キーワードで検索

コダック、パッケージ分野におけるPROSPERシステムの可能性

執行役員 エンタープライズインクジェットシステム 本部長 河原 一郎 氏に聞く

2018年11月26日製品・テクノロジーマーケティング

 品質や乾燥工程において技術的なハードルが低いのが紙器・段ボール分野。海外ではグルアーのラインにヘッドを搭載するケースが増えている。いわゆるダイカットされた箱の裏にバリアブル印字するというもの。上質系ならドライヤーも不要で、製函機の加工スピードを損なうことなくバリアブルクーポンやQRコードなどの情報を付加するものだ。その他にも、紙器分野ではビールの6本缶カートンやチョコレート菓子のパッケージ、タバコのロイヤルカスタマープログラムの事例、また段ボール分野では農家の生産者の名前をバリアブル印字するなどの事例が存在する。

 一方、紙器向けフルカラーのソリューションとして、板紙包装向けカラーインクジェット輪転機「PROSPER 6000S(片面機)」がある。米国のZumbiel Digital社では、10色のフレキソ印刷機を改造し、CMYK部分をデジタル印刷、あとインライン打抜き機と7基のフレキソユニットで構成するハイブリッド仕様を導入。コーポレートカラーなど、固定のベタ部分をフレキソで印刷し、可変部分をデジタル印刷することでランニングコストを抑えている。

 これらの市場は、アプリケーション開発がひとつのポイントで、今後、我々もブランドオーナーへのアプローチが必要だと考えている。

 一方、フレキシブルフィルムへのハイブリッド印刷という分野での期待も大きく、グローバルでは実績も出てきた。

 例えば、シュリンクラベルにキャンペーン用のQRコードがシールで貼られているものを目にするが、これを直接シュリンクラベルの裏に印字するという発想がある。しかし、グラビア輪転機にインクジェットヘッドを付けようとすると、水性であるためプライマーが必要で、それを乾燥されるユニット、また印字して再度乾燥させるユニット、さらに日本なら検査装置が必要になる。ビジネスモデルは描けるが、コスト、設置場所などさらなるスタディが必要で実現のハードルも高い。逆にベンチャー気質のあるお客様にとっては差別化できるソリューションになり得る。

 一方、フレキシブルフィルムへのフルカラー印刷のソリューションとして、軟包装対応高速インクジェットシステム「Uteco Sapphire EVO」がある。先日の「TOKYO PACK 2018」で、(株)金羊社が日本第1号機の納入を検討していることも発表した。

Sapphire EVO

 Uteco Sapphire EVOは、イタリアのフレキシブルパッケージング業務用機器メーカーであるUteco社とコダックが共同開発した軟包装向けの水性インクジェットデジタルプレス。コダックの「Streamインクジェットテクノロジー」の搭載により、1時間当たり100メートル以上の印刷スピードで、最大幅650ミリのメディアに最大622ミリまで印刷できる。

 同機は、50年の歴史を誇るコダックのインクジェット技術とフレキシブルフィルムに精通したUteco社の搬送技術が融合したもの。とくにUteco社は、テンションコントロールやドライヤー、インライン接続といった部分で優れた技術を持っている。

 日本でも4,000メートル以下のロットが増加しており、そのような悩みを持つお客様すべてが対象となる。水性で高速印刷が可能であるため、4,000メートル以上はグラビアで、それ以下のロットはSapphireでカバーするという生産体制も可能である。

関連記事

新着トピックス

housourensai_tn.jpg

連載|より包装材料の印刷の理解を深めるために - 21一般社団法人PODi

2019年2月25日スペシャリスト

 印刷会社は、印刷だけでは利益が出にくい状況です。後加工、ラミネートやスリット加工などの工程までできることが重要です。この辺で包装仕様設計を一度説明したいと思います。包装仕様設計ができ...全文を読む

printbusiness_dp_20190213_tn.jpg

印刷会社が差別化するためには一般社団法人PODi

2019年2月25日企業・経営

 印刷会社が際立つためにはどうしたらよいのか。多くの印刷会社が自問し、頭を悩ませているだろう。貴社の経営判断は過去にもとづくものとなるか、印刷業界をとりまく将来の現実にもとづくものとな...全文を読む

