キーワードで検索

コダック、パッケージ分野におけるPROSPERシステムの可能性

執行役員 エンタープライズインクジェットシステム 本部長 河原 一郎 氏に聞く

2018年11月26日製品・テクノロジーマーケティング

 インクジェットの技術開発においておよそ50年の歴史を誇るコダック。2008年から市場投入したPROSPERプリントヘッドが「確立された技術」となり、DMの宛名印字分野でデファクトスタンダードとなった現在、次のターゲットとしてワールドワイドで販促を強化しているのがパッケージ分野だ。現在、新規の商談の約8割がパッケージ分野を対象としたものになっているという。そこで今回、執行役員エンタープライズインクジェットシステム本部長の河原一郎氏に、紙器・段ボール、軟包装分野に向けたソリューションについて聞いた。

河原 一郎 氏

 コダックのパッケージ分野向けインクジェットソリューションは大きく分けて「紙器パッケージ・段ボール」と「軟包装パッケージ」の2つ。それぞれでハイブリッドおよびフルカラーのソリューションを持つ。

 PROSPERシステムのコア技術となっているのがコンティニュアス方式の「Streamインクジェットテクノロジー」である。同技術によるドロップ生成メカニズムは、均等に配列されたノズルから加圧し、コンティニュアスインクジェットノズルで常に一定した液流を形成する。その液流が熱エネルギーの刺激を受けてインク液滴に分裂し、用紙方向あるいは再循環用のガターに向かって進むというもの。これに対してドロップ・オン・デマンド(DOD)方式の場合、ノズルからインクが常に出ているわけではなく、信号によってドロップを落とすため、使わないノズルは乾いてしまい「白抜け」という現象が起こる。これを避けるため、インク中にウェッティングエージェント(保湿剤)を混入させる必要があり、これが紙に塗布されると「乾きづらい」ということになる。Streamインクジェットテクノロジーには保湿剤が極めて少量なため、乾燥性が高く、高カバレッジの仕事への対応、あるいは用紙多様性というメリットをもたらす。比較的ベタが多いパッケージ分野に適していると言える。

PROSPERプリントヘッド

 さらにPROSPERの網点再現性の高さは実証済みだ。DODの着弾速度が8メートル/秒、ノズルから用紙までの距離が1〜2ミリで、強制的なエアー力を使わないのに対し、コンティニュアスは、着弾速度が20メートル/秒、ノズルから用紙までの距離が9ミリで、強制的なエアー力を使うことで正確な着弾精度を維持している。この特性により、コンティニュアス方式は印刷スピードの影響を受けず、均一で綺麗な網点を再現できるほか、ノズルと用紙の距離をとれることから、加工したDMや反りの大きい段ボール用紙などもノズルにぶつかることなく制御できる。

 一方、drupa2016で発表したULTRASTREAMの開発が最終段階に入っており、来年1月にジェネレーション3が完成する予定で、いよいよラインヘッドの供給が開始される。

 ULTRASTREAMは、小さいサイズのドロップを均一に落とし、印刷されない部分に電荷をチャージして、それを抜き取るという技術。印刷部分は電荷に影響されずに落ちてイメージを形成する。この技術により、インクサイズはStreamのおよそ1/3になり、各種の用紙やフィルムに最高150m/分の速度で600×1,800dpiの高精細印刷が可能となる。

 現在約20社のOEMベンダーと覚書を締結。既に法的拘束力のある開発契約に同意したベンダーもあり、いよいよ製品開発がスタートする。

 日本のパートナー企業には、富士機械工業や三菱重工機械システムを含む5社が名を連ねており、日本でも製品化の実現に向けて進めていきたい。

関連記事

新着トピックス

dp_tsf_2019_koyama_tn.jpg

コニカミノルタジャパン、TSF2019で後加工を活かすデジタル印刷を提案

2019年11月7日製品・テクノロジー

 コニカミノルタジャパン(株)(本社/東京都港区、原口淳社長)は、「THINK SMART FACTORY 2019(TSF2019)」において、最新鋭のデジタル印刷機と受注業務からプ...全文を読む

u-post_truepressjet520hd+_dp_tn.jpg

ユニバーサルポスト、SCREEN製連帳高速インクジェットで「統合メディア業」加速

2019年10月10日企業・経営

 (株)ユニバーサルポスト(本社/広島市西区商工センター、喜瀬清社長)はこのほど、SCREEN製フルカラーバリアブルプリンティングシステム「Truepress Jet520HD+」を導...全文を読む

最新ニュース

dp_arkay_106_tn.jpg

ハイデルベルグ社、アーケイパッケージング社(米国)がプライムファイア106導入へ

2019年12月4日

 ハイデルベルグ社(ドイツ)は、このほど米国のアーケイパッケージング社が、インダストリアルデジタルシステム「プライムファイア106」の導入を決断したことを発表した。これによりハイデルベ...全文を読む

toppan_kimera_19_dp_tn.jpg

凸版印刷とキメラ、デジタルメディアのマネジメントを支援

2019年11月28日

 凸版印刷(株)(麿秀晴社長)と、出版社・新聞社・テレビ局などのパブリッシャー向けにビジネスグロース支援・プロダクト提供を行う(株)キメラ(東京都渋谷区)は、11月に資本業務提携を締結...全文を読む

jeti-tauro-h3300_led_shadow_dp_tn.jpg

大判高速UVインクジェットプリンタ「JETI TAURO H3300 LED」国内販売開始

2019年11月14日

 日本アグフア・ゲバルト(株)(岡本勝弘社長)は、ロール・ボード双方に対応するハイエンド・ハイブリッドUVインクジェットプリンタ「JETI TAURO H3300 LED」の国内販売を...全文を読む

コダック、パッケージ分野におけるPROSPERシステムの可能性

執行役員 エンタープライズインクジェットシステム 本部長 河原 一郎 氏に聞く

2018年11月26日製品・テクノロジーマーケティング

  • twitter
  • facebook
  • line
  • pocket

 インクジェットの技術開発においておよそ50年の歴史を誇るコダック。2008年から市場投入したPROSPERプリントヘッドが「確立された技術」となり、DMの宛名印字分野でデファクトスタンダードとなった現在、次のターゲットとしてワールドワイドで販促を強化しているのがパッケージ分野だ。現在、新規の商談の約8割がパッケージ分野を対象としたものになっているという。そこで今回、執行役員エンタープライズインクジェットシステム本部長の河原一郎氏に、紙器・段ボール、軟包装分野に向けたソリューションについて聞いた。

河原 一郎 氏

 コダックのパッケージ分野向けインクジェットソリューションは大きく分けて「紙器パッケージ・段ボール」と「軟包装パッケージ」の2つ。それぞれでハイブリッドおよびフルカラーのソリューションを持つ。

 PROSPERシステムのコア技術となっているのがコンティニュアス方式の「Streamインクジェットテクノロジー」である。同技術によるドロップ生成メカニズムは、均等に配列されたノズルから加圧し、コンティニュアスインクジェットノズルで常に一定した液流を形成する。その液流が熱エネルギーの刺激を受けてインク液滴に分裂し、用紙方向あるいは再循環用のガターに向かって進むというもの。これに対してドロップ・オン・デマンド(DOD)方式の場合、ノズルからインクが常に出ているわけではなく、信号によってドロップを落とすため、使わないノズルは乾いてしまい「白抜け」という現象が起こる。これを避けるため、インク中にウェッティングエージェント(保湿剤)を混入させる必要があり、これが紙に塗布されると「乾きづらい」ということになる。Streamインクジェットテクノロジーには保湿剤が極めて少量なため、乾燥性が高く、高カバレッジの仕事への対応、あるいは用紙多様性というメリットをもたらす。比較的ベタが多いパッケージ分野に適していると言える。

PROSPERプリントヘッド

 さらにPROSPERの網点再現性の高さは実証済みだ。DODの着弾速度が8メートル/秒、ノズルから用紙までの距離が1〜2ミリで、強制的なエアー力を使わないのに対し、コンティニュアスは、着弾速度が20メートル/秒、ノズルから用紙までの距離が9ミリで、強制的なエアー力を使うことで正確な着弾精度を維持している。この特性により、コンティニュアス方式は印刷スピードの影響を受けず、均一で綺麗な網点を再現できるほか、ノズルと用紙の距離をとれることから、加工したDMや反りの大きい段ボール用紙などもノズルにぶつかることなく制御できる。

 一方、drupa2016で発表したULTRASTREAMの開発が最終段階に入っており、来年1月にジェネレーション3が完成する予定で、いよいよラインヘッドの供給が開始される。

 ULTRASTREAMは、小さいサイズのドロップを均一に落とし、印刷されない部分に電荷をチャージして、それを抜き取るという技術。印刷部分は電荷に影響されずに落ちてイメージを形成する。この技術により、インクサイズはStreamのおよそ1/3になり、各種の用紙やフィルムに最高150m/分の速度で600×1,800dpiの高精細印刷が可能となる。

 現在約20社のOEMベンダーと覚書を締結。既に法的拘束力のある開発契約に同意したベンダーもあり、いよいよ製品開発がスタートする。

 日本のパートナー企業には、富士機械工業や三菱重工機械システムを含む5社が名を連ねており、日本でも製品化の実現に向けて進めていきたい。

関連記事

新着トピックス

新着ニュース

PAGE TOP