キーワードで検索

スコディックスジャパンオフィス、感性に響く加工を演出 〜 杉山伸一GMに聞く

多彩な機能で究極のデジタル加飾 〜 ニス+デジタル箔をワンパスまたはツーパス処理

2017年6月15日製品・テクノロジースペシャリスト

 今年2月、(株)メディアテクノロジージャパンのショールーム「ホワイトカンバスMON-NAKA」(東京都江東区)にUVインクジェット方式のデジタルエンボスシステム「Scodix Ultra pro(スコディックス ウルトラ プロ)+Foil」が設置された。B2サイズ対応モデルとして開発された同機は、デジタル箔オプション「Foilユニット」と連結することで従来のスポットニスによる立体感に加え、デジタル箔による多彩なメタリック表現が可能となった。今回、スコディックスジャパンオフィスの杉山伸一GMに、同機がもたらすデジタル加飾の可能性などについて伺った。
杉山 GM
 現在の印刷業界において、製版や印刷といった工程は、CTPやデジタル印刷機などの登場により、デジタル化が進んでいる。しかし、後加工については、あまり進捗していないのが現状だ。その後加工のデジタル化を目的にScodix社(イスラエル)が開発したのが、デジタル加飾システム「Scodix」シリーズである。その最新モデルとして生産性を大幅に向上し、さらに多彩なデジタル加飾を1台で完結できるシステムが「ホワイトカンバスMON-NAKA」に設置された「Scodix Ultra pro+Foil」である。

 大きな特徴の1つとして挙げられるのが、「Scodix Ultra pro」にインライン接続できる専用の箔処理装置「Foilユニット」だ。これは「Scodix Ultra pro」で出力されたポリマー(ニス)を接着剤としてデジタル箔加工を行うもの。

 これにより、デジタル加飾のバリエーションも広がり、また、印刷物発注者や一般消費者の興味を引きつける印刷物提供が可能となった。
ホワイトカンバスMON-NAKAに設置されたScodix Ultra pro+Foil
 これまで印刷会社では、ニス加工や箔押し加工などの特殊加工は、それぞれ専門業者に委託していた。つまり外注である。この生産工程では、コストだけでなく時間がかかってしまう。この一連の工程の内製化に「Scodix Ultra pro+Foil」が大きく貢献できる。

 従来のアナログ式の箔押し加工では、型が必要となる。しかし「Scodix Ultra pro」は、デジタルデータさえあれば、どんな加工でも型を必要とせずに行うことができる。これにより型代コストを削減でき、また、型を作成する時間も必要ないので納期を大幅に短縮できる。さらに言えば、微細な箔押し加工が求められるようなデザインは、アナログ式の箔押しでは対応することは不可能だが、「Scodix Ultra pro」であれば、どんな緻密なデザインであってもデータ通りに箔押し加工を行うことができる。また、オペレータの匠な技術も必要としない。
ニス+デジタル箔で高級感を演出

関連記事

新着トピックス

dp_vpr20a_tn.jpg

ミヤコシ、デジタル印刷を活かすバリアブル加工機発表

2020年1月7日製品・テクノロジー

 (株)ミヤコシ(本社/千葉県習志野市、宮腰亨社長)は昨年12月10日・11日の両日、(株)宮腰デジタルシステムズ(秋田県横手市)において、「バリアブル加工機内覧会」を開催し、会期2日...全文を読む

Web to Pack ショップでカスタマイズされたアドベントカレンダーを注文できる

ハイデルベルグ社、クリスマスを盛り上げるハイデルベルグのファイアファミリー

2019年12月25日ケーススタディ

 今年もクリスマスを盛り上げるために、プライベートやビジネスシーンでパーソナライズされたクリスマスカードが贈られている。革新的なアプリケーションを備え、多様な要望に応えることができる印...全文を読む

