーマットモデルがあり、これらは、Utecoまたは他の機器ベンダーのオフセット、フレキソ、グラビア印刷機にインラインで搭載できるほか、折り加工や糊付けシステムなどのフィニッシングラインにも実装できる。

KODAK PROSPER Plusインプリンティングソリューション

 同ソリューションは、PROSPER Sシリーズインプリンティングシステムをベースに開発されたもの。最新のStreamインクジェットテクノロジーコンポーネント製品ラインで、パッケージおよび製品装飾アプリケーション向けに設計されており、4つの新しいインプリンティングコンポーネントに加え、段ボール、食品包装フィルム、紙コップ・紙皿、包装紙用の食品安全パッケージングインクとプレコーティング剤が含まれている。同モデルによって印刷会社は、PROSPER6000S(紙器用片面機)とUTECO SAPPHIRE EVO(フレキシブルフィルム対応)ウェブソリューションの補完機能としてコンティニュアスインクジェットを活用できるようになる。

 4つのハードウェア製品には2つのナローフォーマットと2つのワイドフォーマットのモデルが含まれ、最高速度260メートル/分(850fpm)、または600メートル/分(2,000fpm)で印刷が可能。ナローフォーマット設計は、105ミリ(4.13インチ)のシングルジェッティングモジュールで、バーコード、QRコード、プロモーションコンテスト情報、スモールフォーマットのデザインの白黒または4色出力でのインプリンティングに適しており、一方ワイドフォーマット設計は、210ミリ(8.26インチ)デュアルスティッチ製品で、フルページ印刷やダイナミックなレイアウトを必要とする段ボール箱やラベルパッケージングアプリケーションに適している。これらのコンポーネントは、Utecoまたは他の機器ベンダーのオフセット、フレキソ、またはグラビア印刷機にインラインで搭載して活用できる。

 また、折り加工や糊付けシステムといったフィニッシングラインでも実装でき、既存の様々な印刷工程全体にデジタルを柔軟に取り入れることを可能にする。

 より小さなドロップサイズとより高い解像度を備えた新しい印刷モードによって、速乾性に優れた高品質な印刷を実現する。

 一方、コダックはMichelman(www.michelman.com)をはじめとする業界リーダーと協力し、コダックのインクおよびテクノロジーと、PET、ナイロン、ポリプロピレンといった各種材料との互換性をテストしている。また、市販の接着剤、材料、プライマー、コダックのインクジェットインク、フレキソオーバーバーニッシュ、オーバープリントとの互換性を確保できるよう、主要なサプライヤーによる既存のフレキシブルパッケージングソリューションに対する承認を事前に得るために取り組んでいる。

 これらすべてのテクノロジーが、Streamインクジェットテクノロジーを使用するUteco Sapphire EVO印刷機で組み合わされ、ラミネート加工を用いた表面印刷と裏面印刷の両方にソリューションを提供する。

Uteco Sapphire EVO印刷機

 SAPPHIRE EVO印刷機は、Nuova Erreplast社への販売に続いて、日本の(株)金羊社(浅野晋作社長)にも導入される予定だ。

 「このハイブリッドデジタルWeb印刷機の導入は、食品パッケージングやパーソナルケアアイテムを含む多様なアプリケーションで水性インクを使用したフレキシブル材料へのデジタル印刷がもたらす価値を如実に示すもの。Utecoとコダックの経験とノウハウの結合によって拓ける可能性にお客様は注目されている」(Uteco Group・アルド ペレッティCEO)

 コダックブランドのパッケージング向けソリューションに加え、Utecoとコダックは引き続き、環境にやさしい水性インクをフレキシブル材料で使用するハイブリッドデジタルソリューションの開発を進めていく考えで、Uteco Groupは、SAPPHIRE EVO印刷機の開発においてコダックとの協力体制を拡大することに合意しており、ULTRASTREAMインクジェットテクノロジーをいち早く統合して将来の新しいソリューションを推進していく。

 なお、PROSPER Plusコンポーネントの提供開始は2019年4月初旬を予定している。

関連記事

新着ニュース

新着トピックス

PAGE TOP