キーワードで検索

アマナ、世界最高レベルのクオリティ評価〜swissQprint「ニアラ3」導入

2018年8月22日ケーススタディ

 (株)アマナ(本社/東京都品川区、進藤博信社長)は、広告ビジュアル制作業界の最大手。企業の「コンテンツパートナー」として、WEBやマスメディア、各種イベントなど、様々なコンテンツのアウトプットを目的に応じて世界最高レベルの手法を選択し、クライアントの期待に応えている。そんな同社が大型プリント展示のアウトプットの手法として今年4月に導入したのが、swissQprint社のワイドフォーマットインクジェットプリンタ「NyalaIII(ニアラ3)」だ。今夏に長野県の御代田町(みよたまち)と共同開催する「浅間国際フォトフェスティバル」に向け、連日フル稼働で生産を続けている。

進藤 社長

フォトフェスに向けてフル稼働

 同社の仕事は、企業の様々なビジュアル、コンテンツの制作・管理・活用のニーズに応える「コンテンツパートナー」として、様々なビジュアルコミュニケーションを提案し、企業やブランドの付加価値を最大限に高めることだ。例えば、同社グループのアマナサルトでは、世界最大級のプラチナプリント工房を構え、著名作家や企業との高品質ポートフォリオ、エディションプリント、写真集の企画・制作、販売などを行うプラチナ出版事業を展開している。進藤社長は「1枚数百万円で販売する著名作家の写真をアウトプットするのであれば、それに見合ったクオリティのプリンタを選択しなければならない。当社ではこの考え方に基づき、アウトプットの目的に応じて、世界最高レベルの手法を選択している」と説明する。

 そんな同社が大型プリント展示のアウトプットの手法として選択したのが「ニアラ3」だ。これまで、大型プリントのアウトプットは協力企業への外注なども活用しながら対応していたが、「コンテンツソリューションの企業として、企画から制作、イベントの集客までを垂直統合でやりたいという思いがあった。様々な実験を行い、ノウハウを貯めていくためである。外注ではそれはできない。そんな中、ニアラ3のクオリティの高さに一目惚れして導入を決めた。ニアラ3は、アーティストのこだわりを実現できるプリンタである」と進藤社長は評価する。

連日フル稼働する「Nyala III」

関連記事

新着トピックス

IMG_7435_tn.jpg

トヨテック、東京都江東区に「東京ショールーム」開設

2018年11月29日企業・経営

 (株)トヨテック(本社/千葉県野田市、豊田保社長)は今年8月、顧客企業への対面説明強化などを目的に、東京都江東区に「東京ショールーム」を開設した。ここには印刷会社がフォトブックビジ...全文を読む

wtt20171122_tn.jpg

グラフィックデザインの開拓者一般社団法人PODi

2018年11月28日スペシャリスト

 以前、「Pioneers of German Graphic Design(グラフィックデザインの開拓者)」という新刊本の書評をする機会があった。現代グラフィックデザインが100年以...全文を読む

最新ニュース

106_usa_tn.jpg

ハイデルベルグ社、Primefire 106が米国のパッケージ印刷会社で生産開始

2018年11月26日

 ハイデルベルグ社(ドイツ)が、drupa2016において発表したB1インクジェットデジタル印刷機「Primefire(プライムファイア)106」が、米国のパッケージ印刷会社であるウォ...全文を読む

dp_ocecolorwave3700_mfp_tn.jpg

キヤノンMJとキヤノンPPS、広幅デジタルカラー複合機の新機種発売

2018年11月16日

 キヤノンマーケティングジャパン(株)(キヤノンMJ)とキヤノンプロダクションプリンティングシステムズ(株)(キヤノンPPS)は、建築・製造・印刷関連企業や官公庁、グラフィック市場向け...全文を読む

dp_award_2_tn.jpg

ハイデルベルグ・ジャパン、ルミエール・ジャパン・アワード2018で「特別賞」受賞

2018年11月14日

 ハイデルベルグ・ジャパン(株)(本社/東京都品川区、水野秀也社長)が今年7月に開催された「IGAS2018」において、最新のデジタルテクノロジーの世界をVR(バーチャルリアリティ)で...全文を読む

アマナ、世界最高レベルのクオリティ評価〜swissQprint「ニアラ3」導入

2018年8月22日ケーススタディ

  • g+1
  • twitter
  • facebook
  • line
  • pocket

 (株)アマナ(本社/東京都品川区、進藤博信社長)は、広告ビジュアル制作業界の最大手。企業の「コンテンツパートナー」として、WEBやマスメディア、各種イベントなど、様々なコンテンツのアウトプットを目的に応じて世界最高レベルの手法を選択し、クライアントの期待に応えている。そんな同社が大型プリント展示のアウトプットの手法として今年4月に導入したのが、swissQprint社のワイドフォーマットインクジェットプリンタ「NyalaIII(ニアラ3)」だ。今夏に長野県の御代田町(みよたまち)と共同開催する「浅間国際フォトフェスティバル」に向け、連日フル稼働で生産を続けている。

進藤 社長

フォトフェスに向けてフル稼働

 同社の仕事は、企業の様々なビジュアル、コンテンツの制作・管理・活用のニーズに応える「コンテンツパートナー」として、様々なビジュアルコミュニケーションを提案し、企業やブランドの付加価値を最大限に高めることだ。例えば、同社グループのアマナサルトでは、世界最大級のプラチナプリント工房を構え、著名作家や企業との高品質ポートフォリオ、エディションプリント、写真集の企画・制作、販売などを行うプラチナ出版事業を展開している。進藤社長は「1枚数百万円で販売する著名作家の写真をアウトプットするのであれば、それに見合ったクオリティのプリンタを選択しなければならない。当社ではこの考え方に基づき、アウトプットの目的に応じて、世界最高レベルの手法を選択している」と説明する。

 そんな同社が大型プリント展示のアウトプットの手法として選択したのが「ニアラ3」だ。これまで、大型プリントのアウトプットは協力企業への外注なども活用しながら対応していたが、「コンテンツソリューションの企業として、企画から制作、イベントの集客までを垂直統合でやりたいという思いがあった。様々な実験を行い、ノウハウを貯めていくためである。外注ではそれはできない。そんな中、ニアラ3のクオリティの高さに一目惚れして導入を決めた。ニアラ3は、アーティストのこだわりを実現できるプリンタである」と進藤社長は評価する。

連日フル稼働する「Nyala III」

関連記事

新着トピックス

新着ニュース

PAGE TOP