キーワードで検索

テクノロジーは力強い:波に乗るか、吞まれるか?

2018年7月4日企業・経営スペシャリスト

一般社団法人PODi

一般社団法人PODi

1996年に米国で誕生した世界最大のデジタル印刷推進団体。印刷会社800社、ベンダー50社以上が参加し、デジタル印刷を活用した成功事例をはじめ、多くの情報を会員向けに公開している。また、WhatTheyThinkをはじめDMAなどの海外の団体と提携し、その主要なニュースを日本語版で配信している。

http://www.podi.or.jp

 「我々にとって価値がない」と印刷に関する発言があったのは、私(Webb博士)が参加したCEOのパネルディスカッションであった。受け入れがたいが、驚きはしなかった。そのコメントは何を意味したのか?これからの新しいメディアの大刷新のことであろうか?ここから私(Webb博士)はスマートフォンが情報の検索とシェアにおいて急成長していることと、それが年末商戦にどう影響を与えているのかを調べることとなった。これが印刷、印刷会社、そして企業買収にどういう影響を与えるのか?

変わりつつある印刷

 我々はメディアの変遷の重要な局面にいるようだ:スマートフォンによるモバイルの成長である。マーケティングをテーマとするCEOのパネルディスカッションに参加させていただいた。参加者の1人、B2B、B2C向けの宝石製造業のCEOが、今はデジタルメディアしか利用しないという。最も重要なコメントは、「効果測定が不能なので、価値が無い」という。印刷物の事である。

 もちろん、印刷物の効果測定は可能だが、デジタルを測定する方法とは異なるのだ。カタログ及びダイレクトマーケティング業界はデジタルで行っている分析コンセプトの元々の開発者であっただろう。

 本当に「測定不能」と言いたかったのか?実際にそう言ったのだが、現在のデジタルメディアと比較してそういう意見になったようだ。デジタルメディアであれば、フィードバック(結果)は瞬間である。印刷の場合は、効果を測定するには時間がかかる。なぜなら、フィードバックを受け取るには物理的な印刷物の配送プロセスが必要である。フリーダイヤルは、フィードバックのプロセスを激変させ、画期的であった。効果測定から、時間とコストという障壁を取り除いた。これはマルチチャネルのコミュニケーションの初期段階であった。ひとつのメディアがフィードバックを求め、別のメディアを使って獲得している。

 あなたは印刷のプロジェクトに分析を組み込んでいるか?既存顧客に勧めているか?自社のプロジェクトに活かしているか?

 コミュニケーションに印刷物を使わざるを得なかった時代に、印刷会社は印刷物の効果にではなく、その品質に集中していた。時が経つにつれて新たな技術が印刷生産の差を縮め、印刷知識をソフトウェアプログラミングに変換させ、実際に印刷を行うスキルの重要性が減少してきた。依然として品質の違いはあるものの、その差が収縮してきて、顧客に「印刷会社はすべて同じ」と思われることとなった。二流の印刷物ですら、かつてより格段によくなった。

 他のメディアからの競争が起こった後、投下した予算へのROI(投資の収益)が必要な評価となった。印刷会社のセールスチーム及び経営者は、メディア選択プロセスの変化を把握するのが遅かった。彼らが責任を負ったのは、結果に対してではなく、画像の忠実な再現であった。

 現在の最も成功している印刷会社は、まずデジタルメディアのインフラストラクチャーを待ち、そして代理店のように特定のメディアに関わらず、結果に対しての責任をもつ姿勢を有している。印刷物の配達を行っている人々には厳しいことである。印刷に新規性と興奮をもたらすには、現在のダイナミックなコミュニケーション市場に没頭することから生まれるであろう。印刷は他のメディアと共同で、ターゲットの顧客を結び付ける強力な武器となり、分析することによってよりよい方向を向くのである。印刷会社は「印刷物を提供」すれば終わりと考えてしまい、他のことを考えづらくなっている。

関連記事

新着トピックス

keijipack_2_tn.jpg

ケイジパック、「瞬発力」活かした大判インクジェット事業展開

2019年7月10日ケーススタディ

 総合パッケージング企業の(株)ケイジパック(本社/京都市南区吉祥院内河原町10、八木修二社長)は、アグフアの多機能ワイドフォーマットUVインクジェットプリンタ「アナプルナ H 205...全文を読む

swissQprint、Fespa2019で初のロールtoロール専用機「Karibu」発表

2019年6月14日製品・テクノロジー

 swissQprintは、同社初のロールtoロール専用機「Karibu(カリブ)」を今年5月にドイツ・ミュンヘンで開催されたFespa2019において発表した。同機は多彩な機能を搭載...全文を読む

