キーワードで検索

クライアントは印刷会社を信頼している...だからデータについて考える時が来た

2018年8月7日マーケティングスペシャリスト

一般社団法人PODi

一般社団法人PODi

1996年に米国で誕生した世界最大のデジタル印刷推進団体。印刷会社800社、ベンダー50社以上が参加し、デジタル印刷を活用した成功事例をはじめ、多くの情報を会員向けに公開している。また、WhatTheyThinkをはじめDMAなどの海外の団体と提携し、その主要なニュースを日本語版で配信している。

http://www.podi.or.jp

 企業は、大小かかわらず、マーケティングデータを活用しようとしている。だが、実際はそれをいかに有効活用すべきか悩んでいて、指南してくれるパートナーを探しているのだ。統合型サービスプロバイダがいれば彼らの助け舟になるだろう。当記事は、クライアントが必要とするデータドリブンマーケティングサービスをいかに提供するかについて触れていきたい。

 マーケターが成功するには、顧客の行動と嗜好を知り、ニーズにあった製品とサービスを提供しなくてはならない。マーケターの手には余るほどの顧客データがあり、最適なチャネルを通じてレレバント(自分の関心やニーズに合っていると感じるよう)なメッセージを届けるための技術も巷にある。 企業は規模の大小に関わらず、データを活用して、最も効果あるマーケティングを展開することを望んでいるのだ。

データがすべて

 2016年12月にInfoTrendsは、「データでリードして印刷でフォローする」と題した調査レポートを出版した。マーケターがどのようなデータを使い、その活用方法がどのくらいのレベルなのか、そして、売上げとマーケティングの結果を出すためにどのように活用されているのか、といった内容を網羅している。どのようなデータソースがあるか、監査からマイニング、そして予想モデルまでの重要データプロセスがあるか、そして、印刷やデジタルマーケティングキャンペーンで、データがどのように展開されているのかなどを検証した。アンケート調査には、250人以上のマーケティング幹部と、50人の代理店幹部が参加。その回答から、以下のような重要なポイントが明らかになった。

 アンケート調査には、250人以上のマーケティング幹部と50人の代理店幹部が参加。その回答から、以下のような重要なポイントが明らかになった。

・購買につながる道筋を把握することは重要なこと。顧客タイプ別に、どのチャネルが有効か把握する必要があり、全てのキャンペーンにおいて、行動の軌跡をモニターしなくてはならない。

・メッセージは、全てのチャネルにおいて、パーソナライズされていて、一貫性がないといけない。

・マーケターは品質、強化、マイニング、分析、予想モデリングなど、様々なデータ関連のサービスに支出している。

企業はデータを印刷会社に預託したがっている

 多くの印刷会社は、既に優良クライアントから信頼を勝ち得ている。プロモーションや重要通知物の郵送を受託しているからだ。これらの優良クライアントは、可変データを活用したDM、データクリーニング、郵便物のトラッキングなどを委託してきた。InfoTrendsの調査データによると、回答した企業は、印刷会社にデータを起点とする(ドリブン)コミュニケーションにまで拡張することに意欲的だという。

 以下の円グラフが示すように、DMをマーケティングチャネルとして使っているマーケターの約51%が、統合型サービスプロバイダに委託している。さらに、約37%の企業が、たとえ現在統合サービスプロバイダとの取引がなくとも、そのようなサービスに価値を感じているという。マーケターは印刷会社に、統合型コミュニケーションサービスを提供してもらいたいと思っている。

 だから、顧客のデータを如何に有効活用していくかを支援するサービスについて、検討すべきなのだ。
DMキャンペーンに加えて、データ分析、ソーシャルメディア、メールマーケティング、モバイルマーケティングなどを提供し貴社に貢献する統合型サービスプロバイダに価値を感じますか。

関連記事

新着トピックス

keijipack_2_tn.jpg

ケイジパック、「瞬発力」活かした大判インクジェット事業展開

2019年7月10日ケーススタディ

 総合パッケージング企業の(株)ケイジパック(本社/京都市南区吉祥院内河原町10、八木修二社長)は、アグフアの多機能ワイドフォーマットUVインクジェットプリンタ「アナプルナ H 205...全文を読む

swissQprint、Fespa2019で初のロールtoロール専用機「Karibu」発表

2019年6月14日製品・テクノロジー

 swissQprintは、同社初のロールtoロール専用機「Karibu(カリブ)」を今年5月にドイツ・ミュンヘンで開催されたFespa2019において発表した。同機は多彩な機能を搭載...全文を読む