最新ニュース

xeikon-cafe-in-japan-2020_dp_tn.jpg

FFGSグラフィックサプライ、「Xeikon Cafe in Japan 2020」に協賛

2020年2月4日

 FFGSグラフィックサプライ(株)(加藤好洋社長)が協賛する「Xeikon Cafe in Japan 2020」が2月20・21日の2日間、東京・文京区のザイコンジャパンショールー...全文を読む

apogee-subscription_dp_tn.jpg

アグフア、アポジーをサブスクリプション方式で提供

2020年2月4日

 日本アグフア・ゲバルト(株)(岡本勝弘社長)は、プリプレスワークフロー「アポジー」の新サービス「APOGEE Subscription(アポジー・サブスクリプション)」の提供を開始し...全文を読む

dp_xerox_tona_atu_tn.jpg

富士ゼロックス、複合機やプリンターに搭載できる圧着機能を持った特殊トナー開発

2020年1月30日

 富士ゼロックス(株)(本社/東京都港区、玉井光一社長)は、圧着はがきなどへの活用が可能な業界初の接着機能を持つ特殊トナーを開発した。  同トナーは、従来のトナーと同時に複合機・プリン...全文を読む

スコディックスジャパンオフィス、感性に響く加工を演出 〜 杉山伸一GMに聞く

多彩な機能で究極のデジタル加飾 〜 ニス+デジタル箔をワンパスまたはツーパス処理

2017年6月15日製品・テクノロジースペシャリスト

  • twitter
  • facebook
  • line
  • pocket

 今年2月、(株)メディアテクノロジージャパンのショールーム「ホワイトカンバスMON-NAKA」(東京都江東区)にUVインクジェット方式のデジタルエンボスシステム「Scodix Ultra pro(スコディックス ウルトラ プロ)+Foil」が設置された。B2サイズ対応モデルとして開発された同機は、デジタル箔オプション「Foilユニット」と連結することで従来のスポットニスによる立体感に加え、デジタル箔による多彩なメタリック表現が可能となった。今回、スコディックスジャパンオフィスの杉山伸一GMに、同機がもたらすデジタル加飾の可能性などについて伺った。
杉山 GM
 現在の印刷業界において、製版や印刷といった工程は、CTPやデジタル印刷機などの登場により、デジタル化が進んでいる。しかし、後加工については、あまり進捗していないのが現状だ。その後加工のデジタル化を目的にScodix社(イスラエル)が開発したのが、デジタル加飾システム「Scodix」シリーズである。その最新モデルとして生産性を大幅に向上し、さらに多彩なデジタル加飾を1台で完結できるシステムが「ホワイトカンバスMON-NAKA」に設置された「Scodix Ultra pro+Foil」である。

 大きな特徴の1つとして挙げられるのが、「Scodix Ultra pro」にインライン接続できる専用の箔処理装置「Foilユニット」だ。これは「Scodix Ultra pro」で出力されたポリマー(ニス)を接着剤としてデジタル箔加工を行うもの。

 これにより、デジタル加飾のバリエーションも広がり、また、印刷物発注者や一般消費者の興味を引きつける印刷物提供が可能となった。
ホワイトカンバスMON-NAKAに設置されたScodix Ultra pro+Foil
 これまで印刷会社では、ニス加工や箔押し加工などの特殊加工は、それぞれ専門業者に委託していた。つまり外注である。この生産工程では、コストだけでなく時間がかかってしまう。この一連の工程の内製化に「Scodix Ultra pro+Foil」が大きく貢献できる。

 従来のアナログ式の箔押し加工では、型が必要となる。しかし「Scodix Ultra pro」は、デジタルデータさえあれば、どんな加工でも型を必要とせずに行うことができる。これにより型代コストを削減でき、また、型を作成する時間も必要ないので納期を大幅に短縮できる。さらに言えば、微細な箔押し加工が求められるようなデザインは、アナログ式の箔押しでは対応することは不可能だが、「Scodix Ultra pro」であれば、どんな緻密なデザインであってもデータ通りに箔押し加工を行うことができる。また、オペレータの匠な技術も必要としない。
ニス+デジタル箔で高級感を演出

関連記事

新着トピックス

新着ニュース

PAGE TOP