キーワードで検索

シンボ、「2.5D表現」で新需要創出 〜 厚盛・レンズ機能の可能性追求

フラットベッドUVインクジェットプリンタ「JETI MIRA」導入

2018年11月22日ケーススタディ

 「次代に繋ぐ独自サービスを目指して...」--新潟県の南西部、日本海に面して位置する上越市に本社を構える(株)シンボ(新潟県上越市頸城区下吉77-5、新保敬義社長)は2017年3月、「厚盛印刷」「3Dレンズ印刷」といった特殊印刷機能を備えたハイエンドフラットベッドUVインクジェットプリンタ「JETI MIRA 2732 MG」を導入。主力であるターポリン素材への印刷・加工事業においてワンランク上のクオリティ、瞬発力を追求するとともに、新技術による「2.5D表現」の訴求で、新たな需要創出に乗り出している。

新保 社長

テント製造からインクジェット出力へ

 シンボの創業は、日本の高度経済成長期の終焉から間もない1976年。テント製品の製作、販売、施工業者として糸魚川の地で産声をあげた同社は、その後、それに付随する産業資材の縫製加工業務で事業を拡大し、現在では、防衛省関係の縫製加工などを主力に、同分野ではパイオニア的存在としてその地位を確立している。

 そんな同社がインクジェット技術に新たな可能性を見出したのが1994年。テントの素材であるターポリン(ポリエステル繊維の織物を軟質な合成樹脂フィルムでサンドしたビニール系素材)などに直接プリントする「広告サイン系」の事業に乗り出した。

 しかし、当時はまさにインクジェット技術の黎明期。新保社長は「品質・生産性・コストのすべての面で非常に苦労した。ただ、この『次代の技術』への先行投資、挑戦があったからこそ自社のいまがある」と当時を振り返る。結果、この「付加価値」が多くのクライアントに受け入れられ、現在では、溶剤、UV、ラテックス、昇華転写など、インク適性ごとの多彩な方式による10台のインクジェットプリンタがその需要を支え、売上ベースでも自社の「メインエンジン」へと成長している。

 同社の最大の強みは、やはり多彩なインクジェット方式による「守備範囲の広さ」と圧倒的な「生産能力」だ。さらに創業から培ってきた縫製加工技術も大きな強みで、これらによる一貫生産体制が納期対応、いわゆる「瞬発力」を生み出している。

関連記事

新着トピックス

mediadruckwerk_dp_tn.jpg

メディアドルックヴェルク社(ドイツ)、Jet Press 750Sの品質・スピードの進化評価

2019年5月16日ケーススタディ

 ドイツの総合印刷会社・メディアドルックヴェルク社は、世界の先陣を切って、富士フイルムの最新枚葉型インクジェットデジタルプレス「Jet Press 750S」を導入する。同社は、198...全文を読む

ffid_2_tn.jpg

フィード、商品企画の自由度拡大 〜 ホテルアメニティ分野で新たな価値

2019年4月26日ケーススタディ

【導入背景】小ロットの別注品ニーズにフレキソ印刷で対応  (株)フィード(福岡県遠賀郡遠賀町尾崎馬場久保、舟越丈夫社長)は、ホテルや旅館などの宿泊施設向けアメニティグッズをはじめ、化粧...全文を読む

最新ニュース

dp_r_r_wjrc_tn.jpg

リコーとリコージャパンとJR西日本コミュニケーションズ、AR を用いた電車内広告の実証実験を開始

2019年6月13日

 (株)リコー(山下良則社長)およびリコージャパン(株)(坂主智弘社長)と、(株)JR西日本コミュニケーションズ(山本章義社長)の3社は、JR西日本京阪神エリアの電車内の中づり広告と、...全文を読む

edelmann_landa S10_tn.jpg

ランダ社、Landa S10ナノグラフィ印刷機がエデルマン(ドイツ)で商用運転開始

2019年6月12日

 ランダ社(イスラエル)は、このほどエデルマングループ(ドイツ)がヨーロッパ初のLanda S10ナノグラフィック印刷機によるB1サイズ用紙を用いた毎時6,500枚の商用運転を開始した...全文を読む

dp_komori_jp2019_tn.jpg

KOMORI、JP2019でデジタル印刷機の活用法を提案

2019年6月12日

 (株)小森コーポレーションは、先頃開催された「JP2019・ICTと印刷展」に出展し、デジタル印刷機「インプレミアIS29」やPODの印刷サンプル、ポストプレス製品群のアプリシアシリ...全文を読む

シンボ、「2.5D表現」で新需要創出 〜 厚盛・レンズ機能の可能性追求

フラットベッドUVインクジェットプリンタ「JETI MIRA」導入

2018年11月22日ケーススタディ

  • twitter
  • facebook
  • line
  • pocket

 「次代に繋ぐ独自サービスを目指して...」--新潟県の南西部、日本海に面して位置する上越市に本社を構える(株)シンボ(新潟県上越市頸城区下吉77-5、新保敬義社長)は2017年3月、「厚盛印刷」「3Dレンズ印刷」といった特殊印刷機能を備えたハイエンドフラットベッドUVインクジェットプリンタ「JETI MIRA 2732 MG」を導入。主力であるターポリン素材への印刷・加工事業においてワンランク上のクオリティ、瞬発力を追求するとともに、新技術による「2.5D表現」の訴求で、新たな需要創出に乗り出している。

新保 社長

テント製造からインクジェット出力へ

 シンボの創業は、日本の高度経済成長期の終焉から間もない1976年。テント製品の製作、販売、施工業者として糸魚川の地で産声をあげた同社は、その後、それに付随する産業資材の縫製加工業務で事業を拡大し、現在では、防衛省関係の縫製加工などを主力に、同分野ではパイオニア的存在としてその地位を確立している。

 そんな同社がインクジェット技術に新たな可能性を見出したのが1994年。テントの素材であるターポリン(ポリエステル繊維の織物を軟質な合成樹脂フィルムでサンドしたビニール系素材)などに直接プリントする「広告サイン系」の事業に乗り出した。

 しかし、当時はまさにインクジェット技術の黎明期。新保社長は「品質・生産性・コストのすべての面で非常に苦労した。ただ、この『次代の技術』への先行投資、挑戦があったからこそ自社のいまがある」と当時を振り返る。結果、この「付加価値」が多くのクライアントに受け入れられ、現在では、溶剤、UV、ラテックス、昇華転写など、インク適性ごとの多彩な方式による10台のインクジェットプリンタがその需要を支え、売上ベースでも自社の「メインエンジン」へと成長している。

 同社の最大の強みは、やはり多彩なインクジェット方式による「守備範囲の広さ」と圧倒的な「生産能力」だ。さらに創業から培ってきた縫製加工技術も大きな強みで、これらによる一貫生産体制が納期対応、いわゆる「瞬発力」を生み出している。

関連記事

新着トピックス

新着ニュース

PAGE TOP