最新ニュース

dp_komori_label_2019_tn.jpg

KOMORI、シール・ラベル印刷業界向けにIJと微細加工を融合したソリューションを提案

2019年7月29日

 (株)小森コーポレーション(本社/東京都墨田区、持田訓社長)は、7月9・10日の2日間、東京ドームシティ内プリズムホールにおいて開催された「ラベルフォーラムジャパン2019」に出展し...全文を読む

dp_prostream_1000_tn.jpg

キヤノン、高画質と幅広いメディア対応を両立したフルカラーインクジェット輪転プリンター発売

2019年7月26日

 キヤノンマーケティングジャパン(株)(坂田正弘社長)とキヤノンプロダクションプリンティングシステムズ(株)(井崎孝社長)は7月25日、東京・下丸子のCEC東京において新製品発表会を開...全文を読む

dp_oki_tokyo_tn.jpg

OKIデータ、利用シーンに合わせてプリンターを体験できる「東京ショールーム」開設

2019年7月25日

 OKIグループのプリンター事業会社OKIデータ(本社/東京都港区、波多野徹社長)は7月23日、プリンター・複合機によって顧客のビジネス拡大や課題解決につながるヒントを提案するショール...全文を読む

クライアントは印刷会社を信頼している...だからデータについて考える時が来た

2018年8月7日マーケティングスペシャリスト

  • twitter
  • facebook
  • line
  • pocket
一般社団法人PODi

一般社団法人PODi

1996年に米国で誕生した世界最大のデジタル印刷推進団体。印刷会社800社、ベンダー50社以上が参加し、デジタル印刷を活用した成功事例をはじめ、多くの情報を会員向けに公開している。また、WhatTheyThinkをはじめDMAなどの海外の団体と提携し、その主要なニュースを日本語版で配信している。

http://www.podi.or.jp

 企業は、大小かかわらず、マーケティングデータを活用しようとしている。だが、実際はそれをいかに有効活用すべきか悩んでいて、指南してくれるパートナーを探しているのだ。統合型サービスプロバイダがいれば彼らの助け舟になるだろう。当記事は、クライアントが必要とするデータドリブンマーケティングサービスをいかに提供するかについて触れていきたい。

 マーケターが成功するには、顧客の行動と嗜好を知り、ニーズにあった製品とサービスを提供しなくてはならない。マーケターの手には余るほどの顧客データがあり、最適なチャネルを通じてレレバント(自分の関心やニーズに合っていると感じるよう)なメッセージを届けるための技術も巷にある。 企業は規模の大小に関わらず、データを活用して、最も効果あるマーケティングを展開することを望んでいるのだ。

データがすべて

 2016年12月にInfoTrendsは、「データでリードして印刷でフォローする」と題した調査レポートを出版した。マーケターがどのようなデータを使い、その活用方法がどのくらいのレベルなのか、そして、売上げとマーケティングの結果を出すためにどのように活用されているのか、といった内容を網羅している。どのようなデータソースがあるか、監査からマイニング、そして予想モデルまでの重要データプロセスがあるか、そして、印刷やデジタルマーケティングキャンペーンで、データがどのように展開されているのかなどを検証した。アンケート調査には、250人以上のマーケティング幹部と、50人の代理店幹部が参加。その回答から、以下のような重要なポイントが明らかになった。

 アンケート調査には、250人以上のマーケティング幹部と50人の代理店幹部が参加。その回答から、以下のような重要なポイントが明らかになった。

・購買につながる道筋を把握することは重要なこと。顧客タイプ別に、どのチャネルが有効か把握する必要があり、全てのキャンペーンにおいて、行動の軌跡をモニターしなくてはならない。

・メッセージは、全てのチャネルにおいて、パーソナライズされていて、一貫性がないといけない。

・マーケターは品質、強化、マイニング、分析、予想モデリングなど、様々なデータ関連のサービスに支出している。

企業はデータを印刷会社に預託したがっている

 多くの印刷会社は、既に優良クライアントから信頼を勝ち得ている。プロモーションや重要通知物の郵送を受託しているからだ。これらの優良クライアントは、可変データを活用したDM、データクリーニング、郵便物のトラッキングなどを委託してきた。InfoTrendsの調査データによると、回答した企業は、印刷会社にデータを起点とする(ドリブン)コミュニケーションにまで拡張することに意欲的だという。

 以下の円グラフが示すように、DMをマーケティングチャネルとして使っているマーケターの約51%が、統合型サービスプロバイダに委託している。さらに、約37%の企業が、たとえ現在統合サービスプロバイダとの取引がなくとも、そのようなサービスに価値を感じているという。マーケターは印刷会社に、統合型コミュニケーションサービスを提供してもらいたいと思っている。

 だから、顧客のデータを如何に有効活用していくかを支援するサービスについて、検討すべきなのだ。
DMキャンペーンに加えて、データ分析、ソーシャルメディア、メールマーケティング、モバイルマーケティングなどを提供し貴社に貢献する統合型サービスプロバイダに価値を感じますか。

関連記事

新着トピックス

新着ニュース

PAGE TOP