最新ニュース

dp_komori_label_2019_tn.jpg

KOMORI、シール・ラベル印刷業界向けにIJと微細加工を融合したソリューションを提案

2019年7月29日

 (株)小森コーポレーション(本社/東京都墨田区、持田訓社長)は、7月9・10日の2日間、東京ドームシティ内プリズムホールにおいて開催された「ラベルフォーラムジャパン2019」に出展し...全文を読む

dp_prostream_1000_tn.jpg

キヤノン、高画質と幅広いメディア対応を両立したフルカラーインクジェット輪転プリンター発売

2019年7月26日

 キヤノンマーケティングジャパン(株)(坂田正弘社長)とキヤノンプロダクションプリンティングシステムズ(株)(井崎孝社長)は7月25日、東京・下丸子のCEC東京において新製品発表会を開...全文を読む

dp_oki_tokyo_tn.jpg

OKIデータ、利用シーンに合わせてプリンターを体験できる「東京ショールーム」開設

2019年7月25日

 OKIグループのプリンター事業会社OKIデータ(本社/東京都港区、波多野徹社長)は7月23日、プリンター・複合機によって顧客のビジネス拡大や課題解決につながるヒントを提案するショール...全文を読む

テクノロジーは力強い:波に乗るか、吞まれるか?

2018年7月4日企業・経営スペシャリスト

  • twitter
  • facebook
  • line
  • pocket
一般社団法人PODi

一般社団法人PODi

1996年に米国で誕生した世界最大のデジタル印刷推進団体。印刷会社800社、ベンダー50社以上が参加し、デジタル印刷を活用した成功事例をはじめ、多くの情報を会員向けに公開している。また、WhatTheyThinkをはじめDMAなどの海外の団体と提携し、その主要なニュースを日本語版で配信している。

http://www.podi.or.jp

 「我々にとって価値がない」と印刷に関する発言があったのは、私(Webb博士)が参加したCEOのパネルディスカッションであった。受け入れがたいが、驚きはしなかった。そのコメントは何を意味したのか?これからの新しいメディアの大刷新のことであろうか?ここから私(Webb博士)はスマートフォンが情報の検索とシェアにおいて急成長していることと、それが年末商戦にどう影響を与えているのかを調べることとなった。これが印刷、印刷会社、そして企業買収にどういう影響を与えるのか?

変わりつつある印刷

 我々はメディアの変遷の重要な局面にいるようだ:スマートフォンによるモバイルの成長である。マーケティングをテーマとするCEOのパネルディスカッションに参加させていただいた。参加者の1人、B2B、B2C向けの宝石製造業のCEOが、今はデジタルメディアしか利用しないという。最も重要なコメントは、「効果測定が不能なので、価値が無い」という。印刷物の事である。

 もちろん、印刷物の効果測定は可能だが、デジタルを測定する方法とは異なるのだ。カタログ及びダイレクトマーケティング業界はデジタルで行っている分析コンセプトの元々の開発者であっただろう。

 本当に「測定不能」と言いたかったのか?実際にそう言ったのだが、現在のデジタルメディアと比較してそういう意見になったようだ。デジタルメディアであれば、フィードバック(結果)は瞬間である。印刷の場合は、効果を測定するには時間がかかる。なぜなら、フィードバックを受け取るには物理的な印刷物の配送プロセスが必要である。フリーダイヤルは、フィードバックのプロセスを激変させ、画期的であった。効果測定から、時間とコストという障壁を取り除いた。これはマルチチャネルのコミュニケーションの初期段階であった。ひとつのメディアがフィードバックを求め、別のメディアを使って獲得している。

 あなたは印刷のプロジェクトに分析を組み込んでいるか?既存顧客に勧めているか?自社のプロジェクトに活かしているか?

 コミュニケーションに印刷物を使わざるを得なかった時代に、印刷会社は印刷物の効果にではなく、その品質に集中していた。時が経つにつれて新たな技術が印刷生産の差を縮め、印刷知識をソフトウェアプログラミングに変換させ、実際に印刷を行うスキルの重要性が減少してきた。依然として品質の違いはあるものの、その差が収縮してきて、顧客に「印刷会社はすべて同じ」と思われることとなった。二流の印刷物ですら、かつてより格段によくなった。

 他のメディアからの競争が起こった後、投下した予算へのROI(投資の収益)が必要な評価となった。印刷会社のセールスチーム及び経営者は、メディア選択プロセスの変化を把握するのが遅かった。彼らが責任を負ったのは、結果に対してではなく、画像の忠実な再現であった。

 現在の最も成功している印刷会社は、まずデジタルメディアのインフラストラクチャーを待ち、そして代理店のように特定のメディアに関わらず、結果に対しての責任をもつ姿勢を有している。印刷物の配達を行っている人々には厳しいことである。印刷に新規性と興奮をもたらすには、現在のダイナミックなコミュニケーション市場に没頭することから生まれるであろう。印刷は他のメディアと共同で、ターゲットの顧客を結び付ける強力な武器となり、分析することによってよりよい方向を向くのである。印刷会社は「印刷物を提供」すれば終わりと考えてしまい、他のことを考えづらくなっている。

関連記事

新着トピックス

新着ニュース

PAGE TOP