最新ニュース

iridesse_production_press_expo_tn.jpg

富士ゼロックス、「コンテンツEXPO東京2019」に出展

2019年3月22日

 富士ゼロックス(株)(本社/東京都港区、玉井光一社長)は、4月3日から5日までの3日間、東京ビッグサイトで開催される「コンテンツEXPO東京 2019」に出展する(「広告デザイン・ブ...全文を読む

mimaki_3dff-222_dp_tn.jpg

ミマキ、韓国・Sindoh社との共同ブランド3Dプリンタ「3DFF-222」発売

2019年3月20日

 (株)ミマキエンジニアリング(池田和明社長)は、韓国・Sindoh社との共同ブランド3Dプリンタ「3DFF-222」の販売を4月末から開始する。  同3Dプリンタは、FFF(熱溶解積...全文を読む

jetpress750s_release_tn.jpg

富士フイルム、Jet Press 750Sなど主要20製品が「iFデザイン賞」受賞

2019年3月20日

 富士フイルム(株)(助野健児社長)のインクジェットデジタルプレス「Jet Press 750S」がiFインターナショナルフォーラムデザイン(ドイツ・ハノーバー)主催の「iFデザイン賞...全文を読む

コダック、パッケージ分野におけるPROSPERシステムの可能性

執行役員 エンタープライズインクジェットシステム 本部長 河原 一郎 氏に聞く

2018年11月26日製品・テクノロジーマーケティング

  • twitter
  • facebook
  • line
  • pocket
 品質や乾燥工程において技術的なハードルが低いのが紙器・段ボール分野。海外ではグルアーのラインにヘッドを搭載するケースが増えている。いわゆるダイカットされた箱の裏にバリアブル印字するというもの。上質系ならドライヤーも不要で、製函機の加工スピードを損なうことなくバリアブルクーポンやQRコードなどの情報を付加するものだ。その他にも、紙器分野ではビールの6本缶カートンやチョコレート菓子のパッケージ、タバコのロイヤルカスタマープログラムの事例、また段ボール分野では農家の生産者の名前をバリアブル印字するなどの事例が存在する。

 一方、紙器向けフルカラーのソリューションとして、板紙包装向けカラーインクジェット輪転機「PROSPER 6000S(片面機)」がある。米国のZumbiel Digital社では、10色のフレキソ印刷機を改造し、CMYK部分をデジタル印刷、あとインライン打抜き機と7基のフレキソユニットで構成するハイブリッド仕様を導入。コーポレートカラーなど、固定のベタ部分をフレキソで印刷し、可変部分をデジタル印刷することでランニングコストを抑えている。

 これらの市場は、アプリケーション開発がひとつのポイントで、今後、我々もブランドオーナーへのアプローチが必要だと考えている。

 一方、フレキシブルフィルムへのハイブリッド印刷という分野での期待も大きく、グローバルでは実績も出てきた。

 例えば、シュリンクラベルにキャンペーン用のQRコードがシールで貼られているものを目にするが、これを直接シュリンクラベルの裏に印字するという発想がある。しかし、グラビア輪転機にインクジェットヘッドを付けようとすると、水性であるためプライマーが必要で、それを乾燥されるユニット、また印字して再度乾燥させるユニット、さらに日本なら検査装置が必要になる。ビジネスモデルは描けるが、コスト、設置場所などさらなるスタディが必要で実現のハードルも高い。逆にベンチャー気質のあるお客様にとっては差別化できるソリューションになり得る。

 一方、フレキシブルフィルムへのフルカラー印刷のソリューションとして、軟包装対応高速インクジェットシステム「Uteco Sapphire EVO」がある。先日の「TOKYO PACK 2018」で、(株)金羊社が日本第1号機の納入を検討していることも発表した。

Sapphire EVO

 Uteco Sapphire EVOは、イタリアのフレキシブルパッケージング業務用機器メーカーであるUteco社とコダックが共同開発した軟包装向けの水性インクジェットデジタルプレス。コダックの「Streamインクジェットテクノロジー」の搭載により、1時間当たり100メートル以上の印刷スピードで、最大幅650ミリのメディアに最大622ミリまで印刷できる。

 同機は、50年の歴史を誇るコダックのインクジェット技術とフレキシブルフィルムに精通したUteco社の搬送技術が融合したもの。とくにUteco社は、テンションコントロールやドライヤー、インライン接続といった部分で優れた技術を持っている。

 日本でも4,000メートル以下のロットが増加しており、そのような悩みを持つお客様すべてが対象となる。水性で高速印刷が可能であるため、4,000メートル以上はグラビアで、それ以下のロットはSapphireでカバーするという生産体制も可能である。

関連記事

新着トピックス

新着ニュース

PAGE